2)疎遠にしてた友達から、突然、「新居に入居しました」のハガキが。新築祝いを贈るべき?

  • URL:https://yaplog.jp/manner05/archive/4
 あえてお祝いを贈る必要はないと思いますよ。新築祝いは基本的に、親戚や親しい間柄で、新築披露に招待された場合に贈るもの。

 このケースの場合、いまはつきあいがないなら、先方も近況報告のつもりで連絡してくれたのでしょう。

 もらったハガキの返事を出して、「ご新築おめでとう」のメッセージを添えれば十分。わざわざお祝いを贈ると逆に心苦しく思わせてしまう場合もあります。

 だれかが家を新築したと開くと、「お祝いしたほうがいいかしら」と迷う人が多いようですが、直接「新居に遊びに来て」と招かれたとき以外は気を回さなくてだいじょうぶです。

 親しい人から新居に招待されて、お祝いを贈る場合、かつては「記念に残るもの」ということで時計やスタンドなどのインテリア用品が中心でした。

 しかし、こうした品は趣味が合わない場合には困りもの。最近は気軽に使えるキッチン用品など、実用的なもののほうが人気です。

 金額の目安は5000円〜1万円。何を贈るか迷ったときは、先方にほしいものを聞いたり、新築披露のときは手みやげ程度で伺って、新居を拝見しながらあらためて先方と相談して決めるのも手。

 何かと出費がかさむ時期でもあり、現金や商品券を贈っても喜ばれるでしょう。

 誰からも喜ばれるオールシーズンギフト

よろしかったら下記バナーをクリックお願いいたします<(_ _)>
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング
参考になる書籍のご紹介
AMAZON------------------------->
P R
カテゴリアーカイブ
借金の不安をご相談ください