ギョレメ・パノラマ

2011年10月10日(月) 23時53分
崖の上から、岩々を眺めることができる絶景ポイント。



土産物屋のランプが空に映えてきれい。

そして、ここトルコでは至るところで
ザクロジュースを見かけます。


さっそくトライ。
甘酸っぱくて、疲れた体にはピッタリでした。


ギョレメ野外博物館 

2011年10月10日(月) 23時50分
ランチの後はギョレメ野外博物館へ。
いくつもある石の建物は、キリスト教徒たちがつくり、
そこに隠れ住んだ教会や修道院、住居。




それぞれの教会ごとに異なるフレスコ画を
見ることができます。

「暗闇の教会」と呼ばれる「カランルク・キリセ」は
別料金(8TL)ですが、フレスコ画の保存状態が
特に良好なので一見の価値あり。

いずれの建物にも、
暗号のようなマークがいくつも描かれ、
迫害された人々が、それでも必死に
信仰を守ろうとした様子がうかがえます。

2日めのランチ

2011年10月10日(月) 1時40分
2日めのランチは、ビュッフェ形式のお店へ。


トルコ料理がいっぱい!
で、嬉しくなってあれこれ盛ってみる。




右側のコーヒーは、上澄みを飲むトルココーヒー。
かなりドロンとした沈殿物が残ります。

アヴァノスの陶器工房

2011年10月10日(月) 0時57分
今日もアヴァノスの街へ。
昨日は絨毯、今日は陶器の工房を見学。

「シェ・ガリップ」は、ガイドブックにも
そのお顔がよく出ている、ガリップ氏の工房。
足で回す「ろくろ」や、
絵付けの実演を見ることができます。




で、今日もまた日本語で売り込みされました。
お皿はちょっと欲しいかもと思っていたので、
まんまと(?)引っかかり数枚購入。

キノコ岩

2011年10月10日(月) 0時46分
パジャバー地区には、これまた不思議な岩がいっぱい。
にょきっと伸びた岩の上に、
帽子のような小さな岩がちょこんと乗っている。
確かにキノコそっくり。


近くにラクダがいました。
バフッと草や水をすごい勢いで飛ばすので
なかなかそばに近寄りがたかった。

トルコアイス

2011年10月10日(月) 0時40分
トルコ来たら、やっぱりこれ食べないと。
そう、のび〜るトルコアイス。



むこうに見えるはキノコ岩。

ラクダ岩

2011年10月10日(月) 0時26分
1日めはカッパドキアの南部をまわるツアー。
そして、2日めは北部をまわります。

まずはデヴレントバレーへ。
いろいろな形をした岩を見ながらハイキング。
何に見えるかは各人の想像力次第。



これは誰が見てもラクダだ!

2日めの朝食

2011年10月10日(月) 0時15分
バルーンツアーから戻った後、
2日めツアーのお迎えまであまり時間がなく、
あわてて朝食をとる。

でもオムレツは焼いてもらった!

2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
プロフィール
名前
まきまき
好きなこと&もの
映画鑑賞・小さいおもちゃ・イラスト(見るの大好き、描くのはマダマダ)・惰眠をむさぼること
家族
ダンナ1匹
https://yaplog.jp/maki-2/index1_0.rdf