Hydnellum peckiiに関する資料をまとめておく

December 01 [Mon], 2014, 17:07

Hydnellum peckiiの資料をまとめたサイトを調べてみましたが、殆ど見つからず。Wikipediaは英語だからちょっとねぇ・・・

ということで自らの手で作りました。一部間違っている箇所があるかもしれませんが、この資料が少しでもお役にたてたら幸いです。





画像はWikipediaのものです

Hydnellum peckii

Hydnellum peckiiとは、イボタケ目マツバハリタケ科チャハリタケ属(?) (属は正確でない可能性あり。海外表記はHydnellum種)のキノコ。

針葉樹の地上に発生し、菌根を形成して散らばって生息する。

和名は不明ですが、パナップタケと呼ばれる事もあります。

主に北米、ヨーロッパなどに生息し、北アメリカでも確認されている。近頃では2008年にイラン、そして2010年では韓国でも発見されている。今のところ日本では未確認。

読み方

世界番付ではHydnellum peckiiを「ハイドネリウム・ピッキー」と言って紹介していましたが、実はこの読み方は間違い。

実際は「ヒドネルム・ペッキー」の方が正しい。

しかし、人によってはヒドネルムを「ハイドネルム」や「ハイドネラム」と言ったり、ペッキーを「ペキイ」または「ペクキイ」と言う方がいます。

実は、これが正しい!という読み方はまだちょっと曖昧なんですよね。私は「ヒドネルム・ペッキー」だと思いますが。

どちらにせよ「ハイドネリウム・ピッキー」は読み間違いであることは知っておきましょう。

特徴

このキノコの最大の特徴はなんといってもその見た目でしょう。先ほど見せた画像は既に成熟し、若い頃の特徴を失った姿です。

では若い頃は一体どんな姿をしているのでしょうか。

それは・・・










これです

本体の色は白色で漏斗型ですが、形は非常に変形しやすい。そして若く湿ったものは怪しげな赤い液滴を滲み出す

結果、このような姿になってしまうようです。

この外見から「出血キノコ」「苺クリーム」「悪魔の歯」とも呼ばれる。

これをぷっちょみたいだと言う方もいますね。そう考えると美味しく見えなくもないような気もする・・・。

しかし成長するにつれ傘の色は赤い液滴によって茶色になり、成熟する頃には若い頃の特徴はなくなり、やや地味なキノコに落ち着くようだ。





この赤い液滴にはアトロメンチン(アトロメンチン、2,5-ジヒドロキシ-3,6-ビス(4-ヒドロキシフェニル)-2,5-シクロヘキサジエン-1,4-ジオン)という物質を含み、抗凝固薬、抗菌作用を持つことが分かっている。





傘の裏は針状になっており、そこから胞子を出すという。

また、このキノコには重金属を吸収して蓄積する能力があり、スウェーデンの現地調査により真菌の菌糸体でセシウムが発見された。

無毒?

その恐ろしい姿から毒キノコを思わせますが、これでも毒はないらしく、ほのかに甘い香りがあるみたいです。

しかし味の方に関しては恐ろしいほど苦く、食用にならないとのこと。


つまり、毒はないが不味くて食えない。


でも本当に無毒なのだろうか?サイトによっては有毒と書かれていることもある。いずれにせよ命に関わる程の毒性はないと思いますが・・・




Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

>奈々氏さん
コメありがとです!
他にも超マイナーな毒キノコの資料も載せていますので
よかったら見ても良いです

by しばいぬ February 23 [Mon], 2015, 15:01

情報ありがとう!

by 奈々氏 February 19 [Thu], 2015, 21:04
Trackback
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:コルティ
  • 趣味:
    ・キノコ-毒キノコが好き。でも食べるキノコも好き。
    ・絵-割と画力には自信があったりなかったり。
    ・料理-でも手間がかかる料理は苦手だったり。
読者になる
主に毒キノコにまつわる情報をできるだけ詰め込んだブログ。最近、毒キノコにハマってきた、もしくは毒キノコの情報がもっとほしい、そんな方におすすめしたいブログです。

ベニテングタケ、ドクツルタケなど、有名どころやジンガサドクフウセンタケ、ドクキツネノカラカサなど、一般的には殆ど知られていない猛毒キノコの情報もありますので、よかったらゆっくり見ていってね!でも一部キノコとは無関係の記事もあるよ!

あとニコニコ動画で東方手書き劇場もやっています。よかったらこれもゆっくり見ていってね!

ニコニコのマイリスト→mylist/61065661

Twitter→coruthi

pixiv→pixiv.me/coruthi

以前は「しばいぬ」というユーザー名でしたが、その他のサイトで活動しているユーザー名に従い「コルティ」に変更しました
最新コメント
姉ちゃん。
» 東方手書き劇場を初めて1年経った感想とか (2019年03月07日)
コルティ
» ドクヤマドリの毒成分・中毒症状など (2019年01月13日)
名無し
» ドクヤマドリの毒成分・中毒症状など (2019年01月08日)
コルティ
» ホテイシメジの毒成分・中毒症状など (2018年12月27日)
姉ちゃん。
» ホテイシメジの毒成分・中毒症状など (2018年11月29日)
コルティ
» ミナミシビレタケの毒成分・中毒症状など (2018年11月20日)
トリュフ
» ミナミシビレタケの毒成分・中毒症状など (2018年10月28日)