まんぷく

2007年03月31日(土) 23時03分
山ほどの洗濯物と、片付けものに追われた1日。
お昼は・・・もちろん作る気など起きないし。
何が食べたい?って聞いたら、ラーメン!って子供たち。
そうだよね〜ラーメンは全然食べなかったものね。

メニュー見て、上の子がたのんだのは「焼めし(中)」500円。
あれ?ラーメンじゃなかったの???
本人としたら、かなり悩んだらしいけど、出てきたらとってもおいしそうに食べてました。
ここのお店は、夫婦らしきおじちゃんとおばちゃん2人だけでやってるので、立て込んでくるとかなり待つことも。
でも、その待つ間に、中華なべと鉄製の大きなお玉がぶつかるカンカンって音聞いて、すっかり食べたい気分満タンになってたらしい。
この、まん丸な盛り付けが、味以上に気に入ってる上の子でした。
添えられてるワカメスープ、一口だけ貰ったけど、ラーメンスープとは違う味でした。
これはこれで、おいしかったです。

予定通り「中華そば」480円をたのんだ下の子。
抱え込んで、時間掛けてきれいに食べてました。
ここのは、いかにも中華そばらしい麺が細めのタイプ。
猫舌の下の子は、いつも食べてるうちに、麺を太らせてしまう・・・。
それでも、スープがすっきりタイプだからかな?
最後までイヤにならずに、麺がなくなるまでもくもくと食べてくれるんです。
こってりタイプだと、途中で飽きちゃって・・・
残り食べて〜〜って言われても、太って油が絡んだ麺は・・・
その点でも、ここでは安心できるんですよね〜〜最後、汁まで全部食べるって言ったんだけど・・・。
もうこれ以上待てなかった私たちは、途中で止めさせてしまいました。
だって、いったいいつまで待てばいいのか・・・せめて器持ってズズ〜っと飲んでくれたなら待てたのだけど・・・。

実は、私がたのんだ「中華そばセットの焼ギョウザセット」750円に付いていたご飯、全て下の子が平らげました。
まさしく、オヤジの典型であるラーメンライスを食べたってことですぅ〜(苦笑)
焼ギョウザ、5切れあるうちの2切れも、下の子に取られちゃいました。
上の子は、この後にある習い事で臭っちゃいけないから・・・との事で食べず。
でも、全て食べてから壁を見たら、当店のギョウザはニンニクを使ってませんって書いてあった。
もう少し早く、気付いてあげればよかったね。

あまりお腹が空いてない状態で食べたとは言え、親子3人で1730円。
ハンバーガーをセットメニューで食べたのと、あんまり代わらないや。
旅行で思いっきり散財した我が家にとって・・・ありがたい〜〜

・・・また、お金ないのに手抜きしたい時、来ますね・・・・・・・・

和食にしざき

2007年03月30日(金) 23時27分
東京から帰って、本当は岡山駅周辺で食べる予定だった夜ご飯。
でも、金曜の夜でもあるし、高かったりおいしくなかったしすると悲しい・・・。
それならいっそ「和食にしざき」にする?って言った途端、上の子が大喜び。
サーモンのお造り食べていい?って懇願。
ずっと、食べたかったんだね〜(笑)

お店に着いたのは、8時少し前。
もう、お腹空いてるのかどうかも分からないくらいの状態でした。
お店には、団体が1組とボックス席にも2組いて、カウンターしか空いてなかった。
それでも、最初に注文した「サーモンのお造り」780円が出てくる前にボックス席が空き、直ぐに移動させてくれました。
ラッキ〜!

サーモンの次に食べたかったのが「一口カツ」600円。
今日のは、今までと少し違う感じ?
細長くて、串カツのような感じ。
子供たちにとっては、この方が食べやすかったみたい。
もちろん揚げたてサクサクで、味もおいしかったです。
以前は上から掛けてたソースが、今回は添えられて出てきたのはうれしかったなぁ。
このほうが、ゆっくりと食べるときにでもサクサク感が長続きするので。

ビールを飲んでた私以外は、ご飯ものをたのみました。
サーモンとの絡みを考えた上の子だけは、「白ご飯」150円。
そして、ダンナと下の子は「おにぎり」400円をたのみました。
ここのご飯、お米は何を使ってるんだろう?
あのツヤツヤな感じや、もちもちの食感は・・・コシヒカリ?
・・・ご飯が無くても平気な私には・・・なんとも・・・。

もう一品も、いつもの「手羽先黒こしょう焼き」500円。
チキン類は旅行中も食べた気がするけど・・・おいしいから、どうしてもたのんでしまう一品です。

この「味噌汁」150円は、みんなが待ちわびた品。
ここのは、味噌とお出汁のバランスが良くて、たっぷりのネギも気に入ってます。
今日は、ネギと一緒に黄ニラが入ってた。
これが、すごくおいしい!
もちろんいつも通りアツアツで、立ち上ってくる湯気からは、いい香りがぁ〜〜
まだビール飲んでるけど、思わず一口・・・って感じでした。
ホント好きだなぁ〜ここのお味噌汁。

今回お初の品が、この「あさり酒むし」750円。
ここも、以前一度だけ食べて気に入ったのと同じ、スープタイプの酒むしでした。
薬味として、三つ葉の茎がいっぱい入ってる。
そのせいか、スープも臭みは全く無く、少し辛めだったけど飲んでしまった。
もちろん、あさりの身はプリプリ。
ちょうどいい火の通り具合でした。

時間も遅かったし疲れもあったしで、もうお腹いっぱいだぁ~って満足してたら・・・。
「こちらサービスです。」って、いちごを持ってきてくれた。
わぉ!ラッキ〜〜!!!
よく来てるので顔を覚えてくれたせいなのか、それともラッキーだっただけなのかは分からないけど・・・。
すごくナイスなタイミングで来たので、みんなでぱくぱく。
あっという間になくなってしまいました。
いちごに関しては、ちょっとうるさい私ですが、これは予冷じゃない新鮮ないちごの味がしました。
練乳掛けて食べるのなんて、ホント久しぶりだけど・・・おいしい!

旅行のシメにおいしいものをお腹いっぱい食べて、地元の良さを再認識したわが家族でした〜。
ごちそうさまぁ〜〜また来ますね〜〜

創作ダイニング 風

2007年03月30日(金) 23時04分
いよいよ今日は旅行最終日。
上の子が、東京で行ってみたかった場所ももう1箇所は「渋谷」。
ってか、街をぶらぶらしたいってのが希望でして・・・
街って???って聞いても、地名が出てこない。
で、とりあえず「渋谷とか?」って言ったら、「そこそこっ!」って・・・渋谷でぶらぶらが決まっちゃいましたぁ〜(苦笑)

そんな渋谷を、あても無くふらふら・・・ちょうど満開の桜並木などもあり、きれいだぁ〜〜
なぁんて感動してたら、上の子が「お店は?」って・・・
でも時計見たら、もう11時半過ぎてるし。
人が多いから、早めに食べなきゃ落ち着いて食べれないよ〜〜

そんな時、目に付いたのが「創作ダイニング 風」でした。
場所は、道玄坂だったかな?
表にあるボードには、ランチメニューが850円〜980円で取り揃えてあるし。

店内は、狭い間口の割りに奥行きがあって、オシャレな和風居酒屋って感じでしょうか。
メニュー見てすぐ、「風セット」900円に決めた下の子。
今日のメニューは「チーズハンバーグ」ですものね。
そういえば旅行中、まだ1度もハンバーグ食べてなかったんだぁ〜

チーズののったハンバーグの上からは、たっぷりソースが掛けられてて、見た目ふっくら柔らかくておいしそうでした。
でも・・・ハンバーグはいつも、自分ひとりで抱え込んで食べちゃうんだよね〜
味見は全く出来ず。
ま、マズけりゃ一口くれてただろうから・・・おいしかったって事で・・・。

ダンナがたのんだのは「フライセット」850円。
今日は「ササミ梅しそ巻」でした。
衣はもちろんサクサクで、ササミはやわらかぁ〜い!
中に巻き込んである梅肉としその味で、ソースつけなくても充分おいしくいただけました。
でも、最後の一口にソースを付けて食べたら、それもまたおいしい!
ぜんぜん違う味に思えるから、不思議です。

そして、私と上の子がたのんだのが「ステーキセット」980円。
今日のメニュー表には、サーロインステーキって書いてあったけど・・・日替りならフィレとかもあるのかな?
運ばれてきたのを見たら、ソースたっぷりで、少しがっかりしちゃいました。
でも、食べてみると、ソースがすごくお肉の味を引き立ててる。
お肉も柔らかくて、焼き加減はミディアムレアくらいかな?
私好みの食感でした。
各セットとも、ご飯とお味噌汁に小鉢が付くのだけど、どれもおいしかったです。
ステーキは思ったよりボリュームもあって、ものすごぉ〜く得した気分になりましたよ〜〜

お店を出る頃には満席状態。
しかもほとんどがサラリーマン風。
味も価格も、文句ないですものね。

さて、食後に2時間ほど子供たちとウィンドショッピングしたら・・・
上の子が、ぽつっと一言「人が多すぎて疲れたから、早く帰りたい・・・」ですとぉ

疲れが溜まってきてたのもあったのだろうケド・・・
やっぱり住み慣れた町が、一番なんですね〜〜

さぁ!帰るぞぉ〜〜

中国料理 王朝(ヒルトン東京ベイ内)

2007年03月29日(木) 22時07分
昨日は園内で、かなり予算オーバーなランチを食べざるを得なかったわが家族。
夜も高くついちゃったしなぁ・・・ってことで、チョイ頭使っちゃいました。
宿泊していたのは「ヒルトン東京ベイホテル」で、朝食バイキング付でした。
その朝食券、お昼でも利用できるそうで。
時間を争う朝に、長蛇の列が出来る朝食バイキング食べるより、お昼に帰ってきて食べるほうがいいかも・・・。
アジア料理のバイキングと地中海料理に中華料理の3つのレストランから選ぶ事が出来ました。
何だか中華が食べたかった大人2人が、子供たちを洗脳・・・(笑)
無事中華に決まり、レストランへ。
早めに来て良かった・・・ほとんどの席が、予約で塞がってた。
そうか・・・朝予約しておけば良かったのかぁ・・・。

さて、朝食券利用の場合はメニューが決まってるらしい。
まずは本日のスープから。
ホテルのレストランらしい、ワゴンで丁寧にサービスしてくれるスープ。
今日はコーンスープでした。
もちろん、おいしかったです。

次に来たのは、中華風サラダ。
確かお刺身がのせてあるサラダでした。
お刺身一人何切れずつ?なんて上の子といいながら、うれしそうに中華のターンテーブル回して・・・食べてしまったので写真はナシ・・・
ドレッシングが思ったよりもおいしくて、あっという間に食べてしまったことしか・・・覚えていません・・・ごめんなさい!

そしてメインの「王朝特製弁当」が来ました。
炒めもの3種と点心って事でしたが、この日の点心は、普通のシュウマイともち米のシュウマイに・・・蒸し餃子みたいなの。
ジューシーでおいしかったです。
そしてプリップリの海老チリと天津って言うのかな?
玉子がふんわりと仕上げられてて、味付けも濃すぎず私好みでした。
もう一つは牛肉の炒めもの。
ベビーコーンのシャキシャキって感じと、きのこのコリッとした食感がいい感じ。
お肉も、表面をでんぷんのとろみがおおってて、柔らかく仕上げてありました。

結構お腹いっぱいになってきたところに炒飯登場。
ワゴンの上で、大皿からお茶碗に取り分けてくれました。
食べれるかな?って心配だったけど、ぱらっとしててふんわり玉子の食感もおいしくて・・・。
結局みんな完食。
う・・・動きたくないよぉ〜〜

最後は本日のデザートでしたが・・・。
フルーツたっぷりの杏仁豆腐は・・・ごめんなさい・・・ほとんど食べれず。
おいしい杏仁だったけど・・・こんなお腹いっぱいのときに苦手な杏仁豆腐は・・・

ダンナはかなり無理して片付けてたけど・・・
こんなお腹でディズニーランド・・・頑張れるのぉ???
いっそ長蛇の列に並んで腹ごなししちゃおっかなぁ・・・

しかし・・・これだけ食べて朝食券でいいとは・・・
あんな脂っこいバイキングより、よっぽど良かったなぁ・・・。
昨日も昼食に振り替えれば良かったと、後悔しちゃった大人たちでした。
もし、これから行かれる方は、是非どうぞ。絶対お勧めです。

S.S.コロンビア・ダイニングルーム(ディズニーシー内)

2007年03月28日(水) 21時24分
卒業記念旅行、2日目のランチはディズニーシー園内にて。
平日とは言え、春休みでお天気にも恵まれて、すごい人出。
超人気アトラクションを立て続けに乗った私たちは、ちょっとお疲れモード突入。
ファストパス取ってる次のアトラクションまでの時間を利用し、ランチの予約をとることにしました。
人気なレストランはすでに2時頃までいっぱい。
やっと取れたレストランは、大型船の3階にあるレストラン「S.S.コロンビア・ダイニングルーム」。
予約時間に行くと、ほぼ満席状態でした。

メニュー見て、うわぁ〜〜高っ!
お子様メニューは2種類しかなく、安いほうは(それでも1000円以上はしたと・・・)ちっちゃな子供用。
「リトルキャプテンセット」(1890円)が小学生くらいの子供用セットってことで・・・。
し・・・しかたないかぁ・・・・
まずはパンが運ばれてきました。
3種類あって、お代わり自由らしいけど・・・3個あれば充分ですぅ・・・。

メインプレートが来ました。
ジャンボなエビフライとサイコロステーキがのってて、子供たちうれしそう。
ステーキは柔らかくておいしかったそうで、あっという間に食べちゃった。
高いんだから、もうチョット味わって食べてよね〜〜
エビフライも、身が詰まっててプリプリだよ〜〜って・・・
母には一口もくれなかった。

ダンナがたのんだのは「サーロインステーキ」2150円。
見た目は、ショーウィンドウに飾ってあるそのままって感じの焼き目の付いたステーキ。
意外と(って言っちゃぁ失礼か・・・)柔らかくて、焼き加減も良かったみたい。
洋食レストランでよく見る、銀色のソース入れに入って来た照り焼き風ソースも、とってもおいしかった。
遊園地のレストランだからって期待せずに食べたから、余計おいしく感じたのかなぁ。

ホテルの朝食バイキングの脂っこさが、胃にまだ残ってた私がたのんだ「帆立貝のソテー」2100円。
これが本当においしかった。
大きな貝柱はミディアムレアに火を通してあって、下のソースは少し酸味が感じられるバター風味のソース。
ボイルキャベツとエリンギのソテーにも、このソースがよく合っておいしかった。
予定通りたのんでしまった「生ビール」735円とともに、あ〜〜満足〜〜

食後のドリンクもゆったり頂いて、子供たちも満足そう。
ま、合計金額8765円も出費してしまったんだから、おいしくなかったら暴れるところだったよぉ〜〜

さぁ、午後からまた、頑張ろうね〜〜

つきじ植むら 台場店

2007年03月27日(火) 22時52分
春休みスタート。
卒業記念の東京旅行。
行きたいところは?って聞いたら、フジテレビ〜〜!って(笑)

今からちょうど6年前にも連れてきたんだけど・・・ほとんど覚えてなかったようで。
でも、実際見学してみると、あんまり興味をそそるものは無かったらしい。
めざましテレビやコニーちゃんのコーナーでも、記念写真どころか・・・見ることすらしてくれなかったしぃ。
フジのキャラである「ラフちゃん」のキグルミとも、嫌がって写真どころか握手すらせず・・・。
来た意味あるのか・・・?
ところがフジテレビのビルを後にし、食事の場所を探してたら、あの球体が見えるビルの全景が見えて大喜び。
そうか・・・フジテレビの建物だけ見せればよかったのか・・・・・・・・・
そんなこんなのお台場でしたが、ネットで見て気に入ったお店でランチする事になりました。
それが「つきじ植むら 台場店」でした。
どうやら全国にも店舗があるチェーン店らしいのですが、築地本店はすっごく高いお店。
でも、ここでは庶民価格らしいって。

で、子供たちがたのんだのは「本日の洋玄弁当」1050円。
松花堂のように、いろんなおかずが少しずつありました。
お刺身に茶碗蒸し、すき焼き風に豚カツがセットされてて、それにご飯とお吸物と香の物に、デザートのとうふのチーズケーキが付いてます。
思ったよりは味が濃いのかな?
すき焼き(風?)少し貰ったけど、しっかり味が付いてました。
カツは、見た目からはイマイチっぽかったけど・・・子供たちはおいしそうに食べてたので・・・意外とおいしかったのかもしれません。

大人たちがたのんだのは、ネットでもお勧めだった「豚のすき焼き定食」1050円。
固形燃料で温める土鍋にはたっぷりのお肉。
それにご飯とお吸物に香の物が付いています。
これにはもちろん「生ビール」(中630円)をたのんだ私。
いつも運転手のダンナも、今回は飲める〜〜とばかりに生一丁〜〜!
(その後、妙に日焼け顔風のダンナと歩くのは・・・恥ずかしかったよぉ〜〜)

ちなみにすき焼きの豚肉、ネットで見たとおりたっぷり入ってた。
肉質もいいみたいで、しっかり火を通しても柔らかくて、脂身もクドくなかった。
これに生卵つけて食べたら・・・まいう〜〜って、顔がにやけてしまいました。
最初はこれ以外にはおかず無いのぉ?って思ったけど、充分お腹いっぱいになりました。
最後に残ったお汁に、ご飯を入れて食べたかったダンナですが・・・。
卵も燃料も無いし、何と言ってもすくうものが無いってことで断念・・・。
まぁ、なべの中にご飯粒入ってたら・・・恥ずかしいでしょ〜〜

ところで、少し早めに入店したのであまりお客様いなかったけど、12時過ぎたとたんにサラリーマン風の男の方たちで満席状態。
観光客や家族連れってほとんどいなかった。
それだけ地元の方に認められてるお店なんだなぁと、納得できた私たちでした。
でも・・・きっともう、来ること無いんだろうなぁ・・・・・・また行きたいよぉ。


龍の髭

2007年03月24日(土) 23時10分
イタリアンのランチ食べた後、一度家に戻った私たち。
デジカメが買いたかった上の子の為に、習い事が終わるのを待って夕方から家電量販店へと。
悩みに悩んだ末、上の子がデジカメを手にしたときには・・・もう、すっかりディナータイム・・・。

これからご飯作るのかぁ・・・と思った瞬間、子供たちから天使の一声!
晩ご飯、どっかで食べようよぉ〜〜
そうして、昼も夜も、母はお気楽〜〜に過ごしちゃったのでした〜〜

そうなれば、行ってみたかった「龍の髭」の夜ご飯〜〜って・・・リクエストしちゃいましたさぁ〜
時間はすでに6時過ぎ。でも、ボックス席が空いてた。良かった〜〜

さて、無事席には付いたけど、今日は予約の団体様が多かったみたいで。
恐縮そうに、少しお時間掛かるかもしれませんが・・・って・・・。
わざわざ丁寧にそう言われたら、もう待つ気持ちムンムンOKですよぉ。

そして最初にたのんだ「鮮魚の具だくさんお刺身サラダ」900円が来たのは、思ったより早かった。
やっぱりお断りされてれると、許容範囲が多分、気付かないうちに広くなってるのかなぁ。
(でも、10分ほどしか待ってない気も・・・?)
そして直ぐに「若鶏から揚げ」550円も運ばれてきました。
お刺身サラダは、私と上の子が大好きなサーモンたっぷり。
シソとタデとネギにナッツと一緒に、タレ(ドレッシングか・・・)をかけて混ぜ混ぜして食べたけど、おいしかったです。
お刺身苦手な下の子の分を3人で争う展開にぃ〜(笑)
ま、それほど好きな味だったって事です。
唐揚げ、添えてあった塩付けて食べたらもう、ビールがススムススム!
あ〜〜効果配分が出来ない〜〜(結局2杯目注文・・・って・・・おいしかったからですよ〜〜)

そんなに思ったほど待つことも無く、「焼きにらまんじゅう」350円と「海老チリソース」1000円が来ました。
にらまんじゅうは、思った通りの味。
火傷しそうなくらいアツアツで、おいしかったです。
海老チリは、四川風でした。
食べてから、じわ〜っと辛さが口に広がる。
辛いのが苦手な上の子が、途中でギブアップ。
私には、海老もぷりぷりだしビールにも合うし、上の子の分まで・・・ごちそうさまぁ〜〜

ここでダンナがたのんだ主食の「シャーズータン麺」800円が運ばれてきました。
麺に海老の卵を練りこんでて、少しクセがあるかもって言われてたのだけど。
すごく細い麺で、噛むとチョッピリプチプチして、上の子も大人たちも気に入りました。
スープも、白菜の入ったあっさり塩味。
中華料理の脂っこさが、洗い流されるって感じでしょうか。

一方、下の子がたのんだのは「タンタン麺」750円。
もちろん本格四川風でした。
辛いのが大好きな下の子も、コレは途中でギブアップ。
ふっふっふ〜〜
コレはすでに、私にしか食べられないものになったなぁ〜〜
そう・・・私は実は、すっごく辛いもの好き。
カラダのために、日頃は我慢してるけど・・・今日は解禁にしちゃえ〜〜
それでも時々、横から少しずつツマミ食いしてた下の子・・・あぁ・・私の血を引き継いじゃったかなぁ。

上の子の主食は、季節メニュー(?)で壁に貼ってた鮭チャーハン(正確な名前と価格が・・・不明)。
チャーハンの基本であるパラパラご飯。
卵もふんわりご飯にまとわり付いてて、おいしかったです。
(・・・上の子が気に入って・・・たったの一口だけの感想ですがぁ・・・)

運転手のダンナは、これに「白めし」200円を追加。
私は「生ビール(中)」500円を2杯で我慢・・・。
みんなお腹いっぱい、満足いっぱいで帰ることが出来ました。
味付けも、濃すぎずクド過ぎず。
辛いのは私の好みだからうれしいし。

これだけ食べて飲んで(って、私だけだけど・・・)7000円弱。
夜ご飯に中華食べたくなったら、また行こうね〜〜
・・・もちろん、ダンナ様、そのときは運転よろしくぅ〜〜

Cafe AROMA −カフェアロマ−

2007年03月24日(土) 22時51分
モーニングでは以前から利用してたのだけど。
なぜかランチには行ったことが無かったCafe AROMA(カフェアロマ)。
何度かTVでも紹介されてたのに・・・なぜだろう?

さて、お店に着いたのはまだ11時半少し前。
モーニングだけで、まだランチやってないかも・・・と心配しながらメニュー見たけど、ここはモーニングがランチタイムでも食べられるそうで、他のお食事メニューも早い時間から食べられるみたい。
良かった〜〜

まず子供たちがたのんだのは日替りのパスタセット。
ミニのスープと、ワンプレートにサラダとガーリックトーストがのってる。
この日のパスタはアサリとタラコ。
珍しい組み合わせだけど、子供たちはおいしいと言って食べてた。
スープは普通のポタージュスープ。
見た目はボリュームなさそうだけど、子供たちにはちょうど良かったのか、見た目より量があったのかな?
お腹いっぱいになったって、2人とも満足してました。

私がたのんだのは「ジャンバラヤ」。
まずはサラダとスープだけ、運ばれてきました。
スープは子供たちと同じサイズだけど、サラダは少し大きめ。
たっぷりとドレッシングが掛けられてます。
ダンナにも、同じくスープとサラダが運ばれてきて・・・かなり待ったために、サラダを先にほぼ完食・・・
だって、待ちきれなかったんですもの〜〜

20分ほど?もう少し待ったかな?
運ばれてきたのは、このお店オリジナルなのかな?
ジャンバラヤの上には目玉焼きがのせられ、ケチャップが掛けてある。
ご飯の具合は、何となく焼飯タイプなのかな?
お米を炒めてから炊き込んだ風には見えなかったけど。
まぁ、正確なジャンバラヤは、食べたことが無いのでよく分からない。
味付けは適度に香辛料が利いてて、海老やマッシュルームにコーンが入ってて、ゴマがたっぷり振りかけられてる。
それなりにおいしかったから、本格的じゃなくてもいいかぁ。

ダンナが頼んだのはオムライス(だったと・・・多分?)
来た瞬間、おいしそう〜〜って一番思えた一品。
実際、かけてあるソースに入ってるお肉が、しっかりと煮込まれてて柔らかくておいしかった。
(1個だけ貰った感想ですが・・・)
少々待ちくたびれた感もありましたが、アツアツで出てきたのを見ると・・・おいしいからいっかぁ〜ってなっちゃいます。

全て食後のコーヒーか紅茶も付いてました。
ただし、ここは子供といえどもジュースへの代替はナシ。
ジュース等にするなら、追加料金だそうで。(飲み物代から100円引きって言ったような・・・)
それ聞いてた子どもたちが、大人と一緒でいいって・・・好奇心出しちゃって。
上の子はレモンティーを、下の子はコーヒーを・・・・・・飲めるのかぁ???
結局お砂糖たっぷり入れても一口しか飲むことが出来ず。
残り飲んでくれって・・・母は、甘いコーヒーは飲めないんだよぉ〜!

他にもそそるメニューがあれこれあったのだけど、メニュー写すのを忘れちゃってて・・・
食べたものの正確な価格すら・・・分からず。ごめんなさい〜〜
でも、確かどれもがドリンク付いて800円〜1000円の間だったと思います。
カフェとしたら、どれもおいしかったんじゃないかと思う。
ドリンクも本格的だったし。
近場ランチのローテーションに、加えちゃおうかな〜〜

そうさく料理 こっく

2007年03月21日(水) 22時42分
子どもたちの給食が終了し、大人だけのランチが不可能になってしまった今週。
前回ランチしてからは、20日が過ぎようとしてる・・・禁断症状がぁ・・・。
だけど、暫くこっくのランチは無理かと諦めてたんだけど・・・。
今日は上の子が、お友だちとお出掛けで、お昼はマックで買って食べるって。
ダンナはいつも通り出勤だし。
と、言う事は・・・下の子連れてなら「こっく」に行けるのか・・・・・・・・・・
っと思った途端、頭の中は、きまぐれシェフのHPで見たビーフカツの画像だの、ジャポネーズソースって言葉だのがぐるぐると渦巻いちゃって

ほぼ開店時間にお店に着いたけど、もうすでにお店の半分以上の席がふさがってた。
すごいぞ〜!!!
今日のランチメニュー(1050円)、お肉は「ビーフカツ おろしジャポネーズソース」。
お魚は「姫鯛のソテー 八丁味噌甘酢あんソース」でした。
お肉大好きな下の子なのに、お魚の方がいいと。
なぜかって聞くと、太るから・・・だって〜〜
結局、私がお肉をたのんで交換しようってなったけど、お魚が気に入ったのか、少ししかもらえず。

お肉のビーフカツ、おろしジャポネーズソースは、思ったとおりのさわやかなソース。
カツは好きだけどクドくてね・・・の年頃の私としたら、ナイスなソースでした。
おろしポン酢とスパイシーソースを合わせもつ味・・・(よく分からないかぁ・・・?)
お肉も柔らかくて、ご飯のススム味でした。

お魚は、姫鯛に薄く衣付けてムニエルのようにしてるのかな?
八丁味噌甘酢あん、このソースもさわやか系。
味噌とか甘酢とか見て、下の子が気に入るかな?って心配したけど、気に入って食べてました。
(だって、最初は一口もらうのも嫌がってたもん!)
しかし、姫鯛といいながら姫じゃ無い大きさ・・・。(関係ないか・・・)
楽しみに残してたらしいけど、最後おなかいっぱいになり、泣く泣く私に少しくれた。
このソース、ドレッシングとして大根サラダなんかに使っても・・・おいしそうだぁ〜〜。

本日の小鉢、一つは「マーボートマト茄子」。
しっかりと香辛料の利いたマーボーに、トマトを加えてまろやかにしてる。
さいの目に切った蒟蒻の歯ごたえが、食感にアクセントを加えてる。
下にはオクラにカリフラワーとブロッコリにカボチャ。
シンプルな茹で野菜なので、マーボーの味を邪魔しない。
もう一つの「大根サラダの生春巻き ゴマネーズソース」。
今回、食感がすごく気に入った一品。
一見生春巻きの皮と思ったけど・・・あれはもしかして、かつら剥きした大根?
中のきくらげや山くらげのコリコリ感とともに、ポリってお漬物のような食感が楽しかった。
通常の生春巻きのような海老とかが入ってないのに、とってもおいしくいただけました。
いつもちょこんとのってるだし巻き玉子も、私は好きな味です。

「飛龍頭のワカメあん」、最初読めなかった・・・。
これは、ひろうすって言うと、何となく分かるのかな?
関東ではガンモドキとも言うらしい(多分?)けど、こんがり揚がったお団子の中身はお豆腐と筍。
筍、そろそろ旬ですね〜。
その歯ごたえと、あんにしたワカメのツルンとした舌触り。
実は私、残ったあんも、器に口付けて飲んじゃった・・・
ま、それほどあんの味がおいしかったって事で・・・。

今回の前菜3種のうち、気になったのが一番左の大根(?)の煮物。
その、上にのってた物体が・・・食べてすごぉ〜くコクがあっておいしかったのに・・・分からず。
子どものを頂こうと思ったのに、拒否されたぁぁぁ〜
なんと下の子、こんなに野菜だらけなのに、茄子のお漬物とみそ汁の汁のみ半分以外、完全に完食してしまいましたぁ。
30品目の栄養素ばっちり!
今夜は手抜きでいいかぁ〜と、マジで思った母でしたもん(苦笑)。

デザートも別々のを注文。
今日は、ココナッツの(多分?)ワラビもちとショコラケーキでした。
(メニューじっくり見もせず、一つずつくださいって・・・たのんじゃったので名前が不明)
白い、淡雪のような物体(?)をスプーンですくってお口へ。
???溶けるぅ〜〜・・・なんだこりゃ〜〜
以前にも、口の中で溶ける物体を、ここで食べたけど・・・。
あれとはまるで違う白さと味。
後からじわ〜っとココナツの味が。いいわぁ〜

下の子のショコラ、甘すぎず、大人好みの味だと思ったけど・・・。
ほんの一かけもらっただけでも、そんなに取らないでぇ〜だもんね。
相当気に入ったんでしょう。
私以上に、甘いものの好みがはっきりした子なんですけどね〜。
ケーキもおいしかったみたいだけど、お皿にのせたソースも気に入ってたようで・・・。
最後に、何度もフォークですくって舐めてた・・・。

今日は、11時過ぎてからコックに行く事を決めた私。
下の子に、こっくに行く?って聞いたら、行く〜〜!って大喜び。
ランチは初めてだったけど、こんなに気に入って食べてくれるとは思わなかった。
小学生も虜にするとは・・・「こっく」恐るべし!!!

焼肉 錦水

2007年03月19日(月) 23時22分
巷ではインフルエンザが大流行。
卒業式を控えた上の子が、人ごみに出掛けてはいけないと言われたそうで・・・。
家族で外食を暫く自粛してた・・・

さて、今日は晴れて卒業式。
厳戒態勢のお陰で、元気に参加できました。
ホントはランチに行きたかったのだけど・・・行く暇もなくお買い物があったりして。
結局、お祝いの焼肉となりました。
飲みたいダンナは、電車で市内に・・・て言ってたけど、寒いし雨降りそうな気配だしってんで、涙飲んで車を出してくれました。
いつもありがとう〜〜(こんな時だけ・・・)
お友だちから、お肉がおいしくて穴場的なお店「錦水」を教えてもらったので、早速行ってみることにしました。

近くにある「明洞」より少し高いかもって聞いてたけど・・・。
品数こそ少ないものの、価格的には安いくらいかも。
早速私の「生ビール中」500円とともに、「ご飯」(中)150円を子どもたちに、ダンナは(大)200円をたのみました。
スープも、「タマゴスープ」「ワカメスープ」(各250円)を1つずつたのみました。
もちろん、ビールのとりあえずのツマミとして、「白菜キムチ」300円も。
スープ、250円なのに大きい。
ラーメンの器を、一回り小さくしたサイズでしょうか。
タマゴスープはあっさり系ながら、おいしかったです。
ワカメは少々塩辛さを感じたかな?でも、ワカメたっぷりでした。
キムチも思ったより大き目の器にたっぷり。
少し塩分が強めで、本場韓国のキムチってのじゃ・・・(多分?)無かったけど、それなりにおいしかったです。

今回最初にたのんだお肉は、「カルビ」750円が3人前と、「ホルモン」に「豚バラ」各520円を1人前ずつ。
「特上カルビ」が1050円だったので、食べ終わる頃たのもうって事で。
そして、運ばれてきたのがこの盛り合わせ。
向こうに見えるのが、小ぶりだけど、丼に入った大のご飯。
ホルモンも豚バラも、2人前と間違えられたかも・・・って思ったけど。
お会計は、ちゃんと1人前であってた。

栄養バランスのために、忘れちゃいけない「焼き野菜」300円。
安い!最近はお野菜高いから、いつも悩みながら注文するのに。
ただ・・・玉ねぎのヘタの部分は、もう少ししっかりとカットして欲しかったけど。
少しだけ、枯れた部分が見えてましたよぉ〜〜

後で特上カルビをたのむ予定で、子どもたちにどんどん食べさせた。
もちろん、野菜も食べなきゃ〜スープも飲んでね〜って・・・魂胆ミエミエで食べさせてたけど・・・。
食べ始めた時間も早くて(5時半頃・・・)まだお腹空いてなかったのかも?
あっという間に、もうお肉いらない〜〜なんて、2人とも言い出しちゃった。
まだまだ残ってるよ〜〜

・・・後で注文する予定だった特上カルビは、結局注文できず、また次回に繰越されてしまいました。
なので、合計金額はビール2杯飲んで5890円。安っ!
次回来たときは、思い切って「上ロース」1280円や「タン」1050円もたのんじゃおうかな。
一皿が多めなら、高いお肉でもたのめそうだわ〜
今回たのんだ普通のカルビ、肉質も硬くなくて値段の割りに良かったです。
豚も、焼き過ぎても硬くならず、おいしくいただけました。
タレはシンプルだけど、私の好きな甘すぎないタレ。
横にあった辛味噌(豆板醤?)とニンニクを追加したら、味噌ダレに味が変わった。
置いてある小皿に2種類のタレを用意して食べた私。
値段安くてゆったり食べれて言う事なし!
次回から、いつもここに来ようね〜〜
(運転手のダンナは、複雑な表情でしたが・・・ね!)
2007年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ