『ダーク・シャドウ』(ジャパン・プレミア試写会)

May 19 [Sat], 2012, 4:47
'12.05.12 『ダーク・シャドウ』ジャパン・プレミア@TOHOシネマズ六本木

yaplogで当選。いつもありがとうございます! 残念ながらレッドカーペーット・イベントはハズレてしまったけど、ジョニデ&バートン舞台挨拶つき試写会が当たったのでウレシイ リンツで原宿店限定ソフト食べてから行ったら、15時の時点ですでに右端後ろから2列目の席しか残ってなかった・・・ でも、見れればOK!

【レッドカーペット生中継】
18時10前開場。レッドカーペット・イベントの生中継あり! 18:00頃スクリーンが会場に切替わり、クリス・ペプラー登場。諸注意など説明。レッドカーペットには、バーナバスやアンジェリークに扮した人達が入場。日本人ゲストも何人かいたみたいだけど、紹介されなかったり、音声が途切れたりで、確認できたのは平原綾香のみ。あと、多分桐谷健太くん。

で、18:10頃ティム・バートン登場! レッドカーペットに入れなかった人達の所にも行ってサイン&握手! この日は風が強かったので、おでこが丸出しに! かわいい(笑) 配置としてはステージに向かって半円形にレッドカーペットが敷かれ、円の中に当選者の方々がいて、その周りを歩く感じ。外周部分にマスコミ関係者がいる感じかな?

バートン監督登場からしばらくして、一台の車が止まる。ジョニー登場―! お得意のネイティブ・アメリカンっぽいファッション。カッコイイー ジョニーも入れなかった人達からサイン&握手。いいなぁ・・・

マスコミ・インタビューが長い・・・ まぁ、1つ1つはそう長いわけでもないんだけど数が多いから・・・ ドン小西もいた。「あなたのファッションは素晴らしい」とか言ってたけど・・・ やっと当選者の方々の元へ。でも1/3くらいでストップ。多分、時間の関係でとりあずステージバックに写真撮影後、2人はステージ裏へ。クリス・ペプラーの紹介で、せり上がってくる2人。カッコイイ

インタビュー ちょっと記憶が・・・
Q:テレビドラマの映画化ですが?
T:テレビ版はジョニーもファンだった。
Q:8作目のコラボだが?
T:ジョニーは毎回別のキャラになるから、8人とも別人。今回はヴァンパイア!
Q:よみがえらせたい人物は?
J:ヴァン・ゴッホ

もう少し話していたけど、そんなに長くはなかった・・・ ちなみに、サプライズは映画の中でも登場する幽霊になるということ。ヴァンパイア映画ということで、血の色から赤にしたそうだけど、伝わったかな?

【ジャパン・プレミア試写会】
で! 19:00過ぎ。いよいよ! クリス・ペプラーの紹介により、お2人登場―!! ジョニーカッコイイ! スタイルいいわー 胸のはだけっぷりがスゴイ! 大サービス!

インタビュー こちらも、ちょっと記憶が・・・
Q:8作目のコラボだが?
T:ジョニーは毎回別のキャラになるから、8人とも別人。今回はヴァンパイア!(2回目)
Q:日本に来てくれてありがとう・・・ ←だったかな?
J:日本に来れてうれしい。震災の支援をしたいと思っている。

って、ほぼこんな感じで、正味10分くらい・・・ お2人はこの後、レッドカーペットに戻って、ファンサービスを続けたのだそう。素敵

さて! 映画の感想 ネタバレありです!

「イギリスから海を渡り、メイン州の海岸で水産業を興したコリンズ家。長男バーナバスはイケメンで優秀。メイドのアンジェリークと深い仲。しかし、彼は運命の女性ジョゼットと恋に落ちる。魔女であるアンジェリークは、バーナバスをヴァンパイアに変え、地中深く埋めてしまう。200年後、偶然掘り起こされたバーナバスは、長い眠りから覚めると、世界は一変していた・・・」という話。面白かった。ツッコミどころ満載だったりするけれど、ジョニデ&バートン作品のファンとしては、そんなところも楽しい。正直、バートン節は健在だけど、毒が足りない気はするけれど、まぁOK。でも、バートン作品が苦手だと合わないかもしれない。

一言で言ってしまえば、相変わらず(笑) 確かにバートン監督がおっしゃるとおり、ジョニーは演技上手いし、それぞれのキャラを演じ分けてはいると思うけれど、こう毎回白塗りで不思議キャラだと、見ている側の脳内がマンネリ化(笑) 思い出して比べてみれば『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカと、バーナバスは全然違う人物だけど、くくりとしては"白塗り"だからね(笑) でも、個人的にはそんな感じも好き。

1960年代後半、全米で大人気だったドラマを映画化。ドラマの大ファンで今作への出演を熱望し、自らバートン監督に電話したというミシェル・ファイファーによると、当時としては結構セクシーな番組だったらしいけど、なんとソープオペラと呼ばれるお昼の番組だったらしい! この番組のファンだったのは、ティム・バートン監督とジョニー・デップも同じ。実はテレビ・シリーズのクリエーターだったダン・カーティスは、映画化を考え始めた当初から、バーナバス役にジョニーを考えていたそうで、2000年代に入って本人に話を持ちかけたのだそう。前述どおり自身もファンだったジョニーは、今作で製作にも加わっている。もちろんドラマ版は未見なので、今作がどのくらい原作にそっているのか不明。公式サイトのプロダクション・ノートによると、バーナバスとアンジェリークのキャラは同じっぽい。ヴィクトリアの比重が、もう少し重めなのかな? まぁ、今作でも最終的には重要なんだけど・・・

どうやらオリジナルではTVシリーズ放送開始から、ほぼ1年経って登場したというバーナバス・コリンズ。今作では冒頭から登場。メイドのアンジェリークはバーナバスを愛し、結婚を望んでいるけれど、彼にその気はない。でも、彼女の魅力にはあらがえない。自分をないがしろにするバーナバスに業を煮やし、魔女能力を発揮してバーナバスの両親を殺害。彼がジョゼットと恋に落ちると、彼女を誘導して自殺させ、絶望して後を追ったバーナバスを不死身のヴァンパイアに変身させてしまう。さらに村人をたきつけ、生きたまま棺におさめて地下深く埋めてしまう・・・ パーッと見せるこれらのシーン。ほとんどが夜のシーンなので、黒が印象的。1770年代当時、地位のある男性が使用人の女性に手を出しても、不道徳だと責められることは少なかったのだろうし、逆に使用人との結婚はあり得ないと考えられていたのではないかと思う。でも、現代を生きる身としては、自業自得な部分はあるなと(笑) まぁ、だからといってかなりヒドイけど。ジョゼットがかわいそう

シーンが変わって1972年、列車に乗る少女。これから住み込み家庭教師の面接に向かう様子。本名は忘れてしまったけれど、車内ポスターからヴィクトリア・ウインターと改名する。当時のファッションについては、そんなに詳しくないけど、ちょっと古風で地味な印象。夢見がちなかわいい少女に見えるけれど、暗さを感じる。悲しい生い立ちの彼女は、最後には重要人物であることが分る。舞台となる1972年の冒頭が、ヴィクトリアのシーンだったので、てっきり彼女が話を引っ張るのかと思ったら、そうではなかった・・・ 実は運命の女性なのに、存在感が薄かったのが残念・・・ よみがえったバーナバスは彼女に惹かれるけれど、彼女がバーナバスに惹かれている様子が、あまり感じられなかったので、ラストがちょっと唐突な気も・・・ でも、回想シーンで全ての説明がつくようになっていて、その辺りもバートン節である気もするけれど。

時代を超えた愛とか、家族(一族)のつながりを描く作品ではあるんだけど、その辺りについては見せたものから汲み取ってくれという感じで、いちいち説明的なシーンやセリフはほとんどない。建設工事により掘り出されたバーナバス。彼は一族の没落ぶりを悲しむ。一族の末裔として、何とか踏ん張っているのがエリザベス。その娘で15歳のキャロリンは反抗期。エリザベスの弟ロジャーは遊ぶことしか頭にない。その息子のデイビッドは母を亡くしてから奇行が目立つ。イベントでジョニーたちへのサプライズは、彼の幽霊の扮装を真似たもの。デイビッドのカウンセリングのため雇われたけど、酒びたりのホフマン博士、屋敷が広すぎてほとんど仕事をしていない使用人ウィリー。あと、途中からどうなったか覚えていないおばあちゃん(笑) 以上がコリンズ邸で暮らす人々。エリザベス以外はかなり濃いキャラなんだけど、そんなに不思議な感じがしないのは、逆にバートン・マジック?

濃いキャラ達の印象が薄いのは、よみがえったバーナバスと、アンジェリークのキャラが濃過ぎるから。白塗り、目の下クマ、長い指&爪に、時代錯誤ないでたちという外見のバーナバスもさることながら、今やコリンズポートの実権を握る、ゴージャス美女アンジェリークの存在がすご過ぎ(笑) 金髪で真っ赤な口紅。スポーツカーを乗り回す。バーナバスに対する執着がスゴイ! 時に憎しみ、時に愛情、その激しさが笑える。演じるエヴァ・グリーンが完璧美女だけに大迫力。ちょっと彼女に持ってかれた感があるかも。バーナバスがあの手この手で対抗策を講じても、ことごとく踏み潰されるわけだから、それでいいのだとは思うけれど・・・

話としては200年後によみがえったバーナバスが、時代錯誤な言動を繰り広げつつ、没落した家業を建て直し、一族の絆を取り戻し、運命の恋を手に入れるということなので、複雑な話ではない。ご本人がヴァンパイアであることも、コメディー要素の方が強く、そんなにことを複雑にしているわけではない。だから後はどう見せるか。オリジナルは未見なので、バートン監督がどの程度原作の持ち味を生かしたのかは不明だけど、要するにバートン節。コミカルな中に毒を含んだ感じ。ただ、その毒が年々薄れているような・・・ 確かにバーナバスが、仲良くキャンプ・ファイヤーを囲んだヒッピーの若者達を襲うシーンは毒があったけれど、もっとこう・・・ 例えば『チャーリーとチョコレート工場』で、イッツ・ア・スモール・ワールドみたいな踊る人形が燃えちゃって、登場人物も見ている側も(´д`)ってなっちゃう感じが大好きなんだけど、そういう部分が少なかったように思う。

とはいえ、小ネタや大ネタ(?)満載。小ネタまずはカメオ出演から。バートン作品といえばのクリストファー・リー! リー様もちろん出てらっしゃいます! バーナバスの催眠術にかかってしまう漁師役。この時の手の動きは、バーナバスのキメポーズでもあるんだけど、長い爪の妖しい手の動きと言えば『ロード・オブ・ザ・リング』のサルマン! 多分、意識してると思うんだけど・・・ 大ネタはアリス・クーパー。昔、開催していた舞踏会の代わりにと開いたライヴ・イベント。キャロリンのアドヴァイスにしたがって呼んだのがアリス・クーパー! もちろん本人が出演。「ドワイト・フライのバラード」と「ノー・モア・ミスター・ナイス・ガイ」を歌っている。このシーンにはオリジナル・キャストの4人がカメオ出演しているのだそう。オリジナル見ていないので、自身は全く分らなかった ちなみに出演しているのは、ジョナサン・フリット、ララ・パーカー、キャスリン・リー・スコット、デイビッド・セルビー。個人的に好きだったのは、アンジェリークの会社の会議室に飾られている歴代社長(全員アンジー)の肖像画。それぞれの時代の衣裳で描かれているけど、2代前の社長の絵が、タマラ・ド・レンピッカのタッチで描かれている! 確かにその頃はアール・デコの時代。タマラ・ド・レンピッカはその頃人気のあった女性画家。これは( ̄― ̄)ニヤリ

キャストは豪華。ご本人自ら出演交渉したというミシェル・ファイファー。相変わらずキレイ。ちょっと怖い感じが魔女っぽいので、てっきりラスト実は・・・ってなるのかと思ったら、それはなかった。一族、家族を守ろうと孤軍奮闘する姿はたくましいけど、女性らしさを失っていないのもいい。ちょっと疲れてるけど(笑) そのエレガントな感じはさすが! 酒びたりのホフマン博士は、バートン作品といえばのヘレナ・ボナム・カーター。アンジェリーク役かと思ったわなんて語っていたそうだけど、いつもダルそうで、若さと美しさに執着するホフマン博士を好演。でも、この役あんまり生かされていない気も・・・ 血のくだりとか、ラスト・カットがあるから、そんなこともないか(笑) このシーンの表情好き。キャロリンのクロエ・グレース・モレッツも、反抗期の少女を憎たらしくえんじていて、さすが! 後半、意外な事実が分るけれど、それもそんなに生かされてないような・・・ でも、笑顔がかわいいのでOK。こういう役ばっかりだけど大丈夫かな? 『キャリー』もやるそうだし・・・ 余計なお世話だけど(笑)

やる気のない使用人ウィリー役のジャッキー・アール・ヘイリーが良かった。ちゃっかりしててるけど、主人のピンチには駆けつける真面目な一面もいい。本人は普通に話しているのに、コミカルで笑えちゃうのはさすが! 彼の存在には癒された。アンジェリークのエヴァ・グリーンが大熱演。バーナバスを憎く思いながらも、まだ愛している感じを、コメディータッチで演じている。ゴージャス美女。完全にこの映画持ってったと思う。この熱演はあっぱれ! そして、バーナバスのジョニー・デップ。やっぱりジョニー上手いんだよね・・・ バートン監督の言うとおり、確かに8人とも別人ではある。あるんだけど、やっぱり白塗りデフォルメの外見がこうも続くと辛いかなぁ・・・ 個人的にはジョニーのファンだし、白塗りキャラも好きなので、今回も好きだったんだけど、ジョニーもしくはバートン監督のファンじゃないと同じに思えるかも。イヤ、ファンだから見る目があるのよってことではなくて、確かにジョニーの演技はそれぞれ違っているけど、結局白塗りでしょって思ってしまう人もいるかもってこと。でも、それを楽しみにしている人もいるわけだから、難しいところ・・・ 悩ましい(笑)

と、なんだかけなしているみたいだけど、バートン&ジョニデ作品のファンなので、若干マンネリ感を感じながらも、楽しかった! いつもながらの作り物感満載な画が好き 1970年代の架空の街コリンズの街並みがおもしろい。広すぎて手入れの行き届かないコリンズ屋敷のセットが豪華! バカバカしい仕掛けも笑える。'70年代の若者の部屋って感じのキャロリンの部屋も好き。鳥かごを半分に切ったみたいな吊りイスとか、毛足の長いふわふわ絨毯とか キャロリンが聴く'70年代ROCKも(・∀・)イイ!! 「トップ・オブ・ザ・ワールド」に乗って街の様子をスローで見せるシーンが、ちょっと毒があって笑えて好き。盟友ダニー・エルフマンの曲もΣd(゚∀゚d)イカス! CMでもちょっと流れるエレクトーンのシーンとか、ベタなのもジョニー上手いから笑えた。日光に弱いため、サングラス、手袋着用で日傘をさして出かける姿がマイケルみたい(笑) 1772年の衣裳も、1972年の衣裳も素敵。ホフマン博士の大きな柄のワンピースとか着てみたい

うーん。他にも書きたいことがあったように思うけれど、もういいか(笑) 決して面倒になったわけではありません! ストーリーとか、セットとか、キャストとか、音楽とか、アリス・クーパーとか(笑) いろいろ見どころあるけど、もうバートン映画!

ちょっとグロいシーンもあるけど、デート映画にもいいと思う。試写会では前の席にチビッコが座ってたけど、飽きてたっぽい。お子様には向かないかと・・・ バートン&ジョニデのファンの方是非!

『ダーク・シャドウ』Official site
  • URL:https://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/1820
Trackback
Trackback URL
管理者の承認待ちです。
※blog管理者の設定により、管理者が承認するまでトラックバックは表示されません。
June 04 [Sat], 2016, 12:48
2013年8月13日(火曜日)。この日まで会社の営業日だったのですが、当日夜勤だった私は、会社が休んでも良いというのでお休み。まぁ何回か会社から確認の電話がかかってきたりもしましたけどね。…夜勤明けと言う事もあり、寝たりゴロゴロしたりで過ごしました。
夕方にチ...
ダーク・シャドウ / DARK SHADOWS



2012年 アメリカ映画  ワーナー・ブラザーズ製作

監督:ティム・バートン
製作:リチャード・D・ザナック  グレアム・キング  ジョニー・デップ
原...
RISING STEEL  July 07 [Sun], 2013, 14:51


評価が芳しくないし、オリジナルである60年代のTVシリーズを知らないのもあってちょっと心配していたんだけれど、ダークでファンタジックな世界観、オブジェがモンスターと化して襲ってくる演出も久々に見たかも。ユーモアたっぷりなダーク・ファンタジーでした。
ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター、エヴァ・グリーン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・リーその他…という豪華な俳優陣に負けず劣らずそのキャラ立ちは見事です。
一言で言うと「変な映画」ですよね。しかし、どこか「ビートルジュース」と「永遠に美しく…」とを混ぜたような映画に思えてならない。ちょっと大人向けだけどね。
ジョニー・デップ演じるバーナバスは、エヴァ・グリーン演じる魔女アンジェリークの呪いを受けて、ヴァンパイアと化して200年間眠っていた。眠りから目覚めた彼は没落した一族の復興を(勝手に)誓うのだが…。

ホラーやらロマンスやら笑いやらのごった煮、昔のティム・バートン節だと思う。TVドラマの設定を映画にしたらしいのでテンポが良すぎてしまうところは多少あるけど、私はあまり気にならなかった。それよ...
いやいやえん  October 14 [Sun], 2012, 10:53
DARK SHADOWS/12年/米/113分/ファンタジー・コメディ/PG12/劇場公開(2012/05/19)
?監督?
ティム・バートン
『アリス・イン・ワンダーランド』
?製作?
ジョニー・デップ

?出演?
*ジョニー・デップ『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』・・...
銀幕大帝α  October 06 [Sat], 2012, 3:22
あらすじ時は1972年。200年の眠りから目を覚まし、ヴァンパイアとして子孫の前
虎団Jr. 虎ックバック専用機  September 13 [Thu], 2012, 21:00
あらすじ時は1972年。200年の眠りから目を覚まし、ヴァンパイアとして子孫の前に現れたバーナバス・コリンズ・・・。解説バートン版トワイライト製作費1億5000万ドルで、アメリ...



 ジョニー・デップは別段好きではないんだけど、ティム・バートンが好きなので、予告に連られてダーク・シャドウを見ました…。
よしなしごと  September 04 [Tue], 2012, 2:42
ダーク・シャドウ
'12:米


◆原題:DARK SHADOWS
◆監督:ティム・バートン「アリス・イン・ワンダーランド」「チャーリーとチョコレート工場」
◆出演:ジョニー・デップ、エヴァ・グリーン、ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム=カーター、ジョニー・リー・ミラー...
ティム・バートン&ジョニー・デップコンビの作品は本作で8作目! ほんとに相性が良
はらやんの映画徒然草  June 06 [Wed], 2012, 20:12
「ダーク・シャドウ」★★★
ジョニー・デップ、エバ・グリーン、ミシェル・ファイファー、
ヘレナ・ボナム=カーター、ジョニー・リー・ミラー、
クロエ・モレッツ、ガリバー・マクグラス、
ジャッキー・アール・ヘイリー、ビクトリア・ウィンター出演

ティム・バートン監督、
113分、2012年5月19日公開
2012,アメリカ,ワーナー・ブラザース
(原題/原作:Dark Shadows )





<リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい←


全米では初登場2位、興行収入3.000万ドル弱と控えめなスタート。


「1960年代に放送されたTVシリーズを元に映画化、
ジョニー・デップが長く製作を望んでいたと
予告で言っていたが
計画されただけで脚本は急いで作ったのか
映像的なバカバカしい笑い以外
ティム・バートン監督作品に見られる
大人がニヤッと笑えるようなブラックな部分は少なく
まさに毒の無いTVシリーズを見てるようだった、
これで大画面じゃなかったら
ひどくつまらない作品と感じただろう」


ジョニー・デップはバートン作品では
白塗りが基本なのか
今さらこん...
soramove  June 05 [Tue], 2012, 7:22
JUGEMテーマ:洋画&nbsp;
ジョニー・デップ主演、ティム・バートンのコンビ作品です^_^ このコンビが好きな方にはたまらんでしょう! 昔、魔女により吸血鬼にされた挙句に200年近く閉じ込められたバーナバス・コリンズ。 工事現場から、偶然にも掘り当てられた復活をとげる。 彼は元々、地元の名士であったが一族は完全に没落しきっていた。 彼は一族の復興に立ち上がる。 ただ一族のライバル会社には…? という感じですかね。 ざっくりです(笑) ジョニーに新キャラが増えたというのはよかったのかも知れませんね。 ただ行きつく先をどうしたかったのが 最終的に見えなってるいる印象です。 ホラー、コメディって感じのジャンルなのかとは 思いますが、最終的にいろんな物事が混ざり過ぎちゃった感じもしましたね。 続編も匂わせてますし、次は整理して貰えるとスッキリするかも?トラックバックさせていただきました。ありがとうございます。 Amazon.co.jp ウィジェット
映画「ダーク・シャドウ」観に行ってきました。ジョニー・デップとティム・バートン監督が8度目のタッグを組んだ、一風変わったヴァンパイアホラー作品。作中では下ネタな会話と血...
タナウツネット雑記ブログ  May 31 [Thu], 2012, 23:30
☆予告編の印象からだと、200年前に葬られたヴァンパイアが、現在の没落した一族の下で復活し、過去と現在とのギャップで『テルマエ・ロマエ』風に笑わせつつ、

 小さな町(コリンズポート)ながらも栄華を誇っている魔女と対決する話だと思っていた。

 そしたら、...
200年後に こんばんは公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/darkshadows監督: ティム・バートンリバプールからアメリカへ移住して、水産業で財を成したコリンズ
風に吹かれて  May 28 [Mon], 2012, 15:30

 ハリウッドきっての黄金コンビ、ティム・バートン(監督)×ジョニー・デップ(主演)最新作は、1966年から1971年までアメリカで放送されたゴシック・ホラードラマのリメイク。
 18世紀、裕福でプレイボーイの青年バーナバス・コリンズは、魔女の呪いによってヴァンパイアに変えられ、地中深く生き埋めにされてしまう。200年後の1972年、永い眠りから覚めた彼は、すっかり没落してしまった一族を立て直すべく、子孫達とともに奮闘する。
私の好きなヘレナ・ボナム=カーターの見せ場がほとんどなくて、ちょいがっかり。
だらだら無気力ブログ!  May 25 [Fri], 2012, 1:46

【=22 -1-】 ティム・バートンとジョニー・デップの鉄板コンビがお送りする、やからね?観たくなるやん、どうしても、だから封切りの日に行ってきた、さすがに満員だ。

 18世紀半ば、コリンズ家が築いた港町 “コリンズポート”で、「家族こそが財産」という父の教えを...
労組書記長社労士のブログ  May 23 [Wed], 2012, 10:48
平成24年5月22日(火)。 映画:「ダーク・シャドウ」。 監  督 ティム・バートン 脚  本 セス・グラハム=スミス 原  案 ジョン・オーガスト 、セス・グラハム=スミス 製  作 リチャード・D・ザナック、グレアム・キング 、ジョニー・デップ  …
☆みぃみの日々徒然日記☆  May 22 [Tue], 2012, 12:45


ランキングクリックしてね &larr;please click



ティム・バートン&ジョニー・デップ8度目のタッグ
そしてジョニーさんの白塗りは何度目?!

というか、ぎざぎざに張り付いた前髪がなんかウケる。
1966年から71年まで米ABCテレビで放送され、「血...
我想一個人映画美的女人blog  May 22 [Tue], 2012, 0:26
やっぱりステキ!!ジョニーのお洒落センスはぴか一だよね☆
「ダークシャドウ」ジャパンプレミアの今回は、胸元も大きく開いてとってもセクシーなジョニー様☆
相変わらずお洒落度ハンパないwa。ドン小西が5つ☆をつけていたけど、当然でしょう?
それにしても冷たい風が吹くヒルズで風邪を引かなかったかな・・・
ノルウェー暮らし・イン・原宿  May 21 [Mon], 2012, 9:59
ダーク・シャドウ@中野サンプラザ
あーうぃ だにぇっと  May 19 [Sat], 2012, 5:41
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>Nakaji サマ

こちらこそ、お世話になっております♪

白塗りジョニー好きなのですが、ちょっと痛々しくなっている気も・・・
はいっ! 生ジョニー&生ティムです!
幸せでした〜
August 31 [Fri], 2012, 22:51
こんにちは♪いつもお世話になります♪

白塗りジョニー大好きです!!ちょい飽きてはきましたが(笑)
生ジョニーですか!!!
幸せですね〜それだけで満点とかになりそうですね(笑)
August 29 [Wed], 2012, 12:07
>みぃみ サマ

記事読んでいただいてありがとうございました!

はい! 画家のヴィンセント・ヴァン・ゴッホです。
理由も言ってたのですが、興奮して忘れちゃいました(笑)

たしかに!
3人のコラボ、色彩豊かな作品になるでしょうね〜
May 24 [Thu], 2012, 12:35
>mig サマ

遅くなったけど、一応ちゃんと書いたよ(笑)
4本も溜めてるけど・・・

うん・・・
ジョニデ&バートン好きだから、小ネタになるってとこあるしね。
白塗りジョニーも好きだけど、そろそろいいかな・・・(笑)

バートン製作の『リンカーン・・・』も、気がかりだよ
May 23 [Wed], 2012, 12:31
>ノルウェーまだ〜む サマ

やっと書けたよー
見てる間は小ネタで結構笑えたんだけど、
感想書こうと思ったらイマイチだったね(笑)

普段あんまり映画を見ないタイプの人にはいいかもしれないね。
映画好きでジョニデ&バートンファンじゃないと辛いかも?

マイケルはヴァンパイアだったのよー!
見てる間「マイケル(笑)」ってずっと思ってた(笑)
復活してくれるといいねぇ
May 23 [Wed], 2012, 12:28
おじゃまします。

インタビュー記事拝見させていただきました。
ヴァン・ゴッホって画家のゴッホですか?。
もしそうだとして、もし甦ってティム×ジョニー×ゴッホが実現したら、カラフルで華やかでド肝をぬいてくれる映画ができそうです。
May 22 [Tue], 2012, 12:50
まるちゃん
これはこないだのと別にまた書いたのね!お疲れー!

まだーむが言ってるけど、
一般のひとにとっては逆に評判悪いよね、
ツイッターでもブログでも(TB)思った以上に皆評価低いね〜
ジョニさんファンにはいいけど、もうちょっとマンネリから脱出してもらわないとバートン作品キツイね〜
May 22 [Tue], 2012, 0:25
maruちゃん☆
おつかれ〜さすがみっちり書いてて偉い!
ジョニーファンだから楽しんだってところもあるけど、ジョニーファンだからこそ期待も高く、ちょっと残念だったとも言えるね。
案外思い入れの無い一般の人たちには、面白い作品だったのかも。

マイケル吸血鬼だったのかー
そしたら何十年か後に、棺おけから復活してくれそうで楽しみ!
May 21 [Mon], 2012, 9:57
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
https://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新記事 ・
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月15日)
アイコン画像rose_chocolat
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月13日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる