『アーティスト』

April 24 [Tue], 2012, 2:15
'12.04.11 『アーティスト』@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

アカデミー賞取る前から見たかったコレ! 試写会応募しまくったけどハズレ レディース・デイに行ってきたー☆

*ネタバレありです!

「サイレント映画のスター ジョージ・ヴァレンティンは、オーディションに向かう女優志願のペピーに遭遇、演技のアドバイスをする。彼女は端役を得る。時代はトーキーへの過渡期。サイレント映画にこだわるジョージは落ちぶれ、忘れ去られていく。一方、ペピーは大スターになるが・・・」という話。うーん。見終わった直後の感想は、良いものを見ましたという感じ。面白かったのだけど、この映画は全く予備知識なしか、サイレント映画の知識満載か、そのどちらかの方が楽しめる気がする。アカデミー賞取っちゃたから前者はもうムリか・・・ といっても、後者も、なかなかねぇ(笑)でも、賛否別れる作品というわけではないし、すごくよく考えられて、きちんと作られた映画だと思う。

何と言っても本作の最大の売りは"サイレント映画"ということ。サイレントからトーキーへの過渡期を舞台としているけど、舞台裏を描く作品じゃなくて、サイレント映画を撮ったということ。ややこしいな・・・(笑)サイレント映画のスターと、新人女優の恋愛を描いているけど、それをサイレント時代の手法にのっとって、正攻法のサイレント映画として撮っている。だから当時の人々と同じ感覚で"映画"を観ることができる。当時は映画といえばサイレント映画だったわけだからね。

サイレント映画はテレビでチャップリン作品を数本見たくらい。サイレント映画のスターも、ルドルフ・ヴァレンチノなど名前は知っていても、作品は見たことはない。読売新聞に載っていた、ミシェル・アザナヴィシウス監督のインタビュー記事によると、記者の方はジョージがダグラス・フェアバンクスに似ていると思ったそう。ダグラス・フェアバンクスも名前は知っているけど、演技どころか顔も浮かばない・・・ 監督ご自身としては、ダグラス・フェアバンクスはあまり好みではないそうで、特に彼を意識して描いたわけではないそう。主演のジャン・デュジャルダンはサイレント映画に余り詳しくなかったので、当時の作品をたくさん見てもらったけれど、ダグラス・フェアバンクスの演技はむしろ参考にしないで欲しいと思っていたらしい。でも、彼のキャラクターは参考にしろとは言ったというのは、記者に気を使ったのかな?(笑)

確かに主人公ジャンのキャラがあの時代って感じでイイ! ピッタリなでつけた髪型に、細い口ヒゲ。真ん中を少し開けて、上唇に沿って左右に細く伸ばしたこの口ヒゲは、コールマン髭と呼ばれるそうで、こちらもサイレント映画のスター俳優ロナルド・コールマンに由来したもの。コールマンはサイレントからトーキーの時代まで活躍したそうで、トーキーでも成功した数少ない役者の1人。なるほど・・・( ̄ー ̄)ニヤリ 眉を八の字にしてのジョージの笑顔が、ちょっと大袈裟ですごくいい! サイレント映画の男優さんの笑顔ってこういうイメージ。上手く言えないけど、自然と大芝居が身についてしまい、普段でもやってしまってる感じ(笑) イヤ、この映画はサイレント時代の役者を主人公としたサイレント映画なので、ジョージの私生活部分もサイレント映画の手法で描いているのだから、当たり前といえばそうなのだけど・・・

ペピーはダンサーとしてオーディションを受けに来た女優志願の女性。明るく無邪気なアメリカ娘という感じ。かわいいけれど、溌剌とし過ぎる彼女の顔に、少し個性を加えた方がいいと、ホクロを描くジョージ。これが効を奏したのか、もともとの実力のおかげか、どんどんスターになっていくペピー。若い彼女はトーキーにも積極的に出演。一躍、大スターに! この辺りパーっと見せる感じだけど、楽しかった♪ 初主演映画のタイトル『つけぼくろ』だし(笑)

逆にサイレントにこだわるジョージは落ちぶれてしまう。どんな物でも新しい流れが来た時に、乗れる人と乗れない人といると思う。それは、単純に機会を逃してしまう場合もあるだろうし、信念を持って乗らない場合もある。ジョージの場合は後者なのでしょうけど、もちろんそんなに単純じゃない。そこにはサイレント映画のスターというプライドもあるだろうし、トーキーへの不安もあったと思う。自分が対応できるかもそうだし、トーキー自体受け入れられるのかも心配だったのかも・・・ 地位を得れば得るほど、リスクのあることには手を出せなくなってくる。その感じはよく分かる。

ジョージには妻がいて、豪華な屋敷に住んでいる。いつも退屈そうな妻との関係は冷えきっている。ジョージは話をはぐらかすためにおちゃらけてしまうし、不機嫌な妻がイライラしているのは分かる。2人がどこで知り合ったのか、結婚してどのくらい経つのか、ジョージがスターだった頃から不機嫌な妻は、何が不満なのかイマヒトツ分からない。まぁ、この辺りも昔の映画っぽい気もする。たしか、フィルムの長さとかの関係で、そんなに長い時間の映画って撮れなかったんじゃなかったかな? なので、そんなに背景は描き込めなかっただろうし、サイレントだからセリフでの説明もできないし・・・ 描きたいのはペピーとの関係なので、この妻は不要な気もするけど、妻にも捨てられてしまうことで、より惨めさを出しているのだろうし、ペピーとの対比になっているのだと思う。

ジョージはスターだったけど、ペピーが現れるまで、ジョージを愛していたのは2人。正確には1人と1匹。運転手と愛犬。運転手を演じたのはジェームズ・クロムウェル! 2人は落ちぶれた主人を決して見捨てない。特にアギーの活躍は健気で泣かされた(ノ_・。) ジョージはかなり落ちぶれてしまい、邸宅を売り、豪華だけどあまり趣味の良くない調度品も売り払うことになる。でも、オークションにも人は集まらない。このシーンは伏線になっているけど、見ている時から伏線であることが分かってしまうくらい王道。でも、それがこの映画の良さ。

ジャン・デュジャルダンの演技は、この落ちぶれ具合が見せ所。ここは良かったと思う。前半の笑顔満載のスター時代も良かったのだけど、お酒に溺れながらも、ギリギリのプライドを失わない。運転手をクビにするのも、彼のためであることがきちんと伝わる。でも、やっぱり情けにすがれないという自身のプライド。もちろんそういう演出だけど、きちんと伝わるのがすごい! 運転手のジェームズ・クロムウェルが出てるの知らなくて、ビックリ! 献身的でどこかマンガ的な運転手役を好演。セリフもなく、ほとんど無表情なのに、思いが伝わって来て切ない(゜ーÅ) さすが! ホントにちょい役だけど『時計じかけのオレンジ』のマルコム・マクダウェルが出てて、ちょっとうれしい! でも、自信がなくて、同行のtomocoさんに出演シーン確認しちゃったけど(笑) ペピーのベレニス・ベジョがかわいい! とにかくキュート☆ スターになって、レストランでインタビューを受けてる時、つい調子に乗って「古い役者達は、新人に場を譲るべきだ」と言ってしまい、偶然隣の席で食事をしていたジョージを傷つけてしまうけど、そういう部分も含めて、明るくて飾り気のない、溌剌とした女性であるペピーのかわいさを表現していたと思う。自信を失ったジョージが彼女に惹かれたのは、そういう部分だったと思うし。そして、自分の言葉で傷つけてしまったからこそ、ジョージを救いたいと思う気持ちが良く分かる。ちょっとレスリー・キャロン似でかわいい

前述したとおり"サイレント映画"なので、人物や背景の描き込みは薄い。もともとジョージのファンだったペピーはともかく、ジョージがいつ彼女に恋したのか分かりにくい。実は彼女が庇護者だったと分かるより前に、両手に火傷をしてまで持ち出したフィルムの件を考えると、もっと前ってことになると思うけど・・・ なので、正直個人的にはそこまで入り込めなかった。もちろん楽しかったのだけど・・・ でも、例えばペピーがジョージのタキシードの袖に腕を通して、自分の腰を抱くようにして踊るシーンとか、美しいシーンがたくさんあった。当時のハリウッドの熱気も伝わるし、監督や役者達を始めとした作り手達の映画への愛情が伝わってくる。そしてラスト! 2人がタップを踊るシーンは圧巻! その後に続くコミカル・シーンも含めて好き 多分、2人の姿は超有名なコンビへのオマージュなのだと思うので、おもわずニヤリ

サイレント映画好きな方の方が、楽しめる気がするけどどうなんだろ? サイレント映画ということで、ちょっと敷居が高い気がするかもしれないけれど、分かりやすいので大丈夫! 個人的には超オススメ!!って感じではないけど、見て損はないと思う♪

『アーティスト』Official site
  • URL:https://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/1781
Trackback
Trackback URL



 84回アカデミー賞で最多5部門で受賞したサイレント白黒映画、アーティストの記事です。
よしなしごと  August 22 [Wed], 2012, 7:34
サイレント期の映画製作現場、とりわけ映画俳優たちへのリスペクトを表したモノクロのサイレント映画『アーティスト』。

モノクロの美しい映像の中、セリフは最低限がインタータイトル(中間字幕)で表現されるだけなのに、主人公たちの気持ちが鮮やかに伝わってきます。
俳優
映画って楽しいんですよバン!公式サイト http://artist.gaga.ne.jpモノクロ映像で、無声映画の手法の作品。監督: ミシェル・アザナヴィシウス1927年のハリウッド。サイレント映画の
風に吹かれて  April 28 [Sat], 2012, 14:56



ランキングクリックしてね ←please click



第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞

試写にて鑑賞。
監督はミシェル・アザナヴィシウス

サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳...
我想一個人映画美的女人blog  April 26 [Thu], 2012, 22:51
 『アーティスト/ The Artist 』









今年のアカデミーで作品賞、監督賞、主演男優賞、他5部門を受賞。

オスカー授賞式で見たジャン・デュジャルダンが素敵だったし、
期待は高まる。


    1927年のハリウッドで、サイレ
まいふぇいばりっと ゆる日記  April 25 [Wed], 2012, 12:16
なんと優しさに満ちた映画なのだろう。
ストーリーの進行上必要最低限のセリフのみが字幕という形で提示され、シーンごとに状況を的確に表すBGMが時に優雅に、時に切なく、時に激しく作品世界を包み込む。それ以外の音声や効果音は観客それぞれが思いに沿って頭の中で独自に重ねて合わせていく・・・。
SOARのパストラーレ♪  April 24 [Tue], 2012, 22:27
モノクロで無声映画。
まさに今年アカデミー賞総なめで映画界を揺るがした映画は、古いのに斬新、昔のよき時代を蘇らせて、堂々と3Dの時代に打って出たその勇気にまず乾杯したい。
ノルウェー暮らし・イン・原宿  April 24 [Tue], 2012, 11:32
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>q サマ

ジェームズ・クロムウェル良かったよねぇ 。゚(●'ω'o)゚。うるうる
おじいちゃんに弱いの(笑)

映画自体は期待大き過ぎたのか、そこまでハマらなかったの
でも、いい映画だったと思うわー★

ラストのタップダンスシーンがよかったねー
ジンジャー・ロジャース&フレッド・アステアを、
思わせて゚+。(σ゚∀゚σ)⌒Nice♪

好きなものは好きでいいと思うよ(・∀・)ウン!!
自分が好きなものしか好きになれないし(o´ェ`o)ゞエヘヘ
May 14 [Mon], 2012, 1:05
ジェームズ・クロウェル様様にじんわり
ベス・グラントがペピーのメイド役で(๑ತܫತ๑)嬉
ジェシカおばさんの事件簿にも出てたりの女優サマ
この作品
2人が過去・未来を象徴するような関係なのね
んで。その過去を「尊重」した上に
映画の素敵な未来へ歩もうね。と。
んと。明ける為の過去も描いてた
“ザッツ・エンターティンメント”とか思い出したの
時は人をもモノも変えていくけれど
こういう「時の移動」悪くないなぁ
鏡面、水面、質屋ショーウィンドウ
反射を使って・・・
やっぱり映画好きで良いんだ
やっぱり舞台やミュージカル好きで良いんだ
そう改めて感じた私
結構それって悪くないな!
かな・・・ 
かな?かなぁ??
May 11 [Fri], 2012, 22:39
>mig サマ

うん! ジャン・デュジャルダン初めて見たけど良かった!
セリフ無いのに気持ちが伝わってきたよねー
好みのタイプではないけど、笑顔がいいわ

マルコムが出るのは知ってたけど、
ジェームズ・クロムウェルが出るの知らなくてビックリ!
さすがの演技だったね

そう・・・ でも、何か決め手に欠けるのよ(笑)
April 27 [Fri], 2012, 12:06
おはよ!お疲れサマ〜!

ジャン・デュジャルダンが良かったよね★
今後もコメディとかに出るみたいだし楽しみ♪

フランス映画といいつつもハリウッドのスターもけっこう出ててびっくり。
マルコムマクダウェルは今でもよくちょこちょこ出ててすごいと思うわ〜

>個人的には超オススメ!!って感じではないけど、見て損はないと思う♪

私も同感 笑
April 27 [Fri], 2012, 7:19
>tomoco サマ

マルコムしわだらけだったけどね(笑)

うん、サイレントだから、王道じゃないと辛いかもしれないね・・・
サイレント映画のこともっと知ってたら楽しめたんだろうね!
私もコールマン髭とか後から知ったよ・・・

うん!行こうねー
April 25 [Wed], 2012, 21:57
>ノルウェーまだ〜む サマ

そうなの! いい映画を見ました(´・ε・`) って感じだったの。
つまらなくはなかったんだけど、あんまり入り込めなかった。
よかったんだけどね!

うん、寝そうになったけど、寝なかったから大丈夫!
ジョージがペピーを好きになったのちょっと分りにくかったよ
April 25 [Wed], 2012, 21:50
maru♪ちゃん、はろー
マルコム、ほんとちょい役だったけどほんわか存在感あったよね!
うん、お話は『つけぼくろ』(笑)含め結構王道なメロドラマだったけどそれで良かったんだろうね☆
いろいろ教えてもらったのに、ちーともオマージュのこととかわかってなくてごめんよー

あれ、いよいよ駆け込みで観に行かなきゃね!
April 25 [Wed], 2012, 12:45
maruちゃん☆
うんうん、わかるわかる。
いい映画見ましたってかんじになるね。
私もジョージがいつからペピーに首ったけになったのか、ちょっと分からなかったから、確かに入り込めなかったのよね。
というより、その辺り寝ていたから分からなかったのかと思っていたけど、そうじゃなかったのね。(笑)
April 24 [Tue], 2012, 11:31
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
https://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新記事 ・
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月15日)
アイコン画像rose_chocolat
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月13日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる