PIZZERIA IL TAVOLO(ピッツェリア・イル・ターボロ )

2009年05月31日(日) 21時48分
久しぶりに県北へ用事があり、お友だち親子とお出かけ。
用事は無事お昼頃終了し、それじゃランチ行こう!と、なりました。



で、向かった先は『PIZZERIA IL TAVOLO(ピッツェリア・イル・ターボロ )』
以前から、目は付けてたものの…
きっといっぱいだろうなぁと、スルーしてたのだけど…
今日はなんだか、とってもイタリア〜ンな気分で、待ってでも食べようと…根性入ってました〜(笑)

ほぼ15分後に席に座り、注文したのは「本日のランチ」(サラダ又はスープ・ドリンク付)1050円
パスタやピザなど、メインが選べるランチが、4種類ほど用意されていました。
他にも、ピザとパスタ両方に、ドリンクとデザートが付いたミニコースっぽいのもあったみたいですが…
やっぱり、とりあえずはお手軽ランチってことで。



まず、運ばれてきた「サラダ」です。
レタスとパプリカにオニオンなどの、シンプルなグリーンサラダであります。

あれ…?サラダの向こうに見えるのは…「グラスワイン」じゃないの?
しぃ〜!こっそりと飲んでるんだから、ここだけのないしょってことで…よろしくっ!(滝汗)



サラダをアテに、内緒のワイン(笑)飲んでたら、目の前にあるピザ用の石窯が、もうもう気になっちゃって!
そういえば、お店の前に、薪が積み上げられていたっけ…

ひとつずつ、火力の加減を確認しながら、丁寧にピッツァをまわして近づけて…
愛着もってピッツァを仕上げてるのがわかるほどに、じっくりと焼き上げてました。
もしかして、私がたのんだピッツァかもしれない?
そりゃもうもう!期待度UP



先にやってきた「小えび・コーン・オニオン・ピーマンのマヨネーズソースピッツァ」
これは、下の子のお友だちが注文した品。

生地のふっくらこんがり度、かなりいい感じ〜〜
食べたとたんに、おいしそうな顔してニッコリ〜だし…
これは、自分のピッツァに、ますます期待しちゃう〜〜



私がチョイスしたのは「ロースハム入りマルゲリータピッツァ」
ふっくらこんがりぃ〜の度合いは、私のほうが高いかも?
香りもすごくいいし、テーブルに置いてあったタバスコを振りかけ、わくわくしながらお口へ〜〜



持ち上げて、チーズをにゅ〜〜ん!

しまった!パシャしてもたもたしてる間に、少し水分がしみ込んじゃった…(汗)
ふっくらとした耳(?)と、パリッと薄いトッピング下の生地。
薄い分、時間が経つと水分を吸っちゃうのは、仕方ないですね。
でも、この薄さは嫌いじゃないです。
あんまり厚いと、パンを食べてるみたいですもんね(笑)

もちろん、ジューシーなトマトのさわやかな酸味は、チーズとの相性も程よくて、思ってたよりもおいしかったです。
結構ボリュームも、ありましたよ〜



下の子は「鶏胸肉と野菜のガーリックオイルスパゲティ」をチョイス。

スパゲティは、ピッツァとは違うシェフが作ってました。
出来上がった直後に、女性スタッフがチーズをすりおろしてから、持ってきてくれます。

スパゲティの色を見ると、なんだかいい感じの茹で具合。
粉状じゃないチーズは、ふっくらふんわりとかかってて、すごくおいしそう!
せめて3本だけでも!と懇願したけど…叶わなかった…(涙)
けちぃーーっ!!!



私以外の大人がチョイスした「スルメイカとナス・小松菜のトマトソーススパゲティ」
これもやっぱり、持って来る直前にチーズをすりすりしてくれました。

私のピッツァとトレードで、ダンナから少しゲット。
スパゲティの茹で加減は、硬めでいい感じじゃないでしょうか。
トマトもジューシーで、さわやかなおいしいパスタでありました。
が…イカの炒めた香ばしいおいしさじゃなく、煮込んだような旨みが…どちらかといえば私の好みじゃなかった…かな?

ピッツァのボリュームに比べて、少々ボリュームが少なかったかも…と、言ってました…
まぁ、私は注文してないので、分からずでしたが…



ピッツァを焼く石窯には、常に適度な火がありました。
この石窯見てるだけで、ワインが飲めそう…(妄想中)

じっくりと眺めてるうちに、きわめて幼少時代に見た、特撮ものに出てくる…何かを連想してしまった私でした…
ええっと…なんだっけ…???(まぁ別に、何でもいいけど…汗)



食後は、デザートは注文せず、「エスプレッソ」を注文。

ダンナは、食事中にウーロン茶を飲んでました。
子どもたちは、コーラとオレンジジュースだったっけ?

今回はだれもデザート注文しませんでしたが、+200円で、5種類ほどから選べるデザートが付きます。
この日は、あんずか洋梨のタルトに、パンナコッタとマンゴープリンとライチアイスのいずれかでした。
これだけから選べるデザートが+200円なら、ベツバラ持ってる方にはうれしいかもしれませんね。


ランチタイムが終わりそうな時間でも、後から後から、お客さまが訪れてきます。
以前、津山に住んでたお友だち、この周辺にこんなオシャレなお店が出来たことに驚いてました。
駐車場に止まってた車のナンバーは、県外ナンバーもちらほら。
その人気の度合いが、うかがえます。

お子ざま連れにも優しい。スタッフの方々。
もちろん、他のお客さまにも、気持ちの良い対応ぶりでした。
惜しみなく出してくれる取り皿を、きちんと暖めてあったのが、わたし的にはポイント高かったです。

遠いけど、また訪れたくなる、そんなお店でありました〜

そうさく料理 こっく

2009年05月30日(土) 22時20分
今週のこっくは、海老とサーモンのあわせ業だよ〜〜と、そそられて…
ぎりぎりまで、来れるかどうか心配だったけど…よかった!来れたよーーっ!

そう…遅めに起きた子どもたちに、少なめの朝食を食べさせ、開店と同時に訪れた『そうさく料理 こっく』
前回、シェフのそうさくランチが限りあるものだと、ショック受けたんだっけ。
こうなったら、出来るだけ通うしかないなぁ…(涙)



今週の「きまぐれシェフの 今週のそうさくランチ」
 (デザート・コーヒーまたは紅茶付)1100円
です。



お魚のメインは「海老のフリッター レモン醤油ソース」!!!

もちろん、私だけじゃなく、子どもたちもこちらをチョイス。
サクッとふわっと、ここでしか味わえない不思議な衣と、プリッとした海老ちゃんのコラボ。
ああ!ほんと、食べることが出来て、良かったよ〜〜

すっきり和風のソース、やっぱりよく合いますね。
しみ込んだ部分はとろっと、しみ込んでない部分はサクッと、1粒 1尾で2度おいしい海老フリッターであります。



お肉メインの「ビーフカツ 和風マスタードソース」は、ダンナがチョイス。
もちろん、私の海老ちゃん1尾と、ビーフカツ2切れをトレード。

しかしほんと、こちらのビーフカツの厚みったら!
ランチでデザートやドリンクまで一緒につけて、いいの?って感じの厚み。
しかも、お皿からはみ出るくらいのサイズ。

上からは、粒マスタードが入ったさわやかなソースがたっぷりかかっています。
この和風ソース、好きだなぁ。
酸味が絶妙で、マスタードのピリッとしたあの旨みがナイス!
揚げ物ならなんでも、いけそうな気がする。
ボトルに入れて販売したら、間違いなく買っちゃうだろうなぁ(笑)



「本日の前菜3種」です。

ヒヨコマメ、さいの目のジャガイモとエリンギ。
いつも必ず、味とともに食感を楽しませてくれる小鉢たち。
国籍不明な味のクセに、全く違和感なく、むしろウエルカムしてしまう3姉妹(兄弟?)…

疲れきってるときは、何が入ってるかなんて考えず、おいしさだけを追求しちゃえ〜〜



今週の小鉢、まずは「高野豆腐とひじきの白菜ロール煮」から。

白菜で巻き込んだ中には、私があまり得意じゃない高野豆腐が入ってるってことですが…
あれ?ほんとにあのパサパサスポンジのような高野豆腐が入ってるの?って感じです。
昨日も、まるで鶏肉のような高野そぼろを食べたばかりですが…
今日もまた、言われなければ鶏ミンチで出来てるんだろうと思える中身。
実際、鶏ミンチも一緒に入ってるのかな?
ひじきの味や食感も、これまたいい味出してます。

何と言っても、白菜ロールを煮込んだお出汁が、いろんな旨みが出てておいしくて。
高野が、その旨々のお出汁吸って、おいしく変身しちゃったんでしょうかね〜



続いては、「サーモンと薬味野菜の春巻き包み揚げ」

海老とサーモン。。。釣られ率100%の私です〜〜(笑)

シェフお得意の、さっくさく熱々の創作春巻き。
サーモンをかかえ込むように巻かれたシソが、いい味出してました。
そのサーモンの上には、細切りされた…大根?なんだったんだろ?
それがしっかりサーモンの旨みを吸ってて、それらに絡んだチーズも、いい仕事してました。

これ、お皿に山盛りしてもらって、シュワシュワしたい妄想に取り付かれてしまいました…
でもほんと、おいしいだろうなぁ…



そして最後は、「夏野菜のガトー仕立て」

ナスにオクラやベビーコーン、ブロッコリーなどが、彩りも美しく積み上げられています。
ベースに使ってるのは、ペースト状のかぼちゃ。
お野菜はそれぞれに、ひと手間加えてからあわせてあります。

ほんと、いろんな味が合わさってるのに、味が上手くまとまるのがすごいです。
特に、じっくりと味がしみ込んだナス、かぼちゃと合わせると、すごくおいしかったです。

そして、お出汁が利いたおいしいお味噌汁飲んで、出し巻き玉子食べて、今日も満足満足!
どれも、しっかりと記憶に残しておかなきゃね!



本日のデザートは、「ふわふわミルクムースのワラビ餅仕立て」「ゴマとココアのパウンドケーキ」でした。

私を除いて、3人ともがチョイスしたパウンドケーキ。
お腹いっぱいで食べれなくなってしまった下の子から、半分ゲット!ラッキ〜!!
ぷちぷちゴマの香ばしさがうれしい、しっかりしたココアのケーキでありました。



私だけがチョイスした、「ふわふわミルクムースのワラビ餅仕立て」は、この断面を見てもらえば、口溶けしゅわ〜な快感が、分かってもらえるでしょうか?
スプーンですくったときには、ぷるんぷるんなのに、口に入れた途端に、ふわぁ〜っと溶けるんです。

たっぷりまぶしたきな粉、すごくよく合っていましたよ〜
最後の最後まで、楽しませてくれてありがとう!



壁に貼られた、こんなお知らせを発見!
ついに、カウントダウンが始まったんですね。
さみしいな・・・・・・・・・・・・・

でも、新たな『ぐりる・こっく』の誕生で、昭和の世代にはうれしい、昔ながらの洋食ランチが食べれるんですね。
シェフの、新しいお店も楽しみだし。
お楽しみが2つに増えたと、ポジティブに考えることにしよう!

シェフの新しい旅立ち、応援してますよ!!!
7月15日まで、出来るだけそうさくランチを食べにまいりますので、よろしくっ!

Patisserie Babillage −パティスリー・バビヤージュ−

2009年05月30日(土) 21時17分
下の子のお誕生日は…忙しい真っ只中だったために、スーパーのショートケーキで我慢してもらった…(汗)
で、今日やっと買いに行けることとなり、どんなケーキがいい?って聞いたら…

即答で、『Patisserie Babillage −パティスリー・バビヤージュ−』の「ガトーショコラ」がいいっ!と(笑)

クリスマスケーキでガトーショコラを注文して気に入ったのに…前回はショートケーキとシュークリームしか買わなかったので…
余計に、ホールのガトーショコラが恋しかったみたいです。



で、「ガトーショコラ(直径18cm)」2500円のお誕生日バージョン。

一度でいいから、この丸ごとを2人だけで食べてみたい!の希望を、今日は叶えてあげようと思います。
お誕生日プレートは、チョコではなくてお砂糖で出来た板製。
ろうそくは、長いものと短いものが選べます。

せっかくだからと、長いのをお願いしましたが…
このケーキに、十本以上の長いろうそくって…似合わなかったかも…?(涙)



トッピングは、イチゴとざくろ(?)と、ブルーベリーなどのベリー系。
葉っぱのように美しく作られたチョコの細工が、ステキ〜〜
この、チョコだけつまみ食いしたかったなぁ…
…イチゴとざくろしか、くれなかった…(涙)



ダンナは、定番中の定番の「イチゴのショートケーキ」400円をチョイス。

なにも、こんなにオシャレなケーキが並んでる中で、コレ頼まなくても…てな感じですが…
でも、ジュースはバナナ、ケーキはイチゴショートが大好きな、オシャレとは縁遠いオヤジなんでね〜(笑)

やっぱり、定番は安心して食べられるようです。



しかし…そんなオヤジが「レアチーズ」380円も追加で購入。
どうやら以前に食べて、かなり気に入ったらしい。

めずらしい!ショートケーキ以外で、同じものを選ぶなんて…
よほどおいしかったんですね?
でも、2個も食べて、リバウンドは大丈夫?



私がチョイスしたのは、「シシリアン」350円
今まで食べた中でも、一番甘さ控えめで、なんだか無性にコレが食べたくなって…

久しぶりに食べてみて、やっぱりこちらのケーキが、自分の好みだと実感。
ピスタチオの香ばしいおいしさと…洋酒も利いてるのかな?
食後に食べても、ヘビーじゃなくて、お酒とも合いそうなところがたまんない〜


子どもたち、さすがに買った日に全ては無理でしたが、2人できれいに食べてしまいました。
これで暫くは、ガトーショコラが食べたい!なんて、うるさく言わなくなる…よね?…多分…?

ところで、いつも接客してくださる、女性スタッフ…
物腰も、笑顔も、心配りも最高!思わず、惚れてしまいそうなほどに、ステキです!
いつも気持ちの良い接客、ほんとに、ありがとうございます!
これからも、よろしく〜〜

ティルナノーグ【其の1】

2009年05月29日(金) 22時25分
お待たせしました〜
『ティルナノーグ』’09.5月のメニューです。
前回はまだ、春真っ盛りって感じでしたが…
初夏の日差しを感じる今日この頃…

…日焼けが怖い!お年頃だったーーっ!




5月のメインディスプレイ
わぁ〜い!そら豆くんだぁ〜

空へ、空へと伸びる、そら豆の木。。。
登っていったら、どんなアドベンチャーが待ちうけてるのでしょう。。。



今月のテーブルコーディネート
若草色と生成りの組み合わせ、ステキ〜〜

若かりし頃、こんな色合いの服を、知的に着こなすオトナのオンナにあこがれた…
…結局、叶わぬ夢だったなぁ…(遠い目)



【食前酒】
人参とマンゴーのカクテルですって。
風味付けに、泡盛を少々。
そして、その底に隠れてる、黒砂糖を使ったシロップ。

これ、いいっ!すごく、おいしいっ!
人参の甘さとマンゴーの甘さがコラボすると、お互いの利点を強調しあうのね。
口の中にふわっと広がる甘さは、すごくいい感じの余韻を残して消えてく。
そして、最後にコクのある黒砂糖の甘さが広がってく感じ?

人参はそんなに好きじゃないけど、これならおいしく飲めるから作ってみよう!と、お友だち。
ほんと、人参嫌いを克服できそうなカクテルです。ま、子ども向きじゃないけど…(笑)



【前菜】
「キャベツともちあわのスープ」
「グリンピースコロッケ」
「青菜の山葵ゼリーかけ」

スープとコロッケのいい匂いが、私の食欲を誘ってくる〜〜



「青菜の山葵ゼリーかけ」は、まるで和菓子のように、きれいな透明の衣に包まれた青菜。

その透明のゼリーは、お出汁のおいしい味とともに、山葵の風味がいい感じに利いてる。
しゃきっと気持ちのいい噛み応えの…小松菜?を、すごく引き立ててくれます。
まるで、活きのいい青菜のわさび漬けを食べてるみたいで、おもしろ〜い!

この山葵の辛味成分って、殺菌作用だけじゃなく、発癌物質が活性化しないようにしてくれるらしい。
時折、無性に食べたくなるジャンクなフードには、山葵つけて食べるべきかな…?(笑)



「グリンピースコロッケ」は、あつあつ揚げ揚げ〜

さっきから、じゅわじゅわと…わくわくする揚げ物の音とともに、いい匂いが漂ってきてたんですよね〜
もう、待ってました!って感じですよ〜(笑)

サックリとした衣の中には、これまた歯ごたえを程よく残してクラッシュしたグリンピースと甘々玉葱がざっくざく。
ポテトやクリームソースなどのつなぎがないのに、ほくほくとおいしくいただきました。
炒めた玉葱、いい仕事してますね〜

「キャベツともちあわのスープ」は、とろみのある優しい味のスープ。
キャベツの甘さと、シャキッと感を上手く残しています。

もちあわって、今まで知らなかったけど、粒々もっちりとおもしろい。
胃腸や腎臓の働きを助けてくれるんですって。
でもほんと、ほっとするスープですね。



【あさりと豆苗と春雨のサラダ】
彩りがきれいな、食感がたのしいサラダです。

あさり、とっても絶妙な火の通り具合で、噛めば噛むほど旨みを感じます。
春雨はこりこりっとしてて、豆苗はシャキシャキ。
抵抗力を高めたり、疲労回復の即効性もあるという豆苗は、少し残したクセがいい感じ。

敷かれたソースが、これまたクリーミィでおいしい。
あと口にくどさを残さず、旨みだけ残す、すごく好みなソースだったので…
最後残ったのを、いつまでも箸ですくっては舐め、すくっては舐め…
それでも残ってしまったソース、ほんとはお皿ごとナメナメしたかった…(涙)



【空豆の天然酵母ピザ】
今月のコナモノは、そら豆くんののったピザです〜
赤と緑と白で、イタリアンカラーだわぁ〜〜

薄いけど、パリッとサクッと最後まで食べられるピザ生地は、トマトの水分やチーズの油分でも、へたったりしません。
焼くことで、旨みを増した空豆と新玉葱。
ピザ生地とにゅ〜んなチーズの、旨みと香ばしさとがあいまって…もう!たまらん!!ってな感じです(笑)

ワイン…合わせたら、最高だろうなぁ…(妄想中



【鰆とアスパラの湯葉まき 寄せ豆腐仕立て】
運ばれてすぐに、餡の上品なお出汁の香りが…ほぉ〜っと安らぎを与えてくれます。
日本に生まれてよかったなぁ〜(ちょっと、大げさ?)



中心の鰆とアスパラの湯葉まきを、寄せ豆腐の中からスポッとぬいてみました。
鰆のジューシーな旨みが、伝わりますでしょうか?

その旨みは、しゃきっと歯ごたえ残したアスパラにも絡んでて、アスパラの甘みが際立ちます。
巻いてある湯葉には、お出汁の餡がたっぷり絡んでて…
はふはふしながら、大きな口でかぶりつくと、いろんなおいしさが次から次へと広がる感じ。

その合間に、寄せ豆腐をお出汁とともにスプーンですくって…
一口食べては、旨っ!を、ひたすら繰り返していた2人でありました〜(笑)

其の2につづく。。

ティルナノーグ【其の2】

2009年05月29日(金) 21時47分

【今月の中国茶】
「花開富貴(カーネーションの工芸茶)」
お湯を注いだら、花が開くまでしばらく待ってくださいねと言われ、待つこと数分。
わぁ〜〜!キレイに花が咲きました〜

茶葉の花が開くとともに、ジャスミンの華やかな香りが広がってきます。
注いで飲むと、なんだかとってもココロが安らいでくる。
ほんと、好きです!上質なジャスミン茶。

これは、中のお花がカーネーションみたいです。
カーネーションのお茶なんて、飲んだことがなかったので、これがカーネーションの香りってのは分からず(汗)
全然生臭くなく、おかわりしたポットのお湯を全て入れて飲みつくしても、最後までおいしくいただけました。



【高野そぼろ玄米ごはん】
今月は、そぼろご飯ですって。これ、見るからにおいしそうです。

ふわふわの玉子と、甘辛く味がしみ込んでる高野のそぼろは、合わせて食べるとまるで鶏そぼろのよう。
実際、お友だちったら…鶏だと思い込んで半分以上食べてました。
えっ?そうなの?って…だから、メニューに書いてあるでしょ?(笑)

でも実際、メニューに書いてなければ、私も分からなかったかも?
高野がそんなに好きではない私ですが、これならとってもおいしく食べることができそう。
いいもの教えてもらったなぁ〜
…あ…作り方聞くの忘れた…(滝汗)



【デザート】
「グレープフルーツブラマンジェ ローズマリーシロップ」
上品な風味のブラマンジェは、ローズマリーのシロップでもっともっと上品さがグレードアップされています。
ミルクセーキとシナモンスティックが合うように、ミルクとローズマリーの相性もいいんですね。
初めて知りました。

そして、もっとびっくりしたのが、このピンクグレープフルーツとの相性。
ヨーグルトとなら合うけど…と、最初は不安に思ってたけど、食べてみるとしっくりくるんですね。
これはもしかして、ローズマリーが一役買ってるんでしょうか?
食べた後に、さっぱりするのも、私にとってはうれしいな〜



「よもぎシフォン 小倉クリームサンド」
「チェリービスケット」
「キャロブソースがけアイスクリーム」

今月のデザート盛り合わせ、とってもシックな色合いがステキ!



「よもぎシフォン 小倉クリームサンド」は、今回一番気に入った品。

よもぎの風味がしっかりと利いたシフォンは、もちろんふっかふか。
そして、間にはさまった小倉クリームが、すごくこの風味を引き立ててくれます。
外しのない組み合わせながら、やっぱり小豆本来の旨みとか控えめな甘さとかが、私の好みぴったりでありました。

よもぎといえば胃腸の働きを整えてくれる、大変ありがたい葉っぱです。
高血圧の予防にもいいんだって…知らなかったなぁ。



「キャロブソースがけアイスクリーム」は、香ばしい風味のアイスクリームでした。

カリッと香ばしく焼いたスライスアーモンドだけの香ばしさだと思ったら…
かかってる黒っぽいキャロブソースも、カカオの風味がして香ばしかったみたい。
キャロブって、イナゴマメとメニューに書いてあるけど…どちらも初めて聞いた名前だなぁ。
カルシウムや鉄分、食物繊維などを多く含んでるらしいけど、おいしくて栄養価が高いってうれしいなぁ〜


「チェリービスケット」は、タルトとパウンドケーキの中間くらいの食感かな?
密度の高いケーキは、食後には少々苦手な私ですが、こちらのほろにがくておいしいコーヒーとの相性は抜群でありました。



構図がイマイチで、とってもわかりにくい、サブディスプレイのパシャ…(汗)

シンプルだけど、葉っぱと赤い実が、とってもかわいい!
思わず近寄って…



接写モードで、赤い実をパシャ。
でも、ちっともステキな構図になってなかった…(涙)


ほんと、壷に生けた花や、トイレの中、そしてドアノブに至るまで…
見るもの見るもの、シャッターを押したくなる、そんなステキなお店であります。

目も舌も、ココロも満足させていただきました〜
ほんと、いつもありがとうございます。
また、来月もよろしくお願いしますね!


さて、それじゃまた、ちょっと寄り道しちゃおうかな〜

つづく。。。

イーハトーブ @倉敷市児島駅前

2009年05月29日(金) 21時20分
この日、帰りに立ち寄ったカフェ、それは…



児島駅からそんなに離れていない、『イーハトーブ』であります。
前回訪れたのは、なんと3年近く前。
何度かここへ来ようと思いながら、場所を勘違いしてて、たどり着けなかったってのもあるんですけどね〜(汗)



注文したのは、やっぱり「イタリアン(深煎り)」370円です。

このカップ&ソーサーって、私が大好きなウエッジウッドのだよね〜
うれしい〜〜
この伝統あるカップが、大切に使い込まれたテーブルと、すごく合う気がします。
お友だちのも、私とは違う種類のウエッジウッド製カップでした。



そしてその中身のコーヒー…う〜ん、いい香り〜
やっぱりここのコーヒーって、好みだわ〜

カップはきちんと温めてあるので、湯気とともに香ばしい香りが漂ってきます。
そしてもちろん、飲んだ後の余韻も、とてもおいしいコーヒーであります。

価格、以前と変わってないのね〜
最近では、1杯400円〜450円が当たり前になってしまった、本格コーヒー。
こちらでは、価格据え置きのまま!すごい!370円って安いよね〜



昔から変わらない、温かみを感じる、木製のテーブルや内装。
丁寧に使い込まれてるからこそ感じる、ココロが落ち着く雰囲気がここにはあります。



店内のあちこちに、お花やグリーンが置いてあります。

窓辺のグリーンに、レースのカーテン。
こんな場所にいたら、溜まったストレスも消えてなくなりそうですね〜



その窓のふちに差してあった、オシャレな薔薇のプッシュピン。

直径1.5cmほどの小さなピンだけど、思わずカメラを向けてしまいたくなるかわいさでした。
こんなの、欲しい〜〜
…似合わないのは分かってるけどね…(涙)


さて、今日はそんなにゆっくりしてはいられないんだっけ。
短時間でも、ココロが安らげる空間に感謝しつつ、お店を後にした私たちでした。

また、安らぎに参りますね〜

ここ 行ってみたいかも〜ってかた
応援ぽちっと お待ちしてますね〜♪

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岡山情報へ
にほんブログ村

えびめし @ まるだい円山店

2009年05月24日(日) 21時18分
いんでいらのえびめし食べたくなって、今日は『まるだい円山店』へ。
そう…
こちらのスーパーでは、2階にある『ピクニックレストラン 円山店』のえびめしなどを、惣菜コーナーで販売してるんです。
気になりつつ、買って食べたことがなかったんですよね〜
楽しみぃ〜(わくわく♪)



で、購入したのは「えびめし コロッケ付」220円

自宅にて、温めなおして食べたのだけど…
それにしても、海老がちっちゃく縮んじゃってる?
ちなみにこれは、温め直す前のパシャです。

一度冷めちゃってるので、どうしても油っこくなるのは…仕方ないかな。
海老もだけど、ご飯の粒の食感も、なんだか違う気がする…気のせい?

えびめしの上にのせてあったコロッケは、カレー味のポテトコロッケでした。
レストランの味って感じじゃなくて、お惣菜屋さんのって感じだけど、嫌いじゃないかも。
ウスターソースが添えてあったのが、印象的でした。



えびめときたら、やっぱり「コールスローサラダ(大)」210円もなくっちゃね!

全体的に、お店のよりも切り方が細かいような?
人参…入ってたっけ…

とかなんとか考えてたけど…
私は、そんなに『いんでいら』のコールスローって、食べてないんだっけと…今更ながら思い出す…(汗)
お砂糖の味がするもの全てが、苦手だった若い頃…こちらのコールスローは、甘ったるいと思い込んでたので…

食わず嫌いは、損することが多いですね〜

これらの品は、『ピクニックレストラン惣菜部』が製造してるそうで…
これって…?上のピクニックレストランの厨房製…よね???
もうひとつ、深皿のような容器に入った、コールスローが付け合わされたえびめしセットも売ってました。
一瞬悩んだけど…そっちは、ぐっと高かったので、つい安いほうにしちゃったけど…
次回もし買うなら、そっちを買ってみよう!

…ってか、やっぱりレストランで、出来たてを食べるのが、一番ですね〜(当たり前)



続いて目に付いたのは、当店のおすすめ品「とり酢」150円

店名に数字がつく、某居酒屋グループの「とり酢」、実は大好きなんです。
割烹などで出る突き出しじゃなくて、あのチープな感じ?(笑)が、好きなんです。
…そういや、しばらく行ってないなぁ…

こちらのは、そんな居酒屋のとは、また別のタイプでした。

普段見かけるよりもチョイ太い春雨は、しっかりと甘酸っぱい味がしみ込んでて弾力もあります。
この食感、好きかも。
長さもあるので、思わずすすってしまい、大きくむせた…おバカな私でありましたぁ〜(恥)
酢の物と唐辛子が効いた麺は、すするとき気をつけましょう〜〜(笑)

これ、焼酎との相性もよくて、150円の価格とともにとっても気に入りました。



そして、ど真ん中で目立っていた「カレイの唐揚」180円

大きさは、頭から尻尾までが20cm超えるくらいかな?
この大きさのカレイ、調理してなくても、こんなに安くはないと思う。
コレは買いだ!とばかりに、買って帰りました。

我が家のオーブントースターにぴったりなサイズ。ナイス!(笑)
焼き直して、ヒレをパリッとさせて食べたら、ヒレはサクサクして、身もけっこうあっておいしかったです。
ポン酢とネギと、たっぷりの七味唐辛子で食べると、これがまたビールにあうあう〜〜

手抜きした挙句、自宅で飲み放題なヨメって…?(滝汗)



そして、沖縄のミネラル海塩、「ぬちまーす」523円?を見つけちゃいました〜

以前、沖縄土産でいただいて、すっごく素材のおいしさを引き立ててくれるので重宝して…
大事に大事に使ってたつもりなのに、あっという間になくなってしまったんです。
以前に、どこかの沖縄展で販売してたのを、買っておけばよかった…後悔先に立たず…(涙)

それがこんなところで発見!即、購入となったわけです。

ミネラルの含有率、世界一!
これ、ギネスも認定してるそうですよ〜(笑)

パウダー状の、くしゃみをするとなくなってしまうようにさらさらな、おいしい塩。
魚介類に振って焼くと、なんだか仕上がりがふっくらするような気がするんです。
味も、この塩を振っただけで、まろやかな旨みを感じます。
「今塩屋佐兵衛のにんにく塩」とともに使い分けて、自己満足中〜〜(笑)

教えてくれて、ほんと、ありがとう〜〜!


この『まるだい円山店』には、見るだけでも楽しい品々がいっぱい。
今回は我慢したけど、『中村さんちのうまいもの工房』のソーセージなどなど、いろんな方のブログで見たことある品々を見かけます。
まぁそれらは、価格的にはチョイお高めなものが多いので、目の保養にって感じですが…(涙)
だけど、中には20%や40%の品もあるので、思わぬ掘り出し物を見つけることも。

眺めてても楽しいスーパーって、やっぱり好きだなぁ〜と、ここで実感した私でありました。
まぁ、ついつい買っちゃうんですけどね〜(汗)

サンドウィッチ・ハウス マミー

2009年05月23日(土) 21時37分
ダンナが買ってきてくれた、『サンドウィッチ・ハウス マミー』のトーストサンド。
ってか…買ってきてーーっ!と、 命令 懇願したから…?

前回は…そういえば、お店で食べたんだっけ…



お持ち帰り仕様の、サンドウィッチ。
この紙の容器代は…1セット50円です。

この、帽子とオメメのマーク…私の中の、『グルメ』ってサンドイッチのお店のマークと同じ。
何かで、グルメのサンドウィッチの流れって…聞いたことあったような…?(すぐ忘れる体質…)

はるか昔、生まれて初めて飛行機で沖縄に行ったときに、機内食で出たグルメのサンドウィッチ。
始発の沖縄便には付いてたらしいサンドウィッチ。
それが、今でも忘れられない、思い出の味になっています。(すごくおいしかったって記憶だけ残ってる…)



新商品らしい「クラブハウス(サーモン)」750円

今までなかったんだっけ?
サーモンらぶぅな私には、絶対に外せないメニュー!
パンはもちろん、トーストタイプです。



こちらのサンドウィッチらしい、びっしりと詰まった中身。

たっぷりのシャキシャキレタスとジューシーなトマトとキュウリ。
それに特製マヨネーズソースとともに、スモークサーモンがはさんであります。
もしかして、ベーコンもサーモンとともにはさんであったっけ…?
かくし味的な量のベーコンは…あると思います〜(笑)

予測どおり、用意した受け皿に、ボトボトといろんなものが落ちてきます(汗)
でも、この食べにくいほどの具が入ったサンドウィッチが、食べたかったんですよ!
どこが端っこか分からない、この存在感が好きです。



続いては、「クラブハウス(えび)」750円
これは、初めてここのテイクアウトを注文したときに、とっても気に入っちゃった品です。

他のと同じく、たっぷりのレタスとトマトやキュウリとともに、さっくさくの海老カツがはさんであります。
その脇で、こちらも少し添えてあったベーコンが、いい仕事してました。

カツも、しっかりトーストした薄切りのパンも、ちゃんとサクサク感が残っていて、これが私にはすごくうれしかったんです。
マーガリンやマヨネーズソース、水分を隣に移さないように、工夫してあるなぁ〜と、しみじみ。

若かりし頃、得意料理だったポテサラのサンドウィッチ…
マスタードを混ぜたマーガリンをたっぷりパンに塗って防水したら、ポテサラにもコクが加わって、おいしいといわれたあの日。。。(遠い目)

こちらのサンドウィッチも、独特のコクが感じられて、とても私好みであります。



最後は、「ローストチキン&野菜サンド」600円
チキン大好きな、下の子用に買ってきてもらいました。

あれ?なんだか今までのと違って、見た目が…悪い…?(ギクッ!)
そう…
実はパシャする前に、ひっくり返しちゃったんです…(涙)
あわててモトに戻したけど…これじゃ元に戻ってませんね…(滝汗)
…作った方、ごめんなさい…(トホホ)



トマトとレタスとキュウリ、それにローストチキンには、玉子もたっぷり入っています。

ローストチキンは、フレーク状になってるので、下の子ったら…
玉子やらチキンやら、いろんなものでテーブルの上、べとべと…(苦笑)
思わず、箸を持たせた母でしたぁ〜(笑)

トマト大嫌いな下の子は、トマト抜かないと食べない!と、わがまま言いまして…
トマトを抜いてみたけど、思った以上にたっぷり入ってる。
旬の時期なら安いトマトも、今の時期は結構高いはず。
それでも、レタスもトマトもたっぷり入ってるからこそ、メインが引き立ってるんでしょうね。



アソートして、お皿にのせてみたけど…
これ1皿は、けっこうきつかったです。(…でも食べた…)

サンドウィッチが、軽い昼食だと思うなかれ!
具だけをお皿に並べたら、サラダを添えた、定食おかずプレートが出来上がりそうです。
まぁ、価格も、定食価格ではあるんですけどね。


久しぶりに食べて、お野菜もたっぷり、お腹もいっぱいで満足した私。
また急に欲しくなったら、 命令 お願いするので、ダンナさまよろしくね〜

そうそう!ほか弁のように、事前に電話しておくと、待たずにすむみたいですよ〜
まぁ、メニュー分からなきゃ、たのめないけど…


【お店情報】
サンドウィッチ・ハウス マミー
住所 : 岡山市東区西大寺上2−4−65(JR西大寺駅正面かなり右)
定休日 : 日曜日
営業時間 : 7:30〜19:30
 : 086−943−8189
駐車場 : あり

オーベルジュ

2009年05月17日(日) 21時28分
1泊2日の学校行事で、かなり食事に不満があった下の子。
どんなものが食べたい?って聞いたら…

洋食だって…。。。(ノ゜凵K)ノ

一瞬ひきつった顔になった、約3名…(苦笑)
気を取り直し、イタリアン?フレンチ?って聞いてみたら、フレンチがいい〜〜って〜



で、よっしゃ〜〜と『オーベルジュ』にやってまいりました。

そう…前回訪れてから…なんと!4年もの歳月が経ってた…
ほんと、あんなに気に入ってたのに…なんで?って感じですよね〜(汗)

こちらのランチメニューは、メインが3種類から選べる「本日のランチ」(コーヒー又は紅茶付)880円のみ…かな?
それに本日のデザートは、2種類から選べて、+270円でした。



各テーブルには、小さなお花の心遣い…いいですね〜〜

…あれ?違った?(笑)
そう…「グラスワイン(赤)」450円?つい、たのんじゃったぁ〜
一緒に出てきたので、ミックスナッツのおつまみ付…だと思われます。

昨日、洋食でビールを我慢した分も含めた…私の直訴ビームに負けてしまった…ダンナ?(笑)

やっぱり、フレンチといえば、ワインですよね〜
グラスの赤ワインは、程よい渋みのある、辛口タイプでした。好みだぁ〜
ワインとミックスナッツって、あわせたことがなかったけど…アーモンドととってもよくあってました。
他のナッツは…上の子が、全て横からつまんで食べてしまいました。
ピスタチオも…ワインとあわせたかったのにぃ〜



で、本日のランチ、まずは「さつまいものポタージュ」から。

少し小ぶりだけど、カップじゃないスープ皿。
濃厚でもサラッとでもない、私にはちょうどいい加減のスープでした。
さつまいもの風味、すごく上品な仕上がりだわぁ〜
クリームが強すぎるのは、後のお料理に影響しちゃう私だけど、これは適度に食欲刺激してくれるタイプ。

クルトンは、揚げたタイプじゃなく、こんがりと焼いたパンかな?
スープへのなじみが早くて、香ばしい味だけが残ります。



ダンナ以外が注文した「タラのムニエル カニグラタン添え」が運ばれてきました。

わぁ〜思ったよりもボリュームがあって、盛り付けもキレイ〜
レタスなどのサラダと、トマトソースのかかったショートパスタのペンネが添えてあります。

ドレッシングは、お野菜などがたっぷり入った、さっぱりおいしい自家製ドレッシング。
レジのところで、販売してました。



そして、メインの「タラのムニエル」と「カニグラタン」

こんがりとソテーしたタラは、風味のよいクリームソースがたっぷり絡んで、おいしい。
のせてあるカニグラタンは、カリッと焼き上げられたチーズの薄い膜の下に、トロッとしたホワイトソースが詰まってる。
もちろん、かにのほぐし身が入ってて、ホワイトソースとよくあっています。

片方どちらでも、おいしいけど…あわせて食べると、食感の違いが楽しくておいしい〜
それに、タラのムニエルとのあわせ技も、いい感じ。



ダンナがたのんだのは、「ハンバーグステーキ」です。

ジューシーなタイプじゃなくて、ぷりっと弾力があるタイプのハンバーグ。
上には、皮がしっかりしたオムレツがのせてあります。
その上から、照り焼きっぽい甘辛いソースが、たっぷりかかってる。
上にのってるソラマメ君、かわいい!

これは、ご飯がススムくん味だぁ〜〜
昨日に引き続き、子どもたちが食べきれないご飯をもらってたけど…
今日は、昨日ほど苦しそうじゃないダンナ。

…もしかして、胃が広がっちゃったかな?( ̄∇+ ̄)v


本日のランチ…
残るもうひとつのメインのパスタは、「エビときのこのトマトクリームスパゲティ」でしたが…
これは今回、だれも選ばずでした。残念!



私だけがチョイスした「パン」は、外がパリッとしてて中がふっくらな軽いタイプのフランスパン。

軽く暖めてくれてるのも、うれしいフランスパン。バター添え。
ちぎって食べると、いつもどうして、こんなに食べこぼしちゃうんだろ…(恥)



私以外がチョイスした「ライス」

やっぱり、お皿に盛ったご飯って…
いかにもライスって感じですよね〜

大きなお皿に、平たく盛られたライス。
意外にも、お茶碗に盛ると…山盛りの量だったり?(汗)



私とダンナは、いつもの「コーヒー」をチョイス。

上の子は、「紅茶」をストレートで(オトナだわぁ〜)、下の子は「オレンジジュース」をお願いしてました。


諸経費高騰のなか、4年前から変わっていない、本日のランチ価格。
ドリンク付で880円は、喫茶店の定食価格だと思う…

ミニパフェか、普通サイズのケーキをつけて、1150円ってのは…
ちゃんとした、おいしい洋食を食べさせてくれるなら、すごくリーズナブルだと思います。
しかも、休日のランチで、行列ナシ…

今のままそのままで、ここにあり続けて欲しいお店。。。
お気に入りのお店が、次々変わったりなくなったりする中…切実にそう思えます。

また近いうちに、今度はお友だち連れてまいりますので、よろしくお願いしますね〜〜

洋食の店 ブーン

2009年05月16日(土) 22時50分
今日は、ダンナと上の子と3人でランチ。
洋食好きのダンナに、ぴったりのお店があるからぁ〜と…



私の口車にのって、やってきたのは総社の『洋食の店 ブーン』

昭和の匂いがする、ステキな私好みのこのお店。
見せてもらった、このお店のおいしそうな洋食の画像の数々…
もう、眺めてるだけじゃ、満足できない〜〜!



そんな私が選んだのは「若鶏の塩焼き定食」1050円です。
全ての定食には、ご飯とサラダとお味噌汁が付いています。

びっくりするほどの、いろんなメニューがある中から、悩みに悩んで…
結局、目に付くとたのんでしまう、若鶏の塩焼きを、またまたここでもたのんじゃった〜
「ギリシャカツ定食」1050円も、捨てがたかったんだけどね…



その、若鶏の塩焼きのプレートです。

メインの若鶏の塩焼き、多っ!
見事にカリッと仕上げられた若鶏は、塩コショウの風味がしっかりついてて、これこれ!って味つけ。
厭味な濃さじゃなく、ご飯ががっつり食べれる、これぞ昭和テイスト!
しかし…ご飯喰いじゃない私には、ベツのものが欲しくなるぅ〜〜

私の後ろの壁には、生ビールあります!のポスターが…
ふと斜め後ろを見ると…生ビールのタンクが見えるじゃない!
こんな攻撃のなか、ぐっと我慢しきった私って、エライ?(涙)



おかずプレートには、洋食屋さんの定番でもあるスパゲティーと、千切りキャベツにトマトときゅうり。
それに、ほんのりカレー風味のもやしが添えられていました。

やっぱりキャベツには、このオレンジ色のドレッシングだよね〜

洋食好きなダンナ…ダイエット始めて以来、かなり我慢してるみたいけど…
たまには、いいでしょ?ネッ?



上の子が選んだのは、「若鶏の唐揚定食(スパイス風味)」1050円

そんなぁ〜
なんとなく、私とかぶってるじゃない〜まぁ、好きなんだからいいか…

しかし、こちらもすごいボリューム。
焼かずに揚げてる分、こちらのほうがボリュームあるかも…
案の定、半分過ぎたあたりで、もうあまり食べれないかも〜と言い出した。
それじゃ、味を変えて、私のとかえっこしよう〜と…

かえっこして食べてみた、唐揚げ。
スパイス風味だけど、ダンナが苦手な、セロリっぽい香り漂う唐揚粉風味でした。
私もどちらかといえば、唐揚は中華料理のタイプのが好きですが…

でもほんと、揚げ加減も良くて、とってもジューシーな唐揚でしたよ〜



ダンナは、「海老フライ定食(ブラックタイガー種の大きな海老フライ」1580円を、かなり悩んだあげく、選んでました。
ほんと、どれもこれも、食べたいメニューが並んでたみたいですよ〜(笑)

海老フライ定食には、もうひとつ「レディースサイズの海老フライ」1280円ってのがありました。
大きいほうを選んだから、もちろん大きな海老フライが4尾並んでます。

そして、その上から、たっぷりの自家製タルタルソース。
そうそう!これぞ、洋食って感じですよね〜
ダンナ、久しぶりの本格洋食を堪能してました〜
ほら、来て良かったでしょ?

こちらのタルタルソースは、ゆで卵が多めの、まろやかタイプ。
好きな方には、クセになりそうな味じゃないでしょうか。



ダンナの「ライス」と「お味噌汁」です。

ライスは、明らかに私たちよりも大盛り。
中盛り+100円、大盛り+150円って設定はあるけど…
ちゃんと、成人男性は多めにしてくれるのかな?
まぁ、ダンナにはこれに、私のと上の子の分が積み上げられましたがね〜(笑)

お味噌汁は、とろとろのわかめたっぷりなお味噌汁。
まるで海辺の民宿朝ごはんみたいな…素朴で温かみのあるお味噌汁です。
…まぁ、わかめ苦手な方には、向きませんがね〜(笑)


そんなに広くない、カウンターとボックス席が5〜6ほどの店内だけど…
ひっきりなしに入店してくる、リピーターらしき方々で、ほぼ満席になってました。

一度食べるとクセになる…そんな、昭和テイストたっぷりの、おいしい洋食の店。
上の子が残した分まで、がっつりとやらかしたダンナは…少しリバウンドしてくれたかな?
最近増殖した私の腹の上のポニョを、冷ややかな視線で見ていたダンナへの…
…ささやかな復讐…?(怖)

そんな復讐抜きにしても(笑)、次回また訪れたいお店でありました〜
教えてくれて、ありがとう!!!


さて、それじゃ…またまた〜のお店に行っちゃおうか〜〜

つづく。。。
2009年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ