【cinema】『アルゴ』(試写会)

October 29 [Mon], 2012, 0:38
'12.10.23 『アルゴ』(試写会)@ワーナーブラザーズ試写室

cocoで当選♪ いつもありがとうございます! これは見たかった! けっこう試写会やってて、見て来た人の評判も良くて見たくてウズウズしてた(笑) よろこんで行って来たー♪

*ネタバレありです! 長文です(o´ェ`o)ゞエヘヘ

「1979年11月4日イランの首都テヘランのアメリカ大使館が占拠され、職員52人が人質となる事件が発生した。職員のうち6名は自力で脱出。カナダ大使の自宅に匿われている。彼らの存在をイラン側に知られることなく、脱出させるため、脱出のプロ トニー・メンデスが召集される。彼が提案した作戦とは・・・」という話で、これは実話。超おもしろかった! tweetもしたけど、ハラハラさせる手法は王道で、正攻法なのに、やっぱりドキドキしてしまう。見せ方が上手い。アメコミタッチで暴動に至るまでのイランの情勢などを見せる冒頭から引き込まれて一気に見てしまった。これは今年のBEST 10に入る作品。

この事件の真相は、18年後にクリントン大統領が解除するまで極秘扱いとされていた。そのためアメリカ国民にもほとんど知られることがなかった。極秘扱いが解除されても、トニー・メンデス自身が自伝で事件の真相を記載しているにも関わらず、あまり関心を集めることはなかったらしい。2007年にWIRED誌に掲載されたジョシュア・ベアマンの記事を、今作の製作者グラント・ヘスロヴとジョージ・クルーニーが目にして興味を持ち、映画化の話が進んだのだそう。トニー・メンデス役で監督でもあるベン・アフレックが、アメリカが国としてまとまり「カナダのみなさんありがとう」と言った時の気持ちを、記憶にとどめたいと思ったと語っているとおり、この作戦は長らく「カナダのみなさん」のおかげだと思われていた。もちろんそういう要素はあるけれど、それは何故なのか・・・ その辺りもおもしろい!

前述したとおり、女性のナレーションで、時々アメコミみたいな画を交えて、イランとアメリカの関係などを紹介する。アメリカがイランの石油の利権を握っていたこと、前々指導者がそれをイランに取り戻したこと、前国王パーレビは浪費家でコンコルドでパリから朝食を運ばせたことまで・・・ バカだね(笑) そんなパーレビを倒し、新指導者となったのがホメイニ師。←で、今ココ(笑) イランの人々はアメリカを憎んでいて、アメリカに逃れていた前国王パーレビを引き渡せとせまっていた。パーレビは末期ガンで余命わずかだったけれど、怒りに燃えたイラン国民は処刑を望んでいた。こういう映画を見る上で必要になる歴史的背景の見せ方っていろいろあると思うけど、例えば文章でつらつら書かれても読み切れなかったり、文字を追うだけで頭に入らなかったりする。写真や絵などを交えて退屈させない見せ方は良かったと思う。アメコミタッチの画などあざとさギリギリだけど、不謹慎な感じもしない。とっても分かりやすかったし、ここから引き込まれた。

そして大使館占拠! 口々に反米を叫びつつデモの列が大使館に向かって来る。しばらくは外で叫ぶだけ。それだけでも十分怖い。大使館内の人々も初めは窓から覗く余裕もあった。不謹慎にも大使館員のもみ上げの長さや、横ワケっぷりに時代考証の正しさを感じてニヤリ。でも、次第に緊迫感が・・・ 重要書類は全て焼却もしくはシュレッダーの指示が出る。混乱しつつも書類を整理していく。見ている側もドキドキ! 実際は全員(除く6名)が人質になってしまったわけだけど、何とかならないかと思ってしまう。願いもむなしく暴徒化した市民は門を乗り越えて大使館内へ侵入。どんどん凶暴化してくる。こういう映像を見ていて怖いと思うのは、デモに参加していた多くの人は、大使館を占拠しようとか、人質を取って立て篭もろうとまで考えてはいなかっただろうということ。最初に門を乗り越えた人ですら、そこまで考えての行動ではないと思う。でも、熱狂した集団のたがが外れてしまったら、歯止めがきかなくなってしまう。それが怖い。この迫力の映像はトルコのイスタンブールで撮影、カメラマンや監督のベン・アフレックも衣裳を着けて、暴徒の中に紛れ込んで撮ったのだそう。あのスーパー8で撮影。ネガが小さいため、スクリーンサイズに引き伸ばすと画像が粗くなり、当時のニュース映像っぽくなるそうで、実際のニュース映像も使っているけれど、ほとんどが新たに撮られたものだそう。そういうこだわりが随所に感じられる。ちなみに大使館の外観はイスタンブール、敷地や内部はロス北部の退役軍人管理局で撮影されたのだそう。

大使館占拠事件発生の知らせを受け、CIAでは人質救出へ向けて対策会議が開かれる。もちろん大使館の52人の人質についても対策を練られているはずだけど、この映画のテーマは6人の救出なので、ここからCIAで議論されることのほとんどは6人のこと。彼らが見つかってしまえば公開処刑となるであろうこと、そうなれば52人の命も危うくなってしまうことが話される。今のところ彼らの存在は知られていないけれど、イラン側は子供達を使って膨大な量の裁断された書類や写真をつなぎ合わせているため、発覚するのも時間の問題だった。これはスゴイね・・・ この会議に召集されたのが脱出のプロ トニー・メンデス。かつてイランからターゲットを脱出させた実績を買われてのこと。でも、さすがにこの状況は、彼としても名案が浮かばない。大変に困難な状況なのは分かるし、伝わってくるのだけど、プロではないので細かな部分までは分からない。飛行機に乗って脱出するということは、別人となって出国審査を通らなければならないわけで、それを短時間で6人に説明して納得させ、それぞれ別人になり切らせなければならないわけで、それは確かに大変なこと。もちろん、脱出にはさまざまな方法があるとは思うけれど、議論の場では課程は様々でも最終的に飛行機に乗せるということは共通していた。彼らが大使館員とはいえ訓練された人達ではないからなのかな? 多くはないけど、少ない人数でもないし。男女6人という人数も対策が難しかった原因かもしれない・・・ 勝手に思っただけだけど(笑)

外国語教師はどうか? 既に皆出国していて残っていない。など、結論が出ないままの日々が続く。そんな中、別居中の妻の実家にいる息子と電話をしている時、テレビのチャンネルを合わせると『猿の惑星』シリーズが(何作目かは失念・・・) そこで閃いたのが映画のロケハンということにしてはどうかということ。よく考えると、出国するからには入国していないとおかしいわけで、この時期にあえてイランに入国するような欧米人は映画関係者くらいだというのがトニーの言い分。実際にこんなにドラマチックに思いついたのかは不明だけど、彼が映画を思いついたのは、アカデミー賞受賞経験のあるジョン・チェンバースと友人であったことが大きいと言われている。チェンバースは特殊メイクの第一人者でありながら、諜報作戦に技術提供をしていたのだそう。

トニーの作戦は荒唐無稽過ぎると言われるものの、彼の作戦以上の名案もなく、直属上司ジャック・オドネルの後押しもあって採用される。まぁ、実際されたわけだから当たり前だけど、それだけ真に迫っているということ! 見せ方も上手いし、役者も上手い。当時のCIA内部なんて全く知らないけど、皆やたらとタバコ吸いまくっていたり、今ではあり得ない感じがリアル。美術担当はテレックス機とか、灰皿とか、30年前の地図とか、細部までこだわって再現したのだそう。そういうこだわりが画面にリアリティを与えて、まるで実際の記録フィルムかのような迫力を生んでいる。予算の問題などいろいろあると思うけど、やっぱり細部までこだわった画は一つ一つは見えてなくても、伝わるものがあるんだと思う。ただ、やはりこれは映画なので演出を加えていることは間違いなく、その辺りはベン・アフレックも意図的にしたと語っている。また、常に緊迫した場面が続くのを避けるため、コメディ要素も必要だと考えたが、さじ加減が難しかったと語っていて、その辺りは主にハリウッドの場面の、ジョン・グッドマンとアラン・アーキンが担うことになったとのこと。この2人のシーンは楽しかった♪

ハリウッドのシーンでは、映画製作の最初の段階を見ることができる。トニーは友人のジョン・チェンバースに今回の企画を持ち込む。チェンバースが実際は諜報活動に協力していたのは前述したけど、それは語られていなかったような・・・ 作戦には口の硬いプロデューサーが必要ってことで白羽の矢が立ったのが、レスター・シーゲル。彼は実在の人物ではなく、いろんな人物を合わせて創ったキャラだそう。まぁ、こんな人がいても不思議じゃない(笑) 早速、シーゲルの家に集まり脚本を選ぶ。イランを撮影候補地にしてもおかしくないようなSFモノってことで、選ばれたのがタイトルにもなっている『アルゴ』 ここまでの流れも王道だけど、ここでこの脚本が出てきてニヤリとしてしまう( ̄― ̄)ニヤリ ちなみに、このシーゲル宅は往年の女優ザ・ザ・ガボールが所有していたこともある邸宅が使われたのだそう。さて、脚本も決まったということで、次はこの脚本の映画化権を取らなきゃならない。よく分からないけど、エージェントがいてそこから版権を買うのかな? このエージェントとのやり取りが見事! アラン・アーキンの腕の見せ所でもある。

敵を納得させるにはとことんやらなきゃってことで、パーティーを開いて関係者を集めたり、製作発表記者会見では衣裳を着けて特殊メイクをした俳優達に、自己紹介がてら演技をさせるなど、大々的にプロモーションを開始! 映画好きとしてはワクワクしてしまう♪ チェンバースとシーゲルの2人は架空の会社スタジオ6を立ち上げる。といっても事務所に電話を置いて、いつでも出られるように待機しているだけだけど(笑) 同時に人質6人の写真や経歴をもとに、シーゲルがそれぞれのキャラクターを設定していく。このシーンでは彼は監督、彼女は美術スタッフというような大まかなことしか見せていなけいど、後に本人達に説明する際には出身地や出身校など細かな設定がされていて驚いた。彼らはカナダ人として出国することになるので、実際には行ったことのない土地の出身者となるため、細かな部分まで決まっている感じ・・・ この辺りもおもしろかった。

ハリウッドのシーンは他のシーンとはトーンが違っている。とにかく色彩がカラフルという感じで常に晴天。スピード感は他のシーン同様あるけど、コミカルで軽い感じ。もちろん、ここで行われていることも重要だけど、とにかくジョン・グッドマンとアラン・アーキンの演技が、重過ぎず軽過ぎず絶妙。で、ハリウッドのシーンはクスリと笑えて癒される場面となっている。ここでのこだわりはチェンバースの職場がエアストリーム社のトレーラーであること、彼の愛車は'77年型キャデラック・エルドラドで、シーゲルの愛車が'75年型ロールス・ロイス。全く分からない(笑) そして、ハリウッド・シーンではズームを多用して撮影したそうで、ヘリからのズーム、車からのズームが見もの。これは'70年代に流行った手法なのだそう。しかし、あの山のHOLLYWOODのロゴ、バキバキになってた時期があったんだね・・・

さて、ようやくGOサインが出て、1980年1月25日ハリウッド作戦決行! ついつい、うっかりしてしまうけど、失敗したら6人の命はないってことは、当然ながらトニー・メンデスも命がけってことなんだよね・・・ 今さらながら、こういう任務につく人ってスゴイと思う・・・ まずはイスタンブール入りして、イランの内部事情に詳しい人物から、出入国審査について教えてもらう。入国審査の書類は二重になっており、一枚は空港内に保管される。出国の際、パスポートと共に提示された、もう一枚と重ねて初めて出国となる。当然ながら、6人のカナダ人映画関係者の入国書類はない・・・ ただ、この辺り結構甘いらしい(笑) 2人が待ち合わせるブルーモスクが美しい!

いよいよイランへ!意外にもBritish Airで行ってたような・・・ あれ? アメリカ出る時だっけ? この時期でも行ってたんだと思った気が・・・ 「イラン領空に入りましたのでアルコールを回収させていただきます」というアナウンスが、ほのぼのしつつも緊張を誘う。そして、後の伏線でもある。イランに入ってからの当局との駆け引きも、緊迫しつつもそんなに長引かせない演出でよかったと思う。ちょっと端折るけど、いよいよカナダ大使自宅にて6名と対面。助けに来てくれたとホッとするのも束の間、カナダ人映画関係者となって明日バザールでロケハンを行うと聞き、皆動揺する・・・ バザールなどという迷宮のように入りくんだ、人の大勢いるところに行って、失敗したら取り囲まれて、そのまま殺されてしまう・・・ でも、イラン側の狙いとしては、おそらくそういう場所でボロを出さないか見てみようということだから、これは何としてもやり遂げなければならない。6人は大使宅でお客様として扱われており、食事やワインなども出されていたようで、52人の人質達に比べれば環境的には恵まれていたけれど、1歩も外に出られない、いつ見つかるか分からない恐怖は当然あったわけで、大使宅に匿われて2ヶ月以上、精神的にも肉体的にもかなり疲労していた。藁にも縋る思いで承諾する中、1組の夫婦は反対する。こんな計画が成功するはずがない・・・ 確かに、実際に6人が救出されたと知っていても、荒唐無稽な計画だと思うのだから、自分達の命がかかる計画が映画のロケハンでは・・・(笑) 実際、反対があったのかは不明だけど、こんなビックリ作戦だけどこれしかないんだから頑張れという気持ちにさせられたので、これはベン言うところの映画的盛り上げかも(笑)

ということで、当然ロケハンに行くことになるのだけど、ここで当局の係員が待っていて、監督役の男性にカマをかけて来る。建物の中から写真も撮られている。何とかそれぞれの役をこなす6人。その時、美術担当役の女性が写真を撮った店の店主が、怒り爆発で追いかけて来る。店の写真を勝手に撮るなと怒るので、写真は差し上げますと言ってもおさまらない。アメリカ製の銃で息子が殺されと半狂乱。本当に息子さんを殺したのは"銃"じゃない。でも、そんなことは関係ないのでしょう。気持ちは分かる。イヤ、本当の気持ちは理解しきれないかもしれないけれど・・・ あわや暴動という事態に、イラン側関係者も慌てて撤収ということになる。このバザールはイスタンブールのグランバザールで撮影されたのだそう。大使宅に戻った彼らには更なる過酷な運命が・・・ 政府は方針を変更。軍事作戦に切り替えるので、トニーは直ちに帰国するようにという命令が出る。この辺り、微妙に当時のカーター大統領の支持率などに関係しているらしく、いい気持ちはしないけれど興味深くはある。顔を晒した彼らにとって、この作戦のみが命の綱。でも、要するに彼らを見捨てろということ。同じく指令を受けたカナダ大使から振舞われた酒に酔いつつ、明日の出国に備えて練習する彼らの姿に苦悩するトニー。

大使宅での6人の役者さんたちは、実際の6人と同じような環境となるよう、ケータイ、パソコンなどは持ち込み禁止、当時の音楽、ゲーム、新聞などが与えられ、1週間ほぼ缶詰状態での撮影となったのだそう。最初は退屈するだろうと思っていた彼らは、ゲームをしたりしながらお互いよく話をし、仲間になれたのだそう。まぁ、こういう裏話も王道という気もするけれど、やっぱり俳優さん自身のつながりとか、メンタルな部分とかが反映されるものなのだと改めて思う。大使宅での撮影には手持ちカメラを多用したけど、手持ちカメラであることが分からないように、手ぶれに注意したとのこと。俳優には必ずアドリブを入れるように要求し、アドリブが入るたびにカメラが動くので、緊迫感のある画が撮れたのだそう。なるほど!

トニーの泊まっているホテルの部屋から見えるテヘランの街が美しい。これは本物なのかな? イラン国内での撮影は許可が下りないだろうということで、ロケはイスタンブールで行われたとのこと。高い山に囲まれた美しい街が、こんな恐ろく悲しい状況にあるとはやり切れない・・・ トニーはこの部屋で6人分のパスポートに入国印を偽造したり、細かい作業をしたりする。これはおもしろい! 6人と別れた後、眠れぬ夜を過ごす。自分も彼らも準備は整っているのに・・・ そして、彼は決断する。

ここからは、もうホントにドキドキの連続! 大使宅、空港まで向かう道、空港内、CIA、そしてハリウッドのスタジオ6。それぞれが、それぞれの立場で奔走する。この際、イラン側の人々は敵だと思ってしまうけれど、彼らは彼らの任務を遂行しているだけのこと。立場が変われば正義も変わる。だから、当然どちらも必死。でも、やっぱりこれは6人が無事脱出する話なのだから、イラン側を次々欺いて行くことになる。全てを語ってしまったら面白くないけど、ホントにいろいろギリギリ(笑) 政府としてはこの作戦は中止したわけだから、当然6人分のチケットはキャンセルになっている。でも、6人は空港に向かってしまった! どうする?! とか、もうホントに王道で、正攻法なんだけど、ドキドキしてしまう。行く先々で足止めを食ってしまう彼らが、ある時はCIA、ある時はスタジオ6、ある時は自力ですり抜けて行くのが、心臓がバクバクするほど面白い! 意外な人物が活躍するのも( ̄― ̄)ニヤリ メヘラバード空港はオンタリオ国際空港を使用、多数のイラン人エキストラが出演して撮影された。彼らの多くは協力的で、革命当時テヘランにいたという方々は、ここは違うなどのダメ出しもしてくれたのだそう(笑) 飛行機とのチェイスは実際にあったのかな? この辺りはやっぱり映画的演出かな(笑) 車輪が上がった瞬間はもう手に汗握っちゃってたけど、見ている側にも上司のオドネルの待ったがかかって、「イラン領空を出ましたのでアルコールをサービスいたします」とのアナウンスが出た瞬間は鳥肌が立った!

この作戦にCIAが関わっていたとイラン政府に知られたら、間違いなく52人の人質は殺されてしまうし、アメリカ自体もどのような報復を受けるか分からないということで、この作戦はカナダが行ったということになり、前述したとおりクリントン大統領が極秘扱いを解除するまで18年間封印されていた。映画の中ではトニーはオドネルから勲章を与えられると言われているけど、それを家族に見せるのも厳禁だと言われて「勲章を与えて取り上げるんですね(笑)」と笑い話で終わっているけど、実際は極秘扱いを解かれてからトニー・メンデスには改めて勲章が与えたとのこと。6人もそれぞれ外務局の仕事に戻ったのだそう。

6人の役の人は公式にも全員の紹介がされていなくて、よく分からない・・・ 公式を見てもライジェク夫妻の妻コーラ役のクレア・デュバルくらいしか知らなかった・・・ でも、ベン・アフレックによる隔絶作戦のおかげか、6人とも迫真の演技だったと思う。バザールに向かう途中で車を囲まれるシーンでは、本当に車体が揺れて怖かったので演技の必要はなかったそうだけど(笑) 上司のジャック・オドネルのブライアン・クランストンが良かった! 『ドライブ』のシャロンとは別人! 彼の板ばさみぶりとか、ラスト上官に食ってかかっての、ピンチ脱出などは王道といえばそうなのだけど、そう思いつつもドキドキさせるのが流石。既に書いたけどスタジオ6のジョン・グッドマン & アラン・アーキンのコンビが素晴らしい! もちろん、個々の演技もすごいんだけど、2人揃った時のオトボケぶりというか・・・ ラストのドキドキ場面では2人も絡んで来るのだけど、この2人のシーンこそ王道(笑) でも、なんか笑っちゃう。そういうシーンを差し込んでくるベン・アフレックの演出が素晴らしいのだけど、それは2人のオトボケ演技があってこそ。この感じは簡単に出せるものじゃないと思う。素晴らしい ベン・アフレックも良かった。自身で主役を演じながら監督する人はいるけれど、自分の役をキチンと理解しているのが分かる。主役ではありながら、決して自分が目立ってはいけない。トニー・メンデスは救出のプロなのであって、スーパーヒーローではないので、彼の活躍のみが目立ってはいけない。この辺りは監督目線もあるのかなぁ・・・

監督としては見事だったと思う。何度も書いているけど、コメディ要素の配分とか、緩急のつけ方が素晴らしい。淡々とパスポート偽造している時ですら、退屈しちゃう瞬間がない。でも、ドキドキしっぱなしでも疲れちゃう。その辺りが見事。あくまでハリウッド作戦がメインであって、その全てに関わった人が主役であるというか・・・ でも、個々にスポットを当てているわけでもなく。さり気なく家族愛も散りばめていて、ラストにはトニー・メンデスも幸せが待っている。でも、全然あざとくない。このバランス感覚はスゴイと思う。前述したとおりアメリカ人なら「カナダのみなさんありがとう」と言った時の気持ちになるんじゃないかな。当時生まれていなかったとしても(笑)

『バベル』『ブロークバックマウンテン』のカメラマン ロドリゴ・プリエト撮影の画がイイ。前述したスーパー8の粗い画像とか、手ぶれギリギリの躍動するカメラが緊迫感を煽る。前述したけど、細かいディテールにまでこだわった美術も素晴らしい。'70年代ってわりと自由で、保守的な人々でもカラフルなネクタイを着用していたそうで、当時のファッションも興味深い。大きな柄のテロテロ素材のワンピースとかカワイイ トニー・メンデスは任務中は地味なスーツを着用していたそうだけど、普段はハリス・ツイードを愛用していたそうで。映画の中でベン・アフレックも着用している。そういうのもおもしろい! って、書きたいことたくさんあるけど、きりがないのでもう止める(笑)

最後にこれだけ! エンドロールで実際の写真と、対応するシーンが並んで映し出される。これはないだろうと思っていたシーンが、実際の写真どおりでビックリ(゚ω゚ノ)ノ なので、エンドロールも席を立たないように!

とにかくおもしろいから見て! スパイモノ好きな方、映画好きの方是非! ベン・アフレックファンの方必見!!

『アルゴ』Official site
  • URL:https://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/2070
Trackback
Trackback URL

今年のアカデミー賞作品賞を受賞して、凱旋上映をしていたので観てきました。公開時には観逃していたので。

1979年、イスラム革命後のイラン・テヘランで起きたアメリカ大使館占拠事件。暴徒が大使館を襲撃した時に、大使館員のほぼ全員が革命防衛隊の人質となったが、6...
まてぃの徒然映画+雑記  June 03 [Mon], 2013, 0:07


実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。
イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。絶望的な6人の米国人は合衆国政府の救出だけが頼りだが、CIAの救出の専門家であるトニー・メンデスは、奇想な救出作戦を立案する。それは「アルゴ」という映画を作ることにし、映画関係者に成りすまして関係者に偽装をした6名の米国人と共に、脱出をする計画だった。
事実は小説よりも奇なりといいますが、これがまさにそうですよね。監督と主演を務めるのがベン・アフレック。派手さは無いけれど丁寧なストーリーと展開の面白さにひきつけられます。飛行機を降りるまでの緊迫感も凄かったー!

冒頭でアメリカとイランの関係なども理解できて、アメリカの自業自得なんだなとある意味で興味深かったです。救出作品のための「偽映画作り」が最後の猿の惑星をヒントにされてたなんてね。それにしても大胆。真相を知る2人の映画人(特殊メイクのジョン・チェンバース、映画プロデューサーのレスター・シーゲル)をも巻きこんで、主人公らが「アルゴ、クソ喰らえ!」を合言葉のように...
いやいやえん  May 01 [Wed], 2013, 10:04
ARGO
2012年
アメリカ
120分
サスペンス
劇場公開(2012/10/26)



監督:ベン・アフレック『ザ・タウン』
製作:
ベン・アフレック
ジョージ・クルーニー
出演:
ベン・アフレック『ザ・タウン』・・・トニー・メンデス
ブライアン・クランストン『ジョン・カー...
銀幕大帝α  March 16 [Sat], 2013, 1:44
本年度アカデミー賞作品賞を受賞したベン・アフレック主演・監督作『アルゴ』物語・1979年、テヘランでアメリカ大使館人質事件が起きる。混乱の中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏
映画雑記・COLOR of CINEMA  March 11 [Mon], 2013, 2:04


□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴァル...
京の昼寝?♪  March 07 [Thu], 2013, 12:28

【=42 -6-】 昨日は関東に来て初めての試写会鑑賞、有楽町の読売ホールにて。
荷物のチェックはありーの、金属探知機によるボディチェックありーの、と、もの凄く厳戒態勢、東京の人ってそんなに悪い人いっぱいなの?ww

 1979年11月4日、革命に沸くイランで米国大使館...
 昨夜の侍ジャパン、薄氷の勝利といってよかったですね。日本中の野球ファンが、ハラハラドキドキしましたよ。ちなみに、本日紹介する作品も、ハラハラドキドキのこちらになりま



 ベン・アフレック監督作品。昨年のザ・タウンがイマイチだったのでスルーしようか迷っていたのですが、ザ・タウンと違ってアクション映画ではなくノンフィクションを映画化。しかも映画が題材(?)となっていると聞いてはスルーするわけにもいかず、そんなわけでアルゴを見てきました。
よしなしごと  February 16 [Sat], 2013, 12:49
29日のことですが、映画「アルゴ」を鑑賞しました。

イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く
サスペンス ドラマ

いや? 面白かった!

映画製作を装って スタッフとして脱出させるという!
驚きの作戦

事実は小説よりも奇なりとは まさにこのこと...
笑う社会人の生活  December 03 [Mon], 2012, 19:05
映画「アルゴ」★★★★
ベン・アフレック、アラン・アーキン、
ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン出演

ベン・アフレック 監督、
120分、2012年10月26日より全国にて公開
2011,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ
(原題/原作:ARGO)





<リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい←


初登場10位スタート、2週目は
圏外へと淋しい興業成績。
こんな出来の良い作品がもったいない!


「評価の高い映画なので見たいと思いつつ
なかなか機会が無かったが
やっと劇場で見て来た、
緊迫感がずっと続き
ラストの脱出シーンの後は
ほっとしたというか
拍手したいくらいの気分になった」


公開から1月経っているが
2割くらいの入りで
淋しいチャートながら
地道にお客を呼んでいるようだ、
とても面白かったので
もっと多くの人に見てもらいたい作品だ。


実話がベースの映画、1979年11月4日、
イラン革命が激化していたテヘランで、
アメリカ大使館占拠事件が発生。
大使館員が人質となるが、
6人が逃げ出すことに成功し、
カナダ大使の私邸に潜んでいた。

...
soramove  November 29 [Thu], 2012, 7:37
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離れ過ぎないよう慎重に辻褄合わせをしていたり、ハプニングに因果関係があったりと、物語…
Subterranean サブタレイニアン  November 12 [Mon], 2012, 9:19
6名のアメリカ人をイランから脱出させよ! 1980年。その作戦は奇想天外だった。
或る日の出来事  November 11 [Sun], 2012, 17:02
 『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。

(1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。

 ホメイニ革命の際に、アメリカ大使館がイラン側に占拠され、館員が人質になったところ(イラン側は、...
映画的・絵画的・音楽的  November 05 [Mon], 2012, 20:37
Data 原題 ARGO 監督 ベン・アフレック 製作 ジョージ・クルーニー 出演 ベン・アフレック 
アラン・アーキン 
ブライアン・クランストン 公開 2012年 10月
映画 K'z films 2  November 04 [Sun], 2012, 18:07
1979年に起きた在イラン米国大使館占拠事件というのは歴史的にみても、エポックな
はらやんの映画徒然草  November 03 [Sat], 2012, 23:26
前代未聞の救出作戦 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/argo10月26日公開実話の映画化原作: アルゴ (アントニオ・メンデス著・マット・バグリオ著/ハヤカワ文庫
風に吹かれて  November 03 [Sat], 2012, 20:36


監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、スクート・マクネイリー、クレア・デュヴァル、クリス・デナム、テイト・ドノヴァン、タイタス・ウェリヴァー、カイル・チャンドラー、マイケル・パ...
Said the one winning  November 02 [Fri], 2012, 11:00







 ARGO

 "Argo fuck yourself! "


 1979年。革命下のイランで、アメリカ大使館が占拠された。多くの館員たち
が人質となる中、6人の男女が秘かに脱出、カナダ大使私邸に匿われる。見
...
真紅のthinkingdays  October 31 [Wed], 2012, 20:56



ランキングクリックしてね &larr;please click



イランで起きたアメリカ大使館人質事件を社会派ドラマとして、映画化
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」に続き
3作目となるベン・アフレック監督作は、 緊迫感たっぷりで最初から最後まで釘付...
我想一個人映画美的女人blog  October 31 [Wed], 2012, 10:00
飛行機に乗る際のパスポートチェックは、こちらが何も悪い事してないのに、ただでさえ緊張するものである。
言葉が通じない上に、きちんと伝えないと奥の部屋に連れて行かれてしまう(かも?)。
それだけでも恐怖なのに〜〜〜と思いながら観ているうちに、この緊迫感で胃が痛くなり・・・・
ノルウェー暮らし・イン・原宿  October 30 [Tue], 2012, 22:29
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>poopoo サマ

コメントありがとうございました! お返事遅くなってごめんなさい

だんな様イランの方なんですね!?
なるほど! 日本人からすると全く分からなかったのですが、
やはり顔立ちなどが違うのですね・・・

確かに!
私達がハリウッド映画などに感じる違和感と同じかもしれませんね

空港シーンなどで顔を出してしまっても、
国外にいる限りは安全ということなのでしょうか?
先日見た『チキンとプラム』の主演女優の方も、
ハリウッド映画に出演したため、今ではイランに戻れないのだとか・・・
平和な日本にいると、考えられないことですよね

イランのことについては不勉強でほとんど知りませんでした。
最近、イラン映画がどんどん公開されるようになって、
興味を持って見ています。

少しずつ分かってきたことは、やっぱり伝統や信仰を守るということと、
人々が幸福を感じることのバランスの難しさを感じます。
えらそうなことは言えませんが・・・

長々、お返事ごめんなさい
貴重なお話ありがとうございました!
November 21 [Wed], 2012, 12:26
poopoo
解説ありがとうございました。映画の感想、同感です。また撮影秘話、なるほどと思いました。

イラン人夫は映画見ながら「このバザール、トルコじゃん」とか、お手伝いさん役の女性「トルコ人だ」とか言ってました。しかし見終わった後は「悪くなかった」と。

映画『さゆり』が我々日本人には、出演者は中国人ばかり、着物も街角の描写も変だけど、ストーリー的には悪くなかったのと同じでしょうか。

空港シーンの革命軍兵士はイラン人ですが、出演して顔を晒しても問題ない人、二度とイランに帰国予定のない人(政治的亡命者など)だそうです。

つまり在米イランコミュニティにはイラン人は何百万人といますが(ホメイニ氏帰国時に自由が無くなるのを恐れ国外に逃れた富裕層やインテリ層)、米映画にエキストラで参加でもしてイラン政府に顔が割れたくない人が殆どでしょう。

だからこの映画の人選がペルシャぽくなく、トルコ人やアラブ人ぽいのでしょう。

ちなみに私の回りの日本人は今のイラン人が反米と思ってますが、実際に海賊版米映画をみてたりします。米Visaあげるよと言えば喜んで行くでしょう。少なくとも中流以上は在米イラン人をうらやましいと思ってます。貧しい人は一生懸命お祈りしてますが、一般的には『ペルセポリス』という本の感じです。

裏話まで解説ありがとうございました。
November 15 [Thu], 2012, 8:27
>q サマ

そうなんだよね! 動いているのは1人だけ・・・
ベン・アフレックが"自分"が目立たないように演出&演技してたね。
ホント緩急が絶妙で、コメディー部分もやり過ぎてなくて良かった!
空港でのシーンでは手に汗握ったよー

業務連絡
高井サンのファントムは2月に見たよ〜
声の厚みと声量がすごかった!
Sierraと比べるとねぇ・・・ Sierraは最強クリスだから・・・
November 04 [Sun], 2012, 2:14
>tomoco サマ

長文読んでくれて、お疲れさまー(笑)

そうなの! 窓かから覗いてる横顔のもみ上げが! 横ワケが!(笑)
丸いヘアカットと、分厚いヒゲ! (ノ∀`)ンププ(笑)

うんうん! 空港のトコなんてホントに王道で、結果も知ってるのに、
どうなるのかー?!とか思っちゃってΣ(`艸´;)

エンドロールの写真の種明かしもよかったよね!
まさかあのシーンが実際にあったんだ?!とか・・・
うん! 次回作も楽しみ〜
November 04 [Sun], 2012, 2:07
(=v=)ムフフ♪「観ないと損するぞ〜」って言っちゃう
実際に動いているのは「1人だけ」
何気に「製作過程の世界」で人は色々いるんだけど
この1人だけの動きに気が付いてないかどうかで
ハラハラドキドキ感が変わるよね
実際。史実だからネタバレなんだけど
クソ難しく無く「上から目線」じゃないから
コレまた面白い♪固苦しさの無さも良い
前半→ジョン・グッドマンとアラン・アーキンが軽妙
後半→緊迫感ハラハラドキドキ
この緩急ばっちり、ヤバいっす〜!
シュレッダーで細かくバラバラにされた写真
子供達の手によって形を成してゆく「モンタージュ」
なんていう観せ方
ゥマ━━((☆≧Д≦)p━━ィ♪・:,
.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚
 業務連絡
ボンゴレ「四季」慶太氏のオペラ座の怪人を観てきた
やばいよ!怪人を演じた高井治サマサマ
怪人の見事な手のセクシーっぷり炸裂
怪人の「セクシー魅力」炸裂してたわよ
ただ、クリスが・・・やっぱシエラのを聴いちゃうと
差が出ちゃってシエラのが断然いいわ〜
November 02 [Fri], 2012, 14:23
こちらにも☆

maru♪ちゃん、長文お疲れさまー!

うんうん、不謹慎かもしれないけど70年代当時のルックスは結構ウケたよね。
長いもみあげ、丸いヘアカット、分厚いヒゲ、などなど(笑

空港のシーンもバザールもメイドのところも、、
ずっとドキドキハラハラしてた

実際の映像を使ってるのがと思いきや撮影だったり、とエンドロールで最後まで楽しませてくれるのもよかった!
もう次の作品が楽しみだわ

November 02 [Fri], 2012, 10:32
>mig サマ

先に会っちゃったね(笑)

これは面白かった! 緩急がきいてて良かった!
ベン・アフレックって俳優として特に・・・なんだけど、
この映画の役は良かったと思う♪

写真との対比は興味深かったよ!
まさかあのシーンが実際にあったの?! とか思ったり(笑)
ベスト10入り確定で、しかも結構上位かも
November 02 [Fri], 2012, 0:56
書いたね〜☆

これはほんと期待裏切らずだし世間の評価もいいよね、
実際の写真との対比のエンドロールも良かったよね。
タウンの時よりベンも合ってたし、やっぱり才能感じたわ〜
私も今年のベスト10いり。
じゃ、あとでまたね♪朝ごはんしなきゃ
October 31 [Wed], 2012, 10:02
>ノルウェーまだ〜む サマ

うんうん! ベン・アフレックすごい才能だよね♪
ドキュメンタリーかと思うくらい緊迫感があってリアルなのに、
ハリウッドの場面では作り物っぽかったり・・・
でも、そこも実話みたいな(笑)
空港シーンは王道なのに手に汗握ったよー

うん! これはBEST 10入り確定
October 31 [Wed], 2012, 0:16
>Manon サマ

コメントありがとうございます!
長文読んでいただいて、うれしいですヽ(・∀・)ノ♪
アメリカでもこの映画で事件の真相を知った方多いのでしょうか?

ベン・アフレックの監督作品は初めて見たのですが、
スゴイ才能だと思いました。
王道で正攻法なのにこれだけ見せるなんてスゴイ!
コメディ要素との緩急も絶妙でした。
緊張感のあるカメラも良かったですよね!

はい・・・ 中東とアメリカの関係は難しいですよね・・・
でも、イランのエキストラの方々はみな協力的だったそうなので、
個々で付き合えば分かり合えるのに・・・

はい! 私もこの映画を見終わってRaminのことを考えました。
1979年ってまさにRaminが生まれた年ですよね・・・
あの混乱の中、ご両親はイランを出てカナダに渡ったんですよね。
幼い子供達を連れてさぞ大変だったでしょう・・・
でも、ご両親が決断して下さったから、今Raminの歌を聴ける。
感謝したいです・・・

はい! 毎回長文で暑苦しく頑張ります!( ・∀・ )ゞ
October 31 [Wed], 2012, 0:12
maruちゃん☆
ベン監督冴えているよね〜
実話を実話らしく、だけどコメディ要素もわざとらしくなく入れて、本当に緩急のバランスがいいよね。
ハラハラの部分もハリウッド的に見せるのに、うそっぽくないし。
maruちゃん今年のベストに入ったって言ってたの、わかるわ〜
October 30 [Tue], 2012, 22:32
Manon
maruさま、おはようございます!さっそくお邪魔しにきました。うーん、力作レポ、素晴らしい。さすがです!「アルゴ」こちらでも大ヒットしていて、評判も良いです。私もとっても面白く見ました。ベン・アフレック凄いよね。あとmaruさまも書かれてたとおり私もカメラマン(DoP)の力量が凄いと思いました。あと編集のキレのよさ。これはベン・アフレックのセンスだと思いますが。

しかしよくこの時期(国連総会でのイラン大統領の演説w)に公開したなあ、と感心してしまいました。内容的には中立の立場になってるけど一歩間違えると攻撃を受ける可能性だってあったわけだし。このあたりはプロデューサーのジョージ・クルーニーの力もあるかもですが。

関係ないけどラミンの家族ってこういう状況からカナダに亡命したんですよね。ラミさんファンにはぜひ見てもらいたいなあ、とも思いました。またmaruさまの映画レポ楽しみにしてますね!
October 30 [Tue], 2012, 9:38
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
https://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月22日)
アイコン画像エアリアル
» 【cinema】『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月21日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる