サマータイムマシンブルース

2005年09月16日(金) 23時42分
今日は今年52本目の映画「サマータイムマシンブルース」を見る。
劇団ヨーロッパ企画の舞台を、本広克行監督が映画化した作品。

 簡単なものがたり(公式HPより)
マジに暑すぎる夏、とある大学の「SF研究会」部室。
SF研究などせずぐったりと夏休みを過ごす5人の男子学生と、2人の女性写真部員。
前日にクーラーのリモコンが壊れて猛暑に悩まされるなか、ふと見ると部屋の隅に突然タイムマシンが!!!!
「ためしに昨日に帰って壊れる前のリモコン取ってこよう」と軽い気持ちで乗ってみたら、さぁ大変。
想像もつかないような事態が次々と巻き起こって…

タイムマシンなどというスゴイ道具を、非常に日常的な些細な目的のために使いまくる設定がすでに笑えるが、とにかく全編に笑いの小技が効いていて、ずっと口元緩みっぱなしになってしまった。

私は元ネタの劇は見ていないけど、おそらく舞台という限られた空間で繰り広げられる演劇の世界と、とにかくあちらこちらに伏線を張りめぐらし、異様なほどに小道具や設定に情熱をかける本広監督×ROBOTの世界とが、本当にうまく融合しているように思う。

…詰まるところ、私はこの映画大好きだなぁ。

最近の私の注目株上野樹里はやっぱりいいけど、今までドラマで見ても何とも思わなかった瑛太が、今回かなり好印象。
まぁ、周りを劇団俳優に固められた分、瑛太のフツウっぽさが、うまく際立って入るのかも知れないが。

私のポリシーは「本広監督×ROBOT作品のパンフレットは必ず買う」なのだが、今回も買ってみて大正解。
さすが、読み応えあります
それにエンドロールで「え出てたっけ」と気になった升毅のヒミツは、やはりパンフレットを読まねば、絶対に分からなかった…。

このパンフレット片手に、もう一度映画を見たいなぁ。
  • URL:https://yaplog.jp/maki-2/archive/327
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
まきまき
あーちゃん
TBありがとうございました。
あーちゃんの記事、いつもたくさん書かれててすごいなーと感心するばかりで、結局手抜き記事ばかりのワタクシです。
これからもお邪魔させていただきますねー。
2005年10月05日(水) 2時44分
こんにちは。すっかりTBをしていたと思っていたら、・・・されていなかったため、今更ながらTBさせていただきま〜す<(_ _*)>
2005年10月03日(月) 15時30分
2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
プロフィール
名前
まきまき
好きなこと&もの
映画鑑賞・小さいおもちゃ・イラスト(見るの大好き、描くのはマダマダ)・惰眠をむさぼること
家族
ダンナ1匹
https://yaplog.jp/maki-2/index1_0.rdf