非情な飛行機

January 12 [Thu], 2006, 0:00


窓の外に見えたのは、
小さなちいさな3人が 手を振る姿。

涙で曇って、見えなくなった。

大好きな冬の空を、
西に向かって飛行機はゆく。
凍りついた空を、
容赦なく西へゆく。

行く手には 大きな夕焼け。

飲み込まれちゃいそうで 不安。
 

あなたのいる場所を愛し

あなたのすべきことを愛し

あなたといる人を愛すれば

あなたの魅力や信用は

涸れない泉のようだろう

ウソや保身の衣を着て

場を軽んじ

すべきことをせず

人を利用するだけなら

運の神は あなたに微笑まない

その場だけの誠意は

むしろ 信用を失うもとだよ

いつでも 誰といる時でも

自然に 大切にでなきゃ

そのために 日々に学べ

普通にいいことができるように

2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:malihui
読者になる
Yapme!一覧
読者になる