豚松 − とんまつ −

2008年07月25日(金) 22時02分
おいしいものを・・・表面張力状態まで食べて・・・
もう・・・もう・・・なんにも入りません〜〜
と言いながら・・・
気付けば、千日あたりに立ってた・・・(滝汗)

こうなったら、取材任務遂行のために、根性見せるか〜〜!(笑)



で、訪れたのは、あの『豚松(とんまつ)』です〜〜
ラーメンも、あのふわとろの玉子焼も・・・一度この目で見たかったものばかり〜〜

ああ・・・この細い路地に赤提灯・・・
独身時代、男性社員と共に夜な夜な歩き回った飲み屋街・・・なつかしや〜〜
飲んだ最後の〆は、必ずラーメン食べてたアノ頃の若さに・・・戻りたいよぉ(号泣)



これが・・・これがあの「玉子焼」330円(多分?)なのね〜〜
見た感じ、中が半熟かなぁと思ったけど、中までちゃんと火が通っています。
なのに、舌触りはとろっとしてて・・・まるで豚骨や鶏ガラの脂のような、旨みのある甘さがあとに残る感じ?
ダシ巻きよりも、もっとふんわりとろっとしてる。
明石で食べた、玉子焼に似てるかも・・・?

・・・と言いつつ、そんなに量を食べれず・・・(涙)
そういや添えてあるマヨネーズも、付けて食べるとGoodらしいけど・・・
今の私には、試すことが出来ず・・・・・・・・・



店内を写していいですか?って聞いたら、大将がこんなけどいいのぉ?って笑いながら快諾してくれた。
決してオシャレでもキレイでもないけど・・・
使いやすく整頓されてて、不快な感じが全く無いんです。

ああ!このカウンターから見た厨房の佇まい・・・私は大好きです〜〜



続いては「焼豚」380円(かな?)ですぅ〜
って・・・えっ?いったい誰がたのんだのよぉ!
もう、絶対食べれないよぉ!(滝汗)



ほんとの最後の〆としてたのんだ「冷メン」ですが・・・
結局私は、注文できず・・・
自分の根性の無さが、改めて情けなかった瞬でしたぁ・・・

味に関しては、食べた方のおいしかったって言葉しか、分からず。
とりあえず、画像のみでご想像くださいマセ!

・・・ああ・・・今なら食べられるのに・・・と、悔しさのあまり、密かにリベンジを誓う私です〜〜


ほんとにこの日は、よく食ったよなぁ〜〜
しかも、おいしいものばっか!


こうして、私の長いようで短かった真夏の夜は・・・とうとう終わりましたとさっ!(かむばっく〜〜!涙)
  • URL:https://yaplog.jp/lunlunch2/archive/825
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ