『クライマーズ・ハイ』

July 04 [Fri], 2008, 1:40
'08.06.25『クライマーズ・ハイ』(試写会)@一ツ橋ホール

Mッスが当選! おこぼれにあずかって行ってきた。

「1985年8月12日群馬県御巣鷹山の山中に乗客乗員524人を乗せた日航機が墜落した。北関東新聞社の遊軍記者悠木はこの世界最大の航空機事故の全権デスクに任命されるが…」という話。『半落ち』の横山秀夫原作の映画化。原作は未読だけど、何年か前にNHKでドラマ化された時前編だけ見た。何故か後編は見忘れた。これはなかなかおもしろかった。

遊軍記者で全権デスクというのはどういう立場なのかがイマヒトツ分からないのだけど、多分普段は部署に属さない記者なのだと思う。自由な半面おそらく出世コースからははずれている。全権デスクっていうのはその事件に関しての記事、写真のレイアウトなど編集の決定権を持ち、全責任を負うことなんだと思われる。悠木は以前大きな事件を扱い(この事件がよく分からなかった)社の伝説となった3人の上司達と共に事件を追っていたようだ。この辺りもちょとよく分からない。全体に皆早口だしほとんど怒鳴っているか囁いている(笑) 試写会場の音響のせいもあるのか聞き取りにくかった。小声で早口だとほとんど聞こえなかった(涙)

悠木が親友安西との登山に向かうため社を出ようとした時、日航機がレーダーから消えたというニュースが飛び込んでくる。一気に色めき立つ社内。被害者のことを思えば本当に不謹慎だけど、こういうシーンはやっぱりゾクゾクする。みなが一斉に戦闘モードに入る感じ。こういう瞬間って別に大スクープを狙う新聞記者達じゃなくたって経験あるはず。例えば決算処理が終わらなくて総掛かりでやる感じとか。その時は夢中でハイになっていて感覚がマヒして疲れとか、終わらないかもしれない恐怖とか、考えているヒマもない。タイトルの『クライマーズ・ハイ』とは、登山中にまさにそんな状態になることを言うらしい。

北関東新聞は群馬県の地方新聞。隣の長野に墜落したのと、地元に墜落したのとでは読者の関心が違う。墜落現場が群馬であるよう祈ったりと、正直524人の命をなんだと思っているのかと思うシーンも多々ある。若い記者が決死の覚悟で取ってきた記事を、悠木の足を引っ張りたいだけのために締め切り時間を伝えなったり。そんな場合か!と思ったりもする。でも、これは事故そのものを伝える作品ではなく、記者達が何を思い伝えたかったのかを描く映画。それに社会人になってしばらくすれば、自分のやりたいことと、やるべきことが必ずしも一致しないことは分かる。だから自分が夢中になれる仕事に色めき立つ気持ちは分かる。ただ、それが多数の犠牲者の出た事故なので複雑ではあるけれど… 墜落のニュースから悠木が全権デスクに任命され、記者達が一斉に動き出す。自ら志願して現場へ向かった佐山達から連絡が入るまでの流れは、スピード感があってぐいぐい引き込まれた。

原作は未読なので、どこまで忠実なのか分からないけど、映画としてはちょっといろんなエピソードを盛り込み過ぎな気がした。例えば、元社長秘書のセクハラの件とか… 親友安西が過労で倒れた理由や、社長の横暴ぶりも他のシーンだけで十分伝わる。そのわり安西が結局どうなったのかは伝わりにくい。そういう、あの人はなんだったの?とか結局どうなったの?というのが意外に多い。見ている側に判断を委ねるっていうのはありだと思うけど、それが有効なのは1回じゃないかな…

小説だと画を見せられない代わりに説明的な部分も必要になるし、単調にならないように場面転回も必要だと思う。ただ映画だと時間の経過って意外に伝わりにくい。夜がきて、朝になってはいるけど、何日たったのかって意識してなかったりする。だから、緊迫した状態が続く中、責任者の悠木が安西のお見舞はともかく、元社長秘書に会いに行き告白されているのは…。緩急ということなのかもしれないけど、そのわり安西はその後ほったらかしだし。

緩急ということであれば、現在の悠木が安西の息子と、あの日安西と登るはずだった山に登ってる映像が度々入る。その風景が美しい。2人が山に登る感じと、記者達の盛り上がりがリンクしていていい。山の映像がスゴイ。日本の山とは思えない迫力。その美しい山と事故現場の悲惨さの対比。現場の惨状を映像で見せるのではなく、佐山の記事で伝えるのもいいと思う。あまりにむごい現状を自身の中に沸き上がった怒りや悲しみをぶつけた記事が胸を打つ。

おそらく描きたいのは記者や編集部員達の濃密な人間関係と、あの日原作者自身が体験した感情。当時、横山氏は記者としてあの現場を取材したのだそう。だから、この映画の主人公は悠木だけど、作者の目線は多分佐山にあるのだと思う。この2人の関係が山を登っている2人にリンクしている。嫉妬から足の引っ張り合いをする男くさい感じがやや辛いけど、そんなぶつかり合いから昔の熱さを思い出し、手を結ぶ感じは面白い。上司3人の扱いはおもしろい。

役者達はよかった。悠木役は堤真一。確かドラマでは佐藤浩市だった気がする。個人的には佐藤浩市の方が合っている気がするけど、強い正義感と内に秘めた熱さと、それを上手く表現できないために人と上手く付き合えない人物を好演していたと思う。

上司の1人部長の遠藤憲一がよかった。プライドが高く嫌なヤツかと思わせて、実は悠木が気になって仕方がない感じがよかった。それは嫉妬もあるけれど、もう一度悠木とという感情もあるのかもしれない。その感じが自分でも分かっていなかったけれど、酒席でのぶつかり合いで腑に落ちた気がする。背も高いしスタイルがいいので、気取った感じも合っている。同期の田口トモロヲも飄々としていていい(笑) 役者さんの名前が分からないのだけど、局長達にさらりと苦言を呈したりする亀嶋役の人も良かった。 あまりの惨状に精神のバランスを崩してしまう神沢役の人も熱演。彼と社長役の山崎努は少々やり過ぎな気がしないでもないけれど・・・。

でも、今回一番良かったのは佐山役の堺雅人。あの笑ってるみたいな形の目が、実は笑ってない感じが気になっていたけれど、本格的に演技しているところを見たのは実は初めて。この映画、誰が味方で誰が敵なのか分からない感じも見所なので、彼のあのいい意味で得体の知れない感じが合っている。もしかしたら佐山は悠木を裏切るのかもしれないという緊迫感が生まれる。実際どうなのかは書かずにおくけれど、かなり重要な人物であることは間違いない。現場を駆けずり回る姿もいいけれど、ボロボロになって送った情報が、ある手違いで朝刊に間に合わなかったと知り、悠木を睨みつける目が素晴らしい! ちょっとゾクゾクしました(笑)

事故から23年。奇跡的に救出された生存者の少女がマスコミで取り上げられたり、被害者の方が機内で必死で書かれた遺書など、あの事故は当時まだ子供だったけれど鮮明に覚えている。せいぜいポケベルしかなかった時代、記者達が足で取材し、何度も近くの民家で電話を借り社に情報を送って伝えていたのだと思うと、少年犯罪者の顔写真があっという間にネット上に上がる現代、言葉や映像の持つ意味も全然違ってきているように思う。しかし、あの事故当時、首相だった中曽根氏は靖国神社を公式参拝していたんだね。今だったら問題になったんじゃないだろうか・・・。そういう意味でもおおらかだったのかも。

事故を追っているシーンはすごく面白かった、前にも書いたけれど現在の登山シーンとリンクしているのもいい。それだけにラストがちょっと・・・。悠木親子のことは何度か挿入されているけれど、あまり詳しく語られていなかっただけに、あのシーンで終わるのは。その直前、見ている側に判断を委ねるシーンを入れておいて、さらにかぶせるのはどうだろうか・・・。

と文句が多いけれども、やっぱり男は真剣に仕事している姿が一番かっこいい!と思わせてくれる映画だった。


『クライマーズ・ハイ』Official site



今回、とんかつ和幸主催の試写会ということで、アンケートに答えると500円分のお食事券がもらえた! 素敵です
  • URL:https://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/572
Trackback
Trackback URL
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像化した。地元新聞社の熱血漢デスクを『ALWAYS 三丁目の夕日』の堤真一が演じたほか、『殯(もがり)の森』の尾野真千子ら実力派が集結。感情が激しく交わる濃密な1週間の人間ドラマに圧倒される。[もっと詳しく]

「組織における男の嫉妬」こそが横山作品の真骨頂である。

横山秀夫は僕より数歳年下なのだが、この人の冷徹な観察眼には、畏れ入ることがある。
社会派ミステリーといえばその通りなのだが、ミステリーそのもの、謎解きの妙ということもさることながら、この人の真骨頂は「組織と人間」に対する徹底した対立構図を容赦なく描き出すことにあるのではないかと、思える。
「クライマーズ・ハイ」のような地方新聞社でもいいし、「陰の季節」に代表される警察でもいい。
官僚の世界でも、企業体の世界でも、マスコミの世界でも、必ず「組織と人間」の逆立は不可避である。
組織からみれば(そこ...
サーカスな日々  September 12 [Sat], 2009, 4:17
昨日の日記で映画「クライマーズ・ハイ」は失敗作だと書いたが、いいところもあることを書いておこう。それはキャスティング。新聞社内の面々を演じる俳優たちの見事なこと!ミスキャストなしの適役である。遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、皆川猿時、中村育...
映画と出会う・世界が変わる  October 14 [Tue], 2008, 1:43
タイトル:クライマーズ・ハイ、製作:ビーワイルト、配給:東映/ギャガ
ジャンル:アニメ/2008年/145分
映画館:福知山シネマ(135席)19:00?、9人
鑑賞日時:2008年8月30日(土)
私の満足度:65%(ただし、」日航機墜落事故に関する情報は多くはありません。) 
オススメ...
チェック、ダブルチェック...

23年前の今日、友人との帰省の途で、この大事件のニュースを耳にした。 その時、僕らは洋上にいて、翌日早朝に着いたフェリー・ターミナルで大勢の名前が流れる青い画面のテロップを目にした。。。

「クライマーズ・ハイ」は、元・新...
Butterfly Stroke  August 13 [Wed], 2008, 10:29



 代休をとって映画三昧!と思っていたのですが、暑くて出かける気にならなかったので夕方から。。。と言うわけでクライマーズ・ハイを観てきました。
よしなしごと  August 02 [Sat], 2008, 19:19
 □作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫  □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高...
京の昼寝?♪  July 31 [Thu], 2008, 8:09
クライマーズ・ハイ’08:日本

◆監督: 原田眞人「魍魎の匣」「伝染歌」◆出演: 堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、田口トモロヲ、堀部圭亮、マギー、滝藤賢一、でんでん、小澤征悦、西田尚美◆STORY◆1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、...
C'est Joli  July 22 [Tue], 2008, 22:25
堺雅人の可愛い顔は、クワセモンである。つい、描きたくなってしまうではないか。
堤真一は『反カメレオン俳優』というか、いつ見ても"堤真?...
描きたいアレコレ・やや甘口  July 22 [Tue], 2008, 13:18
人気ブログランキングの順位は?


命を追った、あの夏。

1985年8月12日
御巣鷹山に日航機墜落、死者520名──。
走り、叫び、書いた。
新聞記者たちの激動の一週間。





映画「クライマーズ・ハイ」を鑑賞しました。
FREE TIME  July 14 [Mon], 2008, 22:18
昨日、九段会館の「クライマーズ・ハイ」の試写会に行ってきました。
原作者の横山秀夫氏が日航機の墜落現場を取材して書いた作品だという情報しか知らずに試写会に行ったので、すっかり全部実話だと思ってしまいました。フィクションだったんですね。臨場感あふれるカメ...
まぁず、なにやってんだか  July 14 [Mon], 2008, 19:12
映画「クライマーズ・ハイ」を観てきました!

今日が公開初日なんですけど、公開されたらずっと観に行こうと心に決めてたんですよ。

日航ジャンボ機墜落事故は、絶対に忘れてはならないですし、山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んで、また別の視点から考え直すこともで...
Thanksgiving Day  July 14 [Mon], 2008, 1:08
 チェック 、 ダブルチェック
悠雅的生活  July 12 [Sat], 2008, 14:28
■動機
クライマーズ・ハイならば観ないわけにいかない
■感想
原作を捻じ曲げてまで伝えたかったものは何?
■満足度
★★★★★☆☆ おまけね

■あらすじ
1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社...
新!やさぐれ日記  July 12 [Sat], 2008, 13:11
1985年に群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐる地元新聞記者たちの物語です。
水曜日のシネマ日記  July 12 [Sat], 2008, 10:16
新聞は、インテリが作って、ヤクザが売る。

劇場版 『Climbers High』

クライマーズ・ハイ - goo 映画
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜...
Prism Viewpoints  July 11 [Fri], 2008, 23:18
『クライマーズ・ハイ』
公式HPはこちら
←クリック

●あらすじ
1985年8月12日。群馬の北関東新聞の記者・悠木和雅(堤真一)は、社内の登山サークルの仲間で販売局所属の親友・安西耿一郎(高嶋政宏)と共に、谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進め退社しようと
映画と秋葉原と日記  July 11 [Fri], 2008, 18:08
映画館にて「クライマーズ・ハイ」

横山秀夫の同名小説の映画化。ちなみに、横山秀夫自身は記者として日航機墜落を取材した体験を持つ。

おはなし:1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。悠木和雄...
ミチの雑記帳  July 10 [Thu], 2008, 18:16
映画「クライマーズ・ハイ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、他 *監督:原田眞人 *原作:横山秀夫 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています...
記事投稿日2008年6月26日 00:40
※投稿日時を、上映開始日に設定。上映開始後1週間固定。

 ベストセラー作家・横山秀夫原作小説の映画化。「クライマーズ・ハイ」(東映/ギャガ・コミュニケーションズ)。1985年夏に起きた、“日航機墜落事故”。この映画は、その事故に正面から...
シネマ親父の“日々是妄言”  July 09 [Wed], 2008, 22:29
☆日航123便墜落事件は、私が社会の動向に興味を持ち始めた高校生の頃に起こった大事件だったので、非常に記憶に残っている。

川上慶子ちゃんや与圧隔壁なんて言葉が、すぐに思い出される。

後に、阪神大震災が起きた後に、サブカル系言論者が「<終わらない日常>が終...
『甘噛み^^ 天才バカ板!』  July 09 [Wed], 2008, 21:02
JUGEMテーマ:映画


2008年7月5日 公開

今日のブログ一面でやらせてください!!!


うぉ?っ!良かったですよぉ?♪
久しぶりにスクリーンにのめり込みましたねぇ。


1985年8月12日
この日は、よく晴れた真夏の日ざしが照り返す暑い日だったの...
UkiUkiれいんぼーデイ  July 09 [Wed], 2008, 15:09

監督:原田眞人 
CAST:堤真一、堺雅人、山崎努 他

1985年8月、群馬県御巣鷹山に日光ジャンボ機が墜落、未曾有の被害者を出す...
Sweet*Days**  July 09 [Wed], 2008, 9:18
----ゴールデンウィークも、
もう残りあと2日。
今日の邦画は?
「『クライマーズ・ハイ』。
今年観た日本映画の中では
『アフタースクール』と並ぶぼくのオススメだね」
----監督は原田眞人だよね?
「うん。この監督は
他の人には決してマネできないハリウッド仕込みの...
ラムの大通り  July 09 [Wed], 2008, 9:04
【クライマーズ・ハイ】

登山時に興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態



作家・横山秀夫氏の小説『クライマーズ・ハイ』の映画化作品。
1985年8月12日 18:56、日本航空123便羽田発大阪行きのジャンボ機が、群馬県の高天原山に墜落。死者520人、...
Diary of Cyber  July 09 [Wed], 2008, 8:53
1985年8月12日。群馬県の御巣鷹山にJAL12
「再始動」などと書いてから、ずいぶん経過した。

行動はしているのだが、パソコンに向かっていないのだ。
メールも振り分けて転送できるし、それほど困っていない。

日記と称して日常のことを書くガラでもないので
ついぞ日があいてしまった。



少し思うこ...
Camaieu   July 05 [Sat], 2008, 11:36
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
maru♪
>kimion20002000 サマ

なるほど・・・ 意地の張り合いが原動力になるのであれば、
そんなに悪いものでもないのかもしれませんね(笑)

でも、やっぱりそういう部分はあんまり見たくないかなぁ
なんて思うのですが
でも、この映画ではその辺りも見どころだったので、
見ごたえがありました!
September 17 [Thu], 2009, 3:48
こんにちは。

>全体に皆早口だしほとんど怒鳴っているか囁いている(笑)

そうですね。でもこの時代であって、いまは、携帯やPDAを使いながら、オフィスではパソコンの音が鳴り響いているのかもしれませんね(笑)
仕事をする男は、それなりの美しさがありますが、そこに打ち込む原動力の大半は、もしかしたら組織内のつまらぬ意地の張り合い、嫉妬の感情かもわかりませんよ。
September 13 [Sun], 2009, 5:15
maru♪
>ミチ サマ

こんばんわ♪
コメントありがとうございました。

初めは安西の息子と現在登っているのは、御巣鷹山なんだと思ってました。
息子さんはあの事故で亡くなってしまったのかと・・・
意味ありげに息子からもらった石を見るカットがあったり、
搭乗ゲートに向かう息子の後姿とか、
搭乗者名簿の9歳の少年の名前とか・・・
名簿の件は息子と同年代の子供が乗っていたという事実に悠木がショックを受けたということなのかもしれませんけど、
そういう伏線なのかそうじゃないのかが分かりずらい気がしました。
ラストシーンには私も違和感を感じました。

犠牲者がいて事故が記事になるという事実は、
仕方のないことなのかもしれませんが、複雑な気持ちになりますよね。
そういうことも関係ないほどハイになってしまっている、
ということなのかも知れませんね・・・。
July 11 [Fri], 2008, 0:56
maru♪
>えい サマ

こんばんわ。
「連赤、大久保」と言っていたんですね!
2件とも知ってました・・・
でも「大久保清事件」群馬で起きたとは知りませんでした。
そうでしたか・・・
なるほど、3人が伝説の人物になったのは納得です。
ありがとうございました!
July 11 [Fri], 2008, 0:37
こんにちは♪
TBありがとうございました。
原作もドラマも見ていますが、映画版は悠木親子の描き方がいまひとつかな〜と思ってしまいました。
特にラストはなんとなく違和感すら感じてしまったのです。

>自分が夢中になれる仕事に色めき立つ気持ちは分かる。ただ、それが多数の犠牲者の出た事故なので複雑
そうなんですよね。
そこで引いてしまったという感想の方もお見受けしました。
そこがこの映画の言いたかったことではなかったのだとは思いますが・・。
July 10 [Thu], 2008, 18:20
こんにちは。

あそこで語られている過去の事件。
「連赤、大久保」は
それぞれ「連合赤軍事件」「大久保清事件」です。
やはり地元で起こった戦後社会を揺るがす大きな事件。

ぼくもなるほどなと思いました。

July 09 [Wed], 2008, 9:04
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
https://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月22日)
アイコン画像エアリアル
» 『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月21日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる