ルイ・ヴィトンはいつの時代でも特注に応え続けてきた

August 14 [Tue], 2012, 3:47
ルイ・ヴィトンは、時代の変遷とともに、さまざまな模様やデザインが発案され続け、現在に至りますが、通

常一般人がルイ・ヴィトンを購入する際は、店にラインナップされた商品から、選んで購入するという経過を

とりますが、ルイ・ヴィトンでは、伝統的に特注にも対応し続けてきた歴史があります。特注用にカタログも

用意されているようです。
特注をする場合は、カタログを見て、その中から気に入ったものをオーダーした後に作る商品。例えば、タン

スのように大きなトランクで、「ワードローブ」と呼ばれるものは、オーダーを受けてから作ります。値段も

サイズにより異なりますが、140万円から300万円くらいするようです。
あるいは、雛形のバックなどのレザーの色を変えたいとか、素材を換えたいというリクエストにそって特別注

文を受けるオプショナルオーダーも出来ます。また、自由に自分が身につけてみたい商品を相談してデザイン

をするクリエーションオーダーというものもあります。こういったオーダーは、やはりセレブたちがこぞって

するのでしょう。
いずれにしろ、通常の店頭に並んでいるルイ・ヴィトンの商品もすぐに手が出る代物ではないのですが、それ

が特注となるのですから、オリジナリティが出せますが、目が飛び出るほどの値段であると想像するのは、難

しくないはずです。
  • URL:https://yaplog.jp/lvorg/archive/6
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/lvorg/index1_0.rdf