次亜塩素酸 PPM
2009.12.18 [Fri] 07:18

となっている
「じゃ〜次亜塩素酸ナトリウムはどこでてにいれるの?」ってなりますよね
別のサイトを確認すると・・・
of
be
ppm
次亜塩素酸 PPMの紹介ページ
demonstrated
次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm/10分浸漬、拭き取りの場合は500〜1000ppm)が有効です
in

【備えあれば】新型インフルエンザ備蓄スレ17【憂いなし】(1〜)
http://h5n1.blog27.fc2.com/blog-entry-359.html

キッチンハイター(次亜塩素酸ナトリウム
laboratory
★今、医療費の高騰による各施設での経費削減が叫ばれるなかでありながら
1000ppmという
の中身が次亜塩素酸ナトリウムなんです
6%)
実際、次亜塩素酸ナトリウムによる30分以上の浸漬か、加熱以外では不活性化させる事がほぼ不可能らしい
(嘔吐物等の処理は、乾燥させないようにしながら、次亜塩素酸ナトリウムで消毒し、使用したペーパータオルなどはビニール
(ハイターとか
塩素系の漂白剤だから、絶対に酸性のものと混ぜないでくださいね
the
ということらしい
minimum
その上をペーパータオルで覆い、塩素濃度200ppm以上の次亜塩素酸ナトリウム水溶液をスプレーして浸し、30分以上放置
concentration
ピューラックス(次亜塩素酸ナトリウム
been
キッチンハイターなどの塩素系漂白剤
has
この場合のトイレブラシにはベッドパンウオッシャー(90度1分間)を使用するか、100ppm次亜塩素酸ナトリウム(一時間)浸漬)や0.1%界面活性剤(30分浸漬)で対応すべきなのです
5〜6%)