マンション住み替えのヒント、買い取り保証制度を利用するメリットは? & 東南の物件なら毎日ポカポカ

December 07 [Wed], 2011, 0:08

住み替えのヒント、買い取り保証制度を利用するメリットについて。
マイホームの住み替えを検討する時に、ベースとなるのは自宅の売却の方となる。つまり自宅がどれぐらいの価格で売れるのか、という点で、その後の新規物件の購入対象が大きく変わってくる大切なポイントである。やはり正当な評価をするためには、仲介会社や販売会社に査定を依頼するのが、一番である。売主が満足する価格ではなく、実際に売れる価格に値段設定をするというのが、ポイントとなる。
重要なのは、売れるタイミングである。欲しい物件は決まっているのに、売却ができずにその物件の購入タイミングを逃すということも多い、注意をしたい。

そのような問題を解決するために、「買い取り保証制度」というのがある、こちらも活用しておきたい。仲介会社や販売会社が、その会社の物件を購入する人に限り、ある一定期間を経過しても売れない物件を買い取ってくれるのである。このような便利な「買取保証制度」であるが、それを実施する仲介会社はそれほど多くないので、事前に確認した方がよい。
また買取価格は査定額の90%ほどである点も気をつけておきたい。あまり積極的に頼りにはせずに、資金計画にある程度の余裕をもった状態で利用したい。

賃貸物件の相場情報(http://kirei.biglobe.ne.jp/realestate/rent/all/eki/26)
この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


マンションの購入:東南の物件なら毎日ポカポカ。
日当たりのいい東南向きは、新築マンション、中古マンションに関わらず人気の方位となっている、それだけ価格も高めに設定されている。もし価格を度外視して、東南向きの部屋と東や西向きの部屋を比較した場合には、東南向きの部屋の購入をおススメ。

東南向きの部屋は、住んでいる人の心地よさという要素以外に、冬でも暖かいのが特徴。暖かい分、暖房費も節約できるので、長い年月暮らすことを考えれば、購入金額が多少高くても、購入の候補に入れておく方がよい。しかし、都会のど真ん中の場合、階も低く東南向きであろうと日照時間がほとんどないようなマンションもある。そのような場合には、西向きを選んで少しでも太陽の光を採り入れることも可能。

アパートや住宅を借りる → キレイスタイル

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

  • URL:https://yaplog.jp/mansion12345/archive/1