河村古仙作のあぶり出し市松

July 18 [Thu], 2019, 0:28
詰パラ2019/07号の看寿賞選考で、石本作陣形図式=金無双が候補だった。
囲い以外の駒が非常に少ないが好手順が続くという、陣形図式の好作だ。
重量級が揃う長編部門では目立たなかったが、中編の長さならばどの様な評価なのかが気になる(長い手順も特徴なのだが・・・)。
陣形図式は美濃囲系がぼつぼつ発表されている、金銀のバランスが良いのだろう。
矢倉や穴熊は、駒取・ばらしが必要な事が多く、似た詰まし方になりやすい。
金無双はそのままでも簡単に詰めろになる陣形であるが、詰まし易い事が好作になるかは別問題だ。

江戸時代の小型のあぶり出し曲詰は「秘曲集」「極妙」以外は少ない。
幕末の河村古仙作「将棋貫珠・第40番」は隅1/4の市松だ。
小型あぶり出し市松としては、今でも中央のダイヤ等以外は少ないと思う。

河村古仙作「将棋貫珠・第40番」・「市松」
75金・同と・64金・同桂・83馬・同玉・73金・92玉・84桂・81玉・93桂不成・71玉・53馬・同飛・62香成(A) まで15手詰
(A)62金と72金と72桂成もあるが字崩れ。どれも自然な手で、気になる。

詰上り図

-------------------------------
酒井桂史作「酒井桂史作品集(野口版)・第48番」・仮名文字「ウ」
56竜・同玉・46飛・55玉・44銀不成・46玉・64角成・同香・47金・45玉・34銀・54玉・53と まで13手詰

詰上り図

酒井桂史作「酒井桂史作品集(野口版)・第49番」・仮名文字「ヰ」
62桂成・同玉・63桂成・同玉・74銀(A)・64玉(あ)・66香・同角・65歩・55玉・64銀・45玉・46銀 まで13手詰
(あ)72玉で73銀成以下19手詰の変化長手数。
(A)66香の手順前後が成立し、こちらは変化も割り切れている。
誤作意かも知れない、76飛を香にすると66香以下に限定出来る。

詰上り図

---------------------------------
第933番は銀の不成で、第934番は小駒と歩図式。

第939番は「落城の舞」で「矢倉崩れ」だ、後半手順は流れた。
*****************
第939番落城の舞・39手詰

作意は、 2019/08/11 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2019/06/24 の作意(スクロール)

第933番:続不成の舞・
22銀・同玉・33銀不成・同玉・42角成・22玉・31銀不成・13玉・22銀不成・同玉・32金・13玉・24金・同歩・31馬・23玉・22馬 まで17手

第934番:と歩の舞・
33銀・34玉・44金・23玉・25香・24歩合・同香・13玉・22銀不成・24玉・25歩・23玉(あ)・33金・14玉・15と まで15手
(あ)14玉は変化同手数。


  • URL:https://yaplog.jp/mai_2rd/archive/842
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像EOG
» 市松は大型曲詰が主流か? (2019年05月19日)
アイコン画像通り
» 「古図式のウラ・オモテ(立体)曲詰」 (2019年03月08日)
アイコン画像神奈川の庶民
» 2万局 (2016年05月23日)
アイコン画像小樽商科大学の囲碁・将棋サークル
» 柿木将棋フラッシュ版 (2014年05月28日)
アイコン画像僧侶
» 鳥越九郎氏死去 (2013年08月16日)
アイコン画像幻想咲花
» 最終手余詰の変化のある合駒について (2013年07月27日)
アイコン画像とおりすがり
» 伝統詰将棋のフェアリー駒・「合」 (2013年07月19日)
アイコン画像僧侶
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像田原
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mai_2rd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる