Signe -シグネ-

2006年05月30日(火) 22時49分
この日は問屋町方面でお買い物。
で、まだ11時だったけどゆっくりランチしたくて、11時から開いてるこのSigneにやってまいりました。

週替りランチは4種類。
お友だち2人は「荒びきソーセージとキャベツのトマトソースパスタ」840円をたのみました。
前回同様のワンちゃん用みたいなお皿にこんもり盛られてました。
荒びきソーセージ、スパイシーでおいしかったみたいです。
トマトソースの良い香りがしてました。
ランチにはサラダ・ドリンクとデザートが付いています。

さて私がたのんだのは「サーモンと山芋の温玉どんぶり」1050円。
これにはサラダとドリンクにデザートのほか、お味噌汁も付いてました。
ご飯は五穀米だそうですが、あまり何も感じず食べてしまいました。
メニューには書いてなかったけど、小鉢も一緒に出てきました。
この小鉢の青菜明太子和え(?)はおいしかった。
辛子明太子のピリ辛と高菜なのかな?
ご飯がすすみましたぁ〜〜
お味噌汁も、こんなカフェで飲むにしては(失礼でしたね・・・)おいしかったです。

メインのどんぶりですが、サーモンが大きくて・・うれし〜〜
山芋も大きめに切ってあって、しっかりタレを絡ませてありました。
思った以上においしかった。
やっぱり大好きなサーモンをこんなにたっぷり使ってるのは、かなりポイントが高い!
みんなより高いのをたのんだけど、とっても満足しました。

食後のデザートは黒ゴマのムース(ババロア?なんだったっけ?)
とってもおいしくいただけました。
食後のドリンクは、コーヒー・カフェラテ・オレンジジュース・レモネードから選べました。
同じ値段ならってことでカフェラテたのんだけど・・・
デザートがこれなら、普通のコーヒーにしておけばよかった・・・かも?

みずの手

2006年05月27日(土) 22時36分
明日は下の子の誕生日。
だけど・・・ダンナが実家の用事でいないってことで。
前夜祭気分でディナーに出かけることになり、希望を聞くと「焼肉〜〜!」と一言。
で、子供たちにとっては初めての「みずの手」に行くことになりました。

まずは生ビールと「白菜キムチ」270円をたのんで。
続いてお肉。
子供たちの為に「カルビ」800円・「ロース」850円を2人前ずつ。
私の大好きな「ホルモン」420円と「塩タン」1100円(高ぁ!)を1人前ずつたのみました。
カルビにはまれにスジがあったようで、固いものが得意じゃない上の子ばかりに当たったようで・・・。
急にピッチが落ちてしまいました。

でも、「豚トロ」530円は塩焼きにしておいしそうに食べてた。
贅沢言うと、レモンあったらうれしかったんだけどな・・・。
ってか、焼けた豚トロを置くお皿がなくて、塩焼きなのにタレの中に置いてしまったりして・・・。
途中で牛タン用のレモンがきたのでそれに置きましたが。

下の子は「ごはんの大」210円を食べてしまい肝心のお肉があんまり食べれてなかった様子。
なんで肉が焼ける前にごはん食べちゃうんでしょうか・・・。

子供たちのピッチが落ちてきちゃって、親たちのお腹もかなり満足してきました。
が、壁に貼ってる地鶏の皮の塩焼きってのが目に付いて、たのんでしまいました。
焼肉屋さんで地鶏の皮を食べれるのもいいなぁ。
お腹満足状態でも、気分変えて食べることが出来ました。

身体の為にたのんだ野菜の盛り合わせも含めてほとんどのお肉がなくなったころ、恒例の一皿だけタイムになりました。
そう・・・子供たちがお腹一杯になったのを見計らって、「特上カルビ」1250円たのんじゃった・・・。
子供の誕生日だと言うのに・・・
やっぱり特上はおいしい〜〜!
だけど・・・あまりにも今日はお腹満足状態だった為、2切れしか食べれず。
上の子に勧めてみると食べたいと言うので私の分あげた。
すっごくおいしかったそうで・・・。
あ〜あ・・・味を覚えさせちゃったかぁ。

で、今回はいつもよりもたくさんたのんでしまったようで、4人で9千円ちょい。
次回はもう少しセーブしてたのむぞ・・・。

ティルナノーグ

2006年05月26日(金) 23時05分
今月もまた、行く事が出来た恒例「ティルナノーグ」5月のメニュー。
【食前酒】
柑橘系の程よい酸味が初夏って感じの、おいしいカクテルでした。

【前菜】
「よもぎとチーズの包み揚げ」
「豆腐のグレープフルーツマリネ」
「春さめのあえもの」
包み揚げはさっくりした皮の中に、ほんのりとトマトとチーズの味。
それにアクセントのよもぎが、まるでハーブのように効果的でツボ押さえてましたぁ〜
中身が重くないから、さくさくって感じでいただけました。
マリネはとってもシンプルな薄味。
お豆腐にグレープフルーツの酸味が加わると、まるでチーズのように感じちゃうから不思議です。
そして、まるでアルデンテのような、食感が楽しめるはるさめの和え物でした。

【グリーンアスパラと湯葉の中華スープ】
スープの中には細長く切ったアスパラ、上にはこんがり焼いたアスパラ。
2種類の味が楽しめます。
鶏がらの(多分・・)スープの中にはアスパラと湯葉のほかに、卵白もはいってます。
卵白のツルンとした食感が良い感じ〜〜
アスパラって、焼くと甘さが増すんですね。
【新じゃがのニョッキ 新ごぼうと豆乳のソース】
ニョッキにはジャガイモが練りこんであって、食べるとジャガイモの風味が口の中に広がります。
ゴボウはニョッキとは正反対の食感。
これをクリーミーな豆乳のソースでうまくまとめてます。
新ゴボウの香りもいい!

【帆立と鰆の空豆ソース焼き】
運ばれてきた瞬間に、そらまめくんだぁ〜〜と叫んだ私。
空豆のさやのベットの中に、キレイに盛り付けられてる。
昔子供が大好きだった絵本を思い出します。
鰆と帆立を、空豆ソースかけてこんがり焼き上げた品。
ホクホク鰆にプリップリ帆立。
焦げた香りが、そそるそそる〜〜(笑)
これは私の中で、ベスト10に入っちゃう品でした。
香り、味、食感ともに申し分ない一品でした。(また食べたくなった・・・)

うどんダイニング匠

2006年05月23日(火) 23時31分
とあるクーポンマガジンでセットメニュー200円引きのクーポンみつけてて、
やっと行ってまいりました。この「うどんダイニング匠」へ。

「ビジネスランチ」780円や「花ランチ」980円もあったのだけど、クーポン使うと200円引きになるという「蝶セット」1280円をみんなたのむ事に。

ワカメ入りのミニうどんにお刺身盛り合わせ、天ぷら盛り合わせ、サラダと小鉢にご飯と香の物、それにデザートが付いてます。
ここのうどんは、以前あった「たけ田」の頃から嫌いじゃなかったんです。
コシがあるタイプじゃないけど、つるっとしたのどごしが良い麺。
お出汁も鰹の利いた私の好みなタイプ。
サラダは・・・まぁ、ふつう。
でもおうどんやお刺身には、サラダは合わないような・・・。私だけ?
(うどんセットには付いてる事が多いけどね。)


お刺身は、想像してたのよりは豪華でした。
特に気にいったのはサーモンのハラス(かな?)のタタキ。
他のお魚も、うどん屋さんで食べるにしたらおいしかったです。
盛り付けもキレイだったし。
まぁ、うどん屋さんで1280円のセットと思えば、お刺身も豪華じゃなくちゃ納得できないか・・・。

天ぷら盛り合わせもまぁまぁおいしかったです。
よく天ぷらうどんの上にのってるような、衣で2倍になった天ぷらじゃないのはうれしかったです。
海老は・・・ちょいちいさかったけど・・・。

そしてデザートは、いちごなどのフルーツヨーグルトかけ。
私にとっては、見た目よりはボリュームあったので、ご飯残しちゃいました。
(うどんのお汁をほとんど飲んだせい・・かも?)

クーポン使って1080円。
それならまぁ納得・・でしょうか。
クーポン無かったら?
・・・うどんと丼ものとがセットになった「花ランチ」980円にするかも?

ニューオリンズ

2006年05月20日(土) 23時44分
困った時の何とやら・・・
またもや家族の食べたいものが一致しなかったので、何でもあるこのニューオリンズにやってまいりました。

何度か行きたいときはあったのだけど、日曜はお得なランチが無いと言う事で・・・
今日は土曜日。何たのもうかな〜〜

で、ダンナと上の子がたのんだのは、平日限定(土曜もふくむ)の「日替り弁当」735円。
こんな低価格でありながら、この日のメインは海老カツと鶏の煮付けとあさりの煮付け。
付け合せに、青菜やキンピラゴボウや大根なますなどが付いてる。
しかも、ファミレスでありながら、冷凍と思えるものがない(・・・と思う・・)

海老カツにべっとりかかってるタルタルソースも手づくりっぽい味でした。
(でも・・・私は揚げ物にかかってるタルタルソースはくどさが増して苦手・・・)
これにコーヒー付いて735円はうれしいかも。

下の子は「オリンズランチ」(ミンチカツ・焼肉・カットオムレツなど)735円をたのみました。
アツアツの鉄板の上でじゅーじゅーのミンチカツ。
ソースべったりなので私の好みではないけど、下の子は幸せそうに食べてました。
スープは普通のポタージュ。
このメニューは、お肉もしっかりと味付けされていてファミレスらしい品でしょうか。

さてここのところ忙しくて、すっかり胃の調子が悪い私がたのんだのは「天ぷらうどん御膳」900円。
一番高いメニューをたのんでしまった私ですが、うどん以外は体調不良の人間が食べるメニューじゃなかった・・かも・・・?
でも、サイドメニューの茶碗蒸しや大根なますなどのシンプルな小鉢類はうれしかったなぁ〜〜

おうどんは、多分冷凍麺かな?コシがあったので、半生の讃岐うどんだったかも知れませんが。
お出汁も京風でおいしかったですよ。
なぜかわかめやネギなどのトッピングが、別のお皿にのってました。
お好みで入れてって事なのかな?

天ぷらは、うなるほどではないけど、さっくりとおいしかったですよ。
うどんがあるのに天つゆも添えてあるあたり、わたし的には・・・うれしいかな。
まぁ、日替りなどの平日限定ランチがとっても安いので、あまりお得感ってのがないのが玉にきずかな?

ジュウハチ

2006年05月16日(火) 21時39分
最近少々疲れ気味で、身体に優しい和食が食べたかった私。
ふとこのジュウハチに行きたくなり、ダメもとで電話をしてみると大丈夫って事で。
行った事のなかったお友だちは大喜びでした。

ランチは以前行った時と同じく「松花堂弁当」1050円1種類だけ。
でも、15時〜18時まで甘味茶屋の営業を始めていました。
白玉あんみつやぜんざい・抹茶セットなどが550円くらいで用意されてました。
甘いものが好きなら、行ってみたかったんだけど・・・。

今日のランチの炊き合わせは、さつま芋や切干大根にお花に切った人参などをきれいに盛り付けてます。
天然物だという焼き魚は鮭(それとも鱒?・・かなり曖昧・・・)。
脇に水菜の胡麻和えと出し巻き卵一切れ添えて、う〜ん!盛り付けは割烹って感じですね。
もちろん味はお出汁をうまく効かせた京風。

後から出された揚げたての天ぷらは、ナスやレンコンなどの野菜天。
大好きな海老は無いけど・・・他で満足したからいいや。
あまり好きではないレンコンの天ぷらも、からっと揚がっててカリッと歯ごたえもあって。
たまにぐにゅっとした歯ざわりのがあるけど・・・油の温度なのかなぁ・・・?
ここのはいつもおいしいです。
汁物はすまし汁。三つ葉の香りがいい感じ。

で、ご飯ですが、ここのは宮城県農家直送のササニシキだそう。
見るからにつややかで、ふんわりモッチリしてます。
ご飯があまり好きではない私でもおいしく感じるくらいだから、好きな人にはたまらないでしょうね。
もちろんおかわり自由。
お友だちは、恥ずかしがりながらもおかわりしてました。
でも・・・いったい何杯まで嫌な顔をせずにおかわりに応じてくれるのか・・・。
知りたいような、知りたくも無いような・・・。
(それくらいおいしかったってことですよ)

笑門

2006年05月14日(日) 22時16分
母の日の今日。
ダンナの母と姉とを連れて、植物園でバラやボタンなどを鑑賞。
その後お決まりのランチに。

このあたりでゆったり出来て和食のおいしいお店は?と思ったら、ふとこの前臨時休業で行けなかった「笑門」が思い浮かびました。
早速席の確認の電話をすると、気持ちのよい対応で予約席にしてくれました。
そういえば、ここはいつも対応よかったっけ。

日曜日なので、お得な日替りランチはありませんでした。
その分少しリッチなランチが用意されてます。

上の子がたのんだのは「刺身定食」1365円。
固形燃料で加熱する小鍋がついています。
中には大きな豚肉ときのこ類とミズナにお豆腐。
薄味だけど、お出汁が効いてておいしかったです。
小鉢はサ−モンの南蛮風。サーモンってのがとっても目新しい?
メインのお刺身はサーモンや鯛などの4種盛り。
一切れだけ貰ったひらめ(多分?)は、歯ごたえがあって新鮮そうでした。
私もこれにすればよかったかなぁ〜。

他に茶碗蒸しと香の物にご飯とお吸物。
そしてデザートのフルーツゼリーが付いてました。
見た目以上に結構ボリュ−ムありました。
子供には、明らかに多い量でかなり頑張ったけどあえなく撃沈・・。
(最近多くないかぁ?)
ダンナが頑張って、残ったものを食べてました・・・。

ダンナとお義母さんがたのんだのは「天ぷら定食」1365円。
天ぷらは、ナス・シイタケ・カボチャ・芋などの野菜が中心。
無駄な衣も少なくて、さっくりおいしい天ぷらでした。
他の小鍋や小鉢類は、刺身定食と同じものでした。
これだけのボリュームなら、1365円は安い?

私とお義姉さんがたのんだのは「牛あみ焼定食」。
結構厚めのしっかりと焼いた牛肉が5〜6切れ。
食べれるかな?と思ってたら、肉好きの下の子が半分ほど食べてしまいました。
でも、これにも鍋が付いていたし、茶碗蒸しや小鉢などもあって充分満足できました。
小鉢は、このあみ焼き定食だけ青菜の煮浸しになってました。
微妙にメニュー変わってるのは大歓迎。
だって、家族となら交換し合っていろいろ食べれるから。

曲江春

2006年05月09日(火) 23時15分
かなり久しぶりの、いつものランチメンバー揃ってのランチ。
お買い物がてら、中庄周辺をぶらぶら。
お昼は「笑門」にしようと決めてたのだけど・・・。
なんと定休日じゃないのにお休み。
どうやらGW後の臨時休業らしい・・・。
どこにしよう・・・・。

車でうろうろしてるうちに、ふとこの「曲江春」を思い出しました。
時間はちょうどお昼時・・・でも車が3台しか止まってない。
良かった座れた〜〜
ランチメニューは3種類、それに飲茶セットと単品の麺がありました。
「おべんとう」1050円とかなり迷ったけど、「ランチ」735円に全員決定。
で、出てきたお茶をすすりながら久々に会ったお友だちと長話。
でも・・・???
もう20分ほど経つのにお料理が出てくる気配なし。
来た時には2組ほどのお客が食べてただけ。
私たちの後に来た2組のお客も、ひたすら待ってました。

やっと出てきたお料理は、大きなお膳にのってました。
いったいどれがそんなに時間掛かったのかな?ってあれこれ食べてみても・・・。
どれもなぜかアツアツじゃない・・・???
特に中華スープはやけどしそうなのをふうふう言いながら食べるのがすきなのだけど、
ふつうにあたたかいスープでした。

品数はこんなものかな。
デザートものってました。

ちくわと山菜の炒め煮(?)ちょっぴり。
そしてグリーンサラダの脇にあった鶏の唐揚げはホント小さかった。
多分手羽元だと思う。
小さくても骨があったし。
スープは鶏がらのあっさりした卵スープ。
全体的にシンプルな味付けのように思いました。

この日のメインは酢豚。
お野菜にはこだわってると、どこかで聞いた気がするのだけど。
そんなにお野菜たっぷりって印象はありません。
まぁ、こんなものでしょうか。

ってか、それよりもお皿の色柄にびっくりしてしまいました〜〜
どんな味だったかを思い出そうとすると、このお皿が目に浮かんできて・・・(苦笑)

今回はおしゃべりの私たちでも話が途切れるほど待っちゃったので、少々辛口になってしまったかも知れません。失礼しました。
せめて、来たお料理があつあつだったら、感想がちょっと違ったかも。
だって、中華は熱いうちが一番おいしいですものね。

民芸うどん かまど

2006年05月07日(日) 23時08分
いよいよGW最終日。
すっかり体調を崩してしまったダンナと疲れきった私が選んだ場所は「かまど」。
結構お気に入りのうどん屋さんです。
少し前にまたTVに出てたっけ。

親たちとは裏腹に、後半はあまり体力消耗しなくて元気いっぱいの上の子がたのんだものは「とんかつ定食」950円。
ホントはとんかつ屋さんに行きたかったのを、無理にここに決めたからなのか・・・。
食べれるのかぁ?の心配をよそに、もりもり食べてる上の子。
あまりおいしそうに食べるので、つい一口要求してしまった・・・。
お肉は柔らかくて、さっくり揚がってる。
うどん屋さんでなら、充分なんじゃないかな?

下の子もやはり、ガッツリ食べたかったらしい。
「天ざる」980円をペロリと平らげてしまった。
ここのうどんは、つるっとのどごしの良いタイプ。
歯ごたえのあるタイプじゃないけど、コシが無いわけじゃない。(と、思う・・・)
つけつゆは、それなりにおいしい。(と、思う・・・)
なんせ私は、今だかつて讃岐の名店を食べ歩いた事が無いもので・・・。
昔仕事でよく高松に行っていた頃は、朝からビジネスホテルわきにあるセルフうどん食べてたこともあったけど・・・。
だから、まずいうどんはよく分かるんですけどね。

疲れきっててあまり食欲の無い私は「温玉ぶっかけ」650円。(多分・・・曖昧でごめんなさい)
ネギ、かまぼことわかめ、それに天ぷらと温玉がのっていて、冷たいお出汁をかけて食べました。
温玉がのってた記憶が曖昧で・・・。
でも、お出汁が濃い色のわりに塩辛くなくて、食欲無くてものどごし良くするっと食べること出来ました。
やっぱりうどんっていいなぁ〜〜
実は私の場合、毎日うどん食べても飽きないんです。
ダンナと子供たちがまたうどん?って嫌がるから、めったに食べには行きませんがね。

まいどおおきに 西大寺食堂

2006年05月05日(金) 22時28分
最近あちこちに増殖しているセルフ食堂が、ついに西大寺にも出来ました。
ここは私が以前行ったことのある「大元食堂」と同系列みたいです。
GW真っ只中なのに、駐車場はほぼ満車状態です。

お店の入り口のところに大きなお釜を発見。
もしかして、お釜で炊いたご飯かな?

さて、それぞれにトレーを持って好きなものをのせていく事になりました。
下の子のメニューは
大好きな「ハンバーグ」294円、
「ポテトサラダ」105円、
「ほうれん草のおひたし」105円、
「めし中サイズ」137円ととってもバランスの取れたもの。
どうやら野菜をたくさん摂ったとほめて貰いたかったみたい。
でもほうれん草・・・最後まで苦戦して食べてましたが・・・。
ハンバーグは、ジューシーって感じではない。
ま、冷めてましたしね。(温めなくていいって言うし・・・)

上の子は、
「メンチカツ」105円、
「エビフライ」294円、
「サーモンのお刺身」315円と
「めし小サイズ」137円のセット。
下の子と違い、欲しいものばかりトレーにのせてた。
なので最後はくどくなり撃沈!
セルフレストランでは、一番ありがちなケースですね。
サーモンは、スーパーのパックものを考えると味も価格もお得かな???って感じです。
揚げ物は・・・揚げたてではないので、なんとも・・・。
カタチがきれいだけど、冷凍?う〜ん・・・食べてないので・・・多分ちがう・・・よね???

ダンナのは、
「ちくわの磯辺揚げ」158円、
「サーモンのお刺身」315円、
たのんでから焼いてくれる「食堂の玉子焼」158円、
「豚汁」137円と「めし大サイズ」137円でした。
玉子焼は焼きたてということもあって、おいしかったです。
私が好きな、甘くない玉子焼。
色が少し薄いから、お出汁でうすめてあるのかな?
豚汁はそれなりにおいしかったみたい。
とは言え本格的ではなく、ゴボウと豚肉入りの具沢山味噌汁って感じでしょうか。

2006年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ