収束3手の限定に不慣れ

February 26 [Tue], 2008, 17:21
詰将棋のルールでは、収束3手目に対しての玉方応手の変化同手数は不問になっています。
長年、順算的に作品を作っていると無事に着地させるのが結構苦労するので、この部分をほとんど気にしていません。
しかし詰め上がりの形や条件を重視するときは、これは無視できません。
あぶり出し作品や、一部の逆算作品では、この部分が巧妙に限定されています。
詰め上がり条件作品を作ろうとしたら、逆算技術よりもむしろ、収束限定技術が重要と感じています。
ほとんどの人はあたりまえでしょうが、収束からの逆算をほとんど経験していないと今になって色々なあぶり出し作品を見て勉強中です。
第149番:9手

作意は、2008/03/21 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/02/02 の作意(スクロール)
作意
6二飛・同金・同龍・同玉・4四角・5三銀合・5四桂・5二玉・6一角・4一玉・4二金・同銀・同桂成・同玉・3四桂・3二玉・2二角成・4一玉・4二銀 まで19手詰

「将棋世界誌・詰将棋サロンの優秀作発表」が、「近将・塚田賞」「パラ・半期賞」よりメジャーになる日・・?。

February 20 [Wed], 2008, 16:32
もともと「パラの半期賞発表」は選考が選者ひとりでもあり地味ですが、ページ数などはかなり変動しています。
「近将・塚田賞」は最近はいつあるのか、あったのか分からない目立たない存在になっていると感じます。
これに比べると、「将世・詰将棋サロンの優秀作選考と発表」が最近は定期的でページ数的にも選考内容もはっきりして勢いを感じます。
注目度があがると投稿作品の質・数もあがる事が期待できます。
短編で特殊な内容でない作品は「将世・詰将棋サロン」が注目になりそうです。
2007年優秀作の妻木氏は作品のどれが一番良いかは非常に難しいですが・・。
第148番素描の舞

作意は、2008/03/15 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/01/27 の作意(スクロール)
作意
2五桂・2三玉・3三飛・2二玉・2三歩・2一玉・1三桂不成・1二玉・3二飛成・1三玉・2二龍 まで11手詰

双玉の逆王手・実戦の逆王手

February 14 [Thu], 2008, 17:16
単騎詰は、個人的には作図感覚がない世界なので少なくても自分だけは楽しめそうです。
手数が短い作図がどうなのかは疑問ですが。
現在はやりの「双玉」も同様です。
過去に作図歴がありますが、逆王手に拘りすぎてバランス的にどうか疑問でした。
でもそれ以外に意味が見つけにくいので、距離が離れている状態です。
最近はプロ棋戦をネットで見る機会が多くなりました。
終盤の玉頭戦ではしばしば、逆王手の筋が出てくるので、プロや実戦派の方が得意かもしれません。
2/13の棋王戦第1局の角合い逆王手にはびっくりしました。
先手玉の位置を忘れていて、後手玉が即詰と思ってしまいました。
第147番単騎詰

作意は、 2008/03/09 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/01/21 の作意(スクロール)
作意
3一銀・同玉・4一金・同玉・5一と・3一玉・3二龍・同玉・4一角・2二玉・3一銀・1二玉・2四桂・同歩・2三金 まで15手詰

柿木将棋8が解かない?。

February 08 [Fri], 2008, 18:12
詰め上がり、単騎詰(スーパー詰将棋)を実際に作ろうとしています。
まずは可能性のないものの削除からです。
可能なのは、飛・龍・馬でしょう。
角は意外と3手詰が最長で発展性もなく詰め上がりも同じになりそうです。
桂は単騎詰といえるかどうか?。不動玉の5手詰です。
香も3手詰が最長と思います。
はじめの頃の煙詰と同様に、収束3手前の歩打ちに玉が逃げる変同が認められるならば、手数は伸びますが意味はないですね。
それにしても、29龍・18香・17玉の詰め方が煙詰として収束が問題視されなかった時代ははるか遠くに感じます。
収束条件作の変化での乱れは、罪が重いです。
単騎詰も、大抵は柿木将棋にかけても問題がないのですが、香単騎のみが「不詰」になりました。
3手詰を自分が見落としているとも思えず、図面を掲載します。(146番)
単騎詰の短編は無理として中編レベルで、作っていくかは微妙です。
もうひとつのテーマ、立体復元曲詰は40年間目標になっている作品に達する見込みが全くないので停滞ですが、直ぐに素材がみつからないテーマなので、超ゆっくり考えます。(村山隆治著:「詰将棋教室」P.241の原広路作)私にとっては奇跡的で大好きな作品です。
第145番無掛の舞

作意は、 2008/03/03  へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
第146番:単騎詰

作意 1七歩・同玉・1九香 まで3手
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/01/15 の作意(スクロール)
作意
1二金・同玉・1四香・1三歩合・同香成・1四歩・同玉・1六香・1五桂・2六桂・2三玉・1三金・同玉・1五香・2三玉・1三香成・同玉・1四香・2三玉・1五桂 まで21手詰

感覚を変えるには、慣れるが一番?。

February 02 [Sat], 2008, 18:17
見たときに興味がないと、たいてい忘れています。
詰め上がり、単騎詰(スーパー詰将棋)を作ろうとしていますが、迂回や変同が直ぐに発生し、しかも簡単な別詰が全く見えません。
長編経験も少ないので、受け方の持駒制限状態になれていません。
いざ調べるとなると、結構見あたらないです。
感覚的に全く異なる世界のようです。
いくつか作って見ないと慣れないようです。
一番心配なのは、類型ですがたぶん避けにくいまで作られているかもしれません。
2/1・本館定期更新。落城の舞は終わり?。
第144番落城の舞(?)

作意は、 2008/02/26 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/01/09 の作意(スクロール)
作意
2七銀・同玉・3七金・1八玉・2七銀・2九玉・3八銀・1八玉・2九金・同歩成・2七銀・2八玉・3八金・1七玉・1八香 まで15手詰
2008年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像EOG
» 市松は大型曲詰が主流か? (2019年05月19日)
アイコン画像通り
» 「古図式のウラ・オモテ(立体)曲詰」 (2019年03月08日)
アイコン画像神奈川の庶民
» 2万局 (2016年05月23日)
アイコン画像小樽商科大学の囲碁・将棋サークル
» 柿木将棋フラッシュ版 (2014年05月28日)
アイコン画像僧侶
» 鳥越九郎氏死去 (2013年08月16日)
アイコン画像幻想咲花
» 最終手余詰の変化のある合駒について (2013年07月27日)
アイコン画像とおりすがり
» 伝統詰将棋のフェアリー駒・「合」 (2013年07月19日)
アイコン画像僧侶
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像田原
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mai_2rd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる