バルセロナ最後の夜 スペイン

August 28 [Mon], 2006, 19:31
最後の夜という事で、アルベルトがおいしいレストランへ連れて行ってくれました。
アルベルトのお父様お勧めの素敵なスペイン料理店です
ここで頼んでもらったのはパエリア、日本では魚介類が入ったパエリアが有名ですよね、でもスペインの各地によって味付けが違うそうです。ここバルセロナのパエリアには肉も入っているそうです。
「何の肉が入っているか、食べて当ててごらん」ってアルベルトが言いいました。
その後、料理が運ばれてきて食してみると「まぁ、なんておいしい」なんの肉か考えるのを忘れてパクパク食べ続けました。

見かねたアルベルトは「それ、ウサギだよ」
・・・・・・
「えっ、まじっすか・・・」
「おいしいんすけど・・・」
「ウサギなんすか・・・」


文化の違いですね、ヨーロッパではウサギは食べるものなんです。
食用ウサギは、日本では見たことがないくらい大きな茶色いウサギです。

ちなみに、ピーターラビットの本の中で、ピーターのお父さんは人間に捕まってパイにされちゃったって書いてあった気がします。

  • URL:https://yaplog.jp/maron1216/archive/57