愛情の充電

2006年08月31日(木) 11時46分

真新しい三輪車に乗り嬉しいはずなのに、なぜか表情の固い息子です。
「父ちゃんに送る写真を撮るよ〜」と言ったから、格好つけてポーズとってるんでしょうか?(笑)

今日、息子に「母ちゃん、もうポンポン(=お腹)痛くないの?」と聞かれた時、やはり小さい彼なりに心配していたんだなぁと確信。きっとあんまりワガママを言わないようにもしていたんだろうなぁと思いました。

というのも、入院中の私を父親と一緒に見舞いに来てくれた時、私が腕に点滴の管を付けているのを見たら「あ!」って顔色が変わったんです。そのせいか、母親のいない間、父親に対しても祖父母に対しても、あまりワガママを言わず良い子にしていたらしい。きっと、彼なりに「ただならぬ状況」だと感じ取っていたのでしょう。

幸いなことに、この年頃の子供は一つの感情に支配される時間が短くて気持ちの切替が早い。
私に会えない間ずっと寂しい気持ちを抱えていたわけではなく、純粋に楽しい時などはコロッと忘れてたはず。(笑)
でも、時々ふとした瞬間に思い出しては寂しそうな顔をしたり、「母ちゃんは?」と聞いたりしていたそうです。

退院して日曜以降は痛みがない私。ほぼ復活かな?
身重のため無理はできないけれど、安定期に入ったので体調は良好。これから第二子出産までは息子のことを第一に、平日母子2人きりの生活も大切に過ごしたいと思っています。

夫とも話したんですが、息子はいざとなったら自分の気持ちを抑える優しさを持っています。
優し過ぎる性格ゆえ、時に頑張り過ぎてしまう傾向あり。自分の気持ち第一優先の押しの強い性格ではないんですよね。だから、きっと家族が増えた直後は今回のように協力的になることでしょう。

親としては非常に助かるけれど、それに甘んじないよう気をつけなければと思っています。
なにせ頑張り過ぎてしまいますからね、我が息子は。協力してもらった後は、感謝の気持ちを込めて精一杯の愛情を注ぎたい。

離れていた時間が長かったので、暫くの間は息子が望むだけ抱っこをし、とことん「愛情の充電」をするつもり。身重で病み上がりといえど、愛情の出し惜しみはしません。特に実家にいる間は家事の負担が殆どゼロなので、後先考えずベッタリ過ごそうと思います。

  • URL:https://yaplog.jp/m403/archive/143
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2006年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像shu@M403
» やるねぇ、IKEA! (2006年09月16日)
アイコン画像ryon
» やるねぇ、IKEA! (2006年09月15日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:m403
読者になる
Yapme!一覧
読者になる