しらんがなの続き

August 01 [Wed], 2007, 15:32
なんか通る度に店長と目が合うんですが。
気まずいわ!


そんなこんなで、段々店内も混み始め……

パートのHさん(今までの「パート」はホールリーダー)。


H「(ご飯をよそいながら)タッタタッタタンタン♪危ないよ♪危ないよ〜♪」私「……( ゜д゜ )」

イミフ……


なんかHさんはノリノリでした。

H「らーねぎちー♪らーねぎちー♪」


だめだ……

無敵モードに入ってる……('A`)

こうなったHさんは、誰にも止められない……。


H「ギョーザギョーザギョーザ♪ギョーザ〜♪」







しかしなんだこのラーメン屋は。

しらんがな・アリ

August 01 [Wed], 2007, 15:11
今日は開店の準備からやってました。

掃除機重い('A`)


いつも店長などは、仕事の合間に専用のピッチャーに入ったお茶を飲むのです。
それはもう氷でキュンッキュンに冷やしたお茶を!

しかし、ある日麦茶が切れてしまったのです。

やむなく氷水を入れた…………



店長「……お茶は?(´・ω・`)」
チクワ「あ、今なくって……」
店長「そっか。……いや、いいよ。いいんだよ(´・ω・`)」

店長www全然良くなさそうwwwww


そして……

チクワ「あれ?お茶あったんですか?」
店長「緑茶があった( ・ω・)/」

粉をふるう店長は心なしか嬉しそうであった……



まぁ、それから緑茶なわけですが……

店長にはセルフで入れてもらいます。


ひぃ……疲れた。


店長「ぬあーー!……ああっ?!」

何やってんのかと、見ればエプロンにスープをぶちまけてるし何やってんの。

そして卵ご飯にスープをかけて……

店長「知ってる?卵ご飯にスープをかけると雑炊になるんだよ!(・∀・)」

そんな嬉しそうに語られてもwwwwwww

パート「雑炊って煮込むから雑炊っていうんじゃ……」
店長「そうなのッ!?( ゜д゜ )……もぐもぐ」


驚く店長。
いや、というかそんなとこで食べられても、氷出せないし、ご飯よそえないんですけど。




続く

謎だ……・アリ

August 01 [Wed], 2007, 7:29
空は青く伸び、心まで吸いあげる。
蝉の大合唱が、青年の背を揺らした。

青年の頬は、一筋にも二筋にも流落する汗に濡れ、てらてらと輝いている。


――死んだ。

どくん、と心臓が跳ねる。

――あいつは、死んだんだ。


青年は黒いネクタイを片手で緩め、振り返った。

白と黒の見事な縦縞が、夏の陽射しの中……小さく震えている。

――どうして。

彼は自殺であった。
自室で、首を吊って……。
発見が遅れたために身体は腐敗し、頭と胴体は分断され、悲惨な状況だったらしい。

――……どうして。

最期の別れすら不可能であった。
あまりに酷い状況だった為に、顔を見ることはできない。
遺族すら見ていない。

だからなのか。
青年は泣くことができなかった。

――どうして……。

何故、彼は……?
追い詰められていたのか?

命を絶つ前にせめて。
せめて……。



青年の前を、下校中の小学生がぱたぱたと過ぎて行った。




あれは、15年前……。

まだ転校してきて間もない自分を、彼は海岸へと誘ってくれた。

ちょうど今みたいな夏の日……。

きらきらと輝く白砂の中につやつやとした貝殻達……。

宝物のように思って、二人で集めたっけ。
たくさん、見つけたやつは何でもかき寄せて……。



あんなに集めたのに。
あれは、どこに消えたのだろうか。

宝物のような日々はどこに消えたのだろうか?

「徹……」

思い出は?
友情は?

「どうして……」

青年は駆け出した。

彼の箱には無かったのかもしれない。

あのきらきらと輝く情景が。
あのつやつやと輝く僕らの宝物が。

「僕の箱にはあるぞ」

確かにそこに。


青年の頬は、汗ではない別の何かに濡れた。


きらきらと輝く砂の上に……それは落ち、染みこんでいった。

蚊〜闇に紛れる暗殺者〜・アリ

August 01 [Wed], 2007, 6:00
蚊。
人類の的であります。

昨日、今夏初めて噛まれたぜ。

さて、蚊は世界で2500種いるといわれ、皆さんご存じかと思いますが……刺すのはメスであり、オスは草の汁をすすります。

なぜ、人間の血を吸うのか……タンパク質が欲しいから。

蚊は3本の針を駆使し、血を吸います。

1……麻酔針、痛みを軽減
2……血を固まらなくする液体を注ぐ、かゆい
3……血を吸う

こんな感じ。

2の液体・生理活性物質を注ぐと、皮膚がアレルギー反応を起こし、かゆいヤバイ。

すっげーかゆい。

でも終わった後は、自分の体に戻す。
わかってるやつだ。

しかし、途中で妨害してしまうと……

いつまでもかゆいまま!
なので、殺るなら止まった直後とか終わった後にしなさい!


蚊はどんな人の血を吸うのか……

・汗臭い人
・足臭い人
蚊は、臭いに敏感。

・黒い服をきている
・体温が高い
黒い服は熱を吸収します。
蚊は熱に敏感。

・呼吸が多い
・ビールとか炭酸を飲んだ
蚊は二酸化炭素に敏感。


B型が刺されやすいとか言ってますが、科学的根拠はないそうです。


蚊の苦手なもの

・殺虫剤とか
いわずもがな

・蜜柑とかの匂い

・扇風機の前
吹っ飛ぶから。

なんだこれ・アリ

August 01 [Wed], 2007, 5:32
↑ラーメン屋さん特製ザーサイ



店長ぉぉぉ

なんかシフト増えてませんか!?
店長?ちょwww店長ぉぉぉ



昨日は夜からバイト。

社員「今日は5人だ!」←スタッフの数


そして客がくるくる。

外国人「ハーフラメン、Bセット」
私「肉と野菜の餃子が選べますが?」
外国人「……?」
私「……えーっと(;^ω^)」


そんなこんなで。

バイト「あれ?今日4人だった」
社員「4人だった☆テヘッ」
バイト「wwwwww」

期待させんじゃねぇぇぇ




……ふぅ。終わったし、部屋に行くか。


……ムシムシしてる。


私「店長、暑くないんですか?」
店長「うん」
私「……エアコンつけないんですか?」
店長「うん」
私「……節約ですか?」
店長「いや、暑くない」
私「……」
店長「……」
私「……」
店長「…………つけてもいいよ」
私「はい!」


店長は厨房の熱気にあてられて、体内温度計が狂ったに違いない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maroyakara-men
読者になる
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる