2018年大晦日

December 31 [Mon], 2018, 20:17
2018年もあっという間に大晦日。

日々丁寧に
綺麗に生きていれば
こんなに焦って掃除する必要
ないのよね・・・と思いながらの
なんちゃって大掃除をしていたら

母親から
「お父さんが滑って転んで
頭打った!」

というLINEが。

なんだってこんな時に・・・と
思いながら
お医者さんの生徒さんに相談したり
休日当番医を探したり

なのに本人は
「大丈夫だから病院行かない」と。

脳は今外傷がなくても
あとで具合悪くなるかもしれないから
念のため病院に行って、いや大丈夫のやりとりで
かなりの疲労。
呆れて電話を切ってほっておいたら

結局その後病院に行ってCTを
撮ったとのこと。
今のところ血腫などはないので
ひとまず大丈夫だとのこと。

モヤモヤしたまま年越すより
ちゃんと検査してすっきりして
新年迎えたほうがいいんじゃないかと
思うけど、結局行くなら最初っから
行けばいいじゃんと心の中で思いながら
お掃除終了。
結局暗くなってから車の掃除も始めたので
綺麗になったのかいまいち分からず。





年越し蕎麦を食べて
紅白観ながらまったりしております。



今年はなんというか
いろいろと気持ちがざわついた1年でした。

4月の末から体調を崩したグリが
亡くなったのが5月28日。
体調は悪かったものの、
そんなにすぐに亡くなるほどとは
思っていなかったので
覚悟を決める時間もなく。

亡くなった当日も
見送れたものの
なんだかあっという間の別れで

ちゃんとさよならできてない気が
今もしています。

でも
グリが紡いでくれた
前からのご縁も
新しいご縁も
たくさんあって

私だけではなく
たくさんの人の心の中に
グリの思い出があることは
とても嬉しいことです。

特に来年の目標というのもありませんが
一つ一つ丁寧に
そして楽しく前向きに
いろんなことに取り組めたら
いいなと思っております。

皆様にとって
2019年が素晴らしい年となることを
お祈りいたします。



いつのまに・・・。

November 02 [Fri], 2018, 19:10
いつのまにやら11月。

インスタのほうが更新楽なので
ブログサボってました。
もうやめちゃおうかなとも思うのですが
踏み切れず。

https://www.instagram.com/maki_cello/

そして車を変えました。
ミニクーパークラブマンに
乗り始めて5年。
先日車検も済んだところですが

いろいろ
いろいろ

現在の状況や
今後の状況など
もろもろ
もろもろ
考えて

買い換えることにしました。

ミニは大好きだったので
契約から納車までの1ヶ月
なんども判断誤ったかなと
思いました。

まだ全然乗れるし
次の車検まで乗っても
良かったかもしれなかったのですが

いろいろ
いろいろ
考えて。

お別れすることになりました。





















ミニは見た目に惚れて買ったし
実際運転も楽しくて
大好きだったので
本当に辛かったです。
でも大事に乗りすぎて
もうちょっと遠出すれば
良かったかなと後悔。
ただ、大事に乗ったお陰で
下取りはそこそこの値段で
取ってもらえました。

新しい車はこちら。











フランス車のプジョー208です。
オレンジパワーという色。
試乗車が白しかなく
オレンジは現物見ないで決めたのですが
落ち着いたオレンジで良かったです。

でも納車1週間で
運転席のドアにトラブルがあり
ラテンの車って!!と
思いましたが
(ミニは修理だしたの1回だけ。
しかも4年半くらいの時までトラブルなし)

それもフランス車らしいのかも。
外車に乗るっていうのは
そういうのも覚悟しないとですね。

ぷじお君は
重量もミニより軽いからか
運転も楽です。
加速は断然ミニのほうが良かったし
ハンドルも大きくて
運転してるって感覚が
大きいのが好きだったけど
ぷじおはハンドルも小さいです。

とりあえず5年で
乗り換えていくつもりでは
ありますが
それまで無事故無違反で
いけますように。

半分終わったね

July 01 [Sun], 2018, 21:40
今日から7月。
あっという間に6月が終わってしまいました。

グリが具合が悪くなって
4月・5月
そして亡くなって6月と
なんだか訳が分からないまま
過ごしていた気もします。

いろいろと
身体と精神のことを
心配してくれた生徒さんたちが
身体にいい薬膳のお店で
誕生会をしてくれました。











つらいことは多々ありますが
それでも自分は孤独だと思うことなく
乗り切れるのは

生徒さんたちや
仕事仲間や
友達や
家族が

いつも見守って
助けてくれるからだなぁと
本当にありがたく感じます。

私も誰かにとって
そういう存在になりたいし
ならねばと思う今日この頃。

6月のフェリー

June 20 [Wed], 2018, 23:41
梅雨らしい天気の中
6月の北海道行ってまいりました。

予想どうりだったけど
寒い・・・。
さすがにインナーは取りましたが
コート着ちゃいました。

行きも帰りも
200名ちょいの
お客様。

行きは団体のお客様も多く
しっかり聴いていただけた感じがしました。

お昼はやっぱり
ビストロエゼさんで。















相変わらず
美しくて
美味しいお料理でした。

来月は7月下旬の乗船で
しかも8月は上旬というか
降りて2日後?くらいに
再乗船なので
降りるのが面倒なくらい
すぐという・・・。

もうちょっと平均化を
はかりたいところですが
自分だけの問題ではないので
難しいのですねぇ・・・。

また一つ

June 11 [Mon], 2018, 18:11
長いこと更新していませんでしたが
本日また一つ歳をとりました。

毎年お花やお菓子を送ってくださる
生徒さんたち、ありがとうございます。











ちょうど2週間前
私が飼っている猫3匹のうちの1匹
「グリ」が亡くなりました。

https://www.instagram.com/maki_cello/

もともと気管支に関する持病があり
直接の原因としてはその持病の
悪化ということになると思います。

毎年冬は調子が悪く
暖かくなると少し良くなるのを
繰り返していたのですが
今年は冬が長かったからか
調子の悪い時期が続いていました。

4月の下旬に
ご飯を全く食べずに
どんどん痩せてきてしまったので
病院に通い、CTやレントゲン検査など
いろいろと手を尽くしてきたのですが
5月の28日に旅立ちました。

それでも
ご飯は食べたり食べなかったり
しながらも
時々は体調が良かったりして
体重は計るたびに減ってはいましたが
割と穏やかな日々を過ごせていたように思います。

亡くなった当日も
前日からほとんどご飯を
食べていなかったので
朝病院で補液してもらい
帰ってきてからもさほど
具合の悪いようには見えず

お昼過ぎから夕方の3時間ほど
留守にして帰ってきたら
玄関にいて
珍しいなぁと思いつつも
嬉しく感じていたのですが

ヨダレがダラダラになっていて
ウロウロと歩き回るので
再度病院に連れて行きました。
でも先生にも原因と思われることが
分からず、もしかしたらてんかんの
前兆かもということで
入院して様子を見ますかと
聞かれましたが
出来ることがないような気がして
連れて帰ってきました。

19時前くらいに帰宅してから
ずっとヨダレを流しながら
ウロウロ歩き回るので

猫部屋を締め切って
ヨダレを拭きながら
様子を見ていたのですが
何度か発作を起こし

最期に大きな発作を起こした後
息を引き取りました。

苦しい姿を見たことは
悲しかったのですが
最期の時まで側で
声をかけ
抱きしめてあげられて
本当に良かったと思います。

心から愛する存在が
目の前から消えてしまうということは
自分の一部どころか
大部分をもぎ取られる感じがして
亡くなったという事実は
頭では理解していても
心がその事実を受け入れることを
拒否しがちでした。

今でも亡くなったことは夢で
朝起きたらいつものように
私の腕の中で寝ているのではと
思う毎日です。

そしてもう1匹のチョビも
体調不良で治療をしなければ
ならない状況にあり
グリに続いてチョビも逝ってしまったら
どうしようという不安で
毎日泣き暮らしていましたが

泣き暮らしても状況が
変わるわけではないので
とにかく後悔しないように
精一杯チョビに接しようと思っています。
もちろん、ティルにも。

亡くなる日の朝。





まさかこの日に亡くなるとは
思えないぐらいの姿でした。
仕事で看取れない可能性も
大きかった中
私に看取らせてくれたグリに感謝です。

そしてその週は
音楽教室も
家のレッスンも
全く入ってなく

火葬した木曜日まで
ゆっくりゆっくり
お別れすることができました。



子猫の面倒を見るのも大好きで
我が家にくるお客さんも
大好きで、とにかく人のことも
猫のことも大好きだったグリは
たくさんの方々に愛してもらえて
とっても幸せな猫だったと思います。

そして
私もそんな素晴らしいグリと
出会えたことに感謝の気持ちしか
ありません。

もう少し長生きさせて
あげたかったとも思いますし
病院に連れて行ったり
治療をさせたことが
グリにとっては
負担だったんじゃないかと
思うこともありますが

それでも私なりに
やれることはやれたかなとも
思います。

最期まで
素敵で
かっこよくて
潔い姿を見せてくれた
グリのことを
いつも心に置いて
おきたいと思います。

生前可愛がってくださった
皆様に
心から感謝申し上げます。











よく食べた休日

April 15 [Sun], 2018, 18:30
4月前半は
泊まり仕事が続いてしまい
なんとなく忙しかったというか

あまり動きたくない自分としては
たくさん動かなければならなかったので
ちょっと疲れました。

ものすごく久しぶりの
何にもない日だったので
本当はお化粧もせず
部屋着のままで
録画したドラマを
観まくりたいところでしたが

家族サービスというものを
しなければならないのは
何もお父さんだけではなく・・・。

ということで
家族で久しぶりに
モンタナに行って来ました。







スペアリブが有名な
アメリカの家庭料理のお店です。





ミディアムのスペアリブと
チリポテト。

ピザも美味しいので
注文したかったのですが
窯の調子が悪いそうで
今はお休みしているそうです。

ミディアムサイズは
一番小さいのですが
もっと大きくても
食べられるんじゃないかと
思うぐらい
ぺろっといけます。

食後は
もう少し足を伸ばして
泉ヶ岳の麓にある
岳山珈琲に行って来ました。















ちょうどケーキが4種類あったので
4人で分け合って食べたのですが
私は断トツで
チーズケーキが美味しかった。
でも争奪戦みたいになったので
もっとゆっくり食べたかった・・・・。
(うちの母親はすごい早食い)

前回は岳山ブレンドを飲んだので
今回はイタリアンブレンドにしたのですが
こちらもとっても美味しかったです。
岳山珈琲の味は結構好み。

ブログはそんなに頻繁に
更新していませんが
インスタには
日記がわりに
頻繁に投稿しているので
最近会う人に会う人に

「いつもいいもの食べてるねー」

とか

「いつも美味しそうなの食べてるねー」

ってよく言われます。

自分で作ることには
全くの興味はないけれど
美味しいので物を食べるのは
好きです。

美味しい物をたくさん食べるには
やっぱり働くしかないので
休みないとボヤかないで
頑張るしかないですね・・・。

2018年3月・4月の乗船

April 11 [Wed], 2018, 8:30
今シーズンもフェリーのお仕事
始まりました。

3月分が31日からで
4月分が8日からだったので
間をあけずに乗ることになったので
多少疲れが残ったままでしたが

ビストロエゼさんでの
ランチを1週間に1回食べられるのは
嬉しい

3月のランチ













春を感じるお料理で
とっても美味しかったです。

春休みということもあって
お客様も割と多いほうでした。

ちょっとびっくりするような
ことがあって
個人的にはメンタルやられがちでしたが

とりあえずなんとか
乗り切れたのは
フェリーの仕事で鍛えられたから
のような気がします。

4月のランチ

















今回は
春休みも終わっているので
お客様も少なめ。

始まる5分前で
1人しかいらっしゃらないという
状況もあり・・・。

でも結果的には
そこそこの人数に
来ていただけたかなと思います。

今私が乗っているのは
一番古い「きたかみ」という船ですが

来年1月から新しいきたかみが
就航するらしく
今作っているそうです。

どうやらそのきたかみには
ラウンジショーをする場所が
ないらしく・・・。

まだ特になくなると
言われたわけではありませんが

多分、来年からは
フェリーの演奏が
なくなるんじゃないかな・・・と思われます。

私が演奏している間に
1度乗りたいと思っている生徒さん達。

もうあんまり時間がありませんよ(笑)

先日の追悼コンサート

March 14 [Wed], 2018, 22:18
先日の
東松島市震災復興伝承館で
行われた追悼ミニコンサートの
様子が地元紙の
石巻かほくに載ったそうで


お仕事いただいた事務所から
ご連絡いただきました。
主催された
東松島市商工観光課の方から


「お客様から
”昨年良かったので、
今年も来ました”


”3.11にふさわしく、今後
も続けて欲しい”といった声をいただきましたとの
御礼の声をいただきました」


と言っていただいたようで
本当にありがたい限りです。


来年またお声がかかるかは
分かりませんが
もし演奏させていただける時は


続けて来ていただいてる方を
飽きさせないような
プログラムを考えねばです。



7年目

March 11 [Sun], 2018, 17:48
震災から7年目の今日


去年に引き続き
旧野蒜駅にある
東松島震災復興伝承館での
追悼ミニコンサートで
演奏させていただきました。


去年良かったよとのお声があって
今年も依頼されたとのことで
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


去年は最後に
泣くのを我慢できなくなり
MCがボロボロになったので


今年も泣かない
自信はないなぁと思ったし
泣いてるお客様を見て
もらい泣きしそうになりましたが
なんとか踏ん張れました。


お天気も良くて
海も綺麗で
気持ちのいい道中だけど
やっぱり悲しくて。


通常のコンサートと違って
追悼コンサートなので
選曲もMCも
いろいろ悩みましたが


これはダメかも
あれは言ってはいけないかもと
あまり悩みすぎるより
自分たちの気持ちを伝えられる
演奏をしようと
思って弾いてきました。


スタッフの方も
お客様も
とてもあたたかくて
嬉しかったです。


つい昨日のことすら
忘れるようになっていますが
やはり7年前のあの日のことは
瞬時に全てを思い出せるくらい
強烈なトラウマとして
残っています。


私でさえそうなのだから
沿岸部の方達の苦しみは
計り知れないと思います。


そんな方達を前に
何を話したらいいのか?

自分の演奏で
人を癒せるなんて
つゆとも思わないけれど

毎年
年が明けて
1月2月
そして3月に入ると
ますます心がぞわぞわして
落ち着かない日々になるので


音楽を聴いてる時くらいは
リラックスしてほしいなぁという
気持ちだけです。


演奏の後は
塩竈の翠松亭で
海鮮ランチ。






クレオバンテールで
藻塩チョコなども買って






ニャンたちと過ごせる
幸せを噛みしめました。














ボラ友さんが
わざわざ聴きにきてくれて
可愛い差し入れもいただきました。






来年も是非と
おっしゃっていただけて
嬉しかったです。





発表会

February 12 [Mon], 2018, 11:13
2月に入ってから
すでに12日も経過...。


3日に今年の発表会を終えて
なんだか気が抜けた毎日です。
気が抜けるとこういうことやります。






左の指先って!!!


発表会終わると
ホッとする反面
いろんな思いが
噴き出てきて
終わってからの方が
精神的に疲れてるかも。


でも生徒の皆さんは
この日に向けて
よく頑張ったと思います。


日頃のチェロに向かう姿勢が
もろに反映されたなぁという
感想です。


それは間違ったとか
間違わなかったとか
そういう問題ではなくて。


ものすごく
一生懸命練習して
頑張ってるなぁと思ってる人でも
もちろん本番はものすごく
緊張するし


練習ではやったことのないような
ミスをしたりします。
でもそれは当たり前。
(私だって間違う)
間違わなかったら
いい演奏かと言ったら
そうとも限らないし。


でもそれまでの
取り組み方は
確実に演奏に反映するなぁと
自分への自戒も込めて
思いました。


人に指導するって
ホントに難しい。



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:makicello
  • 性別:女性
  • 誕生日:6月11日
  • 血液型:A型
  • 現住所:宮城県
  • 趣味:
    ・映画
    ・読書
読者になる
仙台で活動中のチェロ弾きです アイリッシュ音楽が大好きで いろいろと民族楽器に手を出しては一人楽しんでます
2018年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
makicello
» 2018年大晦日 (2019年01月01日)
錨猫
» 2018年大晦日 (2019年01月01日)
makicello
» お盆休みは食道楽 (2017年08月23日)
錨猫
» お盆休みは食道楽 (2017年08月23日)
makicello
» お盆休みは食道楽 (2017年08月23日)
錨猫
» お盆休みは食道楽 (2017年08月23日)
makicello
» 今年も晴れました (2017年06月12日)
錨猫
» 今年も晴れました (2017年06月12日)
makicello
» 5月の乗船 (2017年05月29日)
ファームゴッホitо
» 5月の乗船 (2017年05月28日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE