最終手余詰の変化のある合駒について

July 25 [Thu], 2013, 0:31
昔、45年位前の「近代将棋誌」(年月不明)に北原義治氏が、「余詰のある合駒は限定できるか?」と言うエッセイを書いています。(図面は記憶による引用)



例題があって、5手詰の2手目の合駒です。
1:作意は角合で余詰のない5手詰。
2:飛・金・桂・香・歩合は、作意の5手詰と、最終手で駒を増やす7手香余り順があります。
3:銀合は作意の5手詰と、最終手から駒余らずの9手詰があります。

最終手余詰は除外ルールと、終わりから4手目の合駒変化のどちらが優先かの悩ましい比較になり、解釈次第のグレー作品と思います。

現在、私個人が解釈すれば、
作者からは作意は合駒非限定の作品で、2手長駒余変化長と変化同手数があるが、最終手余詰可の解釈の適応次第で判断が変わる傷有り作品となると思います。

解答者からは、全ての合駒が最終手余詰との分離が明確でないので、全てが正解と思います。

選者とすれば、解答者が判定不能であるので、解答募集には原則は採用不適と判断しますが、非限定で全て正解を前提にして判別が容易との判断で採用はあり得るとは思います。

結局、「最終手余詰は可」というルールが、馬鋸の合駒と同様の例外ルールであるために起きる問題と思います。

第498番単騎の舞



作意は、 2013/08/18 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2013/07/01 の作意(スクロール)

1二角・同玉・2一角・1一玉・2三桂・2二玉・3二角成・1二玉・1一桂成・同玉・2一馬 まで11手詰
  • URL:https://yaplog.jp/mai_2rd/archive/478
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
幻想咲花
希望限定ですね。なにを合しても正解だし、個人的にはかなり味悪です。
July 27 [Sat], 2013, 11:44
2013年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像EOG
» 市松は大型曲詰が主流か? (2019年05月19日)
アイコン画像通り
» 「古図式のウラ・オモテ(立体)曲詰」 (2019年03月08日)
アイコン画像神奈川の庶民
» 2万局 (2016年05月23日)
アイコン画像小樽商科大学の囲碁・将棋サークル
» 柿木将棋フラッシュ版 (2014年05月28日)
アイコン画像僧侶
» 鳥越九郎氏死去 (2013年08月16日)
アイコン画像幻想咲花
» 最終手余詰の変化のある合駒について (2013年07月27日)
アイコン画像とおりすがり
» 伝統詰将棋のフェアリー駒・「合」 (2013年07月19日)
アイコン画像僧侶
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像田原
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mai_2rd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる