石窯プロジェクト D 【さぬきうどん篇】

2008年07月12日(土) 21時41分
前回作業日から、またまたあっという間に2ヶ月。
梅雨シーズンが終わった後は・・・ギラギラと照りつける太陽が、私たちを待っていましたぁぁぁ〜

そんな日差しにも負けない決意のメンバーのために、ブルーシートで日陰を作り、作業用のジャンボな扇風機まで用意してくれてた!
うれしい〜〜!

それでも、容赦なく照りつける太陽の下、お昼頃には・・・もう、暑くてふらふらになっていました。

そんな私たちを待っていたのは。。。



『長田 in 香の香』のうどんでした。

こちら、つい最近通販を始めたようで・・・
情報をゲットしてすぐに、たのんでくれてたみたい。
なんと!この作業日の朝、宅急便で着いたばかりの、鮮度の良い(笑)うどんです。

早速寸胴が用意され、さぬきうどん通の方たちが手際よく茹で上げてくれました。
そりゃもう・・・見てたら、明日からうどん屋が開けそうなほどの手さばき。

このざるうどんのツヤを見れば、どんなに作り方が上手かわかりますよね〜
もちろんあの、いりこの風味がすばらしいつゆも一緒に送られてきてました。
暑かった作業の後には、このノドゴシが・・・こりゃたまらん!ですね〜〜(笑)



もちろん、香の香のうどんなら「釜揚げ」食べなくっちゃね〜〜
ってことで、お次は釜揚げでいただきました。
ザルだとキュッと締まって表面がツルツルで、弾力もしっかりしてたのに・・・
釜揚げは、全然麺の印象が変わります。
外が一瞬やわい感じなんだけど、噛むと中からぐぐっと押してくる弾力。
表面のヌメリが、みごとにつゆを一緒に連れてきてくれて・・・ああ〜やっぱり釜揚げが一番おいしいかも〜〜

お向かいでは、茹で上がったばかりのを丼に入れ、玉子をおとして「釜玉うどん」で食べてる〜
1杯食べきれる自信はなかった私は・・・例のごとくの‘3本ちょうだい!’作戦!(笑)
いやぁ〜3本でも、釜玉がしっかり味わえましたよ〜〜♪



お次に出てきたのは『白川』のうどん

ぶっかけの醤油は、小豆島で作られた『ヤマロク醤油』の「再仕込み醤油 鶴醤(つるびしお)」
そして同じく小豆島の『金両』の「だししょうゆ」です。

醤油がおいしいと、生醤油うどんにして食べても、おいしかったようです。
これがほんとの、うどんフルコースってのでしょうか?(笑)



この、茹で上がったばかりのうどんを水にさらす様子ったら・・・

両手の肉球・・・いや、指でぎゅぎゅっと手早く洗ってく。
そのスピードは、一眼レフの連写でも静止画像が写せなかったほどだそうですよ!

岡山にいながらして、さぬきうどんの名店めぐりした気分のメンバーたち。
泡の出るガソリン補給もしたし・・・(爆)

よっしゃ!午後も頑張るかぁ〜〜!



ちなみに・・・
その頑張った結果が、こちら。

ついにピッツァを焼く一段目が完成しました。
あとは、ここからドーム状に耐火煉瓦を乗せていくだけ・・・
って・・・
まだまだ大変な作業は、何度も続くって事らしいですがね〜〜

とりあえず、昼食後の猛暑の中行われた作業の後の・・・

夜の持ち寄り編につづく。。。

  • URL:https://yaplog.jp/lunlunch2/archive/817
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ