「ペルセポリス」

January 27 [Sun], 2008, 15:07
昨日、渋谷のシネマライズで、年末からずっと観たかった映画、
「PERSEPOLIS」を観て参りました。



イランの富裕層に属し、革命や戦争のたびにレジスタンスの闘士である身近な親戚や友人を失いながらも誇り高く生きるインテリ一家。
その一人娘として愛情と期待をかけられた利発な少女、マルジ(マルジャン・サトラピ)の9歳から20代前半の半生をモノトーンのシンプルなアニメーションで淡々とユーモアたっぷりに描きます。



叔父や友人の生き様と人生の終焉を、時として彼らから直接聞かされる、幼いながらも好奇心と反骨精神の塊の少女マルジ。
イラン革命のバックグラウンドから、イラン・イラク戦争の影に欧米の武器商人の思惑が隠されていることまで、子供扱いしないでキチンと説明する両親や叔父。
「いつも自分に対して公明正大でいること」を厳しくしつけながらも、朝起きるとブラジャーにその日摘んだジャスミンの花を入れ、胸の形を保つために毎日10分冷水につけているといういつも良い香りを包まれた優雅な祖母。



革命後の男女別学、今までの国王礼賛から一気にトーンを変えてイスラムの厳しい戒律を押し付ける学校教育にマルジは容赦なく舌戦を挑み、イスラム秘密警察が監視の目を光らせる街にも「PUNK IS NOT DED」のロゴを自分で書いたジャンパーを着こんで繰り出しアイアンメイデンのCDを闇で買ったり・・・危ない橋を渡ります。
心配した両親は14歳の彼女をウィーンに留学させることを決意。
別れに当っての祖母の教えは、「がっかりしたり失望させられたりしたら、その相手をバカだと思いなさい。決して復讐したり仕返ししたりしようと思わないこと。哀れみ、許すこと。」という言葉。

異邦人としてヨーロッパの街に暮らす彼女は思春期を迎え、自分自身の変化と、平和なヨーロッパで空論を弄ぶ仲間や時として差別が牙をむく社会に馴染めず、違和感を抱えながら読書に没頭し、クラビングする日々。
そんな中で、恋をし、失恋を経験。感受性の強い彼女は幸せの絶頂からの落差に耐え切れず、2ヶ月のホームレス生活を経験。
戦後の母国に傷心の末帰国し、暫しのアパシーから大学受験、学生生活、結婚離婚。

多くの政治犯と同様に獄中で命を失ったマルジの叔父、アヌーシュカが利発な彼女の求めるままに革命の理想と現状を語り聞かせ、最後の10分の面会で、乏しいパンでつくった白鳥の人形をマルジに手渡し、「君は僕の人生の希望の星だ」と抱きしめる場面のせつなさ。
戦後ますますイスラム色を強め、監視の厳しい母国に戻ったマルジは、デートのために化粧をして待ち合わせ場所に赴くが監視官に化粧を見咎められることを恐れて自分に視線を送った見知らぬ男を突き出す。帰宅後、訪ねて来ていた祖母はそれを聞いて厳しく叱り飛ばし、「公明正大であれ」と言い残して去る。
スーパーの駐車場でベールを深くかぶりなおせと横柄に指摘する男に、礼儀を注意すると
「お前のような女は犯されて野垂れ死にするがいい」とどなられてハンドルを握りながら悔し涙を滲ませる母。
彼女を取り巻く人々に備わる人生の重さと人間としての誇り。
そして、模索し、もがき、自分の場所を探しながら、時に落ち込み、時に明確に行動を起こす主人公の姿は青春時代を経験した全てのヒトへ共感を覚えさせずにおかない普遍性を持っているといえるでしょう。

とてもハンサムに描かれていたウィーン時代の彼が、浮気をした途端、回想シーンの全てでブ男に変身するところなど、アニメならではの楽しさもあれば、厳しすぎる歴史を淡々と刻むシーンの連続ではその冷静なタッチが重く響いてきたり・・・。
90分とアニメーション作品としては長尺ですが、最後Parisに旅立つ彼女のその先を見せるでもないラストといい、安易なカタルシスを許さないリアルなタッチの作風が時間を感じさせず、見ごたえのある作品でした。

声優に、祖母、ダニエル・ダリュー、母と娘がそのままリアルに母娘であるカトリーヌ・ドヌーブとキアラ・マストロヤンニがキャスティングされているのも話題。

原作はこの映画の監督でもあるマルジャン・サトラピの自伝的グラフィックノベル『ペルセポリスI イランの少女マルジ』と続編『ペルセポリスII マルジ、故郷に帰る』で、この作品自体は第60回カンヌ国際映画祭の審査員賞を受賞しています。

監督&脚本マルジャン・サトラピ&ヴァンサン・パロノー(本作の原作者とイラストレーター)
2007年フランス映画


  • URL:https://yaplog.jp/maria-pon/archive/260
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
maria
miwaさん

モーニング・ショーの時間枠ではまだ上映中なのですね!

主人公はイランの特権階級なので、必ずしも国民全体の感情を代弁しているわけではない、という批判もあるようですが、そのことは勿論、踏まえたうえでの個人史です。
足場がはっきりしているので、そこからの判断は見るヒトに委ねられており、わたくしは先述の批判は当らない、と思っているのですが・・・

アニメーションの美術的効果も面白く、少女の成長譚としても興味深く見られますので是非〜
February 12 [Tue], 2008, 4:59
miwa
>上演中のなので

あら・・訂正前に送信しちゃった
渋谷では10:30am〜の回のみ上演してるようですね^^

February 11 [Mon], 2008, 13:30
miwa
映画、面白そう!
調べたらまだ上演中のなので、
是非観にいきたいと思います〜
February 11 [Mon], 2008, 13:25
maria
kinakoさん
表紙の感じでみる限り、ちょっと木版画調・・・なのでしょうか?
この本、絶版になってしまったようで、Amazonで見ると、新品在庫がなく、中古が1.5倍くらいの価格で数点出品されていましたxxx
それもちょっと悔しいので(笑)図書館で借りようかしら・・・と思ったら、自宅近くの分室が閉館になってしまっておりショック
地道に本屋の在庫を当ってみます・・・
February 11 [Mon], 2008, 4:09
kinako
絵のタッチはペルセポリスとは違うんですが、これはこれで素敵だな、と思ってます。
February 10 [Sun], 2008, 15:33
maria
kinakoさん
イラン女性のお洒落と恋愛談義・・・これはまた面白そうですね
ご紹介ありがとうございます
憧れのおばあちゃんのヒミツ・・・わくわく
February 04 [Mon], 2008, 2:22
kinako
もう読んだことがおありかもしれませんが、この本もいいです。
http://www.amazon.co.jp/刺繍―イラン女性が語る恋愛と結婚-マルジャン・サトラピ/dp/4750323616/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1202016647&sr=1-2
ジャスミンを下着にしのばせているすてきなおばあちゃんの「秘密」が分かります。。。。
February 03 [Sun], 2008, 14:45
maria
マミさん

ようこそ〜
マミさんもご覧になったのですね!

公開から一ヶ月たってしまってようやく行くことが出来たのですが、やっぱり観ておいて良かったです・・・。

貴ブログでのご紹介、ありがとうございます
家庭環境は大幅に異なりますが、ちょっとチビマルコちゃん入ってますよね、チビマルジ
February 02 [Sat], 2008, 1:16
私も観に行ってきました!
こういうアニメーションって、いいですね。90分間マルジの世界観に浸りました。

私のブログに、mariaさんのブログをご紹介させて頂きました〜♪
事後報告ですみません(^_^;)
February 01 [Fri], 2008, 12:20
P R
月別アーカイブ
2008年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像maria-pon
» ローラン・プティの世界 (2018年05月21日)
アイコン画像Cookie
» ローラン・プティの世界 (2018年05月20日)
アイコン画像Naoko S
» ロパートキナの引退 (2017年06月21日)
アイコン画像maria-pon
» ロパートキナの引退 (2017年06月21日)
アイコン画像Naoko S
» ロパートキナの引退 (2017年06月20日)
アイコン画像maria-pon
» ロパートキナの引退 (2017年06月20日)
アイコン画像Naoko S
» ロパートキナの引退 (2017年06月20日)
アイコン画像maria-pon
» 2016年新年のご挨拶 (2016年01月20日)
アイコン画像まりあ
» 2016年新年のご挨拶 (2016年01月19日)
アイコン画像maria-pon
» 宝塚月組「ドラゴンナイト!!」東京初日 (2015年09月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maria-pon
読者になる
https://yaplog.jp/maria-pon/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる