『ラビット・ホール』

November 07 [Mon], 2011, 0:19
'11.10.25 『ラビット・ホール』(試写会)@よみうりホール

予告見て見たいと思っていた作品。幸運に試写会に行けることになり、行ってきたー★

*ネタバレありです!

「息子を事故で亡くしたベッカとハウイー夫婦。必死に前を向こうとするけれど、癒され方も立ち直り方もそれぞれで、気持ちはすれ違ってしまう。そんな時、ベッカはある少年を見かけ・・・」というあらすじは、あんまり上手く書けてないな・・・ これは、じっくりと見応えのあるいい映画だった。

重いテーマなのに見ている側に負担をかけ過ぎない絶妙な演出と演技。ものすごい感動が押しよせるという感じではないけれど、登場人物たちのどうにもならない感情が、押し付けがましくなく、でも丁寧に描かれている。淡々としているようだけれど、そうでもない。うーん、上手く表現できないのが悔しいな(笑) 監督は『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェル。あの映画はよかった。『ショートバス』はちょっと・・・(笑) 今作の抑えた演出は良かった。俳優の演技を引き立たせている。説明過多じゃないのに、その時の状況とか、気持ちとかが伝わってくる。

夫婦は比較的豊かは暮らしぶり。そして、美男美女。彼らに起こったことを知らなければ、人もうらやむカップル。でも、2人の気持ちはすれ違っている。8ヶ月か・・・ 私事だけど、去年父親を亡くした経験からすると、遺族って意外に忙しい。日本とアメリカではいろいろ事情も違うと思うけれど、お葬式を出すだけでも大変。それを悲しみの中でやらないといけない。変な言い方だけど非日常が続くので、意外に実感がわかなかったりする。イヤ、もちろん頭では理解しているし、悲しいのだけど・・・ なので、実はこのくらい時間が経って、少し落ち着いてきた頃が一番辛かったりする。気持ちもそうだし、意外に体調崩してしまったり・・・ まして、2人は幼い一人息子を突然亡くしたわけだし。でも、人生は続くわけだから、息子のいない日常を続けていかなくてはならない。実はこれが一番辛かったりする。スペシャルな事って直ぐに美しい思い出になってくれるけど、日常は普段あまり意識していないけど、ある程度リズムというかルーティンが出来ている。そのルーティン自体は繰り返されるのに、その一部だった存在がいないということを、いちいち実感していくことになる。例えば、朝起きて朝ごはんを作る。でも、もうその人の分はいらないんだと気づく瞬間。そういう日常の中の喪失感は、時とともに慣れてくるものだけど、近ければ近いほど、大切ならば大切なほど、その人のいない生活に慣れてしまうことも辛い。失ったことを思い知るのは辛いけれど、いないことに慣れてしまうのも辛いという、主人公たちの気持ちや、状況がとってもよく分かる。

いろんな映画の感想で何度も書いてきたけれど、例え理不尽に傷つけられたのだとしても、自分が負ってしまった傷は、自分で癒していくしかない。傷の深さや大きさによって、完全に消えるか、痕が残るか違ってくるのは、体に負った傷口と同じ。体に負った傷口ならば、薬を塗ったりして癒すけれど、心の傷ならどうするか・・・。それは、もう本当にその人それぞれ。その辺りの作業の一部を描いたのが『ツリー・オブ・ライフ』だと個人的には思っている。余談ですが・・・(笑) その人のペースで、その人のやり方で癒していくしかない。そのタイミングや方法が夫婦2人で合えばいいのだけれど・・・。この映画が描いているのはまさにそういう部分。2人がお互いを思って我慢したり、自分の考えを押し付けてしまったり、その辺りが微妙にズレてすれ違う。2人は同じように子供を亡くした親たちが集まるグループ・セラピーに出席している。アメリカ映画でよく見かける円形に座って、それぞれの体験や思いを順番に話すあれ。順番の夫婦は熱心なキリスト教徒のようで、自分たちの子供は天使になったのだと語る。ベッカはそれを受け流すことができずにイラ立ち、ではなぜ神様は助けてくれなったのかと吐き捨てて出て行ってしまう。彼らの順番なのだから、意見が合わなくても尊重しなくてはならないと言われても、この会に出ること自体に苦痛を感じているベッカにとっては受け入れられない。この態度は確かにほめられたものではないけど、自分にとって癒しにならないセラピーに出るのは意味がないのは確か。でも、ハウイーも息子の死の悲しみを負っているわけだから、彼としてはセラピーに活路を見出そうと努力しているわけで、それをああいう形で否定されるのは辛い。お互いをわがままとは思わないけれど、このすれ違いは辛い。だけど、2人の気持ちはよく分かる。

ベッカはいつもきちんとした服装で、家事も完璧にこなす。もともとの性格もきちんとしている人なんだと思うけれど、何となくいつも完璧でいなくてはならないと思っている気がする。彼女とは正反対の奔放で、少しだらしのない妹。お互いを思っているのに、ほんのちょっとした言葉尻にあるトゲを拾ってしまう。それは多分、お互いの相手に対しての反発と劣等感。個人的には姉も妹もいないので、姉妹感のこの感じについては、こういうこともあるんだろうなと想像するだけしかできないけれど・・・。妹からしてみれば美人で何でもきちんとこなす姉は憧れでありつつ、劣等感を抱かせる存在だろうし、逆にこうでなければならないという、完璧主義の姉に息苦しさを感じているのだと思うし、ベッカとしては妹の奔放さを心配しつつ、苦々しく思いながらも、本能のままに肩肘を張らずに生きている姿を、うらやましく思う部分もあるのかもしれない。本人たちがどこまで意識しているかは別として・・・。

ベッカには兄がいたけれど、ドラッグにはまり自殺。彼女はその兄を恥じている。長女だからという責任感もあるのかも・・・。母親に対しても上手く甘えることができない。確かにこの母親はあまり感情表現が上手いタイプではないのだけど、ベッカはいちいちつっかかってしまう。もうこの辺りがなぁ・・・(涙) すごく良く分かる。現在、ベッカは息子の死という悲しみを抱えているから、余計に敏感になってしまうのだと思うけれど、おそらく彼女と母親、彼女と妹の関係は、以前からこういう部分はあったんだと思う。誰もベッカに完璧でいろとは言っていないし、完璧にできないからといって責めてもいない。だけど、自分は頑張っているのに認めてくれないと思ってしまう。ほめて欲しいと思うのは実は甘えているのであって、それを素直に出せればお互いに楽になれるのに・・・。その感じがもどかしいけれど、なんだかとってもよく分かってしまう。ボーリング場でのエピソードが良い。妹の婚約祝いに家族や友人と行ったボーリング場。プレゼントを渡す出席者。ベッカはバス・グッズを贈る。無難なプレゼント。もちろん妹はよろこんでくれたけれど、母がプレゼントした生まれてくる孫のための服に大よろこびする妹。自分のプレゼントの無難さを”失敗”だと思い込み、買いなおしてくると言い張るベッカ。そんな必要はないし、とってもうれしいと言う妹と、取り合いになり包装が破れてしまう。うーん。ここまで表に出してしまうのはどうかと思うけれど、ベッカの気持ちも分からなくもない。被害妄想だと言われればそうだけど、きっと妹には無難だなと、ちょっとガッカリした部分はあったんだと思う。それを拾えてしまうのが逆に辛いところではある。だからといって、あんな態度を取ってしまうのはどうかと思うけれど・・・。どうして、こんなことになってしまうのかと見ている側もやるせなくなる。見せ方がすごく上手い。

そんなベッカを支えようとするけれど、自身も傷を負っているため、なかなか上手く出来ないハウイー。この作品の主人公はやっぱりベッカであって、彼女の比重が大きいので、ハウイーを彼女を守り支えてくれる存在として見てしまうけれど、よく考えれば彼も当事者なのであって、癒しが必要だし、支えも必要なんだよね。彼はそれを家以外に見出していく。専業主婦であるベッカは息子の思い出が残る"家"にいる辛さを感じながらも、"外"には居場所はない。でも、"外"で仕事をしているハウイーにとって、"家"は息子とのつながりであって、その外側に逃げ場を作り、なおかつ"家"を守りたい気持ちは理解できる。家をめぐるくだりや、セラピーで出会った女性とのエピソードは、説明過多ではないけれど、きちんと伝わってくる。彼の痛みや辛さ、そして弱さが理解できたからこそ、ラストが生きてくる。

ベッカが見つけた癒しは、ちょっと普通では考えにくいかもしれない。でも、もしかしたら、この関係は理解し合えれば、お互いに上手く作用するのかもしれない。まぁ、現実問題として避けた方がいいとは思うけれど・・・。ベッカはある日、並走するスクール・バスの車窓にある少年を見つける。彼の後をつけたり、彼の借りた本を読んだりするベッカ。ある日、彼に声をかけられて、公園のベンチで話す2人。彼こそがベッカの息子の命を奪ってしまった少年。飼っていた犬を追って、家から飛び出したベッカの息子を、ひき殺してしまった少年。あどけなさの残るこの少年がまた、逃げたりせずにベッカにきちんと向き合う姿が素晴しい。きちんと目を見てごめんなさいと謝る。言葉にしてしまえば味気ないけれど、言い訳をするわけでもなく、過剰に謝罪するわけでもない彼の姿には。自分のしてしまったことに対する責任が感じられる。あなたのことは恨んでいないと語るベッカの言葉にも嘘はないと思う。彼女が苦しんでいるのは、あの日事故を防げなかったこと。犬をつないでおけば、ドアの鍵を閉めておけば、もう少し早く気づいていれば・・・。ベッカと少年は頻繁に公演で会うことになる。同じベンチに座り、少年が描いているという「ラビット・ホール」というSFマンガの話など、事故とは直接関係のない話をする。ラビット・ホールというのは「不思議の国のアリス」に出てくるウサギ穴。ここを通れば、ここではない別の世界、パラレル・ユニバースに行ける話しなのだと語る少年。別の世界には幸福で笑っているあなたもいるのだと・・・。そう話す少年の苦しみが伝わって切ない。でも、彼がベッカと会うのは罪悪感からだけではない。彼もこの時間によって癒されているのだと思う。赦し、赦される関係・・・。

マンガが完成したら読みたいというベッカのため、本を届けに来てしまう少年。偶然居合わせたハウイーは激怒してしまう。その気持ちも分かる。彼はセラピーで出会った女性に慰めを求める。夫に出て行かれてしまった彼女も、自分の傷を癒すためそれに応えようとするけれど、ハウイーは彼女の家に入る直前に思いとどまる。良かった! 安易にそうなってしまえば、お互い不幸だと思う。

ベッカが母親に問いかけた悲しみは消えるのかという質問。息子を失った母でもあるベッカの母親は、その悲しみをポケットの中の小石に例える。初めは大きな石だけど、そのうちポケットに入る大きさになる。ポケットに入れてしまい、時には忘れてしまう時もあるけど、ポケットに手を入れるとやっぱりある。でも、ポケットの中に小石を入れて生きていくのは、決して辛いことではないというような主旨のことを話す。ここは泣けた。息子を亡くすというような、大きな悲しみではなかったとしても、人間生きていれば悲しいことや辛いことは誰にでもある。ポケットの中の小石は人それぞれ、何個も抱えることになるかもしれない。それでも、その小石も想い出であり、自分の人生なんだよね・・・。ここの母親役のダイアン・ウィーストの抑えた演技が素晴しい。

ベッカは再び少年の元へ行き、卒業パーティーへ向かう彼を乗せた車とすれ違う。そして、号泣してしまう。詳しい説明はないけれど、彼女の中には様々な想いが巡ったんだろうと思う。息子からは奪われてしまった輝かしい将来を思う部分もあるだろうし、少年自身の将来を思う部分もあるのだろうし・・・。でも、一番は彼女と同じ世界を共有していると思っていたけれど、彼には別の世界パラレル・ユニバースがあるのだと気づいたということなのかなと、個人的には思った。上手く言えないけど・・・。そして、自分にも新しい世界、ポケットに小石を抱えていても生きていける世界、パラレル・ユニバースがあるはずだと思えたのかも。まぁ、号泣していた時は、単純にショックを受けてこみ上げたんだと思うけれど・・・。そういう時はある。彼女に気づいて戻ってきた少年が、あの時、もしかしたらいつもより速度が出ていたかもしれない。あの時、少しだけ注意が足りなかったかもしれないと語る。彼の苦しみを受け取ったベッカの表情がいい。そういうことではないのだという・・・。上手く表現できないのが悔しいな(笑)

家に戻ってきた2人。お互いを思う気持ちが伝わってくる。2人穏やかな表情。事故以来、全く連絡をくれない親友に腹を立て、親友なのだから向こうから連絡してくるべきだと言い張っていたベッカが、相手の気持ちを思いやり、彼女をバーベキューに誘いましょうと話す。そしてハウイーがこれからの2人を語る。それはとっても普通のこと。その力が入り過ぎていない感じがすごく良かった。辛くなったり、悲しくなることはこれからもあると思うけれど、とりあえず一つの段階はクリアできた。希望の持てるラスト。このラストはいい。

キャストはみんな良かった。母親役のダイアン・ウィースト良かった! 母親はあまり感情を言葉に表すのが上手い人ではないので、頭の回転が早いベッカと上手くかみ合わない。そのすれ違い感を何とかしたいと思いつつ、上手くできない感じがしっかり伝わってくる。そしてやっぱり小石のセリフ。決して感情過多ではなく、むしろ淡々とした語り口で語られるセリフの温かさ。絶妙。どんなにすれ違っていたとしても、ベッカはこの母親の愛情を求めているわけだからね。セラピー仲間の女性役で「ER」(ほとんど見てない)のサンドラ・オーが。彼女も良かった。不幸な感じが似合う。ほめてます! アーロン・エッカートが良かった! アーロン・エッカートは好き。この役良かった。何とかしたいと思っているけど、自分も傷ついているから上手くできない感じとか・・・。いつも穏やかなのに、時々子供みたいに怒っちゃうとことか(笑) 誤解を恐れずに書いてしまうと、妻を救えると思うのは、夫の勘違いなんだよね実は。もう何度も書いているけど、苦しんでいる人の周りにいる人は、手助けはできても本当に立ち直るのは本人にしかできない。だから、お互い自分たちに出来ることをしていくことにしたんだと思う。そういう部分も含めてすごく良かった。ニコール・キッドマンはこの演技でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞にダブル・ノミネートされたらしいけど、素晴しい演技。ベッカはいつもイライラしているけど、それには理由がある。それはもちろん表面的に見えている部分だけじゃなくて、事故のことで自分を責めている気持ちや、さんざん書いてきた劣等感や自信のなさゆえの完璧主義から来ているわけで、そういうセリフはないのに見ている側に伝わってくる。スゴイ。まぁ、ビシッときめて結婚前に勤めていた職場(サザビーズ!)に颯爽と行ってみたところ、自分の居場所は全然なくてガッカリ・シーンを分かりやすく入れる演出のアシストもあったりするのだけど・・・。このキリキリしちゃう感じが、ニコールの陶器のお人形のような美貌に合っている。この演技は良かった。

画がキレイ! ニコールの上品な服装もいいし、夫婦の家のスタイリッシュで品のいい感じも好き。公園の美しさもいい。現実的な部分、例えば妹といる時や、母親といる時は少し暗い。でも、少年と会うときはいつもいい天気。ベッカの気持ちがクリアになっているのが伝わってくる。

ハデさはないけど、じっくりと見れる良い作品。今、少し辛い人にオススメ。ニコール & アーロン ファンの方は是非!

『ラビット・ホール』Official site
  • URL:https://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/1502
Trackback
Trackback URL
ニコール・キッドマンが初プロデュース、
アカデミー賞とゴールデングローブ賞両方で主演女優賞にノミネートされた作品です。

映画館での上映をのがし、DVD発売を待っておりました。
「エリン・ブロコビッチ」や「幸せのレシピ」「ダークナイト」のアーロン・エッカー...
映画の話でコーヒーブレイク  April 30 [Mon], 2012, 0:26
“あたたかでやわらかな感動でした” 2011年12月28日 新潟・市民映画館シネ・ウインドにて鑑賞(1月13日まで上映) おすすめ度:★★★★★ 息子を亡くした悲しみというのは共通しているのに、ベッカは自分と対峙の仕方が違う人々に苛立ちヒステリックになっていきます。 子どもを亡くした夫婦の集まりで聴く話は彼女の神経を逆なでするばかりです。 また彼女の兄は麻薬中毒でなくなっていますが、彼女の母親(ダイアン・ウィースト)も息子を失ったことではなく、悲しみについて語ろうとすると、麻薬中毒で死んだ兄とダニー...
映画とライトノベルの日常自販機  January 10 [Tue], 2012, 8:56
11-69.ラビット・ホール■原題:Rabbit Hole■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:92分■字幕:太田直子■鑑賞日:11月6日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,800円□監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル□脚本:デヴィッド・リンゼイ=アベアー□撮...
kintyre's Diary 新館  December 18 [Sun], 2011, 21:51
23日のことですが、映画「ラビット・ホール」を鑑賞しました。

息子を交通事故で失った夫婦の物語
子どもを失う苦悩・・・

設定としては ありがちだが
静に丁寧に描いている

出演者 皆 いい演技をしているが
ニコール・キッドマンの微妙な不安定加減が非常に巧い

ニコ...
笑う学生の生活  November 28 [Mon], 2011, 22:12
ラビット・ホール
★★★☆☆(★3つ)



交通事故で最愛の息子を失った夫婦の再生を描く。


初日に張り切って銀座で観たけど、DVDでよかったかな。。。
特に目新しい部分なかった。(ニコールが皺だけ?・・・)...
食はすべての源なり。  November 28 [Mon], 2011, 15:36
 『ラビット・ホール』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。

(1)クマネズミにとっては、久しぶりの二コール・キッドマンの主演作です〔以前、『毛皮のエロス』(2006年)とか『オーストラリア』(2008年)を見ました〕。

 この映画は、4歳の愛児を交通事故で失...
映画的・絵画的・音楽的  November 21 [Mon], 2011, 6:45
 『ラビット・ホール』
  / RABBIT HALL







ピューリッツァー賞受賞の戯曲をもとにした舞台劇の映画化。
ニコール・キッドマンはこれでアカデミー賞とGG賞のWノミネートを果たしている。



   郊外に暮らすベッカ(ニコ
まいふぇいばりっと ゆる日記  November 20 [Sun], 2011, 19:08







 RABBIT HOLE

 ニューヨーク郊外の瀟洒な邸に暮らすベッカ(ニコール・キッドマン)とハウ
イー(アーロン・エッカート)は、8ヶ月前、4歳になる一人息子のダニーを亡
くしていた。ある...
真紅のthinkingdays  November 15 [Tue], 2011, 20:42
再生への方法を模索中 公式サイト http://www.rabbit-hole.jpデヴィッド・リンゼイ=アベアーの同名戯曲の映画化製作:ニコール・キッドマン監督: ジョン・キャメロン・ミッチェル 「
風に吹かれて  November 13 [Sun], 2011, 16:22
幼い息子を交通事故で亡くした夫婦の物語です。
水曜日のシネマ日記  November 12 [Sat], 2011, 19:18
ラビット・ホール
あーうぃ だにぇっと  November 12 [Sat], 2011, 8:43


ランキングクリックしてね←please click


ピュリツァー賞とトニー賞に輝く原作戯曲に惚れ込み、ニコール・キッドマン自身が映画化に奔走し、自身初のプロデュース&主演で
「めぐりあう時間たち」以来8年ぶりのアカデミー賞&ゴールデングローブ賞主演...
我想一個人映画美的女人blog  November 11 [Fri], 2011, 9:22
ニコール・キッドマンが自ら主演と製作を務め、第83回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたヒューマンドラマだ。ピューリッツァー賞、トニー賞を受賞した戯曲をジョン・キャメロン・ミッチェル監督が映画化した。事故で我が子を失った夫婦がその死を受け入れ新たな一歩を踏み出すまでを描いている。共演はアーロン・エッカート、ダイアン・ウォースト。
LOVE Cinemas 調布  November 07 [Mon], 2011, 1:29
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>tomoco サマ

うん! 観てきたよ〜 またしても号泣。゚(PД`q*)゚。
また見たい(笑)

そうそう! チキンライス食べながら語ったとおり、
お母さんのセリフが全てだよね!
実体験したからこそ、言えるセリフなんだよね。
でも、子供を亡くすというような大きな悲しみじゃなくても、
誰でも何かしら痛みを持っているものね・・・

アーロン良かったよねぇ!
タイプじゃないはずなのに何故か好き(笑)

すごく辛いことや悲しいことがあった時は、
泣きたいだけ泣けばいいんだって・・・
悲しみの底まで行ったら、あとは浮上するだけだから、
無理に頑張らなくても上がってこれるんだって。
北野武が言ってたよ!
言葉自体は覚えてないけど、内容はこんな感じだった。
なるほどなと思って、辛い時は思い出したりしてる

November 21 [Mon], 2011, 2:03
maru♪ちゃん

今ごろ3回目のファントム観てるのかなー

こないだこちらの感想も話しちゃったけど、やっぱりあのお母さんのセリフはみんなが勇気と励ましをもらえると思ってちょこっと書いたの。migちゃんにも話してて笑った
あとはアーロンだよね、すっごく良かったし。

ベッカの号泣のシーンね、前に進むために泣きはらすっていう作業も人には必要なんだろうなー、って思ったわ。
November 20 [Sun], 2011, 17:21
>xtc4241 サマ

コメントありがとうございました♪
記事も拝見させていただきました!

blogの方へのお返事にも書いたのですが、
ベッカは彼を見かけた瞬間から彼を憎んでなかったんだと思います。
彼に会おうと思って探していたわけではないと思うので、
偶然見かけてしまい、衝動的に追いかけてしまったのだと思います。
それからの彼女の行動は少し奇妙に見えますけれど、
その辺りの心理は本人にも説明できないんじゃないでしょうか・・・
上手く言えないのですが・・・

とはいえ、常識で考えれば、あまりよい方法とは思えませんが・・・
November 16 [Wed], 2011, 23:26
maruさん、こんにちは(いま11月15日10:40頃です)

migさんのブログから着ました。

ぼくも同じ感想をもちました。
あの加害者の学生とのコミュニケーション。普通ではありえないかもしれないけど、
落ち込んでいるベッカにとって、読んでいる本、彼のたたずまい、
なんてものにちょっとした興味(癒し)を感じたんだと思います。

人間はわけがわからないこと、多いですからね(笑)
それが僕らをアートに向かわせる動機でもあるような?

僕もブログに書きました。よければ見てください。
November 15 [Tue], 2011, 10:40
>q サマ

うーん・・・ 多分ベッカは彼を憎んでなかったんだと思う。
キリスト教には"汝の敵を愛せよ"という教えがあるからねぇ・・・
まぁ、それだけじゃなく・・・
上手く言えないけど、むしろ自分を責めてたんじゃないかなぁ・・・

お母さんのセリフは良かった!
あの演技も絶妙で素晴しかったし。
アーロン・エッカートも良かった!

確かに、裕福な感じはしたけど普通の奥様はちょっとね(笑)
November 15 [Tue], 2011, 2:12
>rose_chocolat サマ

ありがとうございました!
これ、ちょっと賛否ありそうな気もします(笑)
個人的には好きでした。
アーロン・エッカートがすごく良かったです!
そして、お母さんのセリフが感動的です★
November 15 [Tue], 2011, 2:07
>mig サマ

返事おそくなってごめーん

確かに普通に考えたらありえない感じはするよね。
ただ、見ている間はそんなに気にならなかったの実は・・・
ニコールは癒しを求めて彼に近づいたわけではなかったと思うし、
彼が苦しんでいる感じも一応伝わってはきたかなぁ・・・

まぁ、でもtomocoさんとも話してたんだけど、
この映画はお母さんのあのセリフが全てという感じだよね(笑)
November 15 [Tue], 2011, 2:04
役者も良かったねぇ・・・
だけど、何故か「リアリティ」に欠けちゃった
憎いヤツと話って出来るの〜???
私は、好き嫌いが凄く、はっきりしてるから
自分の息子をそういうコトにした人となんて
一生、顔も見たくないし、ましてや会話なんか出来ないと思うから
共感は無かったのよ
だからなのか、ダイアン・ウィーストの演技とか
めっちゃ光ってて 涙涙の言葉だったよ〜
アーロン( ̄一* ̄)キランだったわ
ニコール・キッドマンが普通の奥様役ってのが
びみょーーーに似合って無い
家のインテリアの感じとか良かったな
November 13 [Sun], 2011, 16:28
これもまだ行けてないわ(苦笑) TOHOのマイルがあと少しで6000なんで、これにも頑張っていきます!
maruちゃんオススメだから期待してるわ〜
November 12 [Sat], 2011, 5:24
mig
maruちゃんおはよー!

観てきたよ!
んー、役者も良かったし普通にいい話だけど
どうも加害者の彼に心のよりどころ見出すのはちょっと、、、、
共感できなくておかしいなぁって思っちゃった。
夫が怒るのは当然だよね。

これは試写で観たかったかも(笑)
昨日は札幌のレディースデイで混んでたよ〜

明日楽しんでね♪
November 11 [Fri], 2011, 9:26
>KLY サマ

アーロン良かったねー
どうしてもベッカ中心に見てしまうけど、ハウイーも当事者。
彼だって立ち直れないでいるんだよね・・・
でも、彼の方がこの状態を何とかしないとと思っている。
ベッカは完璧主義だから、壊れたものは戻らないと思ってる。
そのすれ違いがホント上手く伝わってきた

あえてそうしたわけではないけど、
お互いが"外"に癒しを見つけたのが良かったのかなと思ったの。
2人で向き合っちゃうと、先に進まないんだよね・・・

そうなの! あのお母さんも子を亡くした母なんだよね・・・
でも、ベッカは兄を恥じてるから、それを受け入れられない。
あの穏やかに語るダイアン・ウィーストの演技は素晴しかったー!
November 08 [Tue], 2011, 2:11
KLY
アーロン良かったよね。何とかしてあげたいと悩み、だけど1人になると自分だって息子が忘れられない。そりゃそうだよ、セリフにもあったけど「僕だって当事者だ!」なんだよね。
お互いに立ち直るキッカケが欲しかったんだろうなと。彼らだってちゃんとしなきゃいけないのは解っているけれど、何か背中を押してくれる出来事が欲しかったんだろうなと思うの。
それにしてもおばあちゃんのセリフ素晴らしいよ。綺麗ごとじゃないし、自分の体験から紡ぎだしている言葉だから響くんだよね。
November 07 [Mon], 2011, 1:39
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
https://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 【cinema】『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月22日)
アイコン画像エアリアル
» 『トゥ・ザ・ワンダー』 (2014年11月21日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる