あぶり出し曲詰「Q」「R」 

October 15 [Mon], 2018, 1:22
あぶり出し曲詰「Q」「R」共に作品を見たことは少ない。

田中至作「過雁組曲・第65番」の「Q」は正統的なデザインと思う。
56銀・同玉・66金・同玉・67歩・65玉・47角・64玉・74馬・同金・63金・55玉・66金・45玉・57桂・同と・55金・同玉・35竜・同桂・46銀 まで21手

詰上り図

このデザインは作図するには駒数が多いので、あえて簡略化を図ったのが第867番のデザインだ、「G」との類似性があるので経験があると言える。


岡田敏作「解いて楽しい詰将棋・第10問」は「R」の例だ。
44銀右・56玉・55金・同銀・57金・45玉・35馬・54玉・64銀成・同桂・53と・65玉・75金・同桂・56金・同銀・76馬・同桂・64飛・同玉・46馬・65玉・55馬 まで23手

詰上り図

第868番のデザインは同じで、田中至作「過雁組曲・第66番」も同じだ、別案は思い付かない。
幅4駒なので5筋に対して非対称になる。


「A-Z詰」−21・22は悩ましい文字だ

−−−−

第875番「A-Z詰」−21


第876番「A-Z詰」−22



−−−−−−−−−−−−−−−−−
2018/09/21 の作意(スクロール)

第867番:「A-Z詰」−17・「Q」
68竜・67銀合・57銀・55玉・56銀引・同銀不成・65竜・同玉・74銀不成・同桂・75金・55玉・67桂・同銀成・45馬 まで15手
詰上り図


第868番:「A-Z詰」−18・「R」
34飛・同金・65銀・同角・63桂成・57銀不成・53金・同香・43銀不成・55玉・66金・同銀成・46金 まで13手
詰上り図


34金は必要駒なので頭2手は省くか迷う。



「暁将棋部屋」、あぶり出し曲詰「8」 

October 09 [Tue], 2018, 0:19
「暁将棋部屋第2号」を読んだ。
指将棋は講座ではなく、棋譜の少ない読み物だ。
棋戦は追わないので、定期雑誌の即日性は、不要だ。

詰将棋は、新題の出題と、次号での手順解説になるようだ(2号を見た感じでは・・・・・。
出題数と手数的には「詰パラ」に近い量の作品が並んでいる。
従って私は、半数も解けない。
30題以上が並ぶので、手数順(?)かも知れないがヒントなしに近い。


「8」のデザインは「3X5」の電卓タイプと、「4X5」になるようだ。
「3X5」には、12駒使うデザインと、7駒だけのデザインがある。
単独文字の曲詰ではあまり見た記憶はなく、2文字の曲詰で使う印象がある。

2018年の年賀詰で「18」の初形曲詰を多く見かけたが、あぶり出しはどうだったか(少ない?)。

第866番は「4X5」であり玉を囲いこむ小駒図式に向いたデザインだ、大駒があると拡がった手順が可能だ。

田中至作「過雁組曲・第92番」も「4X5」の例だ。
54角成・同玉・43角成・同金・64銀左成・55玉・57香・56歩合・同香・同玉・57飛・46玉・47飛・55玉・56歩・同玉・57金・55玉・45飛・同と・47桂 まで21手

詰上り図



−−−−

第873番13手詰


第874番「数字詰」−10



−−−−−−−−−−−−−−−−−
2018/09/15 の作意(スクロール)

第866番:「数字詰」−8・「8」
64金・同玉・63桂成・同歩・73銀不成・同桂・65歩・同玉・66歩・同と・54銀不成・64玉・56桂・同と・65歩・同桂・53銀不成・55玉・46銀右・同と・67桂 まで21手
詰上り図



あぶり出し曲詰「O(オー)」と「P」 

October 03 [Wed], 2018, 1:12
2018/10/01に「詰将棋 駒の舞」の本館を定期更新した。
10月の問題の陣形図式は「駒取りでばらす」なので陣形の意味は弱い。
フラッシュの盤が、ブラウザのグーグル・クロムで標準が非表示になり許可する動作が必要になった。
動的コンテンツは、広告やスパムに使われ易い宿命があり、似た扱いが起きる。
情報の少ない、静止画とテキストは寿命が長い。

「O(オー)」のデザインはいずれも55玉にはしにくい。
第864番は「4X4」であり、強引に55玉にした。

赤羽守作「信濃路・第76番」も「4X4」の例だ。
84銀成・同香・94角成・同玉・92飛成・93歩合・同竜・同玉・84角・94玉・98竜・85玉・86歩・同玉・95角・76玉・78竜・66玉・65金・同桂・84角・55玉・56香・同玉・58竜・57金・47金・55玉・57竜・同桂成・65金・44玉・66角 まで33手

詰上り図


「5X5」
岡田敏作「春霞コラム・連作「EXPO70」より」
73桂成・同玉・84金・64玉・74金・55玉・35竜・同銀(あ)・66角成・54玉・45角・同玉・35金・54玉・63銀・53玉・75馬 まで17手
(注:(あ)で56玉で変同?、個人集には採って居ない。同じデザインの「太陽詰めの真昼」あり。)

詰上り図


「4X5」
長谷繁蔵作「春霞コラム・連作「OLYMPIC」より」
45馬・同玉・56銀・同竜・85飛・65竜・55金・同竜・同飛・同玉・65馬・44玉・43飛・34玉・35金 まで15手

詰上り図

森田正司作「「春霞」コラム・連作「EXPO70」の「0(ゼロ)」は同じデザイン)


「P」のデザインは「4X5」もある、2駒増えるがバランスは良い。第865番の「3X5」との二択だろう?。
岡田敏作「春霞コラム・連作「EXPO70」より」
36金・55玉・54と・同玉・53桂成・同銀・63馬・55玉・46金・同玉・36馬上・55玉・56飛・同飛成・66銀・同竜・45馬上 まで17手

詰上り図


−−−−

第871番「A-Z詰」−19


第872番:「A-Z詰」−20



−−−−−−−−−−−−−−−−−
2018/09/09 の作意(スクロール)

第864番:「A-Z詰」−15・「O(オー)」
54飛・同玉・59飛・58歩合・43角成・45玉・36金・55玉・58飛・同角成・56歩・同玉・34馬・55玉・45馬 まで15手
詰上り図


第865番:「A-Z詰」−16・「P」
54桂・43玉・55桂・54玉・65銀・同角・63角成・55玉・64銀不成・同銀・66竜 まで11手
詰上り図




小駒図式のあぶり出し曲詰「数字:7」 

September 27 [Thu], 2018, 0:33
あぶり出し曲詰・「数字:7」はデザインは決め難い。
「幅3X5」の電卓デザインは単独文字では難しい形だ。

下部を斜めラインにするのが一般的かもしれない。
「幅4X5」
森田正司作・連作「EXPO70」より(「春霞」コラムより)
54銀・同玉・63銀・45玉・54銀・同玉・63角成・同玉・73角成・54玉・55馬・63玉・66飛・同飛・73香成 まで15手

詰上り図


「幅5X5」
田中至作「過雁組曲・第91番」
53銀左不成・同桂・43桂成・同角・33銀不成・54玉・45馬・同金・55歩・同金・44飛・65玉・55金・同玉・66金 まで15手

詰上り図


カタカナの「フ」も作るならば、左側に縦の2駒は起きたいと思う。

今回は小駒図式で作図するシリーズだから、上記の3つのデザインは詰め上がりだけでも難しい。
第863番のデザインは、玉を囲む幅4駒の詰め上がりと収束7手のセットからの逆算だ。
中途半端に歪んでいるが、他にアイデアが出なかった。
2文字の詰め上がりの左側には、「幅3」の7を使いたいと思った(作品もある)。


−−−−

第869番続不成の舞


第870番「数字詰」−9


−−−−−−−−−−−−−−−−−
2018/09/03 の作意(スクロール)

第862番:
27桂・同銀成・25金・同玉・26香・同成銀・35馬・同玉・55竜 まで9手

第863番:「数字詰」−7・「7」
54金・同金・56歩・同玉・65銀・同金・57金・同玉・58銀打・56玉・57歩・55玉・45金 まで13手
詰上り図




「詰将棋ファン」創刊号 

September 21 [Fri], 2018, 0:47
「詰将棋ファン」創刊号(2号は未定)には詰将棋に関する読み物が掲載されている。
「新しい問題の出題と回答募集・それの発表と解説」という詰将棋雑誌の内容とは性格が異なる。
同時に作品集主体の単行本とも異なる。
一読すると、佐々木浩二氏の創作メモがやたらと楽しそうだ。

あぶり出し曲詰・「M」は、縦が4駒以外のデザインもあるが、第860番の形が落ち着いている。
問題は玉を中央に配置しにくい事だが、55玉を望まないと何も問題は無い。
個人的に「詰図の舞」は55玉と決めただけだ。
中央の曲詰の意味だったが、55玉配置と、中央の文字とは同じでない事もあっただけだ。
シリーズ以外は中央の文字・図形を優先する予定だ。

曲詰作品はほぼ全てが、中央の文字・図形を優先しており、その中で可能な場合は55玉配置を選んでいる。
55玉配置は、例えば門脇芳雄作「曲詰百歌選」では48文字の半数以下の22作で、田中至作「過雁組曲」では27作だ。


あぶり出し曲詰・「N」は「4X4」の偶数駒のデザインが普通だ。
左上から右下への斜め線では、55玉と46の駒の組み合わせのデザインが作り易い。

−−−−

第867番「A-Z詰」−17


第868番「A-Z詰」−18


作意は、 2018/10/15 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2018/08/28 の作意(スクロール)

第860番:「A-Z詰」−13・「M」
24金・45玉・36銀・同玉・37馬・45玉・27馬・同桂成・35金・55玉・67桂・同竜・65馬 まで13手
詰上り図


第861番:「A-Z詰」−14・「N」
34金・同飛・42飛成・54玉・66桂・同角・56香・同と・64金・55玉・67桂・同と・46竜 まで13手
詰上り図



数字「6」について 

September 15 [Sat], 2018, 1:06
あぶり出し曲詰・数字「6」は、電卓文字のデザインに近い「幅3X5」もある。
それは立体曲詰で使いたくなるデザインと思う。

だが1文字曲詰となると、「6」のデザインは「幅4X5」が中心になり、「幅4X6」も使用される。
幅4は単独数字文字では一般的となっている。
幅4の数字デザインは幾つか可能性があり、作者の好みで微妙に変わりそうだ。
曲詰では左右のバランスが取りにくい筈の偶数の幅4だが、数字では一般的なデザインになっているので、意外と作者を悩ますとも思える。

縦に関しては殆どの数字は5駒だが、「6」では5駒も6駒もある、これも作者の好みだと思う。
田中至作「過雁組曲第90番」:縦6駒


46銀・同玉・65金・同玉・76金・同桂・85飛・75香合・64と・55玉・75飛・同歩・56香・同圭・同馬・同馬・67桂・同馬・46金右 まで19手
詰上り図

−−−−−
北原義治作「詰棋界短編292」197番:「幅3X5」

57歩・55玉・64竜・同金・67桂・同馬・57竜・同馬・45馬 まで11手
(形が崩れる逃げ方がある)
詰上り図


−−−−−−−−−
第866番「数字詰」−8


作意は、 2018/10/09 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2018/08/22 の作意(スクロール)

第858番:
15角・同銀・25歩・同玉・23飛成・24銀・14竜・同桂・26歩・同桂・36銀 まで11手

第859番:「数字詰」−6・「6」
56金・同と・75金・55玉・44銀不成・54玉・53銀成・55玉・67桂・同と・46金 まで11手
詰上り図(「幅4X5」)



「K」「L」そして「O(オー)」 

September 09 [Sun], 2018, 0:36
あぶり出し曲詰「K」は、第856番のデザインがしっくりする。
他のデザインは必要に応じて使うとしても、これで特に問題なさそうだ。
第856番の序盤4手を省いて玉位置を安定させた方が良いかは悩む。

あぶり出し曲詰「L」は、第856番のデザインかあるいは横方向が3駒のいずれかだろう。
「L」は作り難い形であり、逆算可能性からは縦5駒の中央に玉を配置する詰め上がりになるだろう。
第857番の27香はほぼ必要な配置だ、横方向が3駒でも似た配置になる。

横方向が3駒例>北川明作昭和39年作オリンピック連作より(森田正司著「春霞」コラムより引用」


64桂・同角・53桂成・同玉・65桂・同金・54香・同玉・63銀・55玉・65金・同玉・66金 まで13手
詰上り図


「O(オー)」のデザインは複数の案がある、そこに数字「0(ゼロ)」のデザインを加えて考慮する事も有る。
「O(オー)」は「3X3」「4X4」「5X5」が縦横同じデザインだ。
「3X3」は以前に取りあげた「球」であり逆算は難しい。
「4X4」「5X5」はどちらもある。
数字「0(ゼロ)」は「3X5」という多数派が存在するが、縦横片方を変えたデザインもある。
中間に当たる「4X5」は「O(オー)」としても「0(ゼロ)」としても使用例がある。

−−−−
第864番「A-Z詰」−15


第865番:「A-Z詰」−16


作意は、 2018/10/03 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2018/08/16 の作意(スクロール)

第856番:「A-Z詰」−11・「K」
23角・25玉・34角成・同玉・33金・45玉・44銀成・同歩・56飛成・同馬・65飛・同金・36金・55玉・67桂・同馬・46金 まで17手
詰上り図


第857番:「A-Z詰」−12・「L」
53馬・34玉・45銀・同玉・54銀不成・同桂・65竜・55金合・同竜・同玉・56金 まで11手
詰上り図


9月の本館の出題問題と、詰パラ2018/09月号 

September 03 [Mon], 2018, 0:43
2018/09/01に「詰将棋駒の舞」本館の定期更新した。
9月の問題は盤面と歩図式だが、実際の中身は直ぐに「「歩・と」+角」になる。
歩だけ使用して収束を作ると手順が伸びた。

8月の問題の小駒無仕掛図式の手順は、7手目23歩から金銀で追う形になる。
玉の逃げ方がややこしいが、手順を見れば打たせてから捨てさせれば最長の逃げ方になる意味だ。

詰パラ2018/09月号は記念号で多彩だ。
創棋会あぶり出し組局4局は、極端に難しくない様なので解き始めた。
2局詰んだが文字が判りづらく、ヒントの「2局詰むとキーワードが予想出来る」かは怪しい。

あぶり出し曲詰「5」は、第855番の「5X3」でも充分にバランスが良いと思う。
幅4駒の「5X4」のデザインとして岡田敏作「解いて楽しいあぶりだし詰将棋」第87問がある(美しい)。


36金・55玉・65金・同香・64銀不成・同香・53飛成・同角・54飛・同玉・43銀右不成・同桂・63銀不成・55玉・47桂・同と・56香・同玉・23角成・55玉・45馬 まで21手
詰上り図


「5」は幅2駒も可能だが、幅3駒の「5」は人気であり、2文字の「15」は初形盤面曲詰とあぶり出し曲詰共に特異点的に作例が多い。

「数字詰」−7(第863番)のデザインは変則的で、一般的では無い。

−−−−
第862番9手詰


第863番「数字詰」−7


作意は、 2018/09/27 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2018/08/10 の作意(スクロール)

第854番:
22歩・同玉・33角・21玉・11角成・同玉・23桂・22玉・31角成 まで9手

第855番:「数字詰」−5・「5」
54金・同玉・53桂成・同桂・64金・55玉・54金・同玉・63銀左不成・同桂・43銀不成・55玉・64銀不成 まで13手
詰上り図



「J」の縦方向の駒数 

August 28 [Tue], 2018, 1:04
「I(アイ)」と「1(いち)」共に圧倒的に縦5駒デザインが多い。
ただし、双方を作るかまたは並べて作ろうとすると、片方のデザインを変える事もある、それが例えば第852番だ。

「I(アイ)」を第852番のデザインで作ると、「J」も第853番のデザインの上部の横に3駒並べるのが自然になる、ただ左右のバランスが悪い事は変わらない。

縦1線の「I(アイ)」は4駒では無理で5駒以上必要だが、第852番のデザインでは詰み形は4駒でも可能だが、無理が多いので採用しない。

「J」は853番のデザインの68銀があるので縦4駒で可能(上部の横に3駒並べない時も可能)で、バランスもよさそうだ(縦5駒との比較は微妙だ)。
縦5駒のデザインとして岡田敏作「詰の花束」第407番がある。

84金・同玉・94飛成・75玉・65角成・同玉・77桂・同香成・74銀・54玉・43銀・同飛・63銀・65玉・74竜・56玉・57金・55玉・56歩・同銀・54龍まで21手


あぶりだしは偶数駒並びの時は左右対称にならないが、奇数駒でも中央に玉を置きにくいとやはり対称にならない。
「M」「N」は対称にならない場合だ。


第860番「A-Z詰」−13


第861番「A-Z詰」−14


作意は、 2018/09/21 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2018/08/04 の作意(スクロール)

第852番:「A-Z詰」−9・「I」
45銀・同と・55金・同と・同飛・同玉・44銀不成・同歩・53飛成・54金合・56歩・同玉・54竜・同桂・57歩・55玉・56金 まで17手
詰上り図


第853番:「A-Z詰」−10・「J」
77香・65玉・54銀・55玉・64馬・同金・56飛・同玉・57金・55玉・56香 まで11手
詰上り図




異質な数字「4」のデザイン 

August 22 [Wed], 2018, 0:46
アラビア数字の特徴に「幅方向を狭めるデザイン」が存在する事がある。

「1」は幅の1・2・3等が可能だ。

幅2が可能な数字は、「2」「3」「5」がある。(単独では避けたいが)
幅3以上で可能な数字は、「6」「7」「8」「9」「0」(やはり、単独では避けたいデザインは多いが)

数字「4」は、7セグメント液晶用デザインの幅3は存在するが、読めない。
幅4は横棒の左右のどちらか削るのだが、2文字デザインなら可能かと思う。

1文字単独ならば、第851番のデザインか、
縦が1駒多いデザインかになると思う。(岡田敏作・「解いて楽しいあぶりだし詰将棋」第67問)


作意:85飛引・65桂合・同飛・同香・44銀不成・56玉・57金・同と・48桂・同と・57飛・同玉・34角成・56玉・46馬 まで15手
詰上り図


数字の2文字詰や3文字詰を考える時は、「4」は省いて考えたい異質デザインだ。


第858番11手詰


第859番「数字詰」−6


作意は、 2018/09/15 へ(スクロール)
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2018/07/29 の作意(スクロール)

第850番:
31飛・23玉・13金・同玉・12金・同玉・11飛成・同玉・21歩成・同玉・22飛・31玉・41歩成・同玉・42飛成 まで15手

第851番:「数字詰」−4・「4」
86銀・65玉・64銀左成・同香・76金・同香・75金・55玉・45と・同銀・56歩・同銀・46金打 まで13手
詰上り図


2018年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像神奈川の庶民
» 2万局 (2016年05月23日)
アイコン画像小樽商科大学の囲碁・将棋サークル
» 柿木将棋フラッシュ版 (2014年05月28日)
アイコン画像僧侶
» 鳥越九郎氏死去 (2013年08月16日)
アイコン画像幻想咲花
» 最終手余詰の変化のある合駒について (2013年07月27日)
アイコン画像とおりすがり
» 伝統詰将棋のフェアリー駒・「合」 (2013年07月19日)
アイコン画像僧侶
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像田原
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像田原
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像僧侶(他PN、やきのり、簡素亡者)
» 詰パラ大学院が3題に (2012年07月30日)
アイコン画像解答欄魔
» 「詰将棋会合」の作品展が増加 (2012年03月08日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mai_2rd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる