8三の地点の空いた穴熊

April 30 [Mon], 2007, 2:03
かなり前の創棋会で「穴熊崩し」のテーマがありました。集まった作品を見ると、8三(2三)の地点が空いた作品が多かった事を憶えています。やって見ると、確かに崩しやすいですが、駒交換が続くのでなかなか詰将棋になり難かったです。
5/1−2くらいに定例の「本館」の更新です。表紙はこの頭の空いた穴熊の予定ですが、収束に問題あり変化長にするか、余詰的なキズ??にするかという苦しい選択が残ったままです。
パラ5月号到着、「落花」は前に書いた通りですが、データベースの間違いにびっくりしました。(今現在、使用可能状態にしていない)他にもあるかもしれません。

第97番純と歩図式

作意は、2007/05/19 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−
2007/04/09 の作意(スクロール)
2二銀・同玉・1一銀・同玉・1二香・同玉・2四桂・同歩・1一金・同玉・2三桂・1二玉・2二金・同玉・1一銀・2三玉・2二金 まで17手詰

商用?

April 25 [Wed], 2007, 1:55
ネットでウエブサイトを開く時に、サーバやブログを借ります。その中には商用禁止のものがあります。(現実は違反は多いが)
無料サイトの多くはそれに該当します。本館のソネットのuppは商用禁止です。
商用とは結構あいまいですが、詰パラ誌の勧誘目的の無償配布は商用かどうかはいわゆるグレーゾーンです。
私は、自身個人の作品集の広告も載せていないぐらい敏感な経歴の持ち主なので控えていますが、詰将棋愛好者はおおらかな人が多いので気にするのは私ぐらいか?。

急激に双玉が増えているように思います。古いと言われている綿貫規約では、双玉は除かれているので、双玉は規約が全くありません。どうなるのか・・。本当におおらかな人のあつまりです。別の見方では、排他的ともとられかねません。

第96番小駒無仕掛け図式

変化長あります。
作意は、2007/05/14 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−
2007/04/04 の作意(スクロール)
1四飛・1三角合・1一飛・同玉・1三飛成・1二金合・2一歩成・同玉・3二角・同玉・1二龍・4三玉・3二龍・同玉・3三金・2一玉・2二金 まで 17手詰

何故、詰将棋は誤解されるのだろう?

April 20 [Fri], 2007, 17:43
あちこちに詰将棋の小品が懸賞出題されるようになると、いわゆる「指将棋のみ派」からの誤解が多く発生する。
1:「何故、余詰があると駄目なのか?」、2:「芸術性がどうこうらしい」、3:「実戦そのままの並べ詰みの詰将棋のほうが良い」。
よく見かけます。
スポーツも、ゲーム(指将棋)も、パズル(詰将棋)もルールがあるから成立するものです。1:の答えはルールだからで2:は直接は関係ない(ルール成立の歴史とはあるかもしれない)、「何故角桂は前に進めないのかと同じレベル。」。現在は詰将棋の多くはパズル問題として出題される事が主体になっています、そうすれば問題の完全性と正解の一意性が必要とされるのが余詰不可の理由です。次の1手、大道棋その他3:に
相当するパズル?物は他にあり、詰将棋がルールを変える理由はない。複数の人が詰将棋を指将棋の読みに有用と言った事の間違った理解でしょう。2:は中長編の話が中心で短編小品の懸賞出題とは無理に繋げると、ややこしくなります。
第95番13手詰(余詰があるかもしれない)

作意は、2007/05/10 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−
2007/03/29 の作意(スクロール)
2七と上・1五玉・2六と左・1四玉・2五と・1三玉・2四と上・2二玉・3三と右・1三玉・2三と寄・1四玉・2四と引・1五玉・2五と・同玉・3六と左・1四玉・2五と・1三玉・2四と上・2二玉・3三と右・3一玉・4一と・同玉・4二と・同玉・4三歩成・3一玉(4一玉は5二歩成以下同手数駒余り・5二歩の理由)・3二歩・2二玉・3三と左・1三玉・2三と左・1四玉・2四と引・1五玉・2五と・同玉・3五と寄・1五玉・1六歩・1四玉・2四と まで 45手詰

未完成在庫?

April 15 [Sun], 2007, 16:18
作者の感想に「XX年前の古い作品」というのがあります。私ももう古いので、同じ状態のものは多くあります。
一部は完成品ですが、ほとんどは未完成品です。在庫といっても、完成目処なし、意欲なしなので不良在庫にあたります。
実際は忘れるくらいほったらかしです。昔作り始めた頃は、作るのに時間がかかる錯覚がありましたが、ほとんどは何もしていないのが実状です。
テーマ別の条件作は、作る速さが掲載する速さより遅くなれば、見かけ上は休息ですが、実際は未完成不良在庫が残るので、しばらくはゆっくりと完成はしてゆく筈です。かなり希望的予測ですが・・・。
このブログの別館もまもなく、100題を超します。ただ、本館に移動させる作品が多いので、100作以上サイトとは言えないでしょうか。
第94番純と歩図式

作意は、2007/05/04 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2007/03/24 の作意(スクロール)
2三歩・同玉・3二角・2二玉・2一飛・1三玉・1四歩・1二玉・1三歩成(非限定)・同玉・1一飛不成・1二銀合(角)・1四歩・2二玉・2一角成・同銀・1三飛成 まで15手詰

小駒無仕掛け図の2タイプ・落花(続)

April 09 [Mon], 2007, 22:38
小駒無仕掛け図式では、桂と香で攻めの土台を作る必要があります。しかし、短編で大駒合いを登場させない形では香を土台にする形は思いつきません。
桂を土台にする形も、ふたつしか思いつきません。ひとつは、玉方桂の頭の桂の形、もうひとつは密室状態の玉への桂の王手でかかる形です。非常に少ない数で、ほとんどの形が作り終わりそうに感じます。
「落花」は完全のようです。(発表図自体を見ていない伝聞状況は変わらないので表現はこのようになります。)どうも私は、40年前の中学時代にみた修正図の99手詰しか記憶に残っていません。意識して発表図を見たのは今回のパラ誌がはじめてで、それが97手詰と知ったのも初めてです。発表時期が重要な作品の発表図も変更履歴も知らずにいた事を知ってかなり驚いています。今の時点で見ると、「落花」は発表図は完全ですが飾り駒・複数のキズがある事が気にはなります。これは、駒場作「淡雪」が作品集発行でキズを再度言及されているのと似ています。個人的には指摘は間違いでも、知らなかった事を知り得た事は幸運だったと思います。
第93番小駒無仕掛け図

作意は 2007/04/30 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2007/03/18 の作意(スクロール)
1一と・同玉・2一歩成・同玉。3一歩成・1二玉・1三歩・1一玉・2一と・同玉・3二と寄・1一玉・2二と・同玉・3三と上・1一玉・1二歩成・同玉・2三右・1一玉・2二と まで21手詰

「落花」の早詰め

April 04 [Wed], 2007, 17:02
詰パラ4月号の「落花」の早詰め指摘は、最近多いコンピュータ検討とは異なるようです。
なぜならば、かなり古くから詰将棋を見ている私でも、発表図を見た記憶がないのです。まあ、記憶力はあいまいですのであやしいですが・・。
「何故だれも気がつかなかったのだろう」の答えは、原図を知っている人が少なかったからと思います。
史上第2番は、同時発表で不完全の奥薗幸雄作との兼ね合いも考えて、通常通り植田作が第2番目に繰りあげですね。(奥薗作を、誰かが修正して史上2番目かと言われても、ほとんど誰もそうは考えないでしょう)
長編は、発表順が話題になって良いですね。短編は本人には、最初との拘りが有っても、基本的には無視状態がふつうですので。

第92番駒数整理が出来なかった合駒もの(17手)

作意は、2007/04/25 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2007/03/12 の作意(スクロール)
3三桂・同歩・3二銀成・同銀・2二銀成・同玉・1一角・1二玉・1三歩・同玉・2五桂・1二玉・2二角成・同玉・1三桂成・同玉・1一飛成・1二合・2五桂 まで19手詰 
ミニ趣向とするには、弱いか。


2007年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像EOG
» 市松は大型曲詰が主流か? (2019年05月19日)
アイコン画像通り
» 「古図式のウラ・オモテ(立体)曲詰」 (2019年03月08日)
アイコン画像神奈川の庶民
» 2万局 (2016年05月23日)
アイコン画像小樽商科大学の囲碁・将棋サークル
» 柿木将棋フラッシュ版 (2014年05月28日)
アイコン画像僧侶
» 鳥越九郎氏死去 (2013年08月16日)
アイコン画像幻想咲花
» 最終手余詰の変化のある合駒について (2013年07月27日)
アイコン画像とおりすがり
» 伝統詰将棋のフェアリー駒・「合」 (2013年07月19日)
アイコン画像僧侶
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像田原
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mai_2rd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる