マサ・ベーカリー 【中央卸売市場店】

2009年11月02日(月) 23時31分
お腹いっぱいになった後、中央卸売市場をぶら〜りした私たち。
実はダンナがどうしても行きたかったお店があったのですが…
以前日曜に訪れて、定休日に泣いちゃったので、今日こそ!ってことで…



『マサ・ベーカリー 中央卸売市場店』を再訪しました。
今日は開いてて良かったよ〜
って、今は日曜は開いてて、火曜と水曜が定休日になったって…確か言われてたと思います。
益野にあるお店は火曜が定休日だったと思うので、それに合わせたのかな?

こちらは益野店とは違い、ショーケースの中にあるものを、対面式でチョイスしていくスタイルになっていました。
さっき食堂でテンパったばかりなのに、またまた緊張する二人(汗)
後ろで待ってるお客さまがいるわけじゃないんだから…もっと落ち着いて選べばいいのにね〜(苦笑)



で、あせった状態で(笑)まずは子どもたちに「ベルギーワッフル」100円×2をチョイス。

これは、子どもたちがイメージしてるワッフルとは、ちょっと違っていたみたいで…
しっとりとしてて、比較的しっかりしたワッフルは、甘くて洋菓子屋さんの味って感じかな?
子どもたちも私も、別のものを食べちゃったので…
これは2個とも、スイーツ大好きなダンナが、おいしく食べてくれました(笑)



ダンナがあせりながらもチョイスしたのは、「チョコとおもちのデニッシュ」189円

ふわっと膨れたデニッシュの上には、チョコパウダーがふり掛けられてて、おやつとして最適なパンでした。
これ実は、ダンナが帰ってからお昼寝してる間に、私がこっそり半分以上食べちゃったんです…
だって、すごくふっくらしてておいしそうで、つい一口がじったら、中のぎゅうひと餡がデニッシュ生地と合ってておいしくて…(汗)

目覚めたダンナから、ブーイングがあったのは、言うまでもありません。
まぁ、ワッフル残したしぃ〜これもほぼ半分残したし…
やっぱり、ダメだった?(滝汗)

カツサンドやメンチカツコッペ、ハンバーグなどの惣菜パンが、比較的大目の品揃えだったかな。
益野のお店で見慣れた品も多かったですが、益野で作ってるのではなくて、ちゃんとお店の奥に焼くスペースがありました。
やっぱり、市場の鮮度の良い素材を…ってことなんでしょうね。
お腹いっぱいじゃなければ、惣菜パンを試してみたかったんだけど…
これはまた、次回来てみなきゃいけませんね。


『ふくふく通り』としてメディアなどに取り上げられ始めてから、お客さまも増えましたが、新店もとっても増えた気がします。
この日も、一般用の駐車場は、ほぼ満車状態でした。
初めて市場に連れてきてもらった頃よりも、いっそう活気づいてるような気がします。

単純に一般客として、活気のある場所って、やっぱり魅力的に思えますね。



新店ラッシュの中から、まずは『長谷井商店』

♪ぼこかまぼこぼこ〜 ってCM知ってる方は…少ないかな?(滝汗)
そう、かまぼこや、さつま揚げのような天ぷら類の専門店です。
私たち世代には、かなりポピュラーなイメージですね(笑)

そう言えば最近は、あまりかまぼこを食べてないなぁ…
子どもの夏休みプールシーズンが、食べるきっかけとなっていたんだっけ…(遠い目)
お正月には食べてるけど、お正月のかまぼこって、どうしてあんなに高いんでしょ?

お店では、試食などもありましたが…
食べた直後で、かなりお腹いっぱいだったため、今回は断念。
次回は、お腹が空いた状態で、ぬくぬくをがぶりしてみたいなぁ。



こちらは、『手づくり工房 あおぞら』です。

天然酵母のパンが、棚にいっぱい並べられているのが見えます。
中には、卵を使わないとか、油脂を一切含まないなどのアレルギー体質の方でも安心して食べられるパンなどもあるそう。

今回は、外から眺めただけで終わってしまいました。



こちらは『味の匠 大名庵』
回転してないお寿司のお店みたいです。

お店の周りには、パック詰めのお寿司があれこれ売られていました。
そして店内でも、比較的安い価格で、お寿司の盛り合わせの定食などが食べられるみたい。



いいニオイが漂ってきていたのは、『まつ家』

お肉屋さんのコロッケって感じなのかな?
さっきおいしいフライをたっぷり食べてお腹いっぱいのダンナが、コロッケ買うのを完全拒否!(笑)
まぁ私も、さっき買ったパンだけで、もう買う気が起こらないという、トホホな状態ですがね…(汗)

そんな気持ちが現れてるような、ボケボケの写真が続きますね…(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ



こちらは、『岡山市場ネット』です。
最近ほんと、地域地域でこういった地元の食材を販売する青空市場のようなお店が、賑わってますね。

こちら、地元のお野菜などを中心に、市場ならではの鮮度の良い食材が並んでいましたが…
このお店は、WEB上での販売のための、ショールーム的な存在でもあるとのこと。

…これじゃ、上手く説明できてないですかね…(汗)
もし、WEB販売などに興味がある方は、『岡山中央卸売市場ネット』を見てくださいね。

どんな形でも、地産地消がどんどん広がるのは、やっぱりうれしいですものね。
岡山県人として、頑張って欲しいと思っちゃいます。



うろうろ歩き回っていたら、こんな看板を発見!

千屋牛 すじこん うどん?  きになるぅ〜
ターキーレッグ?   きになるぅぅぅーっ!!


近いうちに今度は、『岡山卸売市場 ちょっと気になるツアー』計画しなきゃ!と思った私でありました。
ピクニック気分で、いいかもね〜(笑) 


ぽちっとクリックお待ちしてますね〜♪

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岡山情報へ
にほんブログ村

食堂 備前

2009年11月02日(月) 22時58分
今日もお休みのダンナが、平日しか食べられないランチは?と、うるさい。
普段なにげなく食べてるので、改めて平日限定と言われても…
しかも…えっ?新規開拓だってぇ?そんなん、知らないよ〜〜(汗)



悩んだ挙句に訪れたのは、『食堂 備前』
岡山中央卸売市場の、通称『ふくふく通り』に、昔からある食堂です。

あれ?全然平日限定じゃないじゃん!!

すみません…結局、ここの「あるモノ」が気になっちゃって、こちらに来てしまいました〜



まずは、入ってすぐにあった「おでん」に目を奪われて…
おでんの似合う季節になりましたね〜

牛すじは200円、それ以外は100円だった(多分?)おでん。
「牛すじ」200円と「大根」「厚揚げ」各100円をチョイス。

こちらは、すぐにお皿に盛られて運ばれてきました。
見ただけでわかる、味がじっくりしみ込んだ大根と厚揚げ。
大根、でっかくておいしそう〜

牛すじも、一切れがとっても大きいのが、4個串に刺さっています。
早速串を外し、大きいのをパクッとお口へ。
これ、むっちゃくちゃ噛み応えあるんですね〜(汗)
私同様、顎が小さくて歯並びも悪いダンナも、かなり苦戦してる様子(笑)
2人とも、注文したものがまだ来ませんようにと願いながら、カミカミカミカミしたのでした〜(笑)

出てくるのが遅くて、イライラしたことはあったけど…
まだ来ないでくれ〜〜と、こんなに願ったのは、初めてかもしれない(爆)
でも、しっかり噛んで味わって、全ていただきました。

無事牛すじを食べ終わった後食べた大根と厚揚げは、味がシミシミしてて、おいしかったですよ〜



ダンナが注文したのは、「ミックスフライ定食」800円

ガラガラ〜っと入り口入ってすぐ、各メニューの見本などが置いてあって、それ見てお店の方に注文してから席に座るシステムみたいです。
でも、入るまでそれを知らなかったダンナと私。
かなりテンパった状態のまま、あせって注文した定食であります〜(笑)

でも、結構ナイス!なものを注文してるじゃないの〜
追い詰められるとデキルってタイプなのね〜(笑)



この日のミックスフライは、キスとエビとカキの3種。

荒めなパン粉でサクッと揚がったフライは、どれもとってもいい感じの揚げ具合。
その上からたっぷり掛かったタルタルソースは、かなりダンナのツボだったようです。
揚げもん大好き男子は、フライと言えば、やっぱりタルタルかソースなんですね。

少しずつダンナからもらったけど(略奪ではない…)、身縮みしてない牡蠣も、旨みの分かるエビやキスも、卸売市場ならでは!ですよね。



この日の定食の小鉢は、「ひじき煮」でした。

たっぷりのレンコンや人参などの根菜類。
おふくろの味って感じの素朴な味に、食堂ってものの温かみを感じます。



そしてこの、なみなみ入ってる熱々の「お味噌汁」と、山盛りの「ご飯」

こちらのお店は、もともと市場に仕入れで訪れた方たちが、仕入れの後で訪れるお店。
こちらを含む数軒は、何度かTVや情報誌などで見て、十数年前から知っていたけど、一般でも入っていいのかどうか分からずに、最近まで訪れることがなかったんですよね。
ほんと、ここ数年で、かなり一般でも訪れ易くなりましたね〜

こんな山盛りのご飯やお味噌汁を見ると、働いてる方々への愛情を感じちゃいます。
この日も、首にプレートをかけた働く男性方が、大勢食べにいらっしゃっていました。



私が、ここをチョイスした理由となった「煮あなご丼」(味噌汁・一品付)1000円
私も無事、テンパった状態でも、欲しいものが注文できたーーっ!(笑)

これにもやっぱり並々のお味噌汁と、おふくろの味のひじきと、高菜が一緒にセットされていました。



で、お楽しみの「煮あなご丼」、やっぱり山盛りだぁ〜

彩として、ししとうと紅生姜が添えられ、紅生姜の下にはシソの葉が敷かれています。
これらは、彩だけじゃなく、味のアクセントとしても、とても重要な品でした。

そう、穴子の下のご飯は、なんと酢飯。
穴子とご飯の間には、小さく角にカットされた玉子焼きが散らしてあります。
そう、まさに超豪華なちらし寿司って感じです。

岡山のバラ寿司、椎茸やら干ぴょうやら鯛でんぶやらと…やたらと甘くて苦手イメージが強い私。
これ、そんな苦手なものを省いて、好きなものだけを使った、バラ寿司って感じ(私的にだけど)。



多分、地元日生産であろう「煮あなご」は、身がしっかり締まっていて、とってもおいしい。
その旨みがたっぷり出たタレも、酢飯にたっぷりかかってて、思っていた以上のおいしさでした。


新しくてキレイなお店が、どんどん出店する、中央卸売市場。
それでも、ひっきりなしにお客さまが入ってくるのは、やっぱりボリュームがあっておいしいからなんでしょうね。
働く方々の元気の源でもあろう、こちらのお店。
これからも変わらず、温かみのある定食を提供し続けてくださいね。

私も次回は、入ってすぐでもテンパることがないように、覚悟を決めてのれんをくぐりますね〜(笑)

さて、それじゃちょっくら、市場をぶらぁ〜りしてみるか〜
つづく。。。

ぽちっとクリックお待ちしてますね〜♪

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 岡山情報へ
にほんブログ村
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ