医師と行う住宅リフォーム

December 28 [Wed], 2011, 7:27
最近は荒井副院長がらみの記事が続いていますが、今回も荒井副院長関連のご報告です。

日経メディカル、日経ヘルスケア合同企画で日経ホームビルダーの医師向け特別編集版で当院荒井副院長の記事と実際の改修について紹介されました。

雑誌のタイトルは「医師と行う住宅リフォーム 〜暮らしの質の改善に向けて〜」です。


当院は訪問看護ステーション、訪問リハビリ、往診、地域包括介護支援センター、回復期リハビリテーション病棟があります。

在宅療養を支えるために連携を行っています。

今回の記事は在宅療養を支えるにあたって、住環境は介護力と並ぶ重要な要素です。


在宅復帰に何が必要か見極めるために家屋調査を9割実施しているという取り組みの内容を紹介しています。


牧田総合病院では現在、同じ大田区内を中心に住宅改修も手がけるカドヤ建設と組んで、国土交通省の補助事業である「ケア連携型バリアフリー改修体制整備事業」の採択を受け、住宅改修に対して上限200万円までの助成を受けられる体制を整えている事も記事の中で紹介されています。


実際の改修例も紹介されています。


記事の中には上述の補助に関するサイトの紹介もされています。


病気はならないにこしたことはないのですが、いざなってしまった時はいかに付き合っていくかが大事になっていくと思います。

病気を抱えながらともに歩む支援を出来るよう病院も取り組んでいる、そんなことを感じさせる記事でした。
  • URL:https://yaplog.jp/makitasityou/archive/113