手打ち蕎麦とフレンチの やな木

2009年04月30日(木) 22時32分
久しぶりにお休み取れたから、ドライブ&グルメ行こう!と、ドライブ好きなお友だちからお誘い。
以前から行きたいね〜って言ってたお店、行ってみちゃう?ってことで…




『手打ち蕎麦とフレンチの やな木』
ずっと、恋焦がれてたお店…
ほんと、急だったけど、予約が出来てよかったね〜

国道180号線沿いの駐車場に車止めると…
いきなり現れた、古風だけどオシャレな入り口…



店内も入り口の取っ手も…どこをみてもステキな空間。

最初のドアを開けたところにある中待合も、御手洗いも天井すらも…
何もかもがステキで、思わずきょろきょろと、落ち着きがない私…(汗)



蕎麦チップスと蕎麦茶
お店の雰囲気にぴったりな、上品なイメージの女性が運んできてくれたチップス。
ポリポリと香ばしくて、時折感じる塩粒のほんのり塩味が、すごくいい!

お茶はもちろん、そば茶ですね〜
以前にバイキングで飲んだ、だったん蕎麦茶に似てると、お友だち。
確かに〜  あの、独特のクセと香ばしさ。
でも、絶対とは言い切れない自分が悲しい…

今日予約したのは、「手打ち蕎麦とフレンチの昼のコースメニュー(魚)」2000円です。
これは期待できそうですね〜〜わくわく!



【前菜】
「春野菜のテリーヌ 人参とヨーグルトソース」
高級フレンチのお店に来たような、そんな前菜が運ばれてきました。

ふろう豆にジャガイモにパプリカと人参?
彩が美しい野菜に、旨みを加えたサーモンが、ぎゅっと詰まったおいしいテリーヌ。
豆のさやの、シャキシャキした歯ごたえが、いいアクセント。
2種類のソース、どちらもそれぞれおいしくて…
最後は両方混ぜて、また違ったおいしさ味わって。



【スープ】
「季節野菜のポタージュ」
「チーズ入り蕎麦のパン」
「サラダ」

ふわっと優しい味がお口に広がるポタージュには、蕎麦あられ?が浮かんでいます。
ポリッと噛むと、香ばしくて、とってもおいしいの。
これが、優しいスープにアクセントを加えてくれて、すごくいい!

サラダは、トレビスのサラダですって言われたけど…
トレビスって、この紫の葉っぱのことみたい。
今まで名前も知らずに食べてた…(恥)
キャベツより少し柔らかい食感のトレビスを、じっくりと味わいながら食べることの出来る、柑橘系を感じるドレッシング。
質の良いお野菜には、あまり味の濃くないドレッシングが、やっぱりいいですね。

そして、「チーズ入り蕎麦のパン」が、めっちゃくちゃおいしかったんです。
蕎麦のあの独特の風味と香ばしさを生かした生地の中に、練りこまれたチーズ。
そのどちらもが、お互いにまろやかに中和しあって焼きあがった、おいしいパン。

チーズの苦手な彼女が、最後まで残さずに食べることの出来た、不思議なパンでした。
苦手なものが克服できるほどに、おいしかったってことなんでしょうかね〜



【魚料理】
「白身魚のグリル 赤パプリカとグリーンピースソース」
プレートの中に、斬新な絵を書いているように、彩り鮮やかなソースと野菜たち。

淡白な白身魚を、香辛料とソースで変化をつけていただきます。
お魚には、数種類の香辛料やハーブとともに、蕎麦あられがかかってるのかな?

ソラマメやアスパラガスにパプリカは、歯ごたえが楽しめる程度に、軽くソテーしてあります。
ミニキャロットや小蕪は、皮をむいただけの、多分レアな状態だと思う…

素材の味がおいしく感じるように、工夫して作ったと思える色鮮やかなソース。
目にも舌にもカラダにもうれしいなんて…うれしすぎるっ!!!



【蕎麦】
「盛りそば なみ蕎麦」
いよいよお蕎麦の登場です。

まずは、お友だちがチョイスした「なみ蕎麦」。
冷たい盛り蕎麦で、お願いしてました。

この「なみ蕎麦」とは、甘皮がついたままの実の粉で打った蕎麦だそうです。
でも、美しい白さと、驚きの細さ!
とても手作業で作ったとは思えないほど。
でも、やっぱりこの繊細さは、手作業じゃないと無理だよね〜



「盛りそば 更科蕎麦」
私がチョイスしたのは、大好きな「更級蕎麦」を、やっぱり冷たい盛り蕎麦で。

他にも、「おろしそば」や「かけそば」もあったけど、やっぱり蕎麦の味を味わうなら、盛りかな〜と思って。

この更科蕎麦は、そばの実の中心部だけの粉で打った蕎麦です。
以前に花の名前が付く某蕎麦屋で、この更科蕎麦を食べたことがありますが…
ざる1枚が1000円近かった…しかも、量も少なかったし…(涙)

それだけに、この透明なほどに美しい更科蕎麦が、いかに手間がかかっているか分かります。



更科蕎麦でにゅ〜〜ん
ああ…こんなにおいしいお蕎麦が、目の前にあるしあわせ!

こんなに細いのに、ぎゅっと締まって弾力のあるお蕎麦は、噛むとちゃんと自己主張してきます。
もちろん、するする〜っとすすったときののど越しもいいし。

あまり好みではなかった「田舎蕎麦」、ここのなら絶対に私、気に入ると思う!
いつかきっと、食べにくるぞーっ!


最後は、蕎麦湯が運ばれてきました。
是非そのまま、少し飲んでみてくださいって言われたとおり、何も入れれずにすすってみたら…
ほんのり甘さもあって、旨みがぎゅっと詰まってておいしい!
今度は、出汁とネギとわさびをちょこっと溶かし入れてすすると、コクのあるお吸い物みたい。
日本人に生まれてきて、よかったぁ〜〜



【デザート】
「シャーベット」
デザートは、ミニグラスにのせたシャーベットくらいだろうと思っていたら…
なんと!こんなに豪華なデザートプレートが運ばれてきました。

ぶどう色のソース、グレープとは違う、もっと甘さ控えめで酸味が少なくて大人の味のソース…
めちゃくちゃ、ミルクのシャーベットに合うこのソース…
気になって、聞いてみると、ワインをフランベして作ったソースだそう。
やっぱりぃ?少し感じる渋みが、大人のソースを連想させたのね。

最後まで、ほんとに喜ばせていただきました。
ありがとうございます!
これで本当に2000円でいいんでしょうか???

ものすっごく得した気分でお店を出た私たちでありました。


千屋牛を使ったお肉のコースは、これにもう一品付いて3000円だそう。
おいしい蕎麦屋で、卵焼き肴に日本酒飲んで〆でお蕎麦食べるのが、密かな私の夢だったけど…
ここでワインを飲むのも、夢のひとつに加えよう!

また、絶対に来ますね!…遠いけど…


さて、せっかく遠くまで来たから、あちこち寄り道して帰ろうかな〜

つづく。。。

カツマル醤油

2009年04月30日(木) 22時05分
おいしいフレンチ&お蕎麦のコースを楽しんだ後向かった先、それは…



『カツマル醤油』です。

その名前から、勝手に勝山の地醤油だろうと勘違いし…
少し前に勝山を訪れた際に探して…見つからなくてがっくりしたんです。

今回、他のお店を調べてたら、このお醤油が新見の地醤油だと判明!
事前のチェックって、大事ですね〜(←単にマヌケなだけ…?)



さて、自宅にて、この日購入した品の包みを開け…



わくわくしながら、その箱を開くと…



入っていたのは、「Myしょうゆ ミニボトルセット(玉子)」1290円です〜

玉子ご飯と納豆ご飯専用のだし入り醤油・米しょうゆ・いち紫・昔しょうゆ・ゆずの里(各100mlミニボトル入り)の5個セットです。

実はこれ、以前の石窯作業のとき、一目惚れしてしまった品。
ほんとはすべてを普通サイズで揃えたいけど…普段の生活で使ったんじゃ、ちょっともったいない。

これなら、ここぞって時にだけ、ピンポイントで使えそうで…
まぁ、子どものときから、ミニチュアが大好きだったってのが一番の理由かもね〜(笑)

ちなみに、帰って一番に開けてみた「玉子ご飯と納豆ご飯専用のだし入り醤油」。
ほんのり甘みがあって、結構なんにでも使えそう。



待ってる間に、せっかくここまで来たんだからと、衝動買いした「昔しょうゆ」(500ml)550円

ミニチュアボトルがなくなったら、少しずつ注ぎ足して、卓上醤油として使おうかな〜♪



歴史ある、由緒正しき「カツマル醤油」。

今では、お店のHPで、通販も出来るのだけど…
やっぱり、お店まで行って買って帰りたかった。
要するに、単にミーハーなだけかもね…(汗)



そして、そんなミーハーな私が、帰り道の『JAあしん広場』にて見つけた「うすくちしょうゆ」(1000ml)278円
この価格、どうやら期間限定の特売価格らしい…

やったぁ〜!ラッキ〜〜!
由緒正しきお店には置いてないけど、これぞうれしき地元価格!(笑)


「にんにく塩」に「つけてみそかけてみそ」、そして「カツマル醤油」を手に入れ、なんだか料理上手になった気分の私。
調味料の次は、やっぱり素材にこだわってみますかね〜

つづく。。。

おとうふ工房 豆善(まめよし)本店

2009年04月30日(木) 22時01分
国道180号線沿いに建ってた、蔵をイメージした真新しい建物…
ランチに向かう途中で発見してて、帰りに寄ろうとチェックしてたお店、それは…



『おとうふ工房 豆善(まめよし)』です。
新見駅前にあるのが、どうやら支店かな。
こちらが本店らしい…その、お店の裏手には、製造工場らしき建物がありました。

出来たてを売ってるような気がして、かなり期待しながら、商品チェック!



で、まず選んだのは「山芋豆腐」300円

他にも、抹茶やチーズにわさび豆腐なんてのも置いてありました。
いろいろ試してみたかったけど、ちょっと高価だし…
なにより、消費期限内に食べきれないですものね。

早速この日の夕食でいただきましたが、普通のお豆腐よりもつるんとしてる。
でも、ぷりんと弾力があって、舌触りが違います。
味はほんのりお豆腐味で、確かに豆ではない山芋の甘みも感じます。
後に粘りを感じたりして、不思議な食感が楽しい品でありました。



続いては、「手造り きぬ厚あげ」200円かな…?

厚揚げ、好きなんですよね〜
普通にオーブントースターでこんがり焼いて、ネギとしょうが醤油でいただきました。

しかし…
そんな普通の食べ方では、普通の厚揚げとの違い、私のダメ舌じゃわからなかった…(汗)
なんせ、いつも特売で100円ほどで購入してますもんで…(滝汗)



そして、「堅豆腐」250円

水分が少ない、ずっしりと重いお豆腐。
見た目では、そんなにおいしそうには…
でも、お友だちが、簡単に豆腐ステーキにできるね〜って言ったとたん、俄然購入意識がわいた〜(笑)

最近、太ってきたのを気にし始めた上の子、豆腐ステーキ作ると喜ぶんです。
でも、水分抜くのが、結構面倒なんですよね〜
レンジ君も、微調節がへたくそで…(汗)

この翌日、最近気に入って使ってる「ホルモンたれ」にあれこれブレンドしてソースを作り、同じタレで炒めたお野菜たっぷり添えて出したら…
子どもたち、大喜びで食べてくれた!
なんだか、ベテラン主婦な気分の私でありました〜(笑)



レジで購入中に、運ばれてきたのを衝動買いした「豆腐ドーナツ」1個70円×3個
ほんと、たった今揚がりました〜って感じのあつあつでした。

ほんとは、すぐこの場で食べれば、一番いいのだろうけど…
私はさっき、おいしいものをお腹いっぱい食べたばかりだったので、家族へのおみやげってことで。

この日、子どもたちのおやつタイムに出したところ、おいしいっ!って大喜びで食べてる。
どれどれ…と、ダンナ用の分を、半分だけ拝借。
甘さ控えめのドーナツは、もっちりとしてて粉の甘みもおいしくて…
気づけば、ダンナの分を食べきってました(滝汗)

なかったことにして、ダンナには内緒にしてたのに、子どもたちったら…
すごくおいしかったよ〜!ってばらしてた(涙)

なんで買ってきてくれなかったの?と、責められちゃいましたさ〜

1個70円のドーナツ…
我慢できない自分の性格を把握して、もっと多めに買って帰るんだったなと、後悔した私でありました〜
次回は是非、もっとたくさん買って帰ろう!


高たんぱく、低カロリーのお豆腐三昧。。。
バイキングで過剰摂取してしまった分を、これで補正できたかな?(無理っ!)

まぁ、このあとに買ったものさえ食べなければ、少しは取り戻せたかもしれないのにね…

つづく。。。

焼きたてパンとコーヒーの店 ミルキーウェイ

2009年04月30日(木) 21時35分
あんなにおいしいものを食べて、お腹もココロも満足したはずなのに…
なにかひとつ、物足りないような…?

そうだ!食後のコーヒーを飲んでいないんだ〜と、帰る車の中で気づいた私たち。
ETC持たない私たちは、山の中の裏道をひたすら走りながら探してみるも…
民家すら少ない究極の裏道…カフェなどあるわけもなく…

そうだ!以前に円城を訪れた際に、最高のコンソメスープを飲んだ『ペスカ』なら、おいしいコーヒーがあるよ〜と連れてくも…
閉まってた…ああ…(涙)

でも、その数十m手前にあったパン屋さんの看板に、コーヒーの店って書いてあるじゃない!

で、訪れた『焼きたてパンとコーヒーの店 ミルキーウェイ』
パンを売っているカウンターの奥に、イーとインスペースがありました。



2人とも、飲みたかった「コーヒー」330円を注文。

ベーカリーのイートインコーヒーというイメージのままで待っていたら…
なんと、豆を挽く音が聞こえてきたではありませんか!
ええ?もしかして、作り置きコーヒーじゃないんだ〜(喜)

何でもいいから、コーヒーを飲みたかった私たちは、ちゃんとしたコーヒーを出してもらえて大喜び!(笑)
期待してなかった分、余計においしかったんです〜(笑)

のどかな田園風景を眺めながら、まったりぃ〜



まったりついでに買って帰ったパン、まずはベーコンフランス?190円(多分)。

表面はしっかりしてるけど、そんなに硬いタイプじゃない。
その分、上の子が喜んで食べてました。
生地がもっちりしてて、おいしかったです。



こちらは、マヨちくわ…みたいな?150円のパン。

全体的に、価格は控えめで、ほとんどのパンが150円前後でした。
なので、金額がとてもあいまいで…(汗)
まぁ、商品名すらも、何一つ覚えていない…とほほ…
脳みそも、まったりしちゃったみたいです(失笑)

これ、翌日に暖めなおして、上の子と半分こ。
ちくわの中央に入ったマヨネーズ、こんがり焦げておいしかったです。
まぁ、カロリーは…この際、気にしないでおこう…(汗)



続いての、明太ポテト?150円(多分)も、翌朝に上の子と半分こ。

マヨネーズなどで和えたジャガイモのペーストがたっぷり。
その上には、明太子ペーストをのせて、ふっくらと焼き上げたパン。

よくあるタイプのパンですが、ポテサラも明太子も、好きなんですよね〜
思ったとおりの味で、満足〜〜
ボリュームもあるしね… カロリーもね…



ダンナ用に買ってきたのは、激辛カレーパン?150円。

これをダンナに見せたら、またカレーパン?って言われた…
あれ?そんなに買うばっかりしてたっけ…全然覚えてない…(汗)

感想聞いたら、辛かったけどおいしかったって〜
なぁんだ!結局、気に入ってるんじゃん!



チョコ命の下の子用に、チョコクロワッサン?160円(多分)を購入。

朝、無言でもくもくと食べてたけど…
学校行く前に、ちゃんと顔洗ってね〜って感じの、トホホな口になってました〜(笑)
嫌いなら、いらない!って残す、ストレートな性格の下の子なので…
きっと、おいしかったんでしょうね〜


昔ながらの、柔らかくておいしい、丁寧に作ったパンって印象です。
イマドキパンも好きだけど、こんなホッとするパンもいいですね〜
いろんなタイプのパンを、気分で選べる…そんな時代なのかも?
パン好きには、うれしい限りですよね。

こんど円城を訪れたときには、また買いにまいりますね〜〜


さて、せっかく円城に来たのなら、ちょっと寄ってみるかなぁ〜

つづく。。。

道の駅 かもがわ円城

2009年04月30日(木) 21時28分
さっき、コーヒーを飲みパンを買ったお店の、数十m手前にあったのは…
『道の駅 かもがわ円城』であります〜

前回訪れたときに、おいしい加茂川地鶏の魅力にはまってしまった私。
なので、今回も店内に入るなり見に行った場所は、冷蔵陳列棚。



で、やっぱり買った「岡山地鶏もも肉」313g657円

前回と価格は変わらない、100g210円の高級(私には)な鶏肉であります。
前回よりも、若干量が多めだけど…
4人で均等にわけわけすると、ちょっと少なかった…(涙)

でも、今回は泣く子も黙る(???)「にんにく塩」があるので、我が家のレンジ君とのコラボで、すっごくおいしい地鶏のグリルの出来上がり〜

やっぱりおいしいなぁ〜
…もっと量があると、うれしかったけどね〜(苦笑)



そして、今回目をつけたのは、「ももの鍬焼き」300円です。

すでにじっくりと、照り焼きにしたものを、真空パックしたもの。
レンジであっためてから、オーブントースターで軽くあぶってみると、とってもいい酒の肴になるぅ〜〜

こちらは、加茂川地鶏じゃなくて…国産の鶏肉って大きなくくり。
でも、しっかり味がしみ込んでて、お手軽簡単!
冷凍食品でもう1品〜ってな感覚で使える、ありがたいひと品でありました。
300円だしね〜

思った以上に子どもたちのウケも良かったので、次回またあったら買って帰ろうかな〜



こちらは、途中で寄ったJAあしん広場で購入した「クレソン」1束80円です〜

先ほどの加茂川地鶏のガーリックグリルの添え物として、たっぷりと食べることが出来ました。
クレソンって、飾り程度にのせてある、パセリのようなものだと思っていた私。

初めて束でもらったときに、サラダとしてたっぷり食べるおいしさを教えてもらったんです。
少々クセがあるので、今は私しか食べれなくなったけど…
新鮮だとやっぱりおいしいなぁ〜
特に、お肉との相性が抜群だわぁ〜

教えてくれて、ありがとう!


さて、楽しかったドライブ&グルメも、とりあえずこれで終了!
円城からは、イッキに帰りましょうかね〜

また、近いうちに行こうね!
おいしいもののチェックは、私に お。ま。か。せ。。。

神戸クックワールドビュッフェ 【岡山下中野店】

2009年04月28日(火) 22時10分
お友だちから、行きたいお店があるから連れてって〜と、リクエスト。

そのお店とは、倉敷の堀南店に続きオープンした、『神戸クックワールドビュッフェ 【岡山下中野店】』です。

そういえば、堀南店では、モトとるべく食いまくったんだっけ…(滝汗)
こちらのお店も、席に座る前に「ランチバイキング」女性大人料金1000円(男性1200円)をレジで支払い、席のナンバーと位置を記したプレートを持って席に着きます。
食べた後の食器を、種類別に分けて片付けるのもすべて、システムは堀南店と同じです。



さて、今回もやっぱり…
なんでしょっぱなから、こんなに取ってしまうんでしょうか…ああ…


堀南店では、開店時間に訪れたので、席に座ってからが大変でした。
何を取るにも行列に並び、目の前で欲しいものがなくなることも…
なので、あるもの取っちゃえ〜的な?

今回は、ぐっと遅らせて1時過ぎの入店。
それでも10分ほど待って入りましたが、座ってからは楽でした。

なのになんで…?もっとゆっくりと取れないんだろ…ああ…orz



本日の第1の皿(笑)は…

焼きそばとお好み焼きが各2種、オムライスにカレーチャーハンみたいなのかな?
どれも、普通においしかったけど…
お好み焼きは、結構お腹に溜まっちゃうので、ちょっと失敗しちゃったかな…
それに、やっぱりお好み焼きは、鉄板の上が一番おいしいし。



続いて第2の皿…

対面で、3種類の中から注文して作ってもらう「フォー」。
今回もまた、ベトナムフォーをチョイス。
するする〜っと食べられて、結構気に入ったんですよね。

それに、厨房で作っているのが見える、パスタを2種類盛り付けました。
やっぱり、熱々では食べれなかったけど…(汗)



第3の皿は…

サラダを取りに行ったのに…トルティーヤを発見して、盛り付けてしまった(汗)
これでウィンナーとレタスを巻いて、ラップサンドにして食べます。
これ、思ってたほど、私の好みではなかったかな…

申しわけ程度に取ってる「刺身こんにゃく」が、一応カロリーを気にしてるという主張だったり?(笑)



最初の3皿を片付けてから、今回はピンポイントで取ってきた「出来立てピザ」。
オレンジの斑点は、横に置いてあったタバスコを、ふりふりしたから…

ひとつは、ジャガイモのピザ、もうひとつは…カレー風味だっけ…?
やっぱり、取ってすぐに食べると、チーズが固まってない!
もっと取ってくれば良かったかな…



さっき品切れだった、もう1種類のピザを取りに出かけ…
また、ついつい途中で寄り道しちまったよぉ!(汗)
せっかくできたてのを取ったと言うのに…

ピザと同じ皿に盛った、しば漬けと梅干が悲しい…



まるで飲んだ後のように…最後の〆に「豚汁」少々…

冷たいウーロン茶で口をさっぱりさせたら、デザートタイムに突入だぁーーっ!



で…この、しょぼいデザートプレートったら…(涙)

別腹持たない私には、これだけ取るのが精一杯。
目の前で焼いてるクレープや、ミニケーキやムースもあれこれ充実してたのに…

モト、取れないーー!
や…もう、とっくの昔にモトとってるし…


時間制限なしなのに、1時間経たないうちに食べ終えてしまった、貧乏性のボンビーでありました〜(苦笑)
ところで…
ランチタイムは4時59分までって…
出た時間?それとも入った時間なの???

ろまん亭

2009年04月26日(日) 22時07分
久しぶりに、お友だち母子とともに、県北へのドライブ。
お昼までに用事を終わらせて、いざ!ランチのためにと勝山保存地区へ。



この日訪れたのは、ろまん亭であります。

今朝早起きして、ダンナがカタカタとパソコンたたいてたけど…
第一候補のお店が見つけられなくて…それならってことで、ここにしました。



子どもたちが注文したのは、「ハンバーグ定食(デミソース)」900円でした。

ハンバーグのプレートには、千切りキャベツにトマトときゅうりとコーンを添えたサラダ。
それに、ご飯とお味噌汁に香の物と、蕗の佃煮がセットされていました。



この、メインの「ハンバーグ」、ふっくらとつややかですごくおいしそう!

一口ちょうだい!と懇願してみたけど…やっぱりダメで…
ならばせめて、箸で割ってじゅわぁ〜っとしたところをパシャしたかったのに…
気づけば、きれいにハンバーグだけなくなってた…(涙)

まぁ、あっという間に食べてしまえるほど、おいしかったんでしょうね…(涙)



ダンナが注文したのは、「豚ロース とんかつ定食」(ミニうどん付)950円+200円です。

とんかつとともに盛り合わせてあるキャベツ等も、添えてある香の物や蕗の佃煮等も、ハンバーグ定食と同じでした。



そのメインの「とんかつ」は、薄い衣に柔らかいお肉でいい感じ。

衣が厚すぎるとんかつ、私もダンナも苦手なんです。
パン粉がたっぷり付き過ぎると、油の含みも多くなって、最後はくどくなっちゃうので。
カロリーも高くなるしね。

こちらのは、サクッとした薄い衣で、とっても気に入りました。
お肉は、比較的淡白な部位だったようで、最後まであっさりと食べることができたみたい。
まぁ、これは好みによって、分かれるんだろうけどね。



で、こちらはプラスメニューの「ミニうどん」+200円です。

手打ちのうどんが食べられるって聞いて、お味噌汁をうどんに変えちゃおう!と決めた私に…
ええ〜?食べすぎじゃない?と、非難したダンナでしたが…
私がトイレに行ってる間に、自分たちもうどん付を注文してたらしい(笑)



で、お約束のにゅ〜〜ん

素朴な、手打ちらしい太くて縮れた麺は、見た目よりもコシがあっておいしかったです。
ワタシ的には、天かすはなくてもいいんだけどな…

それでも、お出汁がおいしくて、けっこう飲んじゃってた…(汗)



お友だちが注文したのは、「海老フライ定食」(ミニうどん付)950円+200円

最初は、うどんの単品メニューのなかで選んでたはずなのに…
私がミニうどん付にしようかな〜と言ったからなのかどうなのか…
彼女も、運ばれてきたのを見たら、普通の定食のうどん付になっていました〜(笑)

メインの「海老フライ」は、長いのが4尾盛られていました。
こちらの衣も、細かいパン粉を使った薄い衣。
海老フライを薄い衣で作るのは、海老が貧弱すぎると無理ですものね〜
お友だちも、おいしい!と、喜びながら食べていました。



私がチョイスしたのは、「豚ロース 生姜焼き定食」」(ミニうどん付)850円+200円です。

思っていたよりも、厚みがあって大きい豚の生姜焼き。
そのうちの1枚を、ダンナのとんかつ2切れとトレードしました。

しっかりしたお肉に、甘辛醤油タレがからまって、ご飯がススム〜〜
ミニうどんが思ったよりボリュームあったのに…
ご飯そんなに食べちゃ、ダメじゃん〜(汗)

しかも、蕗の佃煮がこれまたご飯すすんじゃって…
どんぶり飯だったにもかかわらず、かなり食べちゃった…
結局、あるとヤバイと思った私は、さっさとダンナのお茶碗へ残りのご飯を入れちゃった〜

…ダンナ、私の分まで残さず食べてたけど…いいの?(笑)



食後のコーヒーは…いくらになったんだっけ…?
全国版の《懐かしい町のレトロな喫茶店》って本に載ってるだけあって、コーヒーは、なかなかおいしかったです。

その昔、写真館だったオシャレでレトロな建物。
店内も、昭和の雰囲気が漂う、レトロで落ち着く雰囲気であります。
思わず長居したくなったけど…
自宅までは、少々距離があるのでね〜(笑)

でも、帰る前に、ちょいと寄り道〜〜

つづく。。。

青葉寿し

2009年04月26日(日) 21時46分
県北からの帰り道、いつも気になっていたお店、それは…
さば寿しの幟がはためいていた、『青葉寿し』でした。

気になりつつ、わざわざ買うほどでもないかと…今までスルーしてきたけど…
どうやら、このロマンチック街道と呼ばれる国道313号線はさば寿司が名物らしい。
ある場所で、この地域のさば寿司を名物として売っていたのを見かけ、それ以来気になってたのでした。



で、1本だけ買った「さば寿し」1050円

パッケージに、作州名物と書いてあります。



開けてみると、薄いフィルムで包んださば寿しと、プラスチックのナイフが入ってました。



そのナイフでカットしてみたら、意外と簡単に切れるじゃありませんか〜

こちらのさば寿しは、上に昆布がのっていない、ご飯にもゴマが入っていないシンプルタイプ。
中の酢飯は、かなりお砂糖の効いた甘めなタイプ。
好みは分かれるでしょうが、私にはちょっと甘かった…かな…(涙)

どちらかといえば、昆布があるほうが好きな私。
でも、上の子は、こんなシンプルなほうが好き!と言って、いっぱい食べてくれました。



店頭に並べてあったのを見て、衝動買いした「穴子棒寿し」700円



こちらは、すでにカットしてある穴子の押し寿しとタレが入っていました。

甘辛く煮詰めたこのタレは、穴子によくあう蒲焼風のタレでした。
彩りよくのせられた山椒の葉っぱも、いい風味を加えてました。



断面を見ると、けっこうふっくらと焼きあがった穴子が、ぎっちりとのせてあるみたい。

大きい口で、ぱくっと頬張ってみると…
こちらの酢飯はそんなに甘く感じなくて、かなり私好みのお寿司でありました。
ボリュームも結構あって、700円なら安いんじゃないでしょうか。

このお寿司に付け合わされてた生姜と梅干…
思わず、梅干は何と食べ合わせ悪かったっけ?って、だんなに聞いちゃいましたよ〜(汗)


ところで、このさば寿しって…なんで冷蔵庫に入れずに、常温で数日もつのでしょう?
鯖って、あたると怖いって聞いたけど…酢で〆ると、途端に長持ちになるのでしょうか???


穴子寿司はとってもおいしかったので、独断と偏見で…また、近くを訪れたら買いに行こうっと!
隣に並べてた、具沢山の超太巻きも、気になるから今度は買ってみようかな〜

ティルナノーグ【其の1】

2009年04月24日(金) 22時58分
お待たせしました〜
『ティルナノーグ』’09.4月のメニューです。
前回訪れてから、暑くなったり寒くなったりの繰り返し…
体調を崩しそうな、不安定な季節ですね。

こんなときには、やっぱり栄養たっぷりのおいしい食事で、ストレス解消!!
それっきゃないですよね〜(コレ、私の健康法)



4月のメインディスプレイ
桜が散った後に訪れる、新緑の季節。

若葉マークの新中学生の下の子…
お友だちもたくさん出来たみたいで、たのしく中学校に通ってます〜(思わず、母の顔。。。)



今月のテーブルコーディネート
メニューが、引き合う2個のマグネットで立ててありました。
思わず裏返して反発させたりして…
小学生気分で、楽しんじゃった〜〜(笑)



【食前酒】
かわいいグラスには、液体は入ってなくて…
串さされたイチゴが、まるで宙に浮いてるよう…



その、イチゴの蓋を、パカッと開けてみると…

中には、ワインシロップとハーブをブレンドしたカクテルが入ってる。
すごい!こんな楽しいアイデアは大歓迎!
大きな口で、カクテルごとイチゴをパクリ〜〜

イチゴの酸味ととってもよく合う、深みのある味。
フルーティーでジューシーな、こんなナイス!なカクテル、生まれて初めてですぅーっ!



【前菜】
「天然鯛とわらびの木の芽ソース」
「わけぎのピカタ」
「うど寄せ豆腐」

旬の品々が、見目麗しく取り込まれた前菜ですね〜



まずは「わけぎのピカタ」をパクッと。
玉子のこんがりと香ばしい味とともに、わけぎのシャキシャキとした心地よい食感。
そして、独特の甘みがじわぁ〜っと口に広がります。
わけぎのぬたが、あまり得意じゃない私。
わけぎがこんなにおいしいと思ったのは、実は生まれて初めてのこと。

自宅の冷蔵庫の野菜室にたっぷり保存されてた、ネギ坊主が出たネギたち。
この日の翌日に、さっと炒めて玉子とじしてみたら、すごくおいしくて子どもたちもいっぱい食べてくれた!
ありがとう!!

続いての「うど寄せ豆腐」
上品なお出汁でできた葛がかけられた、まるで茶碗蒸しのように滑らかで甘みのあるお豆腐。

シャキシャキとした歯ごたえの、さいの目に切られたうどと、その滑らかなお豆腐との食感の対比が楽しい!
こちらの寄せ豆腐って、なんでこんなにあとくちがいいんだろ?



そして、見た目にも美しい「天然鯛とわらびの木の芽ソース」
この、わらびの食感の、みずみずしいことったら!
灰汁とって下処理して、こんなにきれいにみずみずしく仕上げられるんですね。
木の芽も、変なえぐみがなくて、春の香りが満載!
とっても弾力のある生の鯛とのコラボは、すばらしい!!

焼いた鯛と山椒は、相性いいのは知ってたけど、鯛のお造りと木の芽の相性がこんなにいいとは…
まぁ、ソースとして合わせてある調味料も、きっとバランスがいいんでしょうけどね〜



「レンズ豆とスナップエンドウのチャウダー」
今月のスープは、具沢山のチャウダースープ。
クリーム色の中に浮かんだ、目にも鮮やかな緑が、いい感じ〜



スプーンですくってみると、とろけそうなほどに煮込まれたジャガイモとレンズ豆…

その、なんともいえない甘さが、とっても生かされた優しいスープでした。
ああ…風邪引いて食欲ないときに、こんなスープ作ってもらったら…
翌日には、元気になってそうな…?(意味不明か…?)

とにかく、作った人の優しさが感じられる、おいしいスープでありました。



【今月の中国茶】
「安吉白茶(あんきつしろちゃ)」
今月は、中国緑茶です。
あまり癖のない、おいしい緑茶って感じでした。
なので、いくらでも飲めちゃう〜

同じ緑茶でも、日本のはあっという間に、出がらしになってしまうのに…
不思議と、何杯淹れても安定したおいしさ。
話に夢中になって、お湯入れたまま放置しちゃう私にでも、おいしく淹れられるお茶であります。

…もしかして、もっとおいしく飲めたかもしれないけど…(汗)


幸せな時間は、まだまだ続くのだぁ〜〜
其の2につづく。。。

ティルナノーグ【其の2】

2009年04月24日(金) 22時48分

「春キャベツとアボガドのピタサンド」
今月の粉モノは、ピタサンドです。

きれいな色のアボガドと、ぷりっぷりに茹でた海老、それに新鮮な春キャベツがたっぷり。
これに、クリームチーズで作った特製ソースがセットされています。



しゃきしゃきの春キャベツと、アボカドに海老を挟んで、特製チーズソースをとろ〜り。
うほほ〜〜!おいしそうだわぁ〜〜

大きな口で、がぶりとかぶりつくと、もっちりピタパンとクリーミーなソース、そして…
ぷりっぷりの海老と、なめらかな甘さのアボガドが合うぅ〜〜

食べ方悪すぎて、転げ落ちたキャベツ…
何個も拾いあげて食べた…(汗)
おしぼりあって、よかったぁ〜(笑)
このキャベツ、単体でもほんのり塩味を感じたような…?
こぼれ落ちたキャベツ、なにも付けずにぽりぽりと食べたけど、すごくおいしかったです。



「天然鯛と筍のトマトソース焼き」
筍、今が旬ですね〜

細長いお皿に、鯛を挟んだ筍のサンドが並んでて、その上にたっぷりとトマトソースがかかっています。
ジュージュー音を立てそうなくらいに焼き上げられた筍は、香ばしくて、トマトソースがとっても合う〜〜
鯛の旨みがしみ込んだ筍に、鯛の身をのせて、トマトソースをたっぷり絡めて食べてみると…
思わず、ワインでも焼酎でもいいから持ってきて〜!てなほどに、おいしい〜〜(笑)

以前に焼き舞茸のおいしさにはまって、自宅でもたまに、焼いて食べるのだけど…
焼き筍も、ものすごくおいしいんですね〜
まぁ、筍の場合は、鮮度が勝負なんでしょうけどね…(涙)

そうそう!筍にはコレステロールの吸収を妨げてくれて肥満を防止したり、脳を活性化して老化やボケ防止にもいいんだって!
これから毎日、筍を食べ続けようかしら…(笑)



「湯葉と蕗のだし茶漬け」
大好きな湯葉がたっぷり入ってる〜〜
しかも、鯛のお出汁かな?ものすごく、いい香りが、湯気とともにただよってきます。



にゅ〜〜ん…違った…(笑)
スプーンですくってみると、見るだけで伝わりそうな、蕗のシャキシャキ感と湯葉のしなやかさ。

天然鯛の旨みがぎゅっと詰まったスープでいただく、だし茶漬け。
そりゃもう!うっとりとした顔で、かみかみしてました〜(笑)
ぐびぐび〜の後の〆に、こんなの食べたら…幸せだろうなぁ…(妄想中)



【デザート】
「桜葉葛餅」
最初のデザート、今回は葛餅です。

4月らしい、桜の葉を練りこんだ葛餅。
桜餅の風味と、つるんと舌触りのよい食感がいい感じ〜
敷いてある餡は、小豆の風味をすごく大切にした、とってもおいしいものでした。
全体に甘さ控えめなので、いくらでも食べられそう。
ああ…あと引く味だなぁ…

ちなみに、桜の葉の塩漬けって…
抗菌作用やリラックス効果に鎮痛作用などがあるらしい。
えっ?二日酔い防止作用もあるの?
じゃぁ、焼酎持ってきてもらおうかしら?(笑)



「ミルクシャーベット たんぽぽコーヒーシロップかけ」
「苺のタルト」
「人参のケーキ」

今月のデザートプレート、かわいい!
まるで、おとぎの国のデザートみたい。



中でも、目が釘付けになった「苺のタルト」

つやつやの、真っ赤なイチゴがたっぷり〜
その中心には、うまうまのカスタードクリームが、土台のサクサクのタルト生地の上にたっぷりのっています。
ここのカスタードって、玉子とミルクの自然の甘さが旨く生かされてて、重くないのがいいんです。
ジューシーなイチゴとサックリタルトを、みごとに結び付けてくれてます。



「ミルクシャーベット たんぽぽコーヒーシロップかけ」は、香ばしくてほろ苦のたんぽぽコーヒーの味がいいアクセント。
サクッとしたシャーベットは、口に入れるとすっと溶けて、まるでカフェオレのような味が後に残ります。
ぱらっと振ったタンポポ?の花びらと葉っぱがかわいい!

このタンポポの根って、解毒作用や炎症を抑えたり胃の働きも良くしてくれるらしい。
代謝を良くして、血液さらさらにって…まるで私のために作ってくれたみたいですね〜(笑)

もうひとつは、「人参のケーキ」です。
胡桃とシナモンが効いた、すごくいい風味のケーキは、最初は人参のケーキと気づかなかった…
独特の人参臭は、やっぱりあまり得意じゃないけど、こんな風味付けしてたら最後までおいしくいただけます。


はぁ〜今日もお腹いっぱい!ごちそうさまでした!  
いつもの、おいしいコーヒーを飲んで、まったり〜〜

不景気なこんな世の中でも、何が何でもリストラ出来ない、幸せなひとときであります。


さて、今日はちょっと寄り道しちゃおうかなぁ〜
つづく。。。
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月別アーカイブ