「どちらが勝ちか」

August 26 [Fri], 2016, 0:29
「次の一手」問題よりも難しいが、題材が終盤が多く、どこかに詰将棋の遠縁の香がするのが「どちらが勝ちか」だ。

昔は「詰碁」問題で、手番のみの指定で結果を求める問題があった。
どちらが勝ちに、「コウ」と「セキ」が加わるので、難しすぎる。


同様に将棋の「次の一手」の発展形にも見える「どちらが勝ちか」も概ねは難し過ぎる。

だが、「打歩詰」や「不成」を取り入れた創作問題に限れば、「詰将棋」の香が満ちる。
1問に「詰将棋」が2題入っている感もある。

実戦とは違ったものに惹かれるのが「詰将棋」に入りこみ過ぎた者の習性だろうかと思う。


第694番と歩の舞




さくいは、 2016/09/19 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2016/08/02 の作意(スクロール)

1七歩・同と・2五銀・同玉・2六銀・同玉・3八桂・3六玉・2五銀・同玉・2六香・1五玉・1六歩・同玉・2五銀・1五玉・1六歩・同と・2四銀 まで19手詰


詰みのある次の一手

August 20 [Sat], 2016, 1:02
「次の一手」問題は形勢が互角に近いと、難しい。

逆に作り狙った次の一手は、詰将棋はするが指将棋は観るだけの人でも、判る事が多い。
詰将棋では、狙いのある作品ほどに「詰将棋のルールや知識」を利用して解ける可能性がある事と似ている。
それ故に難解・詰めにくさと、作品評価は異なる。

そして、「詰みのある次の一手」問題がある。
選択式なら影響は少ないが、そうでないと詰将棋なら簡単なレベルでも、詰ませられない事は多い。

「詰みのある次の一手」は詰将棋とは別のジャンルと考えた方が良いだろう。


第693番続小駒の舞




作意は、 2016/09/13 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2016/07/27 の作意(スクロール)

2四香・1一玉・1三香・1二歩合・同香成(非限定)・同玉・2三角成・2一玉・3二角・1一玉・1二馬・同玉・1三歩・同玉・2三角成 まで15手詰

筋を憶える詰将棋

August 14 [Sun], 2016, 0:52
超短編詰将棋には、2種類あるようだ。

ひとつは普通の詰将棋だ、短いながらも解かすのを拒否する部分を含む。
自然であり、過去から続くが変化・紛れ・無駄合いに頼ると実手数(作意ではなく、変化の最長手数)を遙かに超える。

無駄合いかどうかを読み切ると2桁手数も多い。
当然に、難しい。

もうひとつは、解を求めるのでなく、詰将棋の筋を憶える目的の作だ。
解かすのが目的の作から見れば、簡単過ぎるだろうが作図には全く異なる経験が必要だ。

詰将棋と同じ名称で呼ぶのがふさわしいかも問題だ。

そして大抵は、2つに別けると中間が生まれる。



第692番13手詰




作意は、 2016/09/07 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2016/07/21 の作意(スクロール)

1一歩成・同玉・2三桂・2一玉・2二歩・同玉・3一角・2一玉・2二歩・1二玉・1一桂成・同玉・1二歩・同玉・1三歩・1一玉・2一歩成・同玉・1二歩成・同玉・1三と・2一玉・2二と まで23手詰

超短編作の個展

August 08 [Mon], 2016, 0:35

「詰パラ」8月号には、何度目かの野村氏の「超短編作の個展」が掲載されている。

少ない駒数の超短編作の作図は難しい。

手が狭いので、難しさは追わないが、もし第一勘の手を外せれば成功だ。

いわゆる「秒殺」は「第一勘=作意」の事で、それが悪い訳でないが、それが外されると感心する。

「少ない駒数の超短編作の個展」は個人的に大歓迎だが、作品のレベル維持は予想以上に難しい筈だ。


第691番続小駒の舞




作意は、 2016/09/01 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2016/07/15 の作意(スクロール)

6二銀・同玉・5四桂・同金・5二金・7一玉・6一金・同銀・6二銀・同玉・5二金・同銀・7一角・7二玉・5二竜・7一玉・8二銀 まで17手詰


詰将棋の師匠と大道棋

August 02 [Tue], 2016, 0:46
8月最初は本館の定期更新。
更新数は、毎月と同じで、時々まとめて見ても充分な数だ。
月1度が良い程度だ。


前にも書いたが、私に詰将棋の師匠があるとすれば、詰パラ誌の検討担当の後藤(玉出)氏だ。

ただ、大道棋に関してだけは、矢場(首)氏とも言える。
大道棋は難し過ぎて、独学は検討違いに行ってしまいがちだ。

その矢場氏等を中心に少数の担当者で行われていて、今は廃止の大道棋教室が部分的に復活するらしく、楽しみだ。

超難解作だけでなく、初心向けも見たいが、コンピュータで解くとたぶん楽しめないだろうと思う。


第690番無掛の舞




作意は 2016/08/26 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2016/07/09 の作意(スクロール)

3三桂打・同金・2二金・同金・3三桂左不成・同金・1二歩成・同銀・2二金・同玉・3三と・1一玉・2二金 まで13手詰


2016年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像EOG
» 市松は大型曲詰が主流か? (2019年05月19日)
アイコン画像通り
» 「古図式のウラ・オモテ(立体)曲詰」 (2019年03月08日)
アイコン画像神奈川の庶民
» 2万局 (2016年05月23日)
アイコン画像小樽商科大学の囲碁・将棋サークル
» 柿木将棋フラッシュ版 (2014年05月28日)
アイコン画像僧侶
» 鳥越九郎氏死去 (2013年08月16日)
アイコン画像幻想咲花
» 最終手余詰の変化のある合駒について (2013年07月27日)
アイコン画像とおりすがり
» 伝統詰将棋のフェアリー駒・「合」 (2013年07月19日)
アイコン画像僧侶
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像田原
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mai_2rd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる