盤の端は中立地帯

February 11 [Thu], 2010, 0:10
配置駒が盤の端に接していない詰将棋の比率が増えている気がします。
詰め上がりに関しては、中央で詰ます「あぶりだし」曲詰があるので、昔からある程度は存在しました。
古い時代のあぶりだしは、盤の周辺から始まって玉を中央に誘い込む展開が多くありました。
初形から中央に玉が配置されていて、玉があまり動かずに中央で詰め上がるタイプはかなり現代に近づいてから増えたと思います。
自然と駒の活用が増えて、手順も優れた作品が生まれやすくなった様です(推定)。
盤の端は、駒が無いのに玉は移動できず、かつ駒も移動出来ず・打てずという場所です。
詰将棋を作る上では、壁の様な存在でかつ攻め方・玉方どちらにも中立です。
この部分で作図していると、例えば曲詰でも中央よりも端の方が配置しやすいです。
なにしろ、完全な逆算ではないので。
特に、駒配置に拘ると盤の端を如何に有効に使うかが課題になります。

第270番25手詰

作意は、 2010/03/07 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2010/01/19 の作意(スクロール)

作意
1六歩・同玉・2八桂・同と・1七金・1五玉・2四銀・1四玉・1五香・同と・1三銀成 まで11手。

  • URL:https://yaplog.jp/mai_2rd/archive/268
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
アイコン画像EOG
» 市松は大型曲詰が主流か? (2019年05月19日)
アイコン画像通り
» 「古図式のウラ・オモテ(立体)曲詰」 (2019年03月08日)
アイコン画像神奈川の庶民
» 2万局 (2016年05月23日)
アイコン画像小樽商科大学の囲碁・将棋サークル
» 柿木将棋フラッシュ版 (2014年05月28日)
アイコン画像僧侶
» 鳥越九郎氏死去 (2013年08月16日)
アイコン画像幻想咲花
» 最終手余詰の変化のある合駒について (2013年07月27日)
アイコン画像とおりすがり
» 伝統詰将棋のフェアリー駒・「合」 (2013年07月19日)
アイコン画像僧侶
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像田原
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mai_2rd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる