脱パクリ就活は、一生ものです。

September 08 [Thu], 2011, 10:00
最近は、“脱”というと、
“脱原発”になっちゃいます。

大学は卒業するのが目標ではなく、
内定を獲得するのが目標になっているようです。

内定を獲得するだけだったら、
“パクリ就活”だけで充分です。

『採用・就活』には、かなり決まった
形式・システムが出来上がっています。

その形式に沿って就活したら、
周囲の内定率が低くても、
その内定獲得者側に入ることは
かなり確度高くできます。

でもね、それで終わりじゃないんですね。


学力・一般常識テストでも、
エントリーシートや面接などでも、
かなり形式は固まっているので、
対策はさして難しいとは、思えません。


その代表例は、就活サポート会社でしょう。

金額は別として、
ちょっとしたコツというか意識を変化させることで、
いとも簡単に内定を取らせています。


失礼ながら、
大学のキャリアカウンセラーは、
就職情報やカウンセリングにしても
標準化し多くの学生に対応するので、
毒にも薬にもならないことが多いようです。

中には、企業の人事・労務関係の業務を
まったくしたことのない、ズブの素人カウンセラー
も少なくないようです。
(そうでない人もおいでだと承知はしてます)


対する就活サポート会社は、

内定者を何名出しているか?
その企業は、有名大企業か?

など、厳しい評価に晒されています。

学校で収入を保証してくれないので、
評価が低く、週活生が申し込んでこなかったら、
即収入ゼロ、倒産してしまいます。


それから就活本ですが、
どの就活本がお勧めか?
と問われても、答えようがないのです。

大型の本屋さんで、
一通り眺めて、相性のよさそうな本がいいでしょう
くらいなんです。

と言うのも、
人事担当者は、この手の就活本を評価して、
「就活生のみなさん、同じようで選ぶのに困ります。」
とのダメ出しが多いようなのです。

とは言うものの実際には、
これらの就活本をパクって、
内定をいくつも獲得する学生もいます。

彼らは、
就活本に自分を上手く乗っけていけるのが、
特徴です。


ところがところが、
ここからが、今日の本番です。

就活サービスとか就活本を上手に使いこなし、
内定をトップ・優秀なレベルで獲得した学生の多くが、
入社3年も持たずに
辞めたり、無気力で戦力にならない
とは、マスコミにも取り上げられています。

言い古されているけど、
毎日の仕事って、単調でもあるし、
答えがありそうでないし、
勉強のように、パクルことができません。

就活って、自分を見つめるいいチャンスだと思います。
自分のやりたいことって何だろう?
自分は何ができるんだろう?
これからの日本はどうなるのだろう?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「なぜ」「どうして」を考えてみましょう。

正しい答えはたぶん見つかりません。
それでいいと思います。


この考えるってことが、
“脱パクリ就活”です。


仕事って、入社して数年経ったころから、
だんだん面白くなってくるのにな〜〜〜

仕事を憶えることで、次の仕事がチャレンジでき、
一つの失敗、一つの成功、その一つひとつで、
自分自身の成長が実感できるようになり始めると、
もう、仕事というより、
“人生って、結構楽しいじゃん”
って思うようになります。


そのためには、

“パクリ就活”で、「内定を獲得」を目指すのではなく、

自分についてじっくり考える
“脱パクリ就活”で、
入社してからの「楽しい人生」を目指して欲しいと思います。



それにね、
就活の時には、多くの業種の会社の中に入ることができます。

人生でたった一度といってもいい大チャンスでしょ。

会社研究はしてるでしょうが、
自分がその会社に入社したらどんな人生になるのか?
いろんなシュミレーションを考えることができます。

M社のF・D氏に学ぶ!脱・パクリ

May 23 [Mon], 2011, 10:00
M社の創業者F・D氏は、
日本人は、器用なのが大きな欠点
と言ってました。

日本人の器用さが褒められることが多い中、
一体どういうこと?って、思うかもしれませんね。

本国でM社FC展開(フランチャイズ)されていましたが、
F・D氏は日本では、直営展開にすると決めていました。

何故なら、
日本でFC展開すると、オーナーは一通り説明を聞くと
自分に都合よく解釈して
自分流に変更してしまうからだそうです。


オーナー各人が
作り方や材料、その他決められている事を変えることで
店ごとに味もサービスもばらばらになってしまう
という理由もありました。

FCに似た制度で、日本にも『のれん分け』という制度があり、
お蕎麦屋さんやラーメン屋さんなどで同じ屋号の店が
あちこちにあるのは、皆さんもご存じだと思います。

これは本店などで何年間か修行し、技量・経営ノウハウなどが
一定のレベル以上に成長したと認められた人に限って
独立し、出店を認めたのであって、FC制度とは全く異なります。



ちなみに今では一般的になっているFC制度も、M社創業時は
どのようなものか、認知されていませんでした。


案の定、M社創業後に、同様のファストフードチェーンが
まるで雨後の筍のように出てきましたが、M社がダントツなのは
皆さんご存じのとおりです。

F・D氏は○○の商品として有名なくらいですから、
M社もFCにして、加盟料・保証金・ロイヤルティー等で
創業期から資金回収したほうがガッポリ儲かることを
知らないはずはありません。

将来、大規模な全国展開をするために、F・D氏は
全てのお店で同じ味・同じサービスと、『同じ』であることが
M社の『売り』にすることが不可欠であり、個々の店で
勝手に変更(工夫)されては台無しになる
と考えたそうです。

確かに当時、数少ないFC店舗では、味もサービスも
違和感があったのを記憶しています。

この違和感は、表面的にはMなのですが、
本質的なところでMじゃない
、ということです。



ここから、本題のパクるって話。


パクるって言葉は、人真似をするということです。

人真似は、悪いことではないです。
しかし、パクるというのは表面だけまねることを言います。

「学ぶ」はもともと「まねる」に語源があります。
同じまねるでも、「学ぶ」は物事の本質をまねることです。


「パクる」は一時的であり、
「学ぶ」は身につけることです。


だから、パクってはいけないのです。

就活のハウツー本や、就活支援サービスの話を、
読んだり、聞いたりすると『わかった気持ち』になり、
「そうか!そうやりゃいいのか!」と、表面だけパクる様に
なってしまいます。

本当は、そういう本やサービスでも、
本質を探すためにまねることが大切なんです。
それをしないから、返って不安になるんです。

就活は将来、社会人になってから役立つ「学び」です。
今、この時を大切に過ごして下さいね。


就活ブログランキングに参加してます。
応援よろしくお願いします




にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村

就職活動ブログランキングへ

就活基本戦略

January 12 [Wed], 2011, 11:10
そろそろ、
本格的な就活時期に入ってきたようです。

企業へのインターネット応募も始まっています。

まずは、
応募する会社を決めなくてはなりません。

希望する業種・業界はありますか?
どこか、特定の会社はありますか?
やってみたい業種はありますか?

マケじい式、自己分析・内観法」で、
自分の心の中を分析してみてください。
きっと、方向性がみつかります。

応募する会社が決まったら、
自分自身のアピールをしましょう。
客観的で的確な心理テストで、
自分自身を知っておきましょう。
お勧めは、ACS心理テストです。

“あるがままの自分自身”を知って、
自信を持って、希望会社にアピール
してください。

ちなみにマーケティングでは、
商品を売り込むのに『4P』を決めていきます。
商品 Product
価格 Price
流通 Place
販促 Promotion

商品は、あなた自身です。
価格は、あなたが決めます。
流通は、応募する会社や職種です。
販促は、自己アピール、ES,面接などです。

商品の場合には、USPを作ります。
USPというのは、
ユニーク・セリング・ポイントの頭文字です。
商品特徴・特色
他との差別化といえます。
すなわち、
あなたのアピール・アピールポイント作りです。

価格は、就活の場合だと、
金額的なものもあるでしょうし、
やりがい・生きがい的な
金額以外の要素もあるのでしょう。

流通は、応募先企業となります。
絞って突き進むこともあるでしょうし、
幅広くブルトーザーのように進むこともあるでしょう。

販促は、就活でみなさんが気にしている、
ESの書き方や、面接の方法になります。
この両方に、
客観的で的確なACS心理テストは、
役に立ちます。

自分をよく知ることが、
スタートで最も大事です。

自分で考える

January 07 [Fri], 2011, 11:05
「答えをパクる」
「答えを自分で考える」の違い。

何もないところから、何かを考える
なんてことは、
そりゃ、フツーの人にはできません。

問題なり、課題なり、ヒントなり、・・・
何かがあって初めて、人は考えることができます。

問題→答え
課題→解決策
ヒント→回答
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と、すぐに結果を求めるのではなく
「答え」「解決策」「回答」を知る前に、
一呼吸、二呼吸、三呼吸、
どんな「結果」になるだろうかを
考えてみましょう。

『問題→答え』を速攻で知ってしまうと、
自分で考えて分かったと勘違いしちゃうんです。

自分で考えた答えが
合っていようが
間違っていようが
一度でも自分で考えていると
「答え」が自分のものになります。

それと、もう一つ大事なのは、
『問題→答え』となっている「答え」が、
本当に“正答”なのかを
疑ってみることです。

「パクる」とは、
自分では何一つ考えることなく、
何の疑問も持たずに、
「問題→答え」をあたかも、
自分で考えたごときに錯覚することなのです。

「答え」をパクらない

January 06 [Thu], 2011, 11:04
大人の社会では、「答え」をパクルと
残念な人になります。

学校の勉強には、「答えがある」が、
実社会・会社の仕事には、「答えがない」と、
多くの人から言われているかもしれません。

まったくもって、その通りです。

とある大手企業の幹部研修で、
こんなことがあったそうです。

幹部のみなさんのお悩みは
「最近の社員は、自分で考えることがない」
えっ?????
考えることができない
じゃなくて、
考えることがない
なの?????

で、もろもろの研修がありました。

研修を終えての
幹部のみなさんの感想は、
「社員をどう指導したらいいのか」
「具体的な方法」
を教えてくれると思っていたのに・・・・・・・・・・・

研修の内容は、
「指導方法を自分で考える」
だったんですがね・・・・・・・?????

何が言いたいかと言うと、
採用担当者はもとより、
採用決定権者ともいえる幹部社員だって、
「自分で考える力」などないってことなんです。

就活生に対して、
「自分で考える力」を望むなんて、
“ないものねだり”
なんですけどね。

って、
『会社にダメ出し』しても、内定にはなりません。

といっても、さすが社会人
「自分で考える」ことができなくても、
「なんとなく、自分で考える」
方法は、知識としてあります。

だから、
応募者が就活ノウハウを
パクっているか?いないか?
見抜くことはできるんです。

会社が望む人材は
「自分で考えられる人」
ですから、
パクってる人は、
祈られて、残念な人になってしまいます。

分析が全ての基本

December 15 [Wed], 2010, 8:50
マーケティング・コミュニケーション戦略を立てるには、
最初に「現状分析」をします。

孫子の兵法に
己を知り敵を知らば、百戦危うからず
とあるように、

自分自身と、相手だけでなく周囲の事柄を含め
物事を多面的に捉えます。

分析をするには、
事実事実みたいなこと
しっかり区別する必要
があります。

TV・新聞・インターネットを始め、世の中には
事実みたいな」情報が溢れています。

この「事実みたいな」情報がくせ者です。

多くの人は、ついつい簡単に
答え付きの分かりやすいニュース解説
コメンテーターの言い分を
事実」と受け取ってしまいます。

それは、社会や経済の現状認識が
テレビや新聞、ネットなどの
マスコミ解説・評価つき情報に
無意識的に影響されてしまっているということです。

ホントーは、それじゃ現状認識がずれてしまうのです。

ただ、就活では、企業の採用担当者も
マスコミ情報を前提にしているので、
マスコミ情報をしっかりチェックするのも大切なことです。

(マスコミ情報は、事実を自分都合で伝えているので、
嘘ではないが、ホントーでもない!!

その中で、自分で調べ、考えて現状分析をすることが大切なのです。

と、いうことで、
就職希望先企業の分析や周囲(社会動向)は、
基本的にマスコミ情報をベースにしましょう。

ちなみに、マスコミ情報の事実とは、
「○○TV・新聞・ネットで、『××××』と言っている」
ということ全体が、事実で、
××××』は、「事実みたいなこと」なのです。

次に、もっと重要なのが、
自分の現状分析です。

広告でいうならば、
自分=商品といえます。

広告する商品がよく分かっていない
広告のしようがありません。

この自分(商品)分析方法については、
 後ほど、詳しくお話します。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マケじい
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:8月19日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-B級アクション(善悪がハッキリしてる)と泣き笑い系で気持ちよく泣ける
    ・飲食-日本酒常温好き、おつまみ系おかず大好き
    ・マーケティング-学問っていうより、商い好きかな
読者になる
最新コメント
アイコン画像カツオシD
» いい人って、疲れるの? (2014年01月05日)
アイコン画像カツオシD
» いい人って、疲れるの? (2012年12月31日)
アイコン画像カツオシD
» ネガティブな人が支える、宇宙開発!! (2012年11月05日)
アイコン画像カツオシD
» 青信号が点滅、あなたは渡りますか? (2012年09月28日)
アイコン画像マケじい
» 主体性って、なんでしょね。 (2012年09月21日)
アイコン画像koichikamachi
» 主体性って、なんでしょね。 (2012年09月21日)
アイコン画像カツオシD
» ストレス処理力 (2012年09月20日)
アイコン画像マケじい
» 「ワイガヤ」職場に、って思ってませんか? (2012年09月17日)
アイコン画像カツオシD
» 「ワイガヤ」職場に、って思ってませんか? (2012年09月16日)
https://yaplog.jp/marketling/index1_0.rdf