『最強のふたり』(試写会)

August 31 [Fri], 2012, 20:04
'12.08.16 『最強のふたり』試写会@シネマート六本木

migちゃんのお誘い♪ 見たくて試写会応募してたけどハズレ。よろこんで行ってきた〜♪ ちなみに、木曜日だけどバレエはお盆休み。←って、聞いてないか(笑)

*ネタバレありです!

「パリ。実業家のフィリップは事故で首から下を動かすことが出来ないため、介護士が必要。でも、気難しい彼と上手くいかず、次々辞めてしまう。介護士募集の面接にやってきたドリスは、失業保険欲しさに就活した事実が欲しいだけ。不採用を望んでいたが・・・」という話。後から知ったのだけど、これは実話ベース。どこまで、実話どおりなのかは不明だけど、これはなかなかよかった。正直、感動!!ってことはなかったけど、じんわり感動させてよかったと思う。

冒頭、すごいスピードで高級車を走らせるシーンから始まる。後部座席にはフィリップ。すごいテクニックでどんどん前の車を抜いていくドリス。当然、スピード違反でパトカーに追われてしまう。逃げ切れるか賭ける2人。かなり頑張って逃げるけれど、捕まってしまう。しかたなく車を止め、出て行くドリス。「先導するに200ユーロ」と言いニヤリ。相手がアフリカ系であることから、いきなり凶悪犯のような扱い。まぁ、あれだけ危険運転だから、仕方がない気もするけれど・・・ 当然、フィリップを病院に連れて行くところだったと言い訳するわけで、ここからはフィリップの熱演。ドリスの狙い通り、パトカー先導で病院へ向かうことになる。病院へ到着するも、担架を持って出てくる職員をよそに、どこかへ去ってしまう2人・・・ そして、場面は数ヶ月前に。このスピード感あふれるオープニングは良かった。大人がふざけている感じも、やっていることの是非は別として見ていて楽しい。なにより、二人の信頼関係が伝わってくる。そして、それぞれの性格も・・・

数ヶ月前、面接のシーン。志望動機に模範的な回答しかしない志願者達。まぁ、当然といえばそうなのだけど(笑) フィリップは一切心を打たれない様子。実業家であった彼は同情されることを嫌っているのだと思う。こんな言い方はなんだけれど、どこからどう見ても障害者である彼を、障害者であると見てしまうことは当然といえば当然。でも、それは辛いことなのでしょう。何でも自分で出来た人が、何一つ自分では出来なくなってしまうことは、想像以上に辛いことなのだと思う。同情して欲しくないのは、誰より自分が自分を憐れんでいるからかも・・・ そんな中現れたのがドリス。失業手当のための就活記録が欲しい彼は、面接などしなくていいから不採用のサインをしてくれと訴える。そんな彼に興味を示すフィリップ。明日までに書類をそろえておくと約束する。

ドリスの狭い家には、弟や妹たちがひしめいている。一家を支えているのは清掃の仕事をしている母親。後に、この一家の関係はかなり複雑であることが分かるけれど、お互い愛し合っていることは伝わってくる。実はドリスは窃盗容疑(だったかな?)で数ヶ月服役しており、この日の帰宅も数ヶ月ぶり。母親はもちろん事情を知っているけれど、どこで何をしていたのか激しくしかりつける。お前のような息子は出て行けと追い出す母親も、彼を思ってのこと。もちろん、生活苦のこともあると思うけれど・・・ 仕方なく、夜の街に出るドリス。不良仲間は暖かく彼を迎えるけれど、一人また一人と家に帰っていく。最後の一人になる前に、その場を去るドリス。大きく見せてはいるけれど、孤独には耐えられないという、ドリスの一面をサラリと見せる。そういうのが上手い。

翌日、不採用通知を貰いに来たドリスを、どんどん案内していく女性。まぁ、ありがちなシーンではある。ただ、フィリップの家ホントスゴイ!! ドリスの部屋だけでも、ドリスの家より広いし! 当然、バス・トイレつきだけど、猫足バスタブで豪華! こんな形で採用通知されたドリスだけど、意外にあっさり受け入れたような… まぁ、介護経験のない自分には勤まらないと思っているのかも? もちろん、はぁ!?とはなってたけども(笑)

実際、フィリップの介護は大変。首から下が動かないので、ベッドから車椅子に移動させても、直ぐに固定しないと倒れていっちゃう。医学的なことは分からないけど、人間の身体は動くことによって血の巡りを助けている部分があるらしい。バレエのレッスン後、特にトウシュースでのポワントレッスン後は、履いて来た靴がゆるくなったりする。ふくらはぎを動かしたことにより、ポンプのような役割をして、血行が良くなりむくみが取れるのだそう。フィリップは身体を動かすことが出来ないため、この作業をマッサージで行う。そして、フィリップは自力では排泄が出来ない。これにも介助が必要。この辺りを、不器用な手つきでドリスが習ったり、排泄補助は断固拒否したりする姿で、コミカルに描くことで、重くなり過ぎすに見れた。実業家でバリバリ働いていたであろうフィリップが、自分一人では何も出来ないという現状は、本当に辛いことでしょう。フィリップの介護はチームが組まれていて、それぞれ担当がいるけど、メインで担当するのはドリスということになる。

このメインがドリスになったことで、今までの常識が破られていく。例えば、フィリップが外出する際には、専用の車を使う。この車が実際どうなっているのかは、紹介されなかったので不明だけど、ドリスは荷物を運ぶみたいでイヤだと拒否。冒頭で無謀運転をしていた高級車に乗せる。実際、フィリップの身体にとって、どちらが負担が少ないのかは分からないけど、例え助手席であっても、愛車に乗れるのはうれしいことかも。他にもドリスはフィリップの車椅子を改良して、スピード上げちゃったり、いろいろ型破りなことをする。フィリップがドリスを採用した理由は、彼が自分を障害者だからと同情していないからだけど、ここまで型破りなことをして楽しませてくれるとは思ってなかったでしょう。でも結果、ドリスのおかげで生きる喜びを得たことになる。

ドリスは恋のキューピット役まで務めちゃう(笑) フィリップはある女性と文通している。芸術のこと、音楽のこと、とっても趣味の合う二人。手紙を秘書に口述筆記させるけれど、あまりに堅苦しい内容に辟易するドリス。でも、それはドリスの世界であって、フィリップの世界ではこれが普通。ただ、自分の障害のことがあるので、積極的になれないのは事実。ドリスが指摘したかったのはそこ。お互いの写真を交換しましょうと言われ躊躇するフィリップ。ありのままの姿を見せればいいと言うドリス。でも、結局写真を差し替えてしまう。気持ちはよく分かる。そして、これは伏線。

フィリップが受身な分、どうしてもドリスから受ける部分が大きいけれど、もちろんフィリップがドリスに与える影響も大きい。アフリカ系移民で、叔母夫婦の養子となったドリス。叔母はその後、数人の"父親"の間に次々子供をもうける。つまり、ドリスの弟や妹たちは、いとこでもあるということ。弟の一人は不良グループの手先にされている。彼の世界は狭かった。その彼に絵画やオペラの楽しみを教える。楽しみ方は型破りだけど(笑) フィリップのおかげで絵も売れたし(o゚c_゚o) パラグライダーも体験出来た! このシーンはよかった

夜、実際は感じないはずの体の痛みや、痒みに悩まされるフィリップ。足を切断した人が、実際にはない足の痛みや痒みを感じる幻肢痛と同じなのかな? 実際には失われていても、脳の足を担当していた脳細胞は生きているわけで、そこが誤作動してるってことらしい? 調べたけど今ひとつ理解し切れず。ただ、これ本当に辛いらしく、治療法もないため、時間が解決するのを待つしかないけれど、人によってては10年以上苦しむ人もいるらしい… フィリップの体調変化が分かるように、彼の部屋の音声がドリスには聞こえるようになっている。異変に気づいたドリス。特別何も出来ないけれど、彼が来てくれたことで安心するフィリップ。このシーン、ドリスが去った後の伏線にもなっている。フィリップの排泄も手伝えるくらい、自覚と信頼関係を築いたドリスだけど、おそらく彼の将来を思い、彼を解雇してしまう。弟のこともあったので、この辺りちょっと唐突で分かりにくくはあるのだけど… でも、新たに雇った介護士は、仕事に徹しているけれど、物足りない。幻肢痛(厳密には違うけど)の苦しみも、逆にイライラが増すばかり。

で、いろいろあって冒頭のシーンへ。外の空気を吸いに行こうと連れ出したドリス。例のチェイスの後、向かったのは海。そこで楽しい時を過ごした二人。ランチを取るため高級レストランへ。予約した席に、一人フィリップを残し去ってしまうドリス。現れたのは文通していた彼女。一度、会う約束をしていたけれど、待ち合わせに遅れた彼女を、会うのが怖かったフィリップは待つことができなかった。ドリスは彼女にフィリップの真実を写した写真を送り、計画したらしい。示唆する場面が出てくるだけで、実際そういうシーンはない。ない方がいい。どこまでドリスが話したかは不明だけど、彼女がやって来たからには、フィリップを受け入れたということ。映画はここで終わり、実際の二人が結婚したこと、ドリス(本名は別)は現在会社経営していることなどがクレジットされた。実話って知らずに見たからビックリ!

キャストが素晴らしかった。フィリップの介護スタッフさんたちもよかったし、ドリスの母親役の人もよかったけど、もう主役の二人につきるという感じ。ドリスのモデルとなったAbdel Yasmin Sellouさんは、何系の方なのかな? アフリカ系ではなさそう。ただ、映画とするならフィリップとの違いを際立たせるためにはアフリカ系とした方が、分かりやすかったと思う。型破りなくらい前向きに突進しちゃう感じも、ステレオタイプとは思いつつも、やっぱりアフリカ系方々のイメージではある。そういう意味で、この変更はよかったと思うし、オマール・シーで大正解! 前向きといえばそうだけど、型破りであるということは、常識的ではないということで、となると周りだけでなく、見ている側にも眉をひそめさせちゃうことになりかねない。でも、そうはなっていないのは、ドリスがこの状況を楽しみつつも、フィリップや周りのことも気遣っているのが伝わってくるから。そして、ドリスの寂しさや悲しみも、声高ではないけど伝わってくる。体全体で大げさ演技をしている時でもあざとく感じない。寂しさを表現する時の目の演技が絶妙!

そして、首から上だけで演じきったフランソワ・クリュゼがスゴイ! 前述したけど、全身麻痺しているため、自力で体を支えることも出来ない。固定してくれないと倒れてしまう。そういうシーンなので当然だけど、それ以外のシーンでも本当に全身不随の人にしか見えない。体が使えない分、表情で演技するわけだけど、あえての大芝居にしていないところがよかった! それだと見ていて辛い… あくまで自然の表情でありつつ、喜怒哀楽の他にも、障害者であることの負い目なども表現。恋の悩みは熟練のパリジャンにもあること。そこに加わる自信のなさ… ドリスを去らせたのは自分だけど、後任に満足できなくてイライラしちゃう感じもよく分かる。ただの偏屈な人になってなかったのはフランソワ・クリュゼのおかげ。ハリウッド・リメイクの話しがあるそうだけど、この二人だからよかったと思うんだけどなぁ…

感想書きながら、もし自分がフィリップのような状況になってしまったとしたら、当然介護士なんて雇えないから、家族に頼るしかないよね… では、家族のいない人は? などと考えてちょっと暗くなった。やっぱりフィリップは介護士を自由に選べたりできる余裕はあるってことなんだよね。でも、この映画はあくまで境遇や性格が全く違うふたりの友情の話。なので、見ている間は楽しめる。ちょっと後から考えさせらせる。良い映画だと思う。

夜のパリの街並みがキレイ。改良した車椅子でセーヌ川渡るシーンも好き。

友情モノ好きな方、オススメ!!

『最強のふたり』Official site
  • URL:https://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/1986
Trackback
Trackback URL
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE
2011年
フランス
113分
コメディ/ドラマ
PG12
劇場公開(2012/09/01)



監督:エリック・トレダノ
脚本:エリック・トレダノ
出演:
フランソワ・クリュゼ・・・フィリップ
オマール・シー『ミックマック』・・・ドリス

<ストーリ...
銀幕大帝α  March 25 [Mon], 2013, 1:08


口コミやブログなんかでも評価が高かった作品なので、ちと緊張ぎみに観ました。
事故で全身不随の富豪フィリップが、服役歴のある黒人青年ドリスを介護役として雇う。正反対の二人だが、やがて強い絆が芽生えていく、といったストーリー。
実話に基づいているそうですが、人と人の出会いって妙。縁なんだろうなあ…。互いが互いのありのままを受け入れていく、こんな素晴らしいことが他にあろうか。人の出会いの持つ意味が明るく肯定的に描かれていて、なんだかほっとする、あたたかい気持ちになる。
「いらないよ、情けなどね」雑だけれど哀れみも偽善もない彼を肯定するフィリップ。正反対の人間だからこそ互いを補えるものがあったのかもしれない。
色んなクラシックの名曲を演奏してドリスの感想を聞いてるシーンが好き。最終的にはトムとジェリーにオチるけど(笑)「Feeling Good」が流れる中での飛行シーン、ひげで遊ぶシーンも良かったよね。
冒頭と繋がるシーン、きれない絆がもう出来上がっていた。素直に君がいてくれて良かった、そう思える作品。

【概略】
車椅子生活を送る大富豪のフィリップは、その気もないのに介護者面接にやって来た場違い...
いやいやえん  March 22 [Fri], 2013, 9:26
12-74.最強のふたり■原題:Intouchables(英題:Untochable)■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:113分■観賞日:9月14日、TOHOシネマズシャンテ
□監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ◆フランソワ・クリュゼ(フィリップ)◆オマール・シ...
kintyre's Diary 新館  January 06 [Sun], 2013, 18:48
 昨日は仕事始めであいさつ回りをしましたが、今日は仕事が無いのお休みです。だったら、仕事がある初日にあいさつ回りしろよという意見があるとは思いますが、「そこが下請け稼
 エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督・脚本。実話を基に、全身麻痺の富豪と、彼の介護人となった貧民層の黒人青年との交流と友情を描いたヒューマンストーリー。 「感動作」=「泣けるエピソードのパッチワーク」が常識化してしまった映画業界に、一石を投じる
流浪の狂人ブログ?旅路より?  December 07 [Fri], 2012, 18:53
とっても良い映画だった。
だらだら無気力ブログ!  October 15 [Mon], 2012, 21:11
さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁ
こちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました
久しぶりのフランス映画ですね〜


あらすじ
不慮の事故で全身...
にきログ  October 09 [Tue], 2012, 21:16
映画「最強のふたり」観に行ってきました。
頸髄損傷による首から下の全身麻痺のために不自由な生活を余儀なくされている大富豪が、スラム街の黒人青年を介護士として雇ったことから始まる、フランスのヒューマンコメディドラマ作品。
今作は本来、日本では2012年9月1日から全国公開されているのですが、熊本ではど
タナウツネット雑記ブログ  October 07 [Sun], 2012, 0:19
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が
はらやんの映画徒然草  September 27 [Thu], 2012, 20:09
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。
 これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...
映画のブログ  September 23 [Sun], 2012, 19:38

【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた?(^O^)v

 パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者募...
労組書記長社労士のブログ  September 20 [Thu], 2012, 12:41






 INTOUCHABLES

 パリに住む大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、事故で首から下の
感覚が麻痺し、車椅子生活を送っている。新しい介護人として彼が雇い入れ
たのは、失業手当受...
真紅のthinkingdays  September 12 [Wed], 2012, 9:16



□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■劇場 ...
京の昼寝?♪  September 10 [Mon], 2012, 12:26
映画「最強のふたり」を鑑賞しました。
FREE TIME  September 09 [Sun], 2012, 23:58

主演の2人も揃って最優秀男優賞を獲った、まさに“最強のふたり”パリで暮らす富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)ハングライダーの事故で頸椎損傷となり、首から下を動かすことが出来なく車椅子の生活が長く続いている。この日住み込みの介護人...
Said the one winning  September 07 [Fri], 2012, 21:56
最強のふたり@シネマート六本木
あーうぃ だにぇっと  September 05 [Wed], 2012, 5:38

さぁ、人生に繰り出そう。
原題 INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE
製作年度 2011年
上映時間 113分
監督 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
出演 フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/アンヌ・ル・ニ/オドレイ・フルーロ/アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ

車い...
to Heart  September 04 [Tue], 2012, 23:58
大切な友人の幸せを願い、ユーモアを添える。それが真の友情。
実話をベースに首から下が麻痺した大富豪フィリップとスラム街育ちの黒人青年ドリスの本音で向き合う友情を描いた ...
こねたみっくす  September 03 [Mon], 2012, 22:17
固い絆で結ばれた、“ふたり”…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209020003/


A Second Windフィリップ・ポッツォ・ディ・ボルゴ アチーブメント出版 2012-08-30売り上げランキング : 14504Amazonで詳しく見る by G-Tools
日々“是”精進! ver.F  September 02 [Sun], 2012, 13:45
人生は楽しまなきゃ公式サイト http://saikyo-2.gaga.ne.jp実話の映画化原作: A Second Wind (フィリップ・ボッツォ・ディ・ボルゴ著/アチーブメント出版) パラグラ
風に吹かれて  September 02 [Sun], 2012, 13:04
車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年の実話をベースにした物語です。
水曜日のシネマ日記  September 02 [Sun], 2012, 11:52
Data 原題 INTOUCHABLES 監督 エリック・トレダノ 出演 フランソワ・クリュゼ 
オマール・シー 
アンヌ・ル・ニ 
オドレイ・フルーロ 
クロティルド・モレ 公開 2012年 9月
映画 K'z films 2  September 02 [Sun], 2012, 5:22
よい話ではある。
或る日の出来事  September 01 [Sat], 2012, 22:53
ネタバレ有り。

実話を下にした作品。2011年11月公開されたにもかかわらず、フランスでのその年の年間興収第1位となった作品。フランス国民の3人に1人が見たことになるという大ヒット作品。

笑いあり、涙は・・・無し。でも、ひと一人を描いたこの作品は、奥深いです。...
勝手に映画評  September 01 [Sat], 2012, 18:38
原題:Intouchables監督:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・ルフーロ、アンヌ・ル・ニ
ハリウッド映画 LOVE  September 01 [Sat], 2012, 17:50
“最高”のふたり


【Story】
不慮の事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探しており、生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた...
Memoirs_of_dai  September 01 [Sat], 2012, 17:19


原題:INTOUCHABLES
監督:エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
出演:フランソワ・クリュゼ 、オマール・シー 、オドレイ・フルーロ  、アンヌ・ル・ニ

『最強のふたり』公式サイトはこちら。(2012年9月1日公開)

第24回東京国際映画祭『最強のふたり』ペ...
Nice One!! @goo  September 01 [Sat], 2012, 7:22


2回目の観賞です。

試写会場: シネマート六本木

公式サイトはこちら。

第24回東京国際映画祭で観た日記はこちら。



これもまた『サラの鍵』と同じ状況で、映画祭で去年観てはいるんだけど、思い出すとやっぱりもう1回観たくなっちゃって。
いろいろ応募したらめ...
Nice One!! @goo  September 01 [Sat], 2012, 7:22


ランキングクリックしてね ←please click


わたし的には、この夏(いや秋?)
「アベンジャーズ」よりもぜひ観て欲しいオススメ作品がこちら
予告篇がかなり良さそうで楽しみにしていた
フランス、ドイツ、オーストリア他で大ヒットしたコメディドラ...
我想一個人映画美的女人blog  September 01 [Sat], 2012, 0:09
予告を見たときから気になっていた作品。
予想を裏切らない感動は、フランスの海岸に吹く風のように爽やかで・・・・
ノルウェー暮らし・イン・原宿  September 01 [Sat], 2012, 0:01





『最強のふたり』
---INTOUCHABLES  UNTOUCHABLE---2011年(フランス)監督:エリック・トレダノ・オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー


主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。
実話を基に、首...
こんな映画見ました?  August 31 [Fri], 2012, 22:38
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>れいん サマ

確かにサラリとした感じがフランス映画っぽいですよね♪
ラストのドリスが良かったですよね〜
September 13 [Thu], 2012, 12:27
れいん
さすがフランス映画!と思わせるラスト近くのドリスの去り方が秀逸でした。
September 12 [Wed], 2012, 20:23
>q サマ

qちゃんは介護経験ありなのね・・・
うん、下の世話は他人の方がいいっていうのは分かる気がする。
qちゃんの言うとおり割り切れる気がするし・・・

"September"の使い方良かったよねぇ〜
全体に音楽の使い方は好きだった!

うん、思いが伝わらない、伝えられないのは一番辛いことだよね
September 09 [Sun], 2012, 17:02
私自身。祖母の介護を数年前に長期間し
実際に まったくの他者の世話もしたコトがあっけたれど
「下の世話」には何回か声が・・・
ただ。コレは他人の世話の方が楽だったわ
私は「札束が目の前にいる」って思ってたからねぇ・・・
Earth,Wind & Fireの“September” 
このセレクト 上手いっっっっ
Earth, それは 地球。 大地。Wind 、それは 風 
Fire、 それは火
フィリップが 出会うコトの無かった世界

行動を制限する辛さより
気持ちが伝わらないほうが辛いのは
たとえ 障害があろうが無かろうが
私と同じなんだな〜
なんて思っちゃった
September 07 [Fri], 2012, 22:27
>にゃむばなな サマ

あのシーンはよかったですよね!
結局、どんな介護も痛みや負担を軽減してあげるだけで、
ご本人の辛さを完全に取り去ってあげられるわけじゃない・・・
でも、ドリスに癒されたのであれば、フィリップにとっては、
彼が"最強"ってことなんでしょうね
September 04 [Tue], 2012, 12:11
薬の効能が切れて深夜に苦しむフィリップをドリスが大きな手で包み込む。まるで母親のような優しさ。あれがドリスの魅力なんでしょうね。
あのシーンは凄く好きですわ。
September 03 [Mon], 2012, 22:18
>mig サマ

諸事情により後回しになったから、時間かかっちゃった
公開前日ギリギリ(笑)

うん! 多分かなり脚色してそうだよね?
実際の方、あんなムチャしそうではないもの(笑)
あの2人だから良かったんだと思うわ〜

migちゃんのblue moonもキレイだった〜
うん! 幸せになれるよねっo(`・д・´)o ウン!!

おめでとう!(*´∀`)o∠☆゚+。*゚PAN!!★゚+。*゚
先に話しちゃったけど、平日帰りに寄ってみるね
September 02 [Sun], 2012, 1:02
>ノルウェーまだ〜む サマ

だよね?
ステレオタイプな気がしないでもないけど、
見ている側にもアフリカ系の人は前向きで明るいイメージあるし!
あと、やっぱりオマール・シーが良かったんだよね
September 02 [Sun], 2012, 0:56
maruちゃんーやっと書いたね! 笑
黒人の彼じゃなかったらこんなふうにはなってなかったよね、
実際は白人さんてことでいろいろ映画用に脚色してるんだろうkど
キャストがまた良かったしね♪
お気に入り作品★

今日はブルームーン綺麗だったね〜
私も載せたけどmaruちゃんのも綺麗だった♪
幸せになれるね♡ 笑!
明日いよいよだよー
明日は午前中ゆきえちゃん来てくれるんだ♪
maruちんも待ってるネ!
September 01 [Sat], 2012, 0:12
maruちゃん☆
私も同感!
ドリスを黒人の彼に変えたのが凄く良かったと思うわ。
実際の本人は、パッと見で、それほどやんちゃなかんじに見えないもの。
彼の心の底から見せる笑顔が本当に安らげたわ☆
September 01 [Sat], 2012, 0:00
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
https://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新記事 ・
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月15日)
アイコン画像rose_chocolat
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月13日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる