龍の髭

2007年03月24日(土) 23時10分
イタリアンのランチ食べた後、一度家に戻った私たち。
デジカメが買いたかった上の子の為に、習い事が終わるのを待って夕方から家電量販店へと。
悩みに悩んだ末、上の子がデジカメを手にしたときには・・・もう、すっかりディナータイム・・・。

これからご飯作るのかぁ・・・と思った瞬間、子供たちから天使の一声!
晩ご飯、どっかで食べようよぉ〜〜
そうして、昼も夜も、母はお気楽〜〜に過ごしちゃったのでした〜〜

そうなれば、行ってみたかった「龍の髭」の夜ご飯〜〜って・・・リクエストしちゃいましたさぁ〜
時間はすでに6時過ぎ。でも、ボックス席が空いてた。良かった〜〜

さて、無事席には付いたけど、今日は予約の団体様が多かったみたいで。
恐縮そうに、少しお時間掛かるかもしれませんが・・・って・・・。
わざわざ丁寧にそう言われたら、もう待つ気持ちムンムンOKですよぉ。

そして最初にたのんだ「鮮魚の具だくさんお刺身サラダ」900円が来たのは、思ったより早かった。
やっぱりお断りされてれると、許容範囲が多分、気付かないうちに広くなってるのかなぁ。
(でも、10分ほどしか待ってない気も・・・?)
そして直ぐに「若鶏から揚げ」550円も運ばれてきました。
お刺身サラダは、私と上の子が大好きなサーモンたっぷり。
シソとタデとネギにナッツと一緒に、タレ(ドレッシングか・・・)をかけて混ぜ混ぜして食べたけど、おいしかったです。
お刺身苦手な下の子の分を3人で争う展開にぃ〜(笑)
ま、それほど好きな味だったって事です。
唐揚げ、添えてあった塩付けて食べたらもう、ビールがススムススム!
あ〜〜効果配分が出来ない〜〜(結局2杯目注文・・・って・・・おいしかったからですよ〜〜)

そんなに思ったほど待つことも無く、「焼きにらまんじゅう」350円と「海老チリソース」1000円が来ました。
にらまんじゅうは、思った通りの味。
火傷しそうなくらいアツアツで、おいしかったです。
海老チリは、四川風でした。
食べてから、じわ〜っと辛さが口に広がる。
辛いのが苦手な上の子が、途中でギブアップ。
私には、海老もぷりぷりだしビールにも合うし、上の子の分まで・・・ごちそうさまぁ〜〜

ここでダンナがたのんだ主食の「シャーズータン麺」800円が運ばれてきました。
麺に海老の卵を練りこんでて、少しクセがあるかもって言われてたのだけど。
すごく細い麺で、噛むとチョッピリプチプチして、上の子も大人たちも気に入りました。
スープも、白菜の入ったあっさり塩味。
中華料理の脂っこさが、洗い流されるって感じでしょうか。

一方、下の子がたのんだのは「タンタン麺」750円。
もちろん本格四川風でした。
辛いのが大好きな下の子も、コレは途中でギブアップ。
ふっふっふ〜〜
コレはすでに、私にしか食べられないものになったなぁ〜〜
そう・・・私は実は、すっごく辛いもの好き。
カラダのために、日頃は我慢してるけど・・・今日は解禁にしちゃえ〜〜
それでも時々、横から少しずつツマミ食いしてた下の子・・・あぁ・・私の血を引き継いじゃったかなぁ。

上の子の主食は、季節メニュー(?)で壁に貼ってた鮭チャーハン(正確な名前と価格が・・・不明)。
チャーハンの基本であるパラパラご飯。
卵もふんわりご飯にまとわり付いてて、おいしかったです。
(・・・上の子が気に入って・・・たったの一口だけの感想ですがぁ・・・)

運転手のダンナは、これに「白めし」200円を追加。
私は「生ビール(中)」500円を2杯で我慢・・・。
みんなお腹いっぱい、満足いっぱいで帰ることが出来ました。
味付けも、濃すぎずクド過ぎず。
辛いのは私の好みだからうれしいし。

これだけ食べて飲んで(って、私だけだけど・・・)7000円弱。
夜ご飯に中華食べたくなったら、また行こうね〜〜
・・・もちろん、ダンナ様、そのときは運転よろしくぅ〜〜
  • URL:https://yaplog.jp/lunlunch2/archive/330
2007年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ