【cinema】『ファミリー・ツリー』(試写会)

May 29 [Tue], 2012, 23:05
'12.05.08 『ファミリー・ツリー』試写会@朝日ホール

rose_chocolatさんからのお誘い。気になっていたので、よろこんで行ってきたー♪

*ネタバレありです!

「ハワイで弁護士をしているマット。カメハメハ大王に繋がる先祖から引き継いだ広大な土地の信託管理も任されている。妻と2人の娘の4人家族。自分の信念に従い、家族に接しているつもりだった。でも、妻がボートの事故で意識不明となり、家族の心が離れていたことが分り・・・」という話。意図したわけではないけど、母の死を乗り越える父親と子供達の話が続いてしまったけれど、こちらも良かった。どちらも、コメディタッチで重いテーマをサラリと描いていて、重くなり過ぎずに見れる。家族の再生という普遍のテーマを、気負うことなく描いてて、感動。゚(PД`q。)゚。ってことはないけど、じんわり豊かな気持ちになれる映画だった。

カウイー・ハート・ヘミングスの同名小説が原作。ちなみに小説原題は「THE DESCENDANTS」で子孫達という意味。映画の原題も同じになっている。原作は未読なので、どの程度忠実に映画化されているのか不明だけど、どうやらハワイが舞台になっているのはそのままらしい。脚本も手がけたアレキサンダー・ペイン監督は、ハワイが舞台であることが重要であると感じたそうだけど、それは本当に正しいと思う! この映画が、よくある家族再生の話にならなかったのは、さまざまな要素があると思うけれど、ハワイが舞台であるということがとっても大きいと思う!

冒頭、マット自身のナレーションで、「楽園に住んでいるから悩みなどないだろうと言われるけれど、ハワイに住んでいたって悩みはある。サーフィンしまくっているだろうと言われるけれど、自分はサーフィンなんて15年もしていない。」というようなことが語られる。まぁ、よく考えればそうなんだろうけど、やっぱりハワイといえばそういうイメージ。日本からハワイに移住する方の多くは、自然に魅せられてサーフィンや、独特のハワイ文化や、自然を求めて行かれる方が多いと思うし・・・ マットのようにハワイで生まれ育った人にとっては、ハワイの魅力は普通のことであって、生きていく上での悩みは同じなのかもしれない。でも、見る側にとっては、やっぱりハワイといえば楽園というイメージ。だから、彼らの普通の悩みもどこかのんびりとしたものに思えてしまう。見ている側にゆったりと、心の余裕を持たせる作用があったことは間違いないと思う。マットには悪いけれど・・・(笑)

冒頭からマットの奥さんが昏睡状態であることが分る。どうやら、ボートのレースか何かに出場している時の事故だったらしい。サーフィンなどもする活発な女性だったようだけれど、事故が起きたとき同乗していた男性はチャラい・・・ 母親の病状により情緒不安定になった次女スコッティは、学校で問題行動を起こす。病室の母親の写真を撮り、コラージュを作ってしまったり・・・ この辺り『幸せへのキセキ』でも、息子ディランが不気味な絵を描いたり、問題行動で退学になっていた。小学校にカウンセラーを置くなど、アメリカって子供のメンタル・サポートに関して進んでいる印象があったけど、意外に厳しくてビックリ・・・ まぁ、スコティは退学にはなっていないし、ご家庭でも注意してあげて下さいということだけど・・・

別の島の寄宿学校にいる長女アレクサンドラは、地元の高校を退学になった経緯がある。彼女が反抗的なのは思春期独特のものでもあるけど、母親の浮気を目撃してしまったから。この母親の浮気相手探しが物語を引っ張って行くことになる。幼いスコッティには理解できないことだし、あまり詳しく聞かせたくないとの配慮もあり、浮気相手探しはアレクサンドラと彼女の幼馴染シドを中心に行うことになる。この3人の組み合わせもおかしい。シドのイマドキ男のキャラに最初はムカつくけど、だんだん彼の存在がよい中和剤になったりする。義父と話す時には特に・・・

妻の父親は、マットが妻に対して冷たかったと散々イヤミを言う。どうやら、彼が広大な土地を持っていて、それなりの財産があるのに、弁護士収入だけで生活していることが、娘に苦労させていたと思っているらしい。実際そう言ってたし(笑) 娘を思う気持ちは分るけど、弁護士収入だけで生活するというのは、マットの考え方であって、別に間違っているわけではないと思うのだけど・・・ まぁ、ハッキリ描かれてはいないけれど、あまり家庭を顧みなかった部分はあるのだと思うので、その辺り不満に思っている部分もあるのだとは思うけれど・・・ あまりにマットを責め立てるので、シドが「そんな言い方はないだろう!」と怒鳴るシーンがある。ちょっと、いいぞと思っちゃったり(笑)

なぜ義父に対してシドが反論してくれたのがうれしかったかといえば、昏睡状態の妻に対してあまり同情できなかったから・・・ マットとの間のことはよく分らないし、放っておかれたことが寂しかったのだとしても、不倫の言い訳にはならないと思う。仮に、本当の恋に落ちたのだとしても、相手には妻子もいるのに、離婚を迫るというのも・・・ 妻でもあるけど、母親だからね! 趣味でボートに乗ったり、マリン・スポーツを楽しむことは、よいことだと思うけれど、同乗のチャラ男の言葉を信じるならば、彼の制止も聞かず自らムチャな操縦をして事故を起こしたというし・・・ 彼女自身は昏睡状態の姿のままだし、回想シーンがあるわけでもないから、それぞれが語る情報だけで判断しているので、何とも言えないけれど。ただ、彼女が妻として母としてダメだったかどうかは、家族が決めること。彼らにとってかけがえのない存在であったことは間違いない。裏切られたと知っても、マットは彼女とやり直そうと考えたわけだし。

浮気相手がバカンスに出かけたカウアイ島は、マットが信託管理している土地のある島。浮気相手の家のオーナーは彼のいとこだったりと、ちょっと偶然も重なるけれど、マットとアレクサンドラが彼の家に乗り込んでいくのは、コミカルでおもしろかった! この浮気相手は不動産業界ではやり手みたいだけど、残念な人だった。奥さんは美人でよくできた人なのに・・・ 何故こんな男と?と思うけれど、それは人それぞれ。その辺りも良かったかな。マットとしては複雑か・・・ マットは妻が本気で愛した相手ならば、最期にお別れをさせてあげようと、病室に見舞いに来て欲しいと告げるため彼を探していた。ちょっと優等生過ぎる気もするけれど、妻にとって良い夫ではなかったという反省も含めてのことなのかも・・・ まぁ、もちろん浮気相手は来れるはずもなく、意外な人物が現れる。浮気相手の妻。彼女の気持ちを考えると、ホントにやり切れないけれど、彼女の態度は立派だったと思う。この後、あの家族がどうなってしまうのかは謎だけれど・・・

先に書いてしまったけれど、妻は回復の見込みがないということで、生命維持装置をはずす選択をしてはどうかと医者に告げられる。マットは悩むけれど、この提案を受け入れることにする。彼女自身に意識はないわけだけど、この状態を長く続けさせるよりは、家族の納得がいく形で逝かせてあげようと考える。娘達も最初はショックを受けるけれど、父の決断を受け入れる。家族がそれぞれ、意識のない妻と別れを告げるシーンは泣ける。全員を映すわけではないので、泣きながら病室から出てくるシーンのみだったりするけれど、それでもやっぱり泣ける。家族が幸せだった時、どんな風に過ごして来たのかは分らないけれど、例え心が離れてしまっていても、母親であり妻だから・・・ マットが怒りをぶちまけるのもちょっと良かった。彼にも言い分はあるわけだから。もちろん妻にもあるでしょう。でも、永遠にお互いの思いを伝えることは出来なくなってしまった。それはやっぱり悲しいことだし、切ないこと・・・ 親子3人が妻の意思にしたがって、海に散骨するシーンは美しかった。ここもハワイの海ならでわ。

そして、もう一つの問題にも決断の時が・・・ カメハメハ大王の娘(だったかな?)が、マットの曾祖母だったかで、一族の代表としてマットが信託財産となっている土地の管理をしてきた。その土地を開発業者に売却しようというのが、親族会議の一応の決定であって、マットもそのつもりでいた。あとはどの業者に売るのか・・・ でも、この土地が素晴らしく美しい。右奥が低い崖になっている入り江。特に何があるわけではないけれど、手つかずの自然が残っている。開発業者の手に渡れば、おそらくリゾート地として開発されることになる。確かにそれは、お互いにとって金銭的な利益を生むかもしれないけれど、この土地は先祖代々受け継がれたものであり、この自然を後の世代に残すことが自分達のすべきことなのではないかと考える。ベタな展開だとは思いつつ、あの自然を守りたいと思う。リゾート開発も自然と上手く共存できる方法もあるかもしれない。でも、人間の手が入らない自然を残していくことは、これからの重要課題な気がする。ハワイに行っても、グァムに行っても同じようなリゾート風景だったら、つまらないと思うのだけど・・・ マットが残したいと思ったのは、やっぱり彼がこの風景に癒されて、心打たれたからだと思う。

キャストは、主演のジョージ・クルーニーと、久々見たボー・ブリッジス以外は、あんまり知らなかったけど、みんな良かったと思う。次女のスコッティのアマラ・ミラーは演技自体が初めてだそう。特別上手いとも思わなかったけど、カメラの前で自然に振舞えること自体スゴイと思う。お姉ちゃんのアレクサンドラとは全く似てないけど(笑) アレクサンドラのシャイリーン・ウッドリーは少年のようにキリッとした美少女。思春期独特の潔癖さが感じられて良かった。ちょっと生意気だけど、それがマットの支えにもなっているからOK。その感じをイヤな子になることなく演じていたと思う。この少女期の美しさを映像で残せたのは、彼女にとっても良かったのではないかと思う。美人になると思うけれど、ちょっと険が出ちゃうタイプの気もする・・・ 余計なお世話だけど(笑) 浮気相手の妻役のジュディ・グリアも良かった。出演シーンはわずかだけど、頭の良い女性であることを感じさせる。美しくて明るい、そして賢いこの妻と別れるはずがないと思わせる。この妻がいるのに浮気するかね?と思ったし(笑)

実はジョージ・クルーニーってあんまり好きじゃなかった。カッコイイといわれるのは分るけれど、濃い顔が好みじゃないのに、映画の役でも私生活でも、恋多き男って感じがどうも好きになれない。まぁ、私生活のことは、余計なお世話なのだけど(笑) 出演作もジョージ・クルーニーだからという理由で、あまり見る気がしなかったり・・・ ちょっと失礼か(笑) ようするに食わず嫌いだったわけだけど、この役は良かった。こういう、ちょっとダメな普通の男の役、意外に合っている気がする。まぁ、このマットは家庭を顧みなかったかもしれないけれど、ダメ男だったわけじゃないし、映画の中では情けない部分もありつつも、普通の男の人として頑張っていたし。その辺りを上手く演じていたと思う。娘達にも、妻の浮気の件も、そして彼女の死にも、真剣に向き合おうとしている。それが、きちんと伝わってきたし。頑張っているからこそ、クスッと笑える感じも自然だった。この演技は素晴らしい!

マットが心打たれた入り江の景色もそうだけれど、普通の住宅街である彼らの家ですら、ハワイ・マジックがかかって、ゆったりした空間に思える。映し出されるのは観光地としてのハワイばかりじゃないけれど、のんびりした空気感が画面から伝わってくる。テーマとしてはかなり重いのに、ズッシリ感じなかったのは、サラリとコミカルに見せつつ、感動させた脚本や演出、そしてキャストの演技の上手さもあるけど、ハワイのおかげという部分は絶対ある! ハワイアンを中心とした音楽もイイ! ハワイ行きたくなった

デート映画、家族連れ、お友達どうし、もちろん1人でも、じんわり感動できてオススメ! ジョージ・クルーニーファンの方、ハワイ好きの方是非!

『ファミリー・ツリー』Official site
  • URL:https://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/1837
Trackback
Trackback URL
12-44.ファミリー・ツリー■原題:The Dedcendants■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:林完治■観賞日:5月27日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本・製作:アレクサンダー・ペイン□脚本:ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ◆ジョージ・クル...
kintyre's Diary 新館  February 16 [Sat], 2013, 9:52


現実1:妻がこん睡状態、浮気をしていて離婚を考えてもいたらしい
現実2:先祖から受け継いだ広大な土地の売却問題
現実3:娘たちの取り扱い
家族ドラマでありながらも、先祖代々受け継いだ(カメハメハ大王の子孫らしい)土地の売却問題から、そのルーツさえ辿るドラマでもありました。売れば多額のお金が手に入るけれども、自然が破壊されてしまう。しかも、妻の浮気相手というのが不動産屋で。
終始反抗的な長女が、それでも父親の肩を持つところは、いいですよね。彼女は母親の浮気を知っていて、マットにそっと協力してくれるのだ。BFのシドも一緒だけれど、チャラくみえて実はそうでもない。
ジョージ・クルーニーが演じたマットの人間くささがなかなかいい。妻に浮気され、娘に反抗され手を焼かされ、どうしたらよいのか悩む彼。へんにかっこつけるんじゃなくて、等身大の父親像を上手く演じられてたと思います。
もやもやを抱えたまま、マットは娘二人と過ごして行くうち少しずつ家族の形を取り戻していくのですが…。1つの椅子に1つのブランケットの彼らの姿で、ようやく「家族」が再生しはじめたのだと感じられるラストもいい。
結構シビアなド...
いやいやえん  February 15 [Fri], 2013, 8:14
ファミリー・ツリー
'11:米

◆原題:THE DESCENDANTS
◆監督:アレクサンダー・ペイン「サイドウェイ」「パリ、ジュテーム」
◆出演:ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ボー・ブリッジス、ロバート・フォスター、ジュディー・グリア、マ...
主人公マット(ジョージ・クルーニー)はハワイ在住の不動産専門の弁護士です。 妻、
はらやんの映画徒然草  June 16 [Sat], 2012, 9:27
妻が危篤、おまけに浮気をしていたと娘の口から聞かされる。
こんな辛い話なのに、全編に流れる呑気なハワイアンが、なぜか心を和ませる。
ノルウェー暮らし・イン・原宿  June 08 [Fri], 2012, 10:49

原題は「The Descendants」。原題の意味する所の直訳は、「後継者、末裔、直系の子孫」。
「ファミリー・ツリー」とは、いわゆる家系図のことで、昔ヨーロッパの古城を旅行で訪ねたときに、由緒ある家柄の家系図が、樹木の枝葉のような描写で描かれていたのを幾度か見たことがある。この作品でThe Descendantsが意味する内容は、主人公の弁護士マット(ジョージ・クルーニー)は、ハワイのオアフ島で生まれ育ち、カメハメハ大王の娘の子孫であるために、カウアイ島に手付かずの自然が残る広大な土地を所有していて、その土地を今後どうしていくかの判断を一族から任されているため。

ジョージ...
ここなつ映画レビュー  June 06 [Wed], 2012, 10:07


□作品オフィシャルサイト 「ファミリー・ツリー」 □監督・脚本 アレクサンダー・ペイン □脚本 ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ □原作 カウイ・ハート・ヘミングス □キャスト ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、      ...
京の昼寝?♪  June 02 [Sat], 2012, 12:32
 『ファミリー・ツリー』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。

(1)本作は、『スーパー・チューズデー』で監督・出演したばかりのジョージ・クルーニーの主演作であり、かつアカデミー賞の5部門にノミネートもされましたから、期待して見に出かけたのですが、残念ながら思...
映画的・絵画的・音楽的  May 31 [Thu], 2012, 6:26
「ファミリー・ツリー」★★★★
ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、
アマラ・ミラー出演

アレクサンダー・ペイン監督、
115分、2012年5月18日公開
アメリカ,20世紀フォックス映画
(原題/原作:The Descendants )





<リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい←


「アカデミー賞最有力と言われながら
ジョージ・クルーニーの手にオスカーは渡らなかったが
映画を見て確かに納得の演技、
今までは相手役の良い面を引き出すような
役回りが多かったが
今回は彼が出ずっぱりで
ハワイののんびりした風景と
その中で汲々とする人間の対比が
可笑しくもちょっと哀しい、そんな映画だった」



妻がボート事故で植物状態になり
二人の娘の面倒や
一族の保有する土地の売却問題
そして妻が浮気していた事実も浮上し
アロハ姿で右往左往する主人公を
時に笑い、しんみりし
しみじみ生きる事って大変だなぁと感じるが
自分がそこで何を選択するか
生きる意味とか色々考えさせられた。


弁護士のマット・キング(ジョージ・クルーニー)は
仕事人間の典型だ...
soramove  May 30 [Wed], 2012, 18:34
ファミリー・ツリー@有楽町朝日ホール
あーうぃ だにぇっと  May 30 [Wed], 2012, 11:09


原題: THE DESCENDANTS
監督: アレクサンダー・ペイン
出演: ジョージ・クルーニー 、シャイリーン・ウッドリー 、アマラ・ミラー
試写会場: 有楽町朝日ホール

公式サイトはこちら。 [2012年5月18日公開]



ハワイで弁護士業を営むマット・キング一家にある...
Nice One!! @goo  May 30 [Wed], 2012, 8:15
注・内容、台詞、ラストに触れています。「サイドウェイ」以来7年ぶりとなるアレクサンダー・ペイン監督作品『ファミリー・ツリー』主演は本作で第84回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたジョージ・クルー
映画雑記・COLOR of CINEMA  May 30 [Wed], 2012, 1:38



ランキングクリックしてね &larr;please click



ゴールデン・グローブ賞作品賞&主演男優賞受賞
アカデミー賞作品賞ノミネート9作のうちの1本
(公開が最後となる、あと1本は来月公開のアレンの「ミッドナイト・イン・パリ」)
主演はジョージ・ク...
我想一個人映画美的女人blog  May 30 [Wed], 2012, 1:29
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>ノルウェーまだ〜む サマ

まだ〜む、お返事遅くなってごめん
先に会っちゃったし・・・ そして、火曜日はごめんね
また、何かあったら声かける!

シド良かったよね!
最初はやれやれと思ったけど、
義父に言ってくれたのは、ちょっとスカッとしちゃった(笑)
まぁ、あのおじいちゃんも、気持ちのやり場がないんだろうけど・・・
June 15 [Fri], 2012, 12:18
maruちゃん☆
今日楽しみだね〜
私のほうにコメないなーって話していたら京都に行ってるんだよ〜と教えてもらったよ☆
楽しめたみたいでよかったねー

ファミリーツリーはシドがよかったなぁ。
深刻な事態をうまく緩和してくれる、意外に癒し系なのかも。
June 08 [Fri], 2012, 10:51
>mig サマ

これ返事忘れてた! ごめんよ・・・

そうそう! マット・キングって名前なんだよ。
確かに、マットじゃないね(笑)
個人的にはこんな役のジョージのみ見たい(笑)

そうなの、事情はどうあれ奥さんに同情しにくい分、
同じようなテーマでも『幸せへのキセキ』の方が好き

ハワイ効果絶大だよねー! ハワイ行きたくなったわ
June 01 [Fri], 2012, 12:07
>rose_chocolat サマ

『ロボット』もUPしたので、あと2本ですー

ジョージ兄貴食わず嫌いでした(笑)
『オーシャンズ13』くらいしか見たことなかったので・・・
この兄貴はよかったです!

ジュディ・グリア短い登場シーンで印象に残りました。
シャイリーンも将来楽しみですね♪
May 30 [Wed], 2012, 23:45
UPお疲れですー。 たまっちゃうとタイヘンだよね。
ジョージあんまり好きじゃなかったんだ(笑) 結構重たい役もやってるんでまたいろいろ見てあげて下さいな。
シャイリーン・ウッドリー、ジュディ・グリア、初めて観たけどなかなかよいと思ったよ。
May 30 [Wed], 2012, 8:20
hey maruちゃん☆
2日連続コメ珍しいかも!
ジョージマットって役名だったっけ?!
マットって顔してないなぁ(笑)
夫が頑張ってるのにツマが妻子ある若い男と浮気って時点で
そりゃないだろーって思ったけど
ほんと可哀想だったな。
ジョージ普段は独身貴族で女よくかえるけど
こんな役もハマってたね☆
でも作品も演技も私は「幸せへのキセキ」とマット(デイモン)に軍配かな〜☆
ハワイのゆるーい感じが雰囲気よかったよね

May 30 [Wed], 2012, 1:43
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
https://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月22日)
アイコン画像エアリアル
» 【cinema】『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月21日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる