『トランセンデンス』(試写会)

June 20 [Fri], 2014, 3:09
'14.06.14 『トランセンデンス』(試写会)@ユナイテッドシネマ豊洲

過去形になりつつあるけどジョニー・デップのファンなのと、クリストファー・ノーラン製作っていうことで気になってた作品! 試写会応募しまくったけどハズレ お友達のおこぼれに与って行ってきた

ネタバレありです!結末にも触れています! 辛口・・・

「世界初の人工知能PINNを開発した科学者ウィル・キャスター。彼の活動を危険と考える、反テクノロジーを掲げるテロ組織RIFTのメンバーに放射性物質を撃ち込まれてしまう。残された僅かな日々、同じく科学者の妻と穏やかに過ごしたいと考えていたが、妻はウィルの意識をPINNにアップロードしようと考えていた・・・」という話。うーん、実はTwitterなどで酷評されていた今作。なので相当酷いものを覚悟していた。そのせいか、思っていたよりも酷くはなかった印象。とはいえ、おもしろかったかといえばそうではないのだけど・・・

監督は今作がデビュー作となるウォーリー・フィスター。元々は映像作家で、撮影監督として『メメント』以外のクリストファー・ノーラン作品に参加。『インセプション』(感想はコチラ)でアカデミー賞撮影賞を受賞している。今作では撮影監督は『リトルランボーズ』(感想はコチラ)などのジェス・ホールが担当しているけれど、キャスター家の庭のヒマワリから滴り落ちる水滴とか、最先端のSF装置(何それ(笑))と、どこかレトロな感じが漂う街並みや、インテリアなどの感じは、たしかにノーラン作品に通じるものがあるように思うけれど、やっぱり映画を監督するということは、映像を作るということとは別なんだなと感じる。

ジャック・パグレンという方が書いた今作の脚本は、ハリウッド業界人が選ぶ製作前の優秀作品"ブラックリスト"に選出されたそうだけれど、実は彼の長編作品が映画化されたのはこれが初めてらしい・・・ 初監督×初脚本というのは、ちょっとリスクが大きかったかもしれないなぁ(´ェ`)ン-・・ この脚本のどの辺りがハリウッド業界人の心を捉えていたのかイマヒトツ分からないのだけど、確かに発想としては面白いと思う。ちょっとキリスト要素も入っていたりして・・・ でも、形は違うけれどコンピューターと人間の融合みたいなものって、全く初めてじゃないと思うしなぁ。

もう完全に文系脳なので、個人的にはこの映画で描かれていることが、どの程度実現可能なのかもサッパリ分からない。前述のジャック・パグレンが脚本を書くきっかけとなったのも、コンピューター科学者の妻との会話からだそうだし、公式サイトによると、今作の技術顧問でもあるカリフォルニア大学バークレー校 電気工学&神経科学のホセ・カルメナ博士によると、明日にでも現実のものとなる状況なのだそう。神経科学、ナノテクノロジー、細胞研究、ロボット工学など、SFとして描かれて来たものの中には現実のものとなったものもあり、今作でブレイン・マシン・インターフェイス(脳介機装置)を取り上げたことは先見の明があると言えるのだそう。同じく技術顧問として参加した同大学のマイケル・マハルピッツ博士は、今作を明らかにSF作品ではあるが、前半部分についてはリアルタイムなリサーチがなされていると語ったとのこと。なので、全くの荒唐無稽な話ということではなさそう(笑)

まぁ、そもそも映画の題材として、現実的でなければならないってことはないわけで、荒唐無稽な話だって散々映画化されてきた。公開中の『X-MEN:フューチャー&パスト』(感想はコチラ)だってそうだし、全てのファンタジー映画は成り立たなくなってしまう。何故、実現可能かどうかつらつら書いていたのかというと、監督が今作に惚れ込んだ理由が、コンピューターが人間のコミュニケーションを制覇する時代が来るのではないかと考えたからだそうなので・・・ 監督は、すでに自分たちは電話を通じて話すのではなく、電話を相手に話していると感じているのだそう。これはSiriとかその辺りのことを言ってるのかな? まぁ確かにそういう側面はある。で、何が言いたいかといえば、映画の表現の仕方というか、見せ方として、荒唐無稽な話を荒唐無稽なまま見せるとか、逆にリアリティを持たせて見せるとか、いろいろな手法があると思うのだけど、監督が惹かれた要素から考えると、リアリティを感じて欲しいのかなと思ったわけです。その辺りにちょっと難ありだったかなぁと・・・

原題もTrancendenceで、これは"超越"という意味らしいけど、映画の前半でジョニー扮するウィルがドヤ顔で発表したり、AIとなってからも大事なことなので、もう一度言いますね的に言うわり、あまり伝わらないというか印象に残らない。まぁ、超越してるといえば、ものすごくしてると思うけど(笑) そもそもは、コンピューターが人間の知性を超えてしまう現象を"シンギュラリティ"と言うそうで、それよりも上を行くというような意図で「トランセンデンスだ!」ってドヤっていた気がする。それを可能にするのが、夫婦で開発していた世界初の人工知能PINN。友人の科学者マックス・ウォーターは、その存在を認めつつも懐疑的。後に彼が説明したところによると、人間の感情には矛盾がある、誰かを愛しく思いながら、半面憎く思う部分もある。その相対する感情が同時に成立するのが人間の感情であって、コンピューターにはそれが理解できないと言う。なるほど・・・ 確かにそうかも。そして、よく考えるとこれは後の伏線でもあるんだね・・・

ネタバレ含めてザックリあらすじを語ると、夫婦共同で人工知能PINNを開発していたウィルは、私生活では自然と妻を愛する穏やかな男。ウィルは特に野望があったわけではないけれど、妻はこれを利用して世界を変えたいと考えていた。もちろん平和的で良い方向ではあるけれど・・・ そんなウィルたちの研究を危険視したテロ組織RIFTが、ウィルを襲撃し、放射性物質を埋め込んだ弾を体内に撃ち込む。徐々に放射能汚染されていくウィル。彼を失いたくないと考えた妻のエヴリンは、ウィルの意識をPINNにアップロードしようと考える。当然、マックスは反対するけど、ウィルが合意したことにより、2人を助けることになる。初めて人類と融合したAIとなったウィルは、その力を発揮し始める。全てのコンピューターを掌握し、増幅していく。株式市場を操作し、エヴリンの会社に莫大な資産を持たせると、彼女に命じて過疎化したブライトウッドという町に、彼らの拠点となる建物と、膨大な量の電力を得るためのソーラーシステムを建築させる。ある夜、建築現場で働く男性が、襲われ瀕死の重傷を負う。エヴリンは彼を建物内に運ばせ、ナノテクノロジーを駆使して治療する。驚異的な回復をしただけでなく、超人的なパワーを持った彼の姿が話題となり、次々に障害を抱える人々がブライトウッドを目指して来る。

これに対しFBIのブキャナン捜査官は、RIFTと協力してウィルを追いつめる。RIFTはマックスを拉致。最初はウィルとエヴリンを裏切ることに抵抗していたマックスだが、ウィルの暴走を止めるために彼らに協力する。常に自分を監視しているウィルに恐怖を感じるようになったエヴリン。彼女にとってもウィルの暴走は予想外だったが、マックスに「世界を変えたいと思っていたのは君の方だ」と言われ、AIとなったウィルは自分の夫だったウィルではないこと、そしてそれを作り上げてしまったのは自分であることに気づく。もはや、暴走を止められるのは自分だけだと考えたエヴリンは、自らを犠牲にすることでウィルを止めようとする。人間の姿を取り戻したウィルは、彼女の思いを受け入れる・・・ という感じ。

一気に書いてみたけど、この文章だけ読んでみると面白くなる要素はあるように思うのだけど・・・ 何だろう? とにかくテンポが悪いんだよね・・・ 冒頭、幸せそうな夫婦の日常を描くところから始まっているので、ラストも夫婦愛で終わっても別にいいし、あそこまで暴走しちゃったらウィルが自ら死ぬ(?)しか方法はないように思うのだけど、そもそもウィルがAIになっちゃう理由が妻の暴走だからねぇ・・・ それで、AIとなったウィルに監視されているのが怖いって言われても、この妻がずい分身勝手だなとしか思えない。もちろん、科学者として試してみたかったというのはあったと思うので、その辺りウィルも同じだから同意したのだとは思うんだけど、やっぱり凡人OLちゃんの感覚としては、夫の肉体はもはやなく、意識が存在すると言われてもコンピューターと対話して愛することはできないかなぁ・・・ 監督としては、既にそういう世の中になりつつあると感じているわけで、だからこそ今作を撮ったということなのだろうけれど、それにしたって妻のこの感覚が理解できないと、ラストをいくら美しい画にしても、感動はできないかなぁ・・・

ナノテクノロジーのことがサッパリ分からないので、致命的な傷を治してしまうことが可能なのかも分からないし、さらに超人的な能力を授けることが出来るのかも不明。なので、ツッコミ入れる資格はないのだけど、角膜を再生させるとかなら、彼には"目"があるのだから、受け入れられるのだけど、湖に散骨されちゃったのにウィルはどうやって再生したの? あれは映像? でも、エヴリンを姫抱っこしてたしなぁ・・・ まぁ、そこのツッコミは別にいいけど(笑)

監督がこだわったという35mmフィルムでの撮影は、確かに監督のおっしゃる通り深み、色の彩度、コントラストを与えていたと思うし、デジタル処理ではなく光学フィニッシュをしたというのは、どういう処理なのかサッパリ分からないけど、とっても美しかったと思う。土の中から触手みたいのがたくさん現れるところとか、破壊されたソーラーパネルがキラキラ再生する映像は、今作の撮影監督ジェス・ホールによるものではあるけれど、やっぱり『インセプション』を思わせる映像でもあった。AIとなったウィルとエヴリンが会話するシーンは、画面のジョニーとレベッカ・ホールは別室ではあるけどライヴ撮影したそうで、確かに自然な感じになっている。

何役を想定していたのかは不明だけど、監督はノオミ・ラパス、ジェームズ・マカヴォイ、トビー・マグワイアに会い、クリストフ・ヴァルツにもオファーしたのだそう。実現してたらスゴイ豪華だけど、今作もかなり豪華なキャストだと思う。ただし、全員生かし切れていないような・・・ エヴリン役のレベッカ・ホールは知的な雰囲気の女優だと思う。科学者の役なのだから適役だと思うのだけど、自身も優秀な科学者であるという部分が後半あまり生かされていなかったように思う。途中からはウィルの指示に従ってるだけだし・・・ 世界を変えたいという彼女の思想が、ウィルに影響を与えて暴走してしまったのだし、彼女がウィルをアップロードしようとしなければこんなことにならなかったわけで・・・ その辺りがただの思慮の足りない人みたいになっちゃったのが残念。2人の友人でありながら、最後は世界を救うために2人に重大な決断を迫るマックス役のポール・ベタニーは久しぶりに見た。この役、得な役だと思うので、まぁ良かったと思う。ブキャナン捜査官はキリアン・マーフィー! 出てるの忘れてたのでうれしかったのだけど、誰でもいいような役でガッカリ・・・ 出番が意外に多いのだけど、結局全然役に立ってないし┐(´д`)┌ それは、モーガン・フリーマンにも言えること。まぁ、敵か味方か分からない役で通常運転という気もするけれど(笑)

さて、ジョニー・デップ。ジョニーが好きだった理由としては、演技が上手いことと、作品選びが面白かったから。でも、最近のジョニーの作品選びには、首を傾げたくなることが多い。どうしちゃったんだろう? 演技は上手いけれど、そもそも表情豊かに演じる方じゃないし、感情を込めてセリフを言うというよりも、むしろ淡々とした中に切なさを込めるようなタイプ。それが、最近全然空回りしているような・・・ 例えば盟友ティム・バートン作品にしたって、白塗りが飽きてきていることもあるけど『シザー・ハンズ』では無表情でほぼセリフもないのに、主人公の切なさ、悲しさ、そして愛情が伝わったのに、『ダーク・シャドウ』(感想はコチラ)では、どんな人物なのかも分からない感じに・・・(感想読み返したら意外にホメてた(笑)) かなり厳しい意見だけど、ファンだったからこその苦言。もうファン止めます!とか言うこともないけど、ジョニーが出てるから絶対見る!という対象ではもうないかな・・・ そもそも、ファンでもダメなものはダメっていうタイプだし。つらつら長いけど、ウィルが妻を愛していたっていうことが、結局世界を救うことになったわけなんだけど、それが陳腐になっちゃダメなわけで、陳腐とまでは言わないけど、うーん(゜-゜)ってなってしまったのは事実。それには、もちろん脚本、演出のまずさもあると思うけど、ジョニーの演技をもってしてもダメだったと言わざるを得ないかなぁ・・・

前述したけど、映画監督の仕事っていうのが、実際はどういうものなのか分かっていないけど、よく役者さんが映画は監督のものだと言うからには、全てを監督するものなのでしょう。個人的には演出が一番重要なのかなと思うのだけど違うのかな? 作品に息を吹き込むのは役者の演技だから・・・ でも、役者を生かし切れていないと感じてしまった以上。それが出来ているとは思えない。初監督作品なのだから、仕方のない部分も多いと思うけれど、製作費100億円のプロジェクトだからね・・・ ジョニー・デップのギャラが高かったとも言われているけれど(笑)

と、貶してばかりで申し訳ないな・・・ 何度も言うけど画は面白かった。ウィルの家のインテリアをブライトウッドの基地内でも再現してたのは好き。という感じで・・・(o´ェ`o)ゞ

あまり難しいことを考えずSFっぽい作品を見たい人オススメ? ジョニー・デップ好きな方は、ジョニー目当てで行くと、最初と最後以外は出てこないのでどうかな? という感じで(笑)

『トランセンデンス』Official site
  • URL:https://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/2853
Trackback
Trackback URL
あけましておめでとうございます。
本年も…
…あんまり更新しないとは思いますが…
…頂いたコメントも放置してしまいますが…
…気まぐれにTB送ったり、送らなかったりですが…
何卒、宜しくお願い申し上げます

2015年です
「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で、1985年のマ...
【概略】
死の間際、コンピュータに意識をインストールされたウィルは、あらゆる情報を手に入れ究極の進化を遂げる。
SF



インストールされた頭脳。それは世界に拡散し、全人類の脅威となった。「彼」は私が愛した夫だった―。
ジョニデ?ノンノンノン、私の目的はポール・ベタニーに決まっているではないですか!(このIDがファングッズとして販売されないか考える私↓)

なんとまあ中心人物でしたねぇ、ベタニー。スーツ姿も似合ってるし眼鏡もたまらんです。はだけた胸元も不安そうな顔もかっこいいし殴られてもかっこいい。こんなにかっこいいのにジャケ画像には居ないんですよねえ。なんてことだ。
個人的にはもう冒頭から登場なので、目が離せない展開になります。バンザイ!

科学者ウィルの意識は、死の間際に妻エヴリンによってスーパーコンピュータへとインストールされた。意識だけの存在になったウィルは、世界中のあらゆる情報を手に入れ、究極的な進化を遂げる。そしてナノテクノロジーを駆使し現実の世界にまで及んだ彼の力は、遂に生命までもコントロールし始めた。増殖・拡散・支配する変わり果てた男に世界は恐怖を感じ、密かに抹殺計画...
いやいやえん  December 05 [Fri], 2014, 10:49
トランセンデンス
'14:米


◆原題:Transcendence
◆監督:ウォーリー・フィスター
◆主演:ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、レベッカ・ホール、ケイト・マーラ、キリアン・マーフィー、コール・ハウザー、ポール・ベタニー、クリフトン・コリンズ・JR、コリー...
 『トランセンデンス』をTOHOシネマズ六本木で見ました。

(1)余り好まないSF物ながら、ジョニー・デップの主演作というので映画館に行ってみました。

 本作(注1)のタイトルクレジットの後(注2)、舞台はカリフォルニア州バークレーとされます。
 全体に酷く荒廃し...
映画的・絵画的・音楽的  July 15 [Tue], 2014, 21:23
<ネタバレしているのでご注意ください> 主人公、晴夫は売れないマジシャン。 彼は
はらやんの映画徒然草  July 09 [Wed], 2014, 21:03
人工知能を研究する天才科学者ウィルは、進化し過ぎる科学に危機を感じるテロリスト集
はらやんの映画徒然草  July 07 [Mon], 2014, 21:53

監督:ウォーリー・フィスター出演:ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、ポール・ベタニー 、レベッカ・ホール、キリアン・マーフィ、ケイト・マーラ、コール・ハウザーおはなし ストーリー:人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グ...
Said q winning  July 07 [Mon], 2014, 13:10
                        もしコンピュータに天才科学者の頭脳をインストールしたら・・・



『トランセンデンス』
製作総指揮・・・クリストファー・ノーラン
監督・・・ウォーリー・フィスター
出演・・・ジョニー・デップ、モーガン・フリ...
pure breath★マリーの映画館  July 04 [Fri], 2014, 23:59
人間の脳の全情報を人工知能に移植したらどうなるかを描いたSF作品だ。スーパーコンピューターではなくて、ネットに接続したパソコンに人間の脳の情報を移した人工知能という点が現実性を持っている。最終的にはラブストーリーみたいな終わり方だった。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  July 04 [Fri], 2014, 20:52
【出演】
 ジョニー・デップ
 レベッカ・ホール
 ポール・ベタニー
 モーガン・フリーマン 

【ストーリー】
人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル。だが、妻エヴリンの手によ...
西京極 紫の館  July 03 [Thu], 2014, 0:30


ジョニー・デップ主演ですからね?
見逃すわけにはいかないです。

人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル(ジョニー・デップ)。だが、妻エヴリン(レベッカ・ホール)の手によって彼の頭脳と意識は、死の間際にPINNへとアップロードされていた。ウィルと融合したPINNは超高速の処理能力を見せ始め、...
よくばりアンテナ  June 29 [Sun], 2014, 20:39
 日テレさん主催の試写会だ。ジョニー・デップ主演作と言う事か、客席はほぼ満席である。
新・辛口映画館  June 29 [Sun], 2014, 14:35
う?ん、つまんなくはないんだけど面白くもない。
だらだら無気力ブログ!  June 29 [Sun], 2014, 1:20
評価:★★★【3点】(11)


科学専門分野からの評価は高いが映画としてどうかと。。。
人の意識をコンピュータにアップロード。コンピュータは意思を持ち、独自に進化を始める。SFと言うか、スリラーと言うか、サスペンスと言うか・・・。そう言う内容です。

人の神経伝達系の信号は、電気信号だと言われているので、その電気信号を解析できれば、もしかした...
勝手に映画評  June 28 [Sat], 2014, 18:28
6月28日公開の電脳映画2本@よみうりホール
あーうぃ だにぇっと  June 26 [Thu], 2014, 12:06


クリストファー・ノーランは本作で監督ではなく制作のみ。
名前が大きく出てる割に、主演ジョニー・デップだけど出番は
ポール・ベタニーの方が多め
監督は「インセプション」でアカデミー賞撮影賞を受賞したウォーリー・フィスター。


試写にて。

やっぱり...
我想一個人映画美的女人blog  June 21 [Sat], 2014, 22:59
天才科学者ウィルの意識は、死の間際に妻エヴリンによってコンピューターにインストールされた。 我を持った超頭脳は、軍事機密、金融、政治から個人情報まで、あらゆる情報を手に入れ、 超高速の処理能力で化学反応を引き起こしてゆく…。 SFミステリー。
象のロケット  June 21 [Sat], 2014, 22:36


原題: Transcendence
監督: ウォーリー・フィスター
出演: ジョニー・デップ 、モーガン・フリーマン 、レベッカ・ホール 、ポール・ベタニー 、キリアン・マーフィ 、ケイト・マーラ
試写会場: よみうりホール

公式サイトはこちら。(2014年6月28日公開)...
Nice One!! @goo  June 21 [Sat], 2014, 20:11
究極の夫婦愛 公式サイト http://transcendence.jp6月28日公開 製作総指揮: クリストファー・ノーラン 人工知能の研究の第一人者のウィル・キャスター博士(ジョニー・デップ)は、
風に吹かれて  June 21 [Sat], 2014, 14:01
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>マリー サマ

ファンは最初と最後だけで大丈夫なのね?゚+。ゥフフ(o-艸-o)ゥフフ。+゚
確かに、これ吹き替えで見ちゃったらジョニーの意味は・・・

ナノテクノロジーのことがサッパリ分からないのだけど、
あんなこと出来るものなのかしらね?
一部再生ならまだしも、ジョニーなんてお骨すらないのに???

ホント! ジョニーの作品選びがもうワカラナイ
ギャングのは弟役でベネディクト・カンバーバッチ出るから見る!(笑)
でも2人全然似てないよね?(笑)
July 08 [Tue], 2014, 23:42
>q サマ

モーガン・フリーマンいつもそんな役だよね(笑)

ノーラン製作に惹かれて見た部分はあるので、
「チーム・ノーラン」でいいんだけど、ちょっとねぇ・・・

これTwitterだったかで、ジョニーの役キリアンが良かったんじゃ?
って言ってる人がいて、その通りだなと思ったよ(笑)

ちょっと残念な映画だったねぇ・・・
July 08 [Tue], 2014, 23:36
マリー
うん〜大丈夫←なにが?(笑)
ファンだから最初と最後だけでもダイジョウブ・・・だって声は聴けるから(健気か!?)
それなのに吹替えまであるって、いや〜〜ん。。。

SFだからなんでもアリだと思うけど、なくなった部分がアッという間に再生〜って、あれはちょっと怖いというか、ゾンビっぽくて嫌。

ジョニーの作品選びの基準がもうワカラナイ。。。またギャングっていってるし〜やったじゃんデリンジャーやったじゃん。
おとなしくジャック船長を待とうかな。
July 07 [Mon], 2014, 20:55
敵か味方か分からない役で通常運転
上手い表現!

画像の作り方とか 
上手かったし 吸集してたりしたし
観てて 「チーム・クリストファー・ノーラン 」だった

 なんつーか こー
 間が抜けてしまったなぁ・・・
「科学」と「生物」
テーマは非常に奥深いんだけど・・・
惜しいんだよね。もう1つ「がつり🎶」が無い
実は キリアン・マーフィーが もっと来るか!!!!!
とワクワクしてたんだよー (笑)
 

July 07 [Mon], 2014, 13:37
>mig サマ

外からありがと

昔の作品選びは良かったと思うのよね・・・ 最近が酷い
ホントせっかく演技上手いんだから、もう少し自分を大切に!(笑)

あの脚本のどこにそんなに魅力を感じたのか謎なのよね・・・
LOVEで落としてもいいけど、陳腐な感じになっちゃったのがね┐(´д`)┌

レベッカ・ホールも違う気がするけど、ノオミはもっと違うよね?
キリアンの無駄遣いが一番切ないわ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
June 22 [Sun], 2014, 1:41
>rose_chocolat サマ

ですよねぇ・・・
覚悟していたので思ったより酷くなかったのですが、おもしろくはないです(笑)
テンポというかリズムが悪い感じでした・・・

『マンガで世界を変えようとした男 ラルフ・ステッドマン』見てみたいです!
もうDVD出てるのかな? 出たら見てますね
June 22 [Sun], 2014, 1:36
mig
Hello★まだ外
ほんとみんな言ってるけどジョニーさんの作品選び、
おかしいね〜笑
いい役者なのにもったいない
結末どーでもよくなったもん脚本いまいちだわ、よくある近未来設定に結局はLOVE。
あ、ノオミさんも候補だったの?
ジョニーとノオミはちょっと夫婦に見えないよ〜
キリアンも無駄使いもったいない
(-_-)
June 21 [Sat], 2014, 20:26
maruちゃん試写行ってたんだね〜。
面白い要素がたくさんあるのに、なんかいろんなところでザンネン!な感じなのは言えてるわ。
確かにテンポもよくなかったしね。

ジョニーさん、最近だと『マンガで世界を変えようとした男 ラルフ・ステッドマン』にかなり長い時間出てて、すごくよかったのよ。これmaruちゃんには観てほしいなあ。
June 21 [Sat], 2014, 20:13
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
https://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新記事 ・
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月15日)
アイコン画像rose_chocolat
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月13日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる