和shokuya ほんのり

2007年05月30日(水) 22時37分
お友だちと、子供の宿泊研修の為の買出しへ。
早めに終わったら、もうランチ行くっきゃないでしょ!(またそのパターンかよっ!)
行くお店は、以前から彼女が行きたいと言ってた「和shokuya ほんのり」
私ももちろん、前回食べてすごく気に入ったので、また来たかったんです。

ここでのランチメニューは4種類。
週替り定食の「もみじ」880円と「かえで」780円に、「お刺身定食」880円と「ほんのりかご御膳」(アイス又はドリンク付)1280円。
この週のもみじは「牛肉とゴボウのすき焼き風」、かえでは「マトウダイの竜田揚げ」でした。
どちらにも、かなり心動かされたけど・・・
やっぱり前回食べた「ほんのりかご御膳」が忘れられず、2人ともかご御膳にしました。
大き目の蓋付きの籠が運ばれてきて、蓋を開けると・・・わぁ〜やっぱりこれにして良かったよぉって思わず言いそうになった。

天ぷらは以前と同じく飾りの無い薄めの衣。
カラッと揚がってて油の含みが少なくって・・・
添えてあるのは天つゆじゃなくってお塩。
これがまた、とっても合う~~
今回も海老やタコやアスパラなどいろんな種類があって、盛りだくさん。
たくさんあっても脂っこさを感じない天ぷらって・・・私にはうれしいなぁ。

お刺身は、サーモンと鱧の湯引きにハマチのズリかな?
梅肉ソースをかけた鱧は、全てが柔らかいんじゃなくて端っこのほうがコリッとした歯ごたえ残してる。
もちろん骨の存在は全く感じません。
ズリ、もともと大好きなんだけど、ここのはコリコリと歯ごたえがあって脂っこさが無い。
きっと新鮮なんだろうなぁ。
珍しくサーモンと、どっち先に食べようかと迷っちゃったよ。
(好きなものは、最後に残すタイプ・・・)

サイドメニューの小鉢たち。
一つはすき焼き風の牛肉。
うずらの卵が割ってあって、こんなに少しなのにすき焼きを食べたぁ~って満足感があった。
お肉はしっかりと甘辛ダレがしみ込んでて、柔らかかったです。
もう一つは大根サラダ。
細めの拍子切りって言うのかな?(専門用語は・・・分からない・・・)
シャキシャキが感じられてドレッシングの絡みもいい、ちょうどいい大きさに切られた大根。
上にはじゃこと海苔(多分おかかも?)がのせてあって、ドレッシングがすごく合った。
ドレッシング・・・胡麻だったか甘酢醤油だったか覚えてないぃ〜
もう、魚系の旨味と海苔のいい香りと大根のシャキシャキって歯ごたえが印象に残りすぎて・・・(←言い訳てみる・・・)
茶碗蒸しは、やはり前回同様面白い形の容器に入ってました。
上品な味のお味噌汁飲んで・・・おなかいっぱい!
ご飯とお味噌汁、おかわり出来るって言ってたけど・・・もう充分ですぅ〜

食後はコーヒーではなく、抹茶アイスをたのんだ私。
お友だちはココナッツアイスたのんでました。
でもコーヒーもたのみたい私は、食後+100円でコーヒーを追加注文。
アイスは+150円なので、アイス付けてコーヒーたのんだほうが50円安い!
(・・・せこい!せこすぎるぅ〜〜)
アイス食べてコーヒー飲む頃には、2組のお待ちが出てました。
最後のコーヒーをふうふうしながら慌てて飲んだ私でしたぁ~

この4種類の定食類、40食が終われば閉店時間前に終了だそうで・・・。
以前は12時からだったので(最近11時半に変わった)、12時頃いきなりお客さまが増えてた。
今なら11時半頃はねらい目ですよ〜〜

キューティーパイ倶楽部

2007年05月29日(火) 21時28分
運動公園の近くに用事があったこの日。
用事を早めに片付け、まだ11時半が来ていないというのに、ランチしようってことになりました。
この周辺はグルメの宝庫。
さすが学生街だけあるなぁ〜
で、限定の定食のあるお初のお店に行ったけど・・・都合により今日は12時からだって!
まだ、30分以上あるじゃん!

我慢できない私たちは、以前食べて気に入った、運動公園の中にある「キューティーパイ倶楽部」を訪れました。
ここは昔、旧陸軍の将校クラブとして使われてたそう。
何と、明治時代後期の歴史ある建物だそうで。
(完全に受け売りだけど・・・)
店内も、まるでタイムスリップしたようなレトロな空間。
本物って、やっぱりいいなぁ〜

さて、そんなレトロなお店が出してるランチメニューは「お昼の小箱」1000円。
+200円でドリンクが付き、+500円ならドリンクと、デザート3種盛りが付きます。
デザート3種は無理そうだったので、ドリンク付きをたのみました。
まずは4つに仕切られたお弁当が運ばれてきました。
メニューは2週間おきに代わります。
この日のメニューは「海老のシソ巻きかわり揚げ」と「カツオのたたき」。
それに「ほんのり酸味のさっぱりカボチャサラダ」と「たたききゅうりの中華和え」でした。
カツオのたたきと聞いて困ってしまったお友だち。実は彼女はカツオのたたきが苦手だそうで。
でも、ここのタタキにはたっぷりとゼリーポン酢がのせらてて、その上にのせられてるのはネギではなくミョウガ。
少し濃い目に味付けられたゼリーポン酢とミョウガと一緒にお口に入れると、独特の臭みは感じずさわやかな初夏の味〜〜
カツオのたたきが苦手なお友だちが、おいしい!ってペロリと食べちゃった。

もう一つのメインである「海老のシソ巻きかわり揚げ」。
これが、ホントにおいしかった。
プリップリの歯ざわりの海老に・・・少しだけ梅肉をいれてあるのかな?
噛むとシソの風味とともに、梅の味を感じたような・・・。
衣は天ぷらよりもサクッと軽い感じ。
海老2つと、もう一つは筍。
もちろん、歯ごたえは残して、いい感じに揚がってます。
衣にホンの少し、ピンクのカケラが見えるけど・・・。
桜えび?って思ったけど、お友だちは梅じゃないの?って。
香ばしさを感じたよな気がしたんだけど・・・結局分からず仕舞いでした。

カボチャサラダ、酸味があまりきつくなくって意外とカボチャに合う。
何を使ってるんだろう?
ほのかにフルーツの風味を感じたような気も?
でも、サラダにりんご入れるのは苦手な私が、おいしく頂けた一品でした。
たたきキュウリは、くらげと胡麻と和えた一品。
こちらは定番通りの味でおいしくいただきました。

ご飯とお味噌汁。
お味噌汁のお椀の形が縦長でおもしろ〜い!
なのに、何でこんな写し方しちゃってんだろ?
まぁ、上品なお出汁の利いたおいしいお味噌汁でしたってことで・・・。

+200円のドリンクは、コーヒーを選択。
他にも、紅茶以外に100%のオレンジジュースとグレープフルーツジュースも選べるみたいです。
器は和風。
やっぱり、この大正ロマンただよう店内には、そんな器がぴったりだわ。
もしかしてジュースたのんだら、びいどろ風のグラスに入れてくれるのかなぁ・・・。

見た目はちょっとボリューム無いかな?って思ってたけど、意外とお腹いっぱいになりました。
ま、男の方やガッツリ系の方には足りないんだろうケド・・・。

ここのメニューは、お料理研究家の方が作ってるそう。
確かに、定番メニューを一ひねりした感じが、とっても気に入りました。
回りを見回せば、年配の方が多い!
(・・・私たちも・・・溶け込んでるかも・・・)
でも、「お子様カレーセット」(オレンジジュース又はミルクとアイスクリーム付)700円も用意されてるので、若いお母さま方にもお勧めかも。
ここで食べて、運動公園の緑の中をお散歩して・・・。
そんなヘルシーな生活も・・・いいなぁ〜

また、運動不足を感じたら、来ちゃおうかな〜〜

そうさく料理 こっく

2007年05月27日(日) 23時29分
家族で出掛けた帰り。
時間はすでに6時を回ってるよ〜

実は明日は下の子のお誕生日。
1日早いけど、外でご馳走を食べようって決めてた。
当の本人に食べたいものは?って聞くと、ハンバーグ!って一言。
でもね・・・私は・・・洋食系より酒の肴系が好き・・・(笑)。
みんなの願いを叶える場所は・・・この「こっく」しかないでしょ!!!

お店に着いて直ぐたのんだのは、いつもの「魚のカルパッチョ」750円。
だって、上の子が懇願するしぃ〜(今日はお刺身嫌いの下の子のお誕生日祝いでは?)
そして・・・下の子を除いての争奪戦がぁぁぁ〜〜

このお店のカルパッチョ、何がいいかって、ドレッシングとネギなどの薬味や香辛料のバランス。
たっぷりとドレッシングに絡めたお刺身に、白髪ネギ巻いて口にぱくりとしたら・・・もう、ビールでも酒でもワインでも持ってこぉい!って感じでしょうか・・・(笑)。
もう一品、私のお気に入りの「豚肉と大根の巻き煮」350円(450円だったっけ?)も、ダンナに思わず食べてたべてぇ!って勧めちゃった。
だって、このおいしさを分かってもらいたかったんだもん。
今回も、豚ばら肉の旨味が大根にしっかりしみ込んでて、とってもおいしかったです。
残ったお出汁をずず〜って・・・器に口つけて飲んだら・・・上の子に注意されちゃったよぉぉ

下の子が食べたかったハンバーグ。
多分あっただろうという、曖昧な記憶のままで連れてったケド・・・よかったぁ〜〜ありましたよ!「ハンバーグ定食」(ご飯とお味噌汁に香の物付)850円。
ご飯は?の問いかけに、悩みもせず玄米って。
う〜ん、通じゃん!
ここでは初めて見るハンバーグのお皿には、サラダとオムレツに、たっぷりとデミグラソースがかかった大き目のハンバーグ。
その下には、柔らかめに茹でたスパゲティーが敷いてあって、わぁ〜街の洋食屋さんだぁ〜ってプレートになってました。
お味は・・・・・・・・・かたくなに一口もくれなかった下の子なので、きっとすっごく気に入った味だったんでしょう。
母が、あぁんなに懇願したのにぃ〜〜味見したかったのにぃ〜

上の子は「ステーキ定食」(ご飯とお味噌汁に香の物付)1100円をたのみました。
このステーキ、一見赤身のしっかりしたお肉だと思ったけど・・・(上の子は、赤身だけのお肉は苦手・・・)。
一切れ貰ってみたら、ちゃんとジューシーでおいしい!
掛かってるソースが上手くお肉に絡んでて、ミディアムに焼かれたお肉は、思ったよりも柔らかかった。
こんなにいっぱいあるのに、上の子が2切れしかくれなかった理由が分かりました。
(普段はもっとくれるのにぃ〜)
上の子も、ご飯と玄米ある中で、選んだのは玄米。
しかも、2人ともご飯は残さなかったんだよね。
(ダンナが懇願して、2口ほどもらってたっけ?)

さて、それでは遠慮なく私の酒の肴ってことで、今回お初となる「豆腐と牛肉のやわらか煮」400円。
白髪ネギが、お見事!っていう感じにパフォーマンス。
もちろん、お肉は柔らかでジューシー。
お豆腐は、お肉の旨味の利いた甘辛たれを絡ませて食べたら、おいしかったです。
これは、焼酎か日本酒に合いそう。
ダンナが運転手の為・・・今日はビールだけで我慢我慢。

続いてたのんだ「イカとトロロのわさび和え」350円。
いいお味に味付けられたトロロの中に、イカさしが浮かんでる。
お口に添えてあったスプーンで流し込むと、トロロの旨味が引いた後で、イカをカミカミ。
この組み合わせ、お初だけど・・・意外と合うのね〜〜
前回の山芋のポン酢炒め同様、目からうろこの品でした。

「春巻きセット」420円も、今回初。
420円なのに・・・なんでこんなにボリュームあるんだぁ???
山盛りにのせてあるお皿には、2種類の春巻きが。
一つは普通の中華風の具が入ったもの。
もう一つは、海老とアスパラにチーズがバランスよく入った創作春巻き。
この海老入りのが、すっごくおいしかったです。
もちろん普通のも、おいしかったですよ〜〜(子供たちが気に入ってたし)。
春巻きの中にとろけるチーズとくれば、火傷に注意の品。
マズはフーフーしながら、小さく一口。
パリって気持ちのよい音とともに、海老のおいしさが口に広がる。
もう一口、やっぱり遠慮気味にはふはふと頬張ると、今度はチーズとアスパラの味かな?
さわやかな味がした・・・気が?
そして、安心して残りをお口の中へ・・・・・・
あぢぢぢぢぃぃぃ〜〜
まだまだ冷め切ってなかったチーズが、舌の上に乗ってしまった・・・
まったくぅ!子供たちですら火傷せずに食べてたのに・・・おバカな母でありましたぁ

ビールを2杯飲んで、すっかりご機嫌の私。
あれ?子供の誕生日のお祝いだったっけ?
それぞれがまるで自分の誕生日のように満足した、我が家族でありました。
しかし・・・こぉんなにお腹いっぱい食べて、生ビールも2杯飲んで合計5280円!
いいのか?これで・・・

シェフにお父さまお母さま、そしてお店の方も。
いろいろお気遣いありがとうございました〜
帰ってからも、おいしかったと満足顔の下の子。
いいお誕生祝いになりました〜〜

多分、上の子のときにも・・・よろしくぅ

カフェレスト 時空間 −ときま−

2007年05月27日(日) 22時26分
以前は、モーニングやランチで、かなりお世話になっていたお店。
何の前ぶれも無く閉まっちゃって・・・ガッカリしてたんです。
ところが最近になって工事の車が止まってて、5月オープンの看板みて、開店したらこの「カフェレスト 時空間 −ときま−」に行こうって言ってたんです。
オープンからほぼ1週間くらいかな?
やっと今日、行くことが出来ました。

店内は以前とほとんど変わってないかな?
でも、メインでされてた方が・・・違う。
同じ店名のままだから、経営者は同じだと思うのだけど・・。
どうされちゃったのかなぁ・・・?
ランチメニューはそんなに種類がありません。
限定10食の「ときまランチ」750円以外は、4種類のカレー(800円〜850円)のみでした。
ひえ〜〜ランチ無かっても、カレーはやだよ〜〜
そう思ってたら、ランチありますよって。
店内にいるお客さまだけでも10食近いと思うけど・・・開店間もなくだから、多めに用意してんのかな?

待つこと10分〜15分くらいかな?ランチが運ばれてきました。
まずはご飯とお味噌汁に、サラダと出し巻きに煮豆が、お膳にのせて運ばれてきました。

そしてすぐ、この日のメインのあんかけ焼きそばが来ました。
あんかけの具は、豚肉に筍とチンゲン菜に干ししいたけ。
干ししいたけの分量が多めだったからなのかな?
干ししいたけ味の焼きそばでした(笑)。
まぁ私は嫌いじゃないので・・・以前に血圧下げるからって、ダンナに大量に食べさせたこともあったし・・・(苦笑)。
それに、おいしくなかったわけじゃないし。

メニューの裏に、ある先生のお料理教室に通って頑張ってここをオープンさせた旨を書いてありました。
まだまだシロウトかもしれないけど、頑張るって書いてあった。
多分目指してるのは、カラダに優しいお料理なんだろうなぁ・・・。
お味噌汁も煮豆も、薄味だったから。
(出し巻きは・・・しっかり塩味付いてたけど)

まぁ、頑張ってる方は応援したくなるのが人情・・・。
きっとこれから、もっともっとおいしいランチを提供してくれると信じてます。
どうやら、たくさんのお馴染みさんもいらっしゃるみたいだったし。
温かく見守っていきたいと思います。

また、進化していくランチを楽しみに行こうかな。
そうそう、お味噌汁は、もっと煮干のダシが利いたのが好きですよ。
って・・・これは私の好みでしたぁ~

牛転 −うしまろび−

2007年05月26日(土) 23時22分

ラーメン食べて、満足の私たち。
せっかく久々に牛窓に来たんだからって、牛窓の古い町並みを散策。
ここはいろんな方々が、映画撮影の為に訪れたんだよね。
確かに細い路地には、かなり昔の(さすがの私も生まれていない頃の・・・)看板がまだ普通に残ってる。
保存するにも大変だろうケド、このままずっと残して欲しいなぁと・・・岡山県民として切望します。

そうそう、ボランティアの方々なのかな?
観光客の先頭に立って、町並みについて説明しているのをあちこちで見ました。
地域の方々の暖かいココロで支えられてるんですね〜

その古い町並みを暫く歩いたところにある「牛転 −うしまろび−」。
かなり前に、やっぱり牛窓周辺を散策した時に、ここで一休みしたっけ。

店内はギャラリーにもなってて、壁一面に牛窓の風景を描いた水彩画が掛けられています。
どうやら販売もしてるようで、値段を見たら・・・ちょっと私が気楽には変えない価格。
(とは言え、1万円前後くらいなので・・・好きな人にはお勧めかも?)

とりあえず、「コーヒー」350円(だったと・・・)をダンナも一緒にたのみました。
ここのコーヒーは、最近少なくなったサイフォン仕立てのコーヒー。
お店の方が、じっくりと丁寧に淹れてくれるのが見えました。
サイフォン仕立てのコーヒーって、豆の香ばしさがすごくココロを穏やかにしてくれるなぁ。
外の古い町並みと同じで、ゆったりと流れる時間の中で、ホッといっぷく。
こんな平和な時間が持てるって、ホント幸せなことです。

よぉし!
明日からまた、がんばるぞぉ!(←そんなに気合入れるほどの事は・・・いつもやってないけど・・・

ラーメン ありす

2007年05月26日(土) 23時05分

この前のオフ会で、一番気になったお店「ラーメン ありす」。
牛窓の、しかも住宅街の中にあるらしいお店。
書き込みで詳しく教えてもらったので、早速ダンナと行ってまいりました。

最初聞いたとき、ラーメンなのにありすって名前が・・・なんでぇ?って不思議だったけど・・・。
お店を見て、なるほどぉ!って思いました。
だって、イギリスの湖水地方にある建物みたいなんだもの。
周りの住宅が見えなかったなら、物陰からピーターラビットでも出てきそうな雰囲気・・・(って、ここは“ありす”だったっけ?)。
でもホント、表に「ラーメンありす」と書いた緑のノボリが風にはためいてなかったら・・・分からなかったなぁ。

私がたのんだのは、「ラーメン」550円。
じっくりと作ってくれてるのか、出てくるまでに少し時間がかかってた。
もちろん、出てきたラーメンは、火傷しそうなほどあつあつ。
麺は細めのストレート。
細麺はのびるのも早いからなのか、ちゃんと硬めに茹でてあった。
トッピングは、もやしとチャーシュー2枚と・・・きくらげかな?
昆布のような色で、歯ざわりのコリコリしたやつが、千切りになって入ってました。

まずは麺をズルズル。
少し硬めに茹でた麺に、たっぷりとスープが絡んでいい感じ。
上に少し油の層が出来てたから、スープはどちらかというとこってり系。
でも、私が苦手なとんこつのような動物臭さは感じなかった。
魚系の旨味も感じたけど、ラーメン通が大好きな魚臭さもあまり感じません。
本当のラーメン通では無い私にとって、ここのスープはこってりだけど気に入ったなぁ。
だって・・・獣臭がすると、だんだんイヤになってくるんだもん・・・。

ダンナがたのんだのは、「チャーシューメン」650円。
大盛りは+100円だったけど、普通盛りに。
ライスが130円であったので一緒にたのんだら、今日はもうご飯が無いとの事。
行った時間が1時過ぎてたから、仕方ないですよね〜。
そのチャーシュー、私より3枚多い。
1枚33円ほどのチャーシュー(笑)は、苦手なトロトロタイプではなく、程よい噛み応えのもの。
程よく甘辛に味付けされたチャーシューは、厚めに切られてるのがうれしかったなぁ。
タマにぺらぺらのが入ってるお店があるのよねぇ・・・。
ここのは、赤身が多目のタイプながら、パサパサじゃない。
もやしのシャキシャキときくらげ(?)のこりこりとあいまって、このチャーシューは気に入っちゃいました。

ダンナがチャーシューを味わって食べてる間に、麺を食べ終わった私はスープをもくもくと飲んでた。
くどさを感じなかったので、しまったぁ〜と思ったときには・・・かなりスープ飲んじゃってた・・・。
ただでさえ遅い時間に食べたのに・・・晩ご飯までに、お腹空かないよぉ〜〜

でも、私が苦手とするこってり系ラーメンの中で、気に入った数少ないラーメンの一つです。
教えてくれてありがとう!
今度は、もっと早めに行こう・・・

なべ膳 高屋店

2007年05月23日(水) 22時34分
今日は、お昼過ぎには予定のある私たち。
出来ればその前に食事しておきたかったので、早くから開いてて手っ取り早く食べられるお店ってことで・・・この「なべ膳 高屋店」でのランチとなりました。
そういえば前回、体調不良でここのお勧め食べられなかったんだっけ。

今回は、そのお勧めである、ワンコイン丼シリーズの「いくら丼」(味噌汁付き)500円をたのみました。
丼物は最後にたのむので、まずは「ナスの揚げ煮」1個70円をチョイス。
だって、大皿の中でつやつやしてるナスが、とってもおいしそうだったんですもの。
もう一品は、今ひとつの体調の為に・・・ヘルシーに「海草サラダ」120円を選びました。
そして、レジのところでいくら丼をたのみました。
お味噌汁付きで、とってもヘルシーないくら丼定食の出来上がり。
しめて690円。
私がいつもセルフ食堂で支払う料金より、かなり安めです。

そのいくら丼、表の写真通りたっぷりのせてある。
ただ・・・ご飯入れるときにそばにいたので、少なめにって・・・かなりご飯を少なめにしてもらってるから・・・。
もしかして他の普通盛りの方よりも、いくらの割合が多くなってるかもしれない。
だって、多少のご飯の大盛りは出来ても、いくらまでは増やしてくれないものね。
大盛りにしてあったいくら、皮がぷちっと割れるほどの新鮮さは、もちろん感じません。
でも、汁物付きで500円と思えば、充分なものかなぁと・・・私は思う・・・。
なんせ私は、寿司は回転するところでしか・・・食べれない身の上〜〜

こちらはお友だちが食べた「穴子丼」(味噌汁付き)500円。
彼女もご飯少な目にしてもらって、この具の量です。
お友だちは、穴子が多くっておいしいよって言ってました。
まぁ、見た目は何となく市販のきざみ穴子に見えなくも無いけど・・・。
私は食べてないので・・・おいしかったって事で。

サイドメニューで取った、海草サラダ。
棚の上のほうにあったので、あまり見ずに取ったこの品。
良く見ると、海草といっても1種類しか入ってないじゃん!
でも細切りにきざまれたこの海草(多分わかめ?)、海草がコリコリと歯ごたえを残してて、細切りの大根のシャキシャキと良く合う。
ドレッシングは青シソをチョイス。
意外にも、最後までおいしくいただけました。(ヘルシーだったしぃ)
もう一つのナスの揚げ煮。
辛いとご飯食べすぎちゃうからと、汁に浸かってなさそうなのを取ったけど・・・。
味が少々薄過ぎたぁ〜〜
仕方ないので、サラダにかけた青シソドレッシングつけて食べたら、おいしかった。
もともとも、甘辛醤油ではなく、ポン酢に浸してあったみたい。
端っこの、汁に浸かってた部分はおいしかったです。
私も自宅で作るときには、ポン酢か青シソドレッシングに浸してみようかな〜

時間は11時を回ったばかりなので、広い店内はお客さまがまばら。
それでも、多分教育を受けたばかりのパートの方々が、すっごく一生懸命に「いらっしゃいませ〜」とか「ありがとうございました〜」って何度も声出してたのが印象的です。
やっぱり食堂は、活気が無いとね!

今度は子供たち連れて、来て見なくっちゃね!

龍の髭

2007年05月22日(火) 22時59分
久々に習い事のあったこの日。
みんなでお昼ごはん食べに行こうということになりました。
近場でどこがいいかと検討してたら、先生が「龍の髭」に行った事が無いというので、このお店しました。

そう言えば3月に夜ごはんには来たけど、前回ランチに来たのはオープンしてまだ間もない1年前のGWだったなぁ・・・。

この前の日曜、TVに出てたのを知ってる私は、席の確保が出来れば・・・と、出る直前に電話で席を予約。
あと10分後に行きますの言葉に、快く席を取っておいてくれました。

ランチメニューは「日替りランチ」900円の1種類だけかな?
壁には、お昼の飲茶が数種類書いてありました。
ま、飲茶じゃお腹はもたないものね。
座ってからそんなに待たないうちに、ガラガラとワゴンで運ばれてきました。
あれ?1年前よりボリュームもあるし、見た目も豪華だぁ〜〜
これはうれしいなぁ。

この日のメインは「太刀魚の梅風味」と「豚肉の黒胡椒ソース」。
太刀魚は、ゴボウを芯にしてシソと一緒に巻いてあり、それを衣付けて揚げたものに梅肉ソースがかけてあります。
芯にしたゴボウ・・・だと思うのだけど、やわらかぁ〜い。
かなり梅の酸味を残したソース、添えてある水菜などのお野菜にもたっぷりかかってるとうれしいな。
お野菜には、何もかかってなかったので・・・。
豚肉も、とっても柔らかかったです。
添えてあるエリンギが、しっかり味しみ込んでて気に入ってしまった私です。(もっと欲しかったなぁ・・・)
お刺身サラダ、大好きなサーモンとマグロ・・・かな?思ったよりお刺身が多くて、うれしかったです。

このお店の自家製らしい「手作りあんかけ豆腐」。
スプーンが付いてて、あんと一緒にすくって食べます。
このあんかけの味は、モロ私好み。
ほんのり和風のお出汁が入ってるのかなぁ?
思ったより塩辛くなくて、最後に残ったあんも、全てスプーンですくってきれいに食べてしまいました。

お花の形の小鉢には、ちょこんと「イカ団子のチリソース」。
イカの味がおいしい、柔らかいイカ団子は、チリソースがとってもよく合ってた。
「水菜サラダ」もシャキシャキと、胡麻ドレッシングでおいしくいただきました。

デザートも、お膳の端っこに一緒にのってきます。
最近よく見かけるとろとろ杏仁豆腐。
このお店のは、キウイソースがかけてあった。
杏仁豆腐も、ヨーグルトのようにフルーツソースかけるの、ありだなって思いました。

お店に入ってすぐに、お水かお茶のどちら?って聞いてくれるのがうれしいかも。
もちろん、みんなお茶をお願いしました。
お茶はもちろん中国茶。ジャスミンティー・・・だったよね?(イマイチ記憶が曖昧・・・

お茶は急須ごと置いていってくれるのだけど、やっぱり「食後のコーヒー」100円が飲みたくなって追加注文。
その頃には、ちょいとお話に花が咲いちゃってて・・・
かなり飲んでからパシャしたので・・・画像のような少なさじゃありません。
あしからず。

テーブル席のほか、奥にお座敷もあるので席は空いてるのだけど・・・。
12時前には駐車場が満車。
どうやらお店の回り以外は駐車スペースが無くて、いっぱいなら待たなくてはならないそうです。
車でいらっしゃる方は、開店時間の11時半直後をお勧めします。

そうさく料理 こっく

2007年05月19日(土) 21時38分
ついに、「そうさく料理 こっく」のお料理食べたいメンバー、オフ会の日がやってまいりましたぁ〜
全国にこっくのランチを配信(?)している方が呼びかけ、何と全国からこの岡山の地に集結したのでしたぁ〜〜(←少し大げさ・・・)

時間は2時を少し回ったあたり。
お初ランチになった方にも、地元リピーターにも、「本日のランチ」1050円が運ばれました。
今日のお肉は「鶏モモ肉のソテー えのきソース」。
お魚は「サーモンのムニエル ケッパー風味の和風ソース」でした。
チキンが食べたかった私は、今日は迷わずお肉を選択。
でも、お肉を選んだ方も、お魚を選んだ方からも、お初の方たちからはどよめきの声が・・・。
ここのランチ、もうすっかりこの品数が当たり前になっちゃってたけど・・・全てに手の込んだ品がこれだけ並ぶのは・・・すごい事なのかもしれない。

その、一番すごいところは、いつも首をひねりながら食べてる前菜3種。
普通だと、煮物とかひじきとかが無造作に入れられてるミニ小鉢。
今日は、ソーセージのような味のするきれいなピンクのサイコロ2個がのった、何かの茎のような物体???(全然説明できていない〜〜)。
ミニトマトの中をくりぬき、カレー味のペースト状のものを詰め込んだ物体。
高菜と、微妙に山椒のような味のした、エリンギのような物体の3つ。
ここまで書いてみても、多分作ったシェフに、簡単に否定されてしまう・・・だろうなぁ。
いつも、自分の舌の情けなさを、思い知る3品です。

小鉢の一つは、「煮野菜の田楽 パプリカソース」。
椎茸やオクラにさつまいもなどが、硬めにボイルされてて、香辛料を味のアクセントに素材の味を楽しむって感じでしょうか。
お野菜って、ちゃんと下処理すれば、おいしんだなぁ〜と改めて思う・・・。
(いつも手抜きな私ですぅぅ〜〜

もう一つの「新ゴボウの冷製スープ 胡麻豆腐添え」は、すごく味に深みがありました。
こっくのHPでもかなり自信作なのが分かるとおり、オリーブオイルがとってもいい風味を加えてました。
お肉かと思って口に入れた干しズイキ。
噛むと繊維を心地良く感じて、口の中に懐かしさがこみ上げる味・・・みたいな?(よく分からないか・・・?)
胡麻豆腐もなめらかでツルンとお口の中に。
残ったスープ、せっかく添えてくれてたスプーン使わず、器持ってずず〜〜って・・・
(いや・・・私一人じゃないしぃ〜)

今回私が一番気に入った品が、「里芋と蓮根の揚げまんじゅう」。
蓮根餅を里芋で包んで饅頭にしたものだそうで。
しっかりと揚げられてる皮の中は、里芋が舌触りなめらかにつぶされてて、その奥にまるであんこのように蓮根餅が入ってる(・・・んだと思う・・・)。
割って食べてると、両方が口の中で合わさって、とってもクリーミーに感じる。
里芋の甘みが、とてもいい感じの品です。
お出汁が薄味なのも、いいですね。白髪ネギも、いい仕事してるし。

そして、メインの「鶏モモ肉のソテー えのきソース」。
ほんのり照り焼き醤油味で、しっかり味のしみ込んだエノキの食感が、お肉と合わさっていい味出してるぅ〜〜
いつもメインを食べながら思うけど、こんなに品数多いのに、メインがこんなに大きくっていいの?って・・・。
こんなにボリュームあるのに、完食してしまうのは、やっぱりお野菜がたっぷりあるからなんでしょうね。
定番の、シェフお手製のだし巻き玉子とおいしいお漬物食べて、シェフのお父さま特製のお味噌汁飲んで。
はぁ〜ごちそうさまぁ〜〜

その後はデザートタイム。
今日のデザートは、きなこ掛けふわふわムースの蕨もち風とレアチーズケーキ・・・(だったっけ?)。
蕨もちが出た途端に、お初の方に摩訶不思議な口どけ食感のことを話してたら・・・
パシャするのを忘れてしまってましたぁ〜〜
ごめんなさい!

代わりといってはナンですが、最後にご挨拶に現れた氷川きよし似のシェフのお顔でも・・・。
実はどなたかがお写真を・・・とお願いしてOK貰った途端・・・撮影会のようになってしまった・・・。

現在、朝優しく起してくれる花嫁募集中!
お休みの日も、お料理の事を考えてる料理オタクでもOKと思われる方!
是非カウンター中央に座ってあげてくださいませ〜〜

・・・なぁんて、大きなお世話のボンビーでありました。
この日参加された皆さま〜
楽しかったですね。
また、集まりましょうね〜〜
・・・シェフが心労で禿げないうちに・・・

なべ膳 高屋店

2007年05月17日(木) 21時32分
水曜は体調不良で・・・。
ランチどころじゃなくなっちゃったけど・・・。
今日は少し調子が良いし、土曜に予定してるオフ会ランチまでのリハビリにと・・・。
オープンしたばかりのセルフ食堂「なべ膳 高屋店」を訪れました。

昨日は温かいおそうめんやうどんのみで過ごした私。
まずはトレーを取って、一番端にあるおでんの鍋から、こんにゃくを選択。
玉子や厚揚げもおいしそうだったけど、なるべくおなかに負担かけないようにと・・・。
(でもこんにゃくって、消化は・・・どうだったっけ?)
ガラスのショーケースには、お刺身類が300円台でいろいろ並んでる。
さすが生鮮館わたなべ系列(確かそうよね?)なだけあるなぁ。
もちろん、ナスの揚げ煮やサバの照り焼きなどの定番もずらりで手が出そうだったけど・・・。
ここはカラダの為にと玉子焼2切れで我慢。
その玉子焼のお味は、少し甘めの田舎風?
出し巻きが好きな私は、どちらかというと「まいどおおきに」系列の焼いてくれる玉子焼のほうが好きです。
(金額が全然違うと思うけど・・・)
ちなみにおでんは、煮汁を少し入れてチンしたら、温めすぎて煮汁がなくなってた・・・。
そのせいなのか、少々塩辛いこんにゃくでしたぁ〜。
レンジの温めすぎには気をつけましょうね〜(私だけか・・・

そして、やっぱり今日も・・・メインは「うどん」(多分200円)でしたぁ〜
麺は、冷凍麺ではなく玉うどん使ってるのかな?
柔らかい太麺。
トッピングは天カスとワカメとかまぼこにネギ。
普通のうどんっぽいけど・・・うどんつゆが・・・私好みでない。
醤油が強いのかなぁ?
めんつゆを薄めた味に近いのかなぁ・・・。
玉子を入れて、かき玉汁にしたいくらいのお汁。
実際このメニュー、セルフのうどん屋さんでのメニューと、変わらなかったなぁ・・・。

実はここの目玉は、何と言ってもワンコインで食べれる丼もの。
いくら丼や穴子丼に海鮮丼などが、ここのお勧めみたいです。
確かに、他の方がたのんでた穴子丼を見たけど、上に隙間が見えないほど穴子がのってる(ように見えた)。
これに汁物もセットで500円なら、やっぱりお得だよね。
そう言えば、トレーを置いてあるところに貼ってあったトロ定食1000円っての・・・ちょっと食べてみたかったりして。

今回は体調不良のせいで、せっかくのお勧めが食べられなくて・・・
(何でそんなので外食するのーっ!って言わないで〜〜外食すれば元気になるかと・・・)
次回はぜひ、お勧めのいくら丼なんてのを食べてみたいと思います。
金額も、ちゃんと覚えてまいりますぅぅ・・・
お楽しみに〜〜


2007年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ