玉の盤面配置位置

August 26 [Wed], 2015, 0:20
江戸時代の作品は、玉の配置が盤面の殆どの位置にある。
作品集の全格配置は多くはないが、玉の配置位置は全面だ。

実戦形とかの下段玉中心になるのは、時代的には新しい。
ただ、部分図掲載と言う制約がないと自然に元の自由さに戻る。

かくて、入玉・中段玉が反発的に増えた。

人間は飽きる性格があるので、入玉・中段玉形を作り過ぎると、下段玉ばかりに戻る事もある。
根拠も理論もなく、ただ若い頃に下段玉やシンプルな手筋物に触れる期間が短か過ぎただけで、ある時から下段玉やシンプルな手筋物を作る事もある。


第632番と歩の舞



作為は、 2015/09/19 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2015/08/02 の作意(スクロール)

2三角成・同玉・2二飛成(非限定)・同玉・3三金・1一玉・1二歩成・同玉・1六飛・2一玉・1三桂不成・1二玉・2一桂成・同玉・2六飛・1二玉・2二飛成 まで 17手詰

江戸時代の作品

August 20 [Thu], 2015, 1:15
江戸時代は「無双」「図巧」中心にかなりの手筋の「一番星」だ。
明治以降が「一番星」になるのは、シンプルでない理論展開が複雑なものが増えそうだ。
短編作家は、なかなか古図式は並べても繰り返し研究とはしない傾向がある。

短編に関しては、昭和に入ってからの作品の方が勉強になりやすい理由からだ。
特に、無理作りより簡素とか手触りとか・・意識が変わった事が大きい。

中編・長編は判らないが、古図式は詳しい人には中編・長編を作る人の名を見かける。

短編作家も江戸時代の作品をじっくり見直す時代なのかも知れないと思う。


第630番:5手詰−45



第631番:5手詰−46



作意は、 2015/09/13 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2015/07/27 の作意(スクロール)

2二銀・同玉・1一銀不成・1三玉・2二銀不成・同玉・1四桂・1三玉・1二金・同玉・1一桂成・1三玉・1二成桂・同玉・2三金・2一玉・2二金 まで 17手詰

うれしい、ネットでの詳細解説

August 14 [Fri], 2015, 0:54
作品の狙いやメカニズム、(傷も含む)等は少ない解説スペースでは書き切れない事は
あきらかだ。
解けない者が手順と変化を、コンピュータ将棋ソフトを駆使して詳細を調べるのは、2つの場合しかない。
1:昔に同人作家として看寿賞の投票権を持っていた時
2:作品の検討を依頼された時  だ。

詳細に調べると、プラスもマイナスも解説で触れられない発見は有る。

最近は、一部の単行本に詳細解説が載る事もある。

それとは別に、ネットのブログ等に詳細解説を載せる人がいる。
実にありがたい、分量に制限がほぼないのでかなり内容は深い。

これはマニアの世界と見るのが多いだろう、だが詰将棋初心者でも理解を目指したものだとも言える。(勿論興味がある事は前提だが)

提供者にはひたすら感謝だ。


第629番素描の舞



作意は、 2015/06/07 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2015/07/21 の作意(スクロール)

1四銀・同玉・2四金・同と・1五香・同玉・2五金 まで 7手詰

看寿賞特別賞の対象

August 08 [Sat], 2015, 0:11

看寿賞特別賞の対象は、他の3賞以外で特別なものとなるが、これでは個人の選考の差が大きく票を集めての受賞は、他の3賞より難しく感じる。

投票制では、良否以外で意見が別れるのはかなり致命的だ。

たぶん、選考委員で最も印象は別れるのではないかと推測する。

そもそも、特別賞は他の3賞とイコールなのか、劣るのか。
同時受賞は可能なのか(今の投票では無理と思う)


第628番続小駒の舞



作意は、 2015/09/01 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2015/07/15 の作意(スクロール)

3三桂不成・同歩・4三馬・2二玉・3三歩成・同桂・3二馬・1一玉・3三馬・2二金合・1二歩・2一玉・3二桂成・同金・1一歩成・3一玉・4三桂・同金・3二歩・4一玉・5一歩成 まで 21手詰

ブログも色々

August 02 [Sun], 2015, 1:04
月初めの本館の定期更新です。
実質は表紙作品の更新ぐらいです。
別館が壊れた時のバックアップ的な、移転・追加作業とも言えます。
ブログ系は、色々と壊れやすい。

ブログを書いている人も増えつつある。
私の様にひたすら「詰将棋」関係もある。
他の事は、異なるブログ・サイトに書けば良いと思っている。
複数のテーマ・カテゴリの1つが「詰将棋」の人もいる。
「将棋」カテゴリの人と、「指将棋」と「詰将棋」に分けている人もいる。
突然に、「将棋」が出て来る人は大抵はどこかに、間違いが書かれている。

間違いも同等に広がる可能性があるのがネットの宿命だ。

第627番17手詰



作意は、 2015/08/26 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2015/07/09 の作意(スクロール)

2二香・1一玉・1二歩・同玉・2三金・1一玉・2一香成・同玉・3二歩成・1一玉・2二と まで 11手詰
2015年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像EOG
» 市松は大型曲詰が主流か? (2019年05月19日)
アイコン画像通り
» 「古図式のウラ・オモテ(立体)曲詰」 (2019年03月08日)
アイコン画像神奈川の庶民
» 2万局 (2016年05月23日)
アイコン画像小樽商科大学の囲碁・将棋サークル
» 柿木将棋フラッシュ版 (2014年05月28日)
アイコン画像僧侶
» 鳥越九郎氏死去 (2013年08月16日)
アイコン画像幻想咲花
» 最終手余詰の変化のある合駒について (2013年07月27日)
アイコン画像とおりすがり
» 伝統詰将棋のフェアリー駒・「合」 (2013年07月19日)
アイコン画像僧侶
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像田原
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mai_2rd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる