そうさく料理 こっく

2007年10月28日(日) 21時49分
花粉症からきた気管支炎で、少々体調不良の下の子とダンナ。
幸いにも、2人とも食欲だけはあるので、栄養満点のランチを・・・っていえば・・・。
もちろんわが家の『滋養強壮、栄養補給』レストランの「そうさく料理 こっく」でしょ〜〜(笑)
ちなみに、こっくに行こうか?って聞いた途端に、いいよぉ〜おいしいから!って即答したのは、上の娘でした。
しっかりとハート掴んでますね〜〜

さて、「本日のランチ」(ドリンク・デザート付)1050円。
お魚は「姫鯛の茄子トマトソース」。
お肉は「鶏モモ肉のネギとザーサイの和風ソース」でした。



私と子どもたちがたのんだのは「鶏モモ肉のネギとザーサイの和風ソース」のほう。
ザーサイソースはちゃんと和風にアレンジされ、柔らかくてジューシーなチキンに、すごくよく合ってました。
この日の前菜3種は、栗と漬け物のハリハリ(?)をオリーブオイルとパセリ?で和えてて・・・かかってたのは栗のソース???
それから中央は、ピーマンと炒り玉子のカレー風味???
最後は冬瓜をコンソメと・・・トマトっぽいけど・・・何かの香辛料入ってるのかな?
久々に頭の中が‘?’だらけになりましたよぉ〜
そういや、お疲れモード全開のここ暫く、あまり頭使って食べてなかったなぁ・・・
(カウンターに座って、スッキリして帰るんだったかな・・・)



さて、ダンナがたのんだのは「姫鯛の茄子トマトソース」
端っこのほう少しいただきましたが、しっかりした白身に、さわやか系のソース。
私たちのは和風だけど、こちらは和風より微妙に洋食寄り?
ま、チョッピリ食べただけなので・・・あまり詳しくは語れず。
(前菜で頭使い切ってたので・・・



サブメニューは「キノコのラビオリ仕立て ナメタケソース」
今回は蛸壺のような器の為、少々分かりにくい画像になってしまいました。。
シェフのHPにて、きれいな画像を見てくださいマセ!
ちなみにこちら、私の画像とは逆に、とってもおいしかったです
ラビオリ風にしたのは、なんとワンタンの皮。
舌触りツルツルっとしてて・・・なぜか生みたいにパリポリのキュウリの食感とで、いいコントラスト。


今回のお気に入りは「秋刀魚と根菜の和風南蛮」。
酸味が利いた南蛮ソースに漬かったレンコン、秋刀魚の脂もいい感じにしみて・・・おいしかったぁ〜
他のお野菜も、コクはあるのにさっぱりしてて・・・みんなおいしそうに食べてた。
もちろん、今年の秋刀魚は・・・おいしいっす!
白髪ネギが、すっごくいい仕事してたし。
そうそう!白ネギと青魚の脂は・・・頭が良くなるから、子どもたちしっかり食べなさいーっ!(笑)

「サツマイモ豆腐の揚げだし オニオンクリーム」は、最初普通の揚げだし豆腐かなぁ〜と思って口に入れた。
すると瞬間・・・お芋だぁ〜!
まさにお芋の天ぷらのおいしさが、口の中に広がって・・・不思議な感じ。
ソースはとってもクリーミィで、一瞬和風だけどあと口は洋風って・・・(またわかんない説明を・・・



この日のデザートは「シナモンクリームのロールケーキ」か「ふわふわミルクムースのわらび餅仕立て」のどちらか。
デザートも、ダンナ一人だけロールケーキをたのみ、残り3人はミルクムースをたのみました。
ロールケーキは、密度のあるしっかりタイプ。
2層になってて、シナモンの香りと玉子のやさしい味が、うまく調和した品。

ミルクムースは・・・シェフお得意の、口どけマジック系のムース。
口に入れた途端、みるくぅ〜がとろけて・・・その感触が・・・快感っ!(爆)
これにきなこの香ばしさが加わったら・・・そりゃもう、無敵のデザートです。

最後はコーヒー飲んで・・・今日もごちそうさまぁ〜

家族全員、お野菜たっぷり食べたことだし・・・
よっしゃ!今夜は・・・楽するぞ〜〜(←いっつも・・・)

手作りおかず 阿知の里

2007年10月27日(土) 22時06分
いわゆる、惣菜店です。
先ほどのビーバーズベーカリーの隣にありました。

実はこの日、TVで「こうちゃんの、カンタン!うふふ幸せレシピ」ってのをやってて、子どもからリクエストされたものがあったんです。



それに必要な唐揚げときんぴらを買いに、「手作りおかず 阿知の里」を襲撃したわけです。(笑)



店内は、思った以上にきれいで、おかずの他にも、お弁当もたくさん置いてありました。
置いてあった容器を手に、さぁ!今晩のおかずを買うぞ〜〜
って・・・あれ?唐揚げときんぴらだけ買うだけじゃなかったっけ?(爆)



目に付いたのは、ローストビーフ。
オニオンスライスと共に、和風に仕上げられてます。
こちら、晩ごはんで食べたので・・・少々タレに浸かり過ぎちゃったのかな?
赤身のパサつき感があって・・・でも、もともとそんな食感ですよね〜
タレはおいしくて、オニオンもいい具合でした。



みんな大好きな、サーモンマリネ(でいいのかな?)。
大根ナマスの、洋風版ってところでしょうか。
こちらは、大根もキュウリも適度な歯ごたえが残ってて、サーモンの脂がしみこんでておいしかったです。
う〜ん・・・もっと買えば良かったかな?

TVでやっていたのは「鶏唐となすのさっぱり甘酢あん仕立て」「きんぴらパスタ バターじょう油風味」でした。
(リンクがいつまでも残ってるかな?)
それ作るために買ったのが、「鳥の唐揚げ」と「きんぴらごぼう」でした。
鳥の唐揚げを使った甘酢あん仕立ては、子どもたちからの絶賛の品になりました。
(チョイ、レシピの調味料いじったけど・・・)
きんぴらのパスタも、とっても喜んでました。
なので・・・こちらの品の・・・本来の味は分からず。
作ってるときに、これはスーパーの安いのを買うべきだったなぁ〜と・・・もったいない感しきりの私でしたが・・・。



そして・・・ダンナと2人で思わず買い足してしまったのが「タコご飯」と「ほたてご飯」(290円と270円)。
新潟コシヒカリ使用とのノボリも見てたので、かなりわくわくしながら食べた(笑)。
ご飯はつややかで、冷めた温め直しとしたら、おいしくいただけました。
ただ・・・すでに少々飲んでた私たちには・・・味が少し薄かったかな?
ま、濃い目の中華食べた後じゃ・・・正確には語れず!
とりあえず、おいしくはいただけたのでね。

以上、全て100g当たりいくらって、商品前のプレートに書いてありました。
が・・・どれが高くてどれが安いかなんて、全然分からず。
ご飯2パックも含めた料金は、合計1569円。
普段はあまり、こんな専門店では買わない私・・・。
安いと見るか高いと見るか・・・それとも妥当と見るのか・・・どうなのかな?

ビーバーズベーカリー

2007年10月27日(土) 21時50分
ランチの後・・・子どもたちから懇願されてたアウトレットショップへ、お買い物に。
気に入ったものが見つかり、ルンルン気分の子どもたち。
よし!そうなったら、今度は母の為に時間貰うよっ!



で、訪れたのが「ビーバーズベーカリー」
以前に急いでるときに前を通り、チェックだけはしてたのよ〜〜
最近あまり、倉敷方面来ないものなぁ〜
さぁ!今までの思いの分まで買うゾ〜(笑)



下の子リクエストの「メロンパン」110円と衝動買いの「天然酵母 いちじく」140円(多分?)
メロンパンは、あまぁ〜いいい香りが帰りの車の中でして・・・
いきなり食べたいと言い出した。
が、写真写すまでは・・・と、帰るまで我慢させた鬼母です。
いいじゃん!服いっぱい買ったんだからぁ〜(笑)

最近初めて食べて、気に入っちゃったイチジクのパン。
ここのはどうかなぁ〜って思って食べたら・・・おいしい!!!
ほんのり甘くて、中にはイチジクの果肉が・・・プチプチと・・・。
しかも、まるでお餅のような弾力のある生地。
ポンデケージョのモチモチ具合とハード系の硬さのいいとこ取りって感じ?(よくわからん説明・・・
こんなパンは、毛嫌いしてたダンナと上の子に、騙されたと思って食べてごらん!って食べさせたら・・・
2人ともおいしい!って・・・半分以上持ってかれちゃったよぉ〜(涙)
もう、私のイチオシになってしまいそうです。



「ベーコンエピ」230円と「明太子フランス?」180円。
こちらは、どこの店でもつい買ってしまうシリーズ(笑)。
エピの先のポリポリ感が好きで・・・つい。
こちらのも、ポリポリの香ばしさと、モッチリ感もありました。
他のお店より、焼き色が濃いからかな?
外がすごくパリッとしてて、香ばしいんです。
これって、朝食べたために温め直したからかな?
ゴマがこんがり焦げてて、余計においしく感じました。
同じ種類のパンを、お店を変えて食べ比べてみるのもいいなぁ〜

明太子も、なんでいつも?って思えるくらい買っちゃってるなぁ〜
明太子はパンにのってなくても、家族みんなの大好物なので・・・いつも取り合い。
結局この日も、端っこのほうを少し食べさせていただきましたぁ〜(笑)。
こちらのは、挟み込みではなく上乗せタイプでしたが、しっかりとパンに下味が付けられてて端っこもおいしくいただけました。



「エッグウィンナー」140円と「カレーパン」180円(多分?)
こちらのパンは、ふっくらふんわりタイプ。
翌朝温め直して、上の子と半分こにして食べました。
しっかりしたウィンナーと卵の上にはケチャップがかけてあって、ふっくらしたパンに合います。
いかにも、朝食用って思えた・・・勝手に。(笑)

カレーパンは・・・超早起きのダンナが・・・全て食べてしまったので・・・おいしかったってダンナの言葉のみですぅぅぅ・・・。



「バケット」210円。
さて、最近ついつい味比べに買ってみるバケット。
これが・・・おいしい!
買って帰ってからすぐにむしって、ムシャムシャしたのですが・・・おいしかった。
塩味は、私にとってはうれしいくらいの・・・ワインに合いそうな加減で付けられてて・・・
外の皮部分の香ばしさもいい感じだったけど、中のモッチリ感が・・・かなり私好みでした。
ま、フランスパンは、人によって好みがかなり分かれると思いますが。
私は、気付けばかなり食べてしまったってくらいでした。
いちじくパンや、明太子パン食べたのは、その直後のこと・・・(晩ごはん前というのに・・・

倉敷まではそんなに買いに行けないなぁ・・・ガソリン高くなっちゃったしなぁ〜
でも・・・また買いに行きたい衝動を・・・
少なくとも、バケット食べてる間は・・・抑えきれないボンビーでしたぁ〜(笑)

味創

2007年10月27日(土) 20時45分
今から何年前だろう?
バイパス脇の道を入ったところに、感じの良さそうなお店が出来て。
早速、まだ開店の花輪があるうちに食べに行き、そこそこ良かったね〜と・・・
その後ついつい行きそびれて数年後・・・
お店、閉めてた・・・。

味が良かったのに、残念だったねって言ったのは覚えてる。
そのお店が・・・実は元のお店のすぐ近に移転して、営業してたなんて・・・

その店の名前は「味創」。
何かで、場所を変えて営業してるって聞いたけど、正確な場所が分からなかった。
やっと知ってる方に教えてもらい、ついに今日訪れることとなりました。



入ってすぐの黒板に書かれてた5つのランチメニューのうち、ダンナが選んだのは「得々ランチ」880円
こちらは、洋食屋さんの王道である、ハンバーグとエビフライの盛り合わせです。
仕切りの付いたワンプレートに盛りあわされたハンバーグとエビフライ2尾。
ハンバーグはジューシータイプではなく、デミソースを絡めた煮込み風タイプ。
かなりほんのりですが・・・シナモンも入ってるのかな?
エビフライは、衣が厚くない分身が詰まってる。
しかも、歯ごたえぷりぷりでおいしい。
何と言っても、尻尾の部分をきちんと処理してくれてるのがうれしい!
自家製タルタルソースは、さわやか系で私の好きな味でした。
(コテコテ系は苦手・・・)

付け合せ、キャベツは山盛りじゃないけど、ハムとマカロニサラダが盛り合わせてあって・・・彩りもきれいかな。



他3人がたのんだのが、「松花堂」1080円。
こちら、なんとステーキとカニクリームコロッケの盛り合わせってことで。
ステーキに弱い子どもたちは、絶対にこれ!って・・・聞かなかった。
ハンバーグ、好きじゃなかったのかい?



そのステーキは、焼き加減は私好みのミディアムレアに近い感じ。
絡めてあるソースも、甘すぎずおいしい。
柔らかくて筋がなかったお陰か、子どもたちはもりもり食べてる。

カニクリームコロッケは、大きめなのが1つ。
添えてあるレモン絞って、まずは何も掛かってないところを食べてみた。
中はクリーミィで、外はサックリとしてておいしい。
タルタルソースはそんなに好きではないけど、酸味が利いてるのでおいしくいただけました。

小鉢の一品は、ゴボウの煮物。
絹サヤと、上品に盛り合わせてあります。
サラダは・・・こちらもハムがのせられてて、ハム好きの我が家族にはうれしかったかも。
お腹空いてないって言ってたのに、子どもたち、いっぱい食べてるし。



食後には、コーヒーが付きます。
最初、コーヒーを4つ持ってきちゃったので、お子様でもコーヒーなんだなって思ったけど・・・
持ってきてから、飲めるかって聞いてくれて・・・飲めないって言うと、ミルクと取り替えてくれました。
よかったぁ〜〜
まだまだオコチャマなので・・・

今日の日替りは、なんだったんだろ?
確か680円って書いてあったと思う。
さすがにコーヒーは別かな?でも、安いなぁ〜
他にも、オススメと書いてあったのは「オムライスとカニクリームコロッケ」1200円→1000円。
「大エビフライ」1300円→1000円ってのがあり、この大エビフライが食べたかったと・・・帰ってからダンナがうるさかった。
どうやら、かなりエビフライがおいしかったらしい。

お店は、民家を改造した、レストランというより食堂に近い感じのお店。
お店の裏には広い駐車場もあり、作業服を着た男の方が、あっという間に食べて帰って行きました。
決してガッツリ系じゃないけど、王道系の洋食を安い価格でって言うなら、この店はいいんじゃないでしょうか。

次は・・・大エビフライ食べに行かなくっちゃ・・・ネ!

倉敷味工房

2007年10月26日(金) 22時36分
ついにお楽しみの時間は終了。
さぁ!バスに乗って、現実の世界に戻ろうかぁ〜(笑)

っと、その前に・・・天満屋地下1階の通路向こうにある、お酒類や食品類をいろいろ売ってるショップに。
ワインや日本酒など、おいしそうに思えるものはたくさんあるのだけど・・・定価での販売・・・しかもおいしそうと思えるものは高いし・・・。

お酒類見た後、チーズやサラミなどをおいしそう〜〜と思いながら眺め、その後調味料コーナーへ。
おや?これは!!!



そこで見つけたのは、倉敷味工房の「塩ぽんず」630円と「塩だれ」420円

実は以前に、この塩ぽんずを頂き、下の子と私がすっごく気に入ってたのです。
野菜のおひたしにも、厚あげ焼いたのにもすごくよく合ってて。
残り少なくなってからは、ホントに大事に大事にと・・・みみっちい使い方してた。(笑)

さわやかな柚子とスダチの果汁がとっても感じられ、ほんのりと利いたダシと塩味で、すっごく素材の味が引き立つんです。
こちら、ネギや生姜とも相性が良くって・・・一時は冷奴にも掛けて食べてました。
残り少なくなってからは、野菜中心に使ってましたが・・・。

そして、その隣にあった塩ぽんず。
絶対においしいぞ!と思って、買って帰っりました。
ニンニクと胡椒に唐辛子が入ってて、パスタに掛けてもおいしそう!
豚シャブや温野菜に掛けても、まるで一工夫したように思えそう。
これは、使えるゾ〜〜(笑)

手抜き主婦ボンビー、最高のお料理の味方をゲットしましたぁ〜〜

Tea Room Camellia −ティールーム・カメリア−

2007年10月26日(金) 22時33分
おいしい懐石をお腹いっぱい食べた後は・・・街をフラフラと散策。
とは言え、食いしん坊な私の事・・・
見て回るものは・・・食べ物屋ばっかりですぅ〜(笑)

細い路地もうろうろ。
久しぶりに通る路地には、もう10年以上前から頑張ってるお店もあれば・・・変わっちゃったお店もちらほら。



こぉ〜んなおもしろ看板、大好き〜〜
思わずパシャしてしまった。

そして、歩き疲れてひとやすみしようかなぁって思ったときに、すぐさま頭に浮かんだお店・・・それは・・・



県立図書館の西にある「Tea Room Camellia −ティールーム・カメリア−」でした〜。
コーヒー大好きの私ですが、たまには紅茶の専門店も訪れてみたい。
ここでは、カレーやデザート類も自慢の品らしいのだけど・・・
お腹いっぱいの私たちには、やっぱり無理そう。



結局たのんだのは「ブランデーティー」500円チョイくらい・・・?(レシートがなくって・・・かなり曖昧)
確か・・・ダージリンとブランデーだったと?
こだわりのある、ガネッシュの「新茶の紅茶」ってのを使用しているらしく、確かにいい香りが漂う紅茶ってことは覚えてます。
なんといっても、カップになみなみと注がれてるのはうれしいかも。
しかも、お菓子付き!
これが、サクッとしててほんのり甘くて、すっごく紅茶に合いました。
あれ?お腹いっぱいじゃなかったっけ?
そう思いながら、サクサクもぐもぐと・・・紅茶飲みながら、あっという間に平らげてしまった私です。



ダンナがたのんだのは「ダージリンのアイスティー」。
こちらにもやはり、お菓子付いてて、おいしそうに食べてました。
大きめのグラスに、たっぷり注がれた紅茶。
しかも、最初に出されるお水も、水じゃなくて香りのいいお茶。
(なんだろ?ハーブティー?薄めに入れてあり、飲みやすかったけど・・・)

なので、チョイ高め?って思ったけど、何だか満足しちゃいました。
お店の方も、すっごく感じよかったし。
そうそう、帰るときにお釣りと共に渡されたミニのクッキー・・・
家に帰ってから食べてみたら、塩味がすっごく絶妙に利いたさっくりクッキー。
最近、塩キャラメルとかの塩味のスイーツが流行ってるって聞いたけど・・・
こんなにおいしいのなら、チャレンジしてみようかな?

次回は、おいしいと評判のカレー食べに参りますね〜〜

割烹 動(いぶり)【其の1】 @岡山市北区磨屋町

2007年10月26日(金) 20時41分
ダンナの会社が、なぜかお休みの今日。
ずーっと延期されてた結婚記念日のランチに、なんと4ヶ月近く遅れで行くことになりました。
リクエストは?って聞かれ、「割烹 動 −いぶり−」に行きたい!って即答しちゃった私でした。
今までに2度ほどここで懐石を食べたことがあるけど、2度とも外しがなくって。
洋食のコース料理もいいけど、だんだん和食が良くなってくる・・・微妙な年頃・・・。

予約しておいたコースは、このお店でいつもたのむ「月替わりの懐石」5250円。
全部で11品だったので、また2回に分けてお届けします〜〜



【食前酒】 【前菜】
「巨峰の食前酒」
「秋刀魚酢〆」「栗豆腐」「ちりめん」「海老せんべい」

食前酒は、巨峰をそのまま絞った味って感じのフルーティーなもの。
そして前菜は4品。
秋刀魚酢〆が、しょっぱなから・・・思わず目をつむって噛みしめる味って言うんでしょうか。
適度に酢で〆た脂ののった秋刀魚のお刺身を、海苔と・・・なんだろう・・・湯葉?で巻いてあり、中央には浅葱が入ってる。
掛けてある酢みそで青魚の臭みが消されてて、食べやすい。
噛んでると、コリッとしたものが感じられたけど・・・秋刀魚の皮かなぁ?
噛むほどに味が増して、すごくおいしい。

続いて感動したのが、栗豆腐。
口に入れた途端に広がる甘ぁ〜いコク。
もちろん、砂糖などの甘さじゃなく余韻の残る甘さ。
ほのかに、栗の香ばしさが追いかけてくる。
挨拶に来られた大将(って呼んでいいのかな?)に聞いたら、コクを増す為に生クリーム入れてあるって。
そう、このお店は和食のジャンルにこだわらず、いろんな工夫をした創作和食が得意なお店なんです。
どんな材料使っても、見た目も味も和食で、しかもおいしければいいんです。

海老せんべいのパリッと香ばしい味と、ほんのり甘辛く煮たちりめんも、とってもおいしくいただきました。
ああ・・・ここにしてよかったなぁと、いきなりうれしくなってしまった・・・。(笑)



【向附】
「間八と旬鰆」
色づいた柿の葉が、なんとも言えずいい感じ。
間八は、ズリ部分のコリコリとしてて脂ののったおいしい部分。
そして、鰆がまた・・・とろけるような脂の甘さが舌先をくすぐる品だった。
臭みなんて全く無く、ただただ甘ぁ〜い。
ああ・・・瀬戸内海に面した県に住んでてよかったぁ〜(笑)

添えてあるお豆腐、湯葉豆腐っていってたっけ?
湯葉を取った後に残るほとんど湯葉に近い豆乳で作られたお豆腐って。(上手く説明が出来ない・・)
食べてみると、お豆腐とは食感がちがう〜〜
湯葉の歯ごたえにも似た、微妙なコリッと感があって、豆の甘さはあまり感じなくって・・・。
上の梅肉ソースと、チョンと付けたお醤油で食べるとおいしい!
巻物の中身は、鯛だそうで。
中に入ったネギと・・・なんだろ?噛むと粘りが出る何かを感じたけど・・・気のせい?
しかしホント巻物にすると、お刺身の味と一緒に、いろんな味が追いかけてきておいしい!

飾りに添えてあった菊の花びらも、山形産の何とかって言う(結局覚えられず・・・)食用菊だそうで。
ぜひお刺身などと一緒にって言われたので、添えて食べたら、いい味のアクセントになってました。



【台の物】
「秋鮭巻天ぷら しお」
ここでの天ぷらは、普通の天ぷらじゃない。
それがすっごく好き!
今回は、なんと鮭を湯葉で巻いて天ぷらに。
中央の芯の部分は、山芋と玉子焼。
境目には、青シソが挟んである、心憎いまでの品。
こちらを、添えてあるごま塩で食べるのですが、鮭の旨みと湯葉の香ばしさに・・・
山芋はシャキッと気持ちよい歯ごたえ。
後から玉子の甘さがじわぁ〜っと・・・。
なぜにこんな小さな一切れが、私を幸せへと導くんでしょう・・・(笑)
ちなみに・・・しし唐食べたダンナが、真っ赤な顔して大当たりだぁ〜って言ってるから大笑いしてたら・・・
自分のも大当たりだったぁ〜〜
味の最後の仕上げに・・・笑いのオマケまで付いてましたぁ〜(爆)

この辺りで最初に飲んでた「エビスの中瓶」がなくなったので、せっかくだからと辛口の冷酒を注文。
お店の方のお薦めの中から、森田酒造の「荒走り500ml」をチョイス。
ほんのりと甘みとコクのある、おいしい冷酒でした。
やっぱりお魚には、冷酒が合うよね〜と・・・まるで食通にでもなった気分の2人・・・(実はただの酔っぱらい〜笑)


【焼物】
「帆立献珍焼 ホワイトソース」
帆立の中身は、すり身や何かのお野菜?を混ぜた感じのが詰まってた。
噛むと、いろんな舌触りや食感が感じられておいしかったです。
ホワイトソースは、ちゃんと和風に仕上げてあります。
って、何がどう和風かといえば・・・答えられないけど・・・とにかく普通のホワイトソースとはどこか違うんですよね。
そう・・・ここでは、和食の素材にこだわらず、ジャンル外の素材も使ってる。
なのに・・・最後の仕上げで、きっちりと和食に調和させてるのがすごいと思います。



【蓋物】
「松茸土瓶蒸 銀杏 もち」
松茸だぁ〜!しかも、土瓶蒸だよ!
私は、松茸料理の中でも土瓶蒸が一番好き。
(焼き松茸・・・食べたことがないので・・・あしからず・・・└(T_T;)┘)
土瓶の蓋を開けると、松茸と出汁の香りが・・・ああ・・・
まずは蓋にだし汁を注いで・・・キュッと流し込むと・・・
松茸の香りがベストな状態で感じられるのぉ〜〜
次は中の具を食べてみます。
っと、お餅がぁ〜なめらかだわぁ〜
そして・・・最後に松茸を・・・パクッ!

・・・まだまだ、幸せな時間は続きますぅ〜

其の2に続く・・・

【お店情報】
住所 : 岡山市北区磨屋町7−1
 : 086−222−0405
定休日 : 火曜日 第1水曜日
営業時間 : ランチタイム11:30〜14:00(OS13:30)
       ディナータイム18:00〜22:00(OS21:00)
HP : ぐるナビ岡山内













割烹 動(いぶり)【其の2】 @岡山市北区磨屋町

2007年10月26日(金) 20時20分

【替り鉢】
「雲丹胡麻豆腐 ねりうに」
メニュー見た瞬間に、雲丹だよ!雲丹ぃ〜〜♪と大喜びだった私。
まずは豆腐をひとすくい。
とってもなめらかな舌触りなのに、胡麻の甘いコクが口に広がり・・・ほわぁ〜んと雲丹がぁぁぁ〜
掛けてあるあんからも、雲丹の味がして・・・もう、最高っす!(笑)
上に乗せてあったのは・・・やっぱりイチジク。
ちっちゃいけど、ちゃんとイチジクの味でした。(当たり前だけど・・・)
豆腐の周りには、シャキッと歯ごたえ残した絹サヤ(でかいけど・・・そうかな?)と、ピンクペッパー(でいいのかな?)のピリッと辛いのが、いいアクセントになってました。



【小茶碗】
「紫菊饅頭 栗あんかけ」
まさしく、栗の甘さと上品なお出汁が調和したあんの中に、紫菊饅頭が鎮座してます。(笑)
饅頭の粒々もちもち感は、桜餅の道明寺っぽい感じ?
そして、中にはあんこの代わりに、栗味の・・・なんだろ?
甘くはなくて、でも・・・栗だわぁ〜って思える柔らかなものが入ってた。
のせてあった柚子の皮、いい仕事してましたよぉ〜〜



【酢の物】
「赤手えび」
大将が、赤手エビは大阪では『足赤エビ』って名前が変わるんですよ〜って教えてくれた。
なるほど〜
手と見るか、足と見るか・・・地域によって違うんだぁ〜ってチョイ博識者になった気分。
今度これがお料理に出てくることがあったら、しったかぶりっこになるぞ〜〜(爆)

その赤手エビ、もちろん弾力のあるおいしい身でした。
掛かってる酢みそが、きりっと酸味が利いたいい感じの酢みそ。
食事もあと少し、お腹もかなり満足してきたから・・・さっぱりした味付けは、うれしいかも。
添えてある青菜は春菊。
そして、錦糸卵と蓮根と・・・もう一つの丸い物体は・・・
なんとキャベツのゼリー寄せだって!
使ってるものは、キャベツの芯の部分。
それを小さく砕いて、ゼリー寄せにしてるのだけど・・・。
これが、キャベツの甘さを上手く閉じ込めた一品になってた。
ちゃんと歯ごたえも、噛んでると感じるし・・・かなり感動の品でした。
大将!やるじゃん!(笑)



【お茶漬け】
「焼葱エリンギ」
とうとう、ご飯ものになってしまいました。
でも、ここのご飯はひと工夫あります。
おにぎりは、焼きおにぎりかなと思ったけど・・・焦げ目がない?
掛かってるのは、もちろんお茶じゃなくお出汁だし。
のせてあるネギとエリンギが、ハンパなくおいしい。
お腹はかなり満足状態なのに・・・お箸で崩しながらサラサラお口におくると・・・
いろんな味が、ちゃんと調和してて・・・しかも、エリンギの歯ごたえやネギの旨みが次々に脳を刺激して来る。
『世は満足ぢゃ!』(爆)



【水物】
「マスカット」
最後はあっさりと、フルーツ盛り合わせです。
こんなところで、饅頭やケーキは・・・勘弁して〜〜の私ですから・・・(苦笑)
願ってもないデザートでした。
梨とマスカットのさわやかでみずみずしい味で、本日の懐石修了。
はぁ〜〜
大将、本当にご馳走様でした。

ありきたりの懐石は、先のものが予測できてツマンナイなぁ〜と、つい思ってしまう私ですが・・・。
こんな懐石は、大歓迎!

定番が飽きてるけど、やっぱり和食がいいなぁ〜って思われてる方、是非食べてみてくださいマセ!

【お店情報】
住所 : 岡山市北区磨屋町7−1
 : 086−222−0405
定休日 : 火曜日 第1水曜日
営業時間 : ランチタイム11:30〜14:00(OS13:30)
       ディナータイム18:00〜22:00(OS21:00)
HP : ぐるナビ岡山内













タリーズコーヒー 岡山ビブレ店

2007年10月26日(金) 20時10分
遅ればせながらの記念日ランチ・・・の前に・・・
2人ともグビグビするつもりで電車で出てきた私たち。

まずはモーニングコーヒーから・・・
と、「さんすて」をふらついたけど・・・
そうだった!
「さんすて」は10時からだったっけ!

スタバとサンマルクカフェじゃ芸がないしぃ〜
どこかオシャレなカフェはないかなぁ〜

ビブレ周辺まで足を延ばし、ここはイマイチだのコーヒーがおいしくなさそうだのと・・・
歩き回ること30分・・・

まぁ、ここならいいかぁ〜と訪れたのが、ビブレB館道沿いにある「タリーズコーヒー 岡山ビブレ店」。
ビブレは10時からだけど、どうやらここだけは7時から開店しているらしい。
平日の10時前という中途半端な時間のせいか、他にお客さまはいなかった。



ブレンドコーヒー(だっけ?)ホットのショートサイズ290円。

大通りに面した席の窓際に座り、のぉんびりと待ち行く人々を眺めて・・・。
好きなんです、人間観察。・・・されるのはヤだけど・・・(笑)

外では、忙しそうに目的地に向かって早足で歩いていく人々がほとんど。
そして・・・ゴミや落ち葉などを、せっせとお掃除してる方が。
ボランティア?お仕事で?だとしても・・・
こんな方たちのお陰で、気持ちよく過ごせるんだよなぁ〜と・・・しみじみ感謝!

朝から、すがすがしい気持ちを頂いた気がしました。

のんびりと、朝のコーヒーを飲める環境にも、感謝!
ありがとうね〜〜

山越うどん

2007年10月24日(水) 23時53分

四国でうどん行脚したお友だちが買って帰ってくれた「山越うどん」。
ああ・・・本場の讃岐うどん食べに行ったのが・・・懐かしい・・・(遠い目)



早速今日買ってきたアルムの里の「朝どり卵」を丼にパカッと割ってみる。
よく見かける、黄身を箸でつまむ技・・・
やってみたけど・・・先のとがった箸で無造作につまんだ為か・・・あえなく失敗!
いやいや・・・そんなことしてる暇はないのだぁ〜



作り方に書いてあるとおりに、かき混ぜた生卵の上に茹でたての麺を入れてささっとかき混ぜる。
先ほど買った、たまごかけご飯用のお醤油掛けて、もうひと混ぜしてぱらっと刻みネギ。
いかがでしょうか?ちゃんと釜玉に見えるかな?



さぁ!食べるぞぉ〜〜!

一口食べた上の子が、おいしい!!!って感動してる。
でしょ?やっぱり、さすが讃岐うどんだよね〜って、微笑み合った母子でありました〜



ちなみに・・・
釜玉苦手な下の子は、一人だけザルで。
同時に熱いのと冷たいのとを作るのは・・・大変なんだよぉ〜

うどんを手でもみながら水洗いして・・・
下の子に出してから自分の釜玉すすると・・・
白身が半熟だよぉ〜〜!
ま、それはそれでおいしいけどね〜

・・・温泉たまごの半熟よりは・・・かなりね!(爆)
2007年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ