マンションの住み替え:同じ会社に売却と購入を頼むと、引越しの際の融通が利くなどメリットも

November 27 [Sun], 2011, 22:53

マンションの住み替えについて。

◆信頼される売り主になればメリットも大。
物件を売却する際に、信頼できる仲介業者を選ぶのと同様に仲介業者も信頼できる売主を希望する。売り主に売買のマナーや約束を守らない人が多いのが背景にあるようだ。そのため業者も売り主をあまり信頼してはいない。売主としては、仲介会社の担当者に信頼されることは、取引を成功させるには必要な条件となる。買主の見学日には、事前に必要書類を準備する要望が業者からなされる、その際に記載に落ち度があったりすると売却がうまくいかないだけではなく、仲介業者からの信頼も築けないので、誠意を持った対応をすべきである。

◆業者の営業活動にすすんで協力する。
他にも仲介業者に売却をまかせっきりにせずに営業活動に協力する姿勢は重要である。より有利な売却につながったり、仲介業者が売り手の熱心さに応じてより熱心に買い手を捜したりするものである。つまり買い替え全体をスムーズに進めることになる。以下のような心がけを行って見るのがよい。
・定期的に売却状況がどうなっているかを仲介会社に確認する。
・購入希望者があれば気持ちよく迎える。
・購入希望者の見学の際に、雰囲気が出るからと当日住人として居る時間を設ける。
・逆に外出してもらったほう,がいいときには時間を空ける。

一戸建て中古物件
マンション購入:郊外にするか、都内にするかを決める

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


マンション探し:買い替え業者との上手な付き合い方について。

◆いい仲介会社を見分ける着眼点。
自宅の売却と並行して、新しい物件の購入プランを検討しないといいけないので、買い替えはかなり疲れる作業といえる。やはり、頼りになる仲介会社や不動産会社を利用したい。信頼のおける会社を選ぶ基準としては、その会社が提供する情報量の多さ(物件数の多さ)は重要である。売却を依頼しても、いつまでも購入者を見つけられない業者では頼りがない。そのような状態では欲しい物件の購入タイミングを逃してしまう。
逆もある、物件は売却できそうなのに、こちらの条件に合う購入物件を探せない等の状態である。やはり情報量が勝負である。他に、決め手となるのは、必要書類の作成や手続きをすべてリードしてくれているか、という点と、作業自体をスムーズに行なってくれるか、という点である。

◆同じ会社に売却と購入を頼むメリット。
購入する不動産屋も、売却する不動産屋も、多くの条件から選択してより良い条件の中から選びたいものである。そうなると自然と、売却と購入を別の会社に依頼したくなる。しかし、あえて同じ会社で売却と購入をすることをおススメしたい。同じにすることで、以下のようなメリットが生まれるからである。
・引越しの際の融通が利く。
・ローンに残高がある場合には、購入資金と残高文をセットにした「買い替えローン」が利用できる。
・契約の際に「買い替え特例」を明文化しておくことで、売却が進まない場合には、購入の契約を白紙にすることもできる。
また、引越し先と現在の住所が近いことを希望する場合にも同じ不動産会社を利用するのがよい。

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

  • URL:https://yaplog.jp/mansion4you/archive/2
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。