灰色の風景

November 26 [Fri], 2010, 9:35
規約論議は、おおかたは避けていますが、こつこつと研究していたのが川崎弘氏です。
私は、著書「北斗」をよく読んでいます。
その結論は、「簡単に矛盾なくまとめるのは無理」です。
通念をどのように扱うのかの方向性が最低は必要との意見です。
そして、完全に白の作品の定義もしていますが、作者の立場では無理です。
従って、それから外れる程度でペナルティを与えるという考えです。
「黒か白かではなく、灰色の作品の線引きを考える」方向も案としてあるとしています。
誰もが納得するルールは無理のようです。
手数制限なしの原型復帰型の無駄合についても早くから言及しています。
「北斗」に掲載され、昭和53年に書かれたという評論にも、この無駄合の例を挙げています。

これは、3九角に2八歩合とすると同角・1六玉(2七玉も類似変化)・1七歩・2七玉・3九角・2八歩合・同飛・1七玉・2九飛で、元に戻り持駒が1歩増えています。
無駄合とするならば、3手詰です。
詰パラ11月号結果発表の大院の長編と内容的には同じです。
個人意見は、通念でも矛盾は多いから、新たに矛盾を広げる事は避けるべきと思います。
ただ、有言不実行だから説得力は全くありません。
白とか白に近い灰色の意見の人を説得する気はありませんが、愛好家の1人として通念の一つの意見として、私は黒=変化長手数の不完全と思います。

第318番無掛の舞

作意は、 2010/12/20 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2010/11/02 の作意(スクロール)

作意
3三金・同玉・2二角・2三玉・1二銀・同香・3三角成・同玉・1一角・2三玉・2二角成 まで11手詰

パソコン・ダウンで大騒ぎ

November 20 [Sat], 2010, 18:45
忘れた頃に起こるのが、パソコンのダウンです。
色々と対策は進歩しましたが、その分復旧させますから、完全に動作できなくなった時はパニック状態です。
データ量が急増していますから、バックアップも大変ですしそれをリストアするのも同様です。
OSが変わっており、64ビットになっています。
ソフトの動作は、動かしてみないと分からないと言われました。
いつもは、柿木将棋8で記憶させておいて、柿木棋譜管理で画像データを作っていますが当然ながらまだデータは復旧していません。
幸い、柿木将棋8と柿木棋譜管理はインストールできて動作したので、創作ノートを見ながら必要なものを入力しています。
頼りになるのは、ノートのメモの色々な情報です。

第317番9手詰

作意は、 2010/12/14 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2010/10/27 の作意(スクロール)

作意
1二銀・同玉・2四桂・同馬・2一銀・同玉・2二銀・1二玉・1一銀成 まで9手詰

日めくり詰将棋

November 14 [Sun], 2010, 0:10
日めくり詰将棋といえば、短い作品を毎日解くカレンダーで、LPSAから発行されています。
もうひとつ、同様かより易しいのが「日本将棋連盟モバイル」のコンテンツの一つの毎日1題の詰将棋です。
ほとんどが、3−5手で易しいですが、サブコンテンツだから丁度良いでしょう。
と、言うわけで対応機種の拡大で、上記が見られる様になりました。
ipadのwifiだから、固定通信費で快適です。
そして、標準のブラウザのサファリが、フラッシュ・ジャバ未対応ですので、ネット上の動く将棋盤は見られないという事になります。
パソコンを動かしておいて、ipadからコントロールするアプリならば見られますが、それはモバイル用途です。

第316番単騎の舞

作意は、 2010/12/08 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2010/10/21 の作意(スクロール)

作意
8四飛・9三玉・9四飛・同玉・9三飛 まで5手詰

初形4金配置等+小駒図式

November 08 [Mon], 2010, 0:45
4金詰めから4香詰めまでのあぶりだしは、多くとはいえないまでもそこそこの数は作られています。
そこで、逆に初形に4枚並ぶ作品をぼちぼち作っています。
2X2を作り、現在4枚並びです。
思いついたものから、縦並び・横並び混ぜて作っています。
ついでに好きな小駒図式にしています。
縦の4金並びは、既に「弧王の舞」で作っていたので省く予定でしたが、より短く作ろうとしましたが発想が無く類似局から離れられません。
手数を短くしようとすると、発想を広げられない様に思います。

詰めパラ11月号読み始める。
結果発表に理解しにくいものがあります。
変化長に関する事ですが、勘違いかもしれないのでゆっくり読みます。

第315番続小駒の舞

作意は、 2010/12/02 へ(スクロール)
初形で縦の4金並びは、弧王の舞・第99番にありシンプルな形では異なる表現がうかばなかったです。
本局はより簡素にしただけで、同一局と言えます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2010/10/15 の作意(スクロール)

作意
4一龍・2二玉・1三と・同玉・1一龍・1二飛合・3一角・2三玉・2二角成・同飛・1五桂・3二玉・4一龍 まで13手。

初形に復元出来るかも知れないが、図形・文字にはなりそうもないです。

コンピュータ将棋のハードウエア

November 02 [Tue], 2010, 0:23
11/1に、本館の定期更新です。
表紙新題は、連続して小駒無仕掛です。
大台(100題)までは、やや急ぎ足。
後はぼつぼつで、小駒図式もぼつぼつで、飛と角を忘れないようの短い手数の手筋物もぼつぼつの予定です。

コンピュータ将棋が詰将棋を簡単に解くようになってかなりたちます。
指将棋もかなり強くなったらしいです。
清水女流と対戦した、「あから」のハードウエアを見るとこれはまさしくコンピュータで、パソコンではありません。
最初に思うのは、このハードで詰将棋はどの程度、早くかつ精度よく解くのかという事です。
ただし研究は研究であり、一定の目標レベルに達するとその後の発展は費用対効果になります。
詰将棋を解く事に巨大ハードウエアを使用する目的は、費用対効果的になさそうに思えます。
パソコン用ソフトなら需要と合うのでしょう。

第314番11手詰

作意は、 2010/11/26 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2010/10/09 の作意(スクロール)

作意
4三と左・同香・3三歩・同桂・2三と左・同歩・2二と・同玉・4二竜・3二歩・1二と・同玉・3二竜・1一玉・3一竜・1二玉・1三歩・同玉・1一竜 まで19手。

2010年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像EOG
» 市松は大型曲詰が主流か? (2019年05月19日)
アイコン画像通り
» 「古図式のウラ・オモテ(立体)曲詰」 (2019年03月08日)
アイコン画像神奈川の庶民
» 2万局 (2016年05月23日)
アイコン画像小樽商科大学の囲碁・将棋サークル
» 柿木将棋フラッシュ版 (2014年05月28日)
アイコン画像僧侶
» 鳥越九郎氏死去 (2013年08月16日)
アイコン画像幻想咲花
» 最終手余詰の変化のある合駒について (2013年07月27日)
アイコン画像とおりすがり
» 伝統詰将棋のフェアリー駒・「合」 (2013年07月19日)
アイコン画像僧侶
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像田原
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mai_2rd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる