★身長差のある恋 9 ★思いがけず修羅場った

August 30 [Tue], 2005, 1:27
ちょっと気晴らししようとおもったのに
結局彼女と裕輔見ちゃうなんて最悪・・・。
彼女を見たいような見たくないような、複雑な気持ちだった。
裕輔たちのテーブルあんまり見れなかった・・・。
(あたりまえ?)

しかも裕輔の学科の先輩とかもいて、4人ぐらいで楽しそうに飲んでた。
あたしは裕輔とエッチはしても
あんな風に裕輔の知り合いに紹介してもらうことはないんだろうな・・・。
と思うと本当に悲しかった。。。

でも本当に悲しくっておそれていることは


会えなくなること・・・。


あたしは二号でも現地妻でも浮気相手でもなんでもいいから
他人に紹介してもらえなくてもいいから
裕輔と会いたい
と思っていました。

今当時の自分につっこむならば・・・・


『自分で自分の価値下げんな!(`□´)安売りすんな!(`□´)』

ってかんじなんですけど、そのときはほんとに裕輔のことが好きで好きでしょうがなかったです。
会えるならなんでもする、と思っていました。
でもあくまでそれは二番目でいることが前提の話・・
と自分ではわりきっていたつもりだったのに・・・・。

彼女が帰った後、裕輔から
「彼女にちはるのこと話した。しばらく考えたいから時間ちょうだい?」
ってメールが・・・。

あたしはそんな急展開、正直望んでなかった。
もうちょっとあたしが自分をアピールする時間くれないとさ、
三年も付き合ってる彼女さんには勝てないよ・・・と思った。
  • URL:https://yaplog.jp/m042114w/archive/12
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。