出題数と解図時間

October 26 [Thu], 2017, 0:52

詰パラは6月は順位戦があり、概ねは難解作が並ぶ。

12月は短編コンクールが有る。

最近では短編コンクールの条件に少ない駒数が加わり、煩雑作は依然として含まれるが難解な構想作はが少なくなっている。

出題作数は上昇して、現在は50作上限となっている。
これくらいがの解図時間とのバランスがとれえうのだろうかと思う。

消極的な解図者の私には、11手では1月で解き終わらない事が多い。
経験的に9手詰ならほぼ終えた記憶がある。

作品的に実使用駒数を増やす目的で、合駒作が多くしかも評価が高い傾向があると感じる。
変化にのみ合駒が登場する場合もあるので、流石に駒数制限で合駒まで制限は難しい。
そこは「握り詰」と似た性格がある。

たまには「飛び道具駒なし」で競って欲しいと思う、たぶん批判殺到が予想されて実現可能性は少ない。

個人的は、香の無い小駒図式は結構好きで、かなり作っている。
マニアックな少数派の自覚はある。


第776番続不成の舞



作意は、 2017/11/19 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2017/10/02 の作意(スクロール)


32銀打・同歩・33桂・同歩・32銀成(非限定)・同玉・44桂・同金・42飛 まで9手詰


  • URL:https://yaplog.jp/mai_2rd/archive/737
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像EOG
» 市松は大型曲詰が主流か? (2019年05月19日)
アイコン画像通り
» 「古図式のウラ・オモテ(立体)曲詰」 (2019年03月08日)
アイコン画像神奈川の庶民
» 2万局 (2016年05月23日)
アイコン画像小樽商科大学の囲碁・将棋サークル
» 柿木将棋フラッシュ版 (2014年05月28日)
アイコン画像僧侶
» 鳥越九郎氏死去 (2013年08月16日)
アイコン画像幻想咲花
» 最終手余詰の変化のある合駒について (2013年07月27日)
アイコン画像とおりすがり
» 伝統詰将棋のフェアリー駒・「合」 (2013年07月19日)
アイコン画像僧侶
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像田原
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mai_2rd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる