L change the WorLd

February 19 [Tue], 2008, 19:51

キラ事件でワタリを失い、自分の命も犠牲にしたL。決められた残りの日々を送っていたある日、突如消滅したタイの村で1人生き残った幼い少年がワタリ宛に送られてくる。もう1人、殺された父親からあるものを託された真希が逃げ込んでくる。Lは2人を守りながら人類を危機から救おうと事件に挑むのだ。

デスノート好き、松山ケンイチ好きのために作られたような作品
うちは映画は一応観てたし、このLのキャラが結構好きだから、まぁまぁ楽しめたけど、でもストーリーだけ取ると別にどぉってことない内容だなぁ
アメリカのB級アクション系が好きならまぁまぁ気に入るかもね
演技に関しても、松山ケンイチは素晴らしいけど、子役以外の俳優陣はやたら大げさだょ
まぁもとがマンガだから仕方ないのかもしれないけど、映画でその演技を観るのは少しキツイべ
あと意外とグロくてビックリ
グロい系弱いうちはチョットみれないシーンもあったべ

ファンのための作品だね

あるスキャンダルの覚え書き

January 23 [Wed], 2008, 14:10

ロンドン郊外の中学校で教師をしているバーバラは、厳格な性格から教え子や同じ職場の人間から拒まれていて、1人孤立した人生を送っていた。ある日、若くて美しく透明感のあるシーバが美術教師として赴任してくる。誰にでも優しいシーバと親しくなったバーバラは、彼女をこっそりと観察しては日記をつけていた。だがある日バーバラは、シーバと15歳の教え子がセックスしている現場を目撃してしまう。

強く見えて不器用なバーバラを見ていると少し悲しくなった
1人でいる時間が長い人ほど誰かに頼られたらその人にとって特別な存在になろうとする
そしてその場所を奪われないように頑張る
その結果干渉・依存しすぎてまた1人になる・・・
小学生ってこうゆう友達関係多いよね
だからバーバラを見てると愛をほしがっている小学生に見えてくるんだよね
Cate Blanchettはとってもこの役にピッタリ
美しくて、透明感があって、表面上はなんでも上手くこなしてしまいそうなんだけど、その下には埋まらない何かがあるミステリアスな役は彼女意外想像つかない
もちろん15歳って犯罪だからいけないコトだけど、恋愛の欲って抑えるのが無理だょ
彼女の台詞の中でどうしても埋まらない隙間のコトを『電車とホームの間』に例えてたけど、コレとっても上手い表現だなって思った
もしかしたら映画のなかで一番感動したかも
壊れゆく2人を通じて人間の恐ろしさはかなさを描いていて、静かで暗めな作品ではあるけど、どんどんストーリーに吸い込まれていく、かなりよく出来た作品だと思う
Judi Dench・・・恐ろしい・・・ワラ

ブラック・ダリア

July 28 [Sat], 2007, 0:12

映画館に観に行こうか悩んで、結局悩んでるうちに公開終了しちゃった作品ワラ
でも観に行かなくてよかったぁ〜ホラー嫌いのうちにとってこれをでかいスクリーンで観るのは耐えられなかったかも
すんげ〜怖いとかじゃなく、血がね・・・見た目がね・・・

かつてはプロボクサーとして名の知られていた、警官のバッキーとリー。ロス市警のPR試合で一戦を交えた2人は、急速に接近。仕事上でもバッキーはリーに引き抜かれ、特捜課でコンビを組み始める。そんなある日、身体を腰から切断され、口を耳まで切り裂かれた若い女性の全裸死体が発見される。間もなく死体の身元は、映画女優を夢見ながら娼婦生活を送っていたエリザベス・ショートだと判明。2人も事件の捜査に乗り出すが、リーはこの事件に異常な執着を抱き始め……。

実際にあった迷宮入り事件を元に小説が書かれて、それの映画化だから、こうゆう事件が本当にあったなんて・・・恐ろしすぎる・・・
ゾディアックとは違って最後犯人がわかるけど、実際はわかっていないんだから、やっぱり結果重視で描いているわけじゃなくて(リアリティにもかけるしね)、事件にのめりこんでいく人間の姿重視で描かれてるべ
でもなんかハッキリしない男女の関係にはイライラしたね〜
ん??こっちか〜おぉ〜やっぱこっちか〜えぇ〜また迷うの〜みたいなワラ
そこがもぉチョイ薄くて事件の内容が濃く描かれてたら、好みの作品だったかも
でもまぁキャスト豪華だし、観て後悔はないかなぁ〜

フライトプラン

February 04 [Sat], 2006, 15:18

ストーリー
夫の突然の事故死に見舞われた航空機設計士のカイルは、6歳になる娘のジュリアを連れて、ベルリンから故郷のニューヨークへ向かう飛行機に乗り込んだ。夫の棺を乗せて飛び立つハイテク重層ジャンボジェット、E−474。それは皮肉にもカイルの設計した最新鋭の航空機だった。機内に落ち着くと、カイルは睡魔に襲われ、夢の中で夫の幻影を見る。やがて目を覚ますと、隣にいたジュリアの姿がない。客席、トイレ、厨房と探し回るが、乗客も乗員も誰一人として娘の姿を見た者はいない。ジュリアはいったいどこへ消えたのか?
(gooより)

ステップ・フォード・ワイフ

November 16 [Wed], 2005, 10:29

ストーリー
ジョアンナはEBSテレビの敏腕プロデューサー。米国で最もパワフルな女性の1人だ。
しかし、ジョアンナの番組に出演したことが原因で妻に捨てられた男が、妻と愛人に銃を乱射したことが発覚。ジョアンナは辞職に追い込まれる。
夫のウォルターは、ジョアンナを気遣い、自身も副局長を辞職。
夫の優しさに打たれたジョアンナは、新しい人生を始めようと、郊外のステップフォードに移り住む。
そこは豪邸が並ぶ美しい住宅地。そこに住む人々はみんな幸せそうで笑顔をたやさなかった。
女はいつでもキレイに髪をセットしていて、メイクもばっちり、いつどんな時でも綺麗な格好をしている。
しかし、そんなステップフォードには『恐ろしい秘密』が隠されていた。
その『恐ろしい秘密』はジョアンナの身にも日に日に近づいてきていた・・・

バタフライ・エフェクト

October 21 [Fri], 2005, 16:48

ストーリー
時折、記憶を喪失“ブラックアウト”してしまう少年エヴァン。彼の記憶の喪失は、7歳の頃から頻繁に起きていた。そこで精神科医は治療のため、エヴァンに毎日日記をつけるようにすすめた。そんなエヴァンの遊び仲間は幼馴染みのケイリー、彼女の兄トミー、そして太ったレニーたちだった。だが彼らの友情はエヴァンが13歳の時、トミーが言い出した、あるいたずらによって唐突に終わりを告げてしまう。そしてケイリーと切ない別れを経験しながらも、心理学を勉強する大学生となったエヴァン(アシュトン・カッチャー)。彼はケイリーのことを忘れ、平穏な日々を送っていた。しかし懐かしい日記を紐解いたとき、彼の人生は大きく動き出すのだった。
(TSUTAYA引用)

ハード・キャンディ

June 08 [Wed], 2005, 19:28
ストーリー
リーガン高校でいちばん美しい4人組、コートニー、マーシー、ジュリー、リズは親友同士。17才の誕生日の朝、リズは仲間3人に誘拐される。マスクをつけて、彼女の部屋に押し入り、拉致して、コーヒーショップに連れ込み、パンケーキの朝食攻めにしようという計画だった。3人はリズを縛って、コートニーの車のトランクに放り込む。悪ノリしたコートニーがリズの口に、石のように固いキャンディ"ジョーブレーカー"をねじ込み、上から粘着テープでふさいだ。ところが、目的地に着いて、彼女たちがトランクを開けると、リズは息絶えていたのだ!パニックに襲われた3人は、リズにはSMセックスに溺れるウラの顔があったとでっち上げ、そのせいで命を落としたように見せかける。リズの部屋で策を練っている最中、学校一ダサいファーンが宿題を届けにやって来た。ドアの外でファーンが自分たちの策略を聞いたことを知り、コートニーはファーンを美しく人気者に仕立上げるとういうのを条件に誰にも言わないことを約束させる。 変身は見事に成功し、コートニーは彼女に"バイオレット"と名付け、新しい女神が誕生する。リズの死について、ベラ・クルーズ刑事の執拗な追求が始まり、ジュリーは真実を明かしたいという気持ちを強めた。そんなジュリーを、グループからあっさり除名するコートニー。プロムを間近に控え、邪魔なリズも消えた今、コートニーにプロム・クイーンの座が巡ってきたが…。

なんてアメリカらしい学園映画
一応サスペンス映画らしいけど軽いコメディって感じ
てかゴルフボールくらいあるハード・キャンディを口に突っ込んだら死ぬにきまってんじゃんそんなこともわからないなんてバカ
まぁレモン果汁入りのsoapをレモンソースと間違えてsaladやfishにかけちゃうような人達がいる国だから、こういうストーリーも普通なんだろうけどね
ストーリーよりカラフルな映像や服が楽しめた
の写真には写ってないけど変身するファーンはとっても pretty
でもどんどん嫌な女になるのよね〜・・・女の欲って恐ろしいィ〜・・・
なんとなく借りただけで、全然期待してなかったけど、結構面白かったぁ

フォーガットン

May 19 [Thu], 2005, 14:57
ストーリー
9歳のひとり息子サムを飛行機事故で失ってから14ヶ月。テリーは未だに愛する息子の死から立ち直れずにいた。そんな彼女の周りで異変は静かに始まった。家族3人で撮った大切な記念写真からサムの姿だけが消えていたのだ。動揺する彼女に精神科医は冷静に告げる。「息子など最初から存在しなかった」息子サムの存在を取り戻すため、テリーの孤独な戦いが始まる。だが、それは想像を絶する物語の序章に過ぎなかった…。

2/3まではスリル感たっぷりでハラAドキAして良かったんだけど、残り1/3で一気にランク・・・。
ここまで期待させといてなぁぁぁんだよこんな結果ぁ〜って感じ
まぁ1時間30分の映画にしてはストーリーの展開も速かったし、良い方なのかもだけど、全然『「シックス・センス」以来、最も衝撃的なスリラー』じゃないよぉ
シックス・センスのほうが全然良い
最後さえ良ければ・・・惜しい映画だなぁ〜

ザ・インタープリター

May 14 [Sat], 2005, 10:56
ストーリー
アフリカ、マトボ共和国。いたる所に独裁的な大統領ズワーニの名が見える。1台の車が朽ち果てたサッカー場に入り、反政府指導者ゾーラと支援者らしき白人男性が降り立った。彼らがそこで見たのは虐殺された死体の山。突然現れた少年が「先生からの伝言だ。"よい1日を"」と言いながら二人を銃で撃ち殺す。車に残って生き延びたカメラマン、フィリップにできるのは、この惨劇をフィルムに収めることだけだった。
ニューヨーク、国連本部。各国の言葉が入り乱れる会議場。シルヴィア・ブルーム(ニコール・キッドマン)は通訳ブースの中で聞きなれぬ言語を訳していた。マトボで生まれ、同地のクー語を話す彼女は5年前から通訳として働いていた。その日、会議の終了後に忘れ物を取りに戻った彼女は、何者かが「先生は生きてここを出られない」とクー語で話しているのを聞く。その後、“先生”がズワーニ大統領を指し、彼が数日後に<マトボ問題>を否定する演説を行うことを知ったシルヴィアは、その会話の件を通報する。やがて不審なアフリカ人が周りでうごめき始めた。しかし、彼女は自分の身より何者かの安否を気遣っていた。
かたや言葉による外交を信じる国際派の女性、かたや暴力の渦巻く世界で直感を信じて生きる男。正反対の価値観を持ち“川の対岸”で生きてきた二人が、ある国際的な暗殺計画がきっかけで出会い、激しく対立し、やがて喪失の痛みを共有し、愛にも似た深い絆で結ばれていく──。

うちはこういうサスペンス映画って苦手だっけ試写会だから観に行ったんだけど、すごい面白かった
もっと国連のコトとか勉強してから観れば倍に楽しめたと思うけど全然無知なうちでも満足できる内容だった
二コール・キッドマンとショーン・ペンの演技はやっぱりアカデミー賞受賞者って感じ特別異常とかってコトはないんだけど、スゴク印象に残る役柄ショーン・ペンまぢかっこよかったぁときめきまくったぁ
ストーリーの展開も速くて2時間があっっっという間だった
あと3回くらい観ても飽きないと思う
史上初めてN.Yの国連本部内で撮影を許された作品だっけ、迫力とかスリルも充分満足できる

ミスティック・リバー

April 03 [Sun], 2005, 15:08
今日ミスティック・リバーのDVDを観た
ミステリー映画って観てもなんか満足できないからあんまり観ることないんだけど、この作品は見応えがあって決して良いラストではないけどスゴク満足できた

ジミー(Sean Penn)・ショーン(Kevin Bacon)・デイブ(Tim Robbins)は幼い頃よく3人で遊んでいた。ある日警官を装った変質者にデイブだけが連れて行かれ4日間監禁されたうえに、性的暴行を受け、肉体的にも精神的にも深い傷を負った。それから25年経ったある日、ジミーの娘が殺される。その事件をきっかけにジミーは被害者の父親、ショーンは刑事、デイブは容疑者として3人は再会する。

Sean Pennの家族を心から愛する姿だったり娘の死に対するおさえきれない怒りなど、その演技力には感動したこの作品でアカデミー賞主演男優賞を受賞してたから期待はしてたけど、それ以上の演技力だった
一見クールで冷たいやつだけど、本当は3人の中で一番人情味のあるショーンを演じたKevin Bacon・過去のトラウマを引きずって精神的に不安定なデイブを演じたTim Robbins、この2人も見事なくらい役にはまっていた
でもなによりスゴイのは監督・製作・音楽を手がけたClint Eastwoodだと思う
複雑な人間模様や、一人一人の切ない心情をとてもうまく表現してるなって思った巨匠と呼ばれるくらいまで監督の地位をのぼりつめたClint Eastwoodにこれからも記憶に残る映画を作ってほしい

2008年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:maemi
読者になる
映画好きの20歳です         人気や評判関係なく自分の好きなもの気になるものしか観ないので、ほぼ洋画、んでもってホラー・サスペンス・SFはあまり観ないのでジャンルが偏ってますが、レビューを読んでお気に入りの作品を見つけてもらえればありがたし 
最新コメント
アイコン画像maemi→まょこサン
» ペネロピ (2008年04月03日)
アイコン画像まょこ
» ペネロピ (2008年04月03日)
アイコン画像ゆうすけ
» ハイスクール・ミュージカル (2008年02月24日)
アイコン画像maemi→sakiサン
» パーフェクト・マン ウソからはじまる運命の恋 (2008年02月19日)
アイコン画像saki
» パーフェクト・マン ウソからはじまる運命の恋 (2008年02月18日)
アイコン画像ほのか
» ハイスクール・ミュージカル (2008年02月03日)
アイコン画像ぽっきー
» ハイスクール・ミュージカル (2008年01月28日)
アイコン画像猫姫少佐現品限り
» ミーシャ・バートンの Sex in Ohio (2007年12月31日)
アイコン画像maemi→あおいサン
» ヘアスプレー (2007年12月01日)
アイコン画像あおい
» ヘアスプレー (2007年11月28日)
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/maemimovie/index1_0.rdf