北京ヴァイオリン

2005年02月18日(金) 5時51分
Original Title:Together
Grade A

初め見た中国映画。
最初英キャプで見て、
理解度60%くらいだったのにかなり感動して、
その後日本に帰省してた友達が持ってきた
日本語キャプのでさらに理解が深まって、
本気で感動してしまいました
これを見た後は練習にやたら力が入ります(笑)
ラストでチェンが泣きながら弾いてる
チャイコフスキーのバイオリン協奏曲は鳥肌ものです…
音は一応吹きかえられてるけど、
演奏シーンはチェン役の男の子がホントに演奏してるのよ。
ってゆうか泣きながら弾いてるけど、
あの役の子泣くのにすごく苦労したらしい。
監督が悲しかったこととか辛いことを思い出してみてって言っても
「小さい時から、つらい練習に耐えてきたから、
そういうことでは泣けません」って。
そうだよね〜音コンなんて競争の世界だもん…
競争に負けない強かさと感性を保つ純粋さを
バランスよくキープするなんてホントに頂点の一握りだもんね。。
それだけにこのシーンはホントに心に来るものがありました。
でもさすが音コンでスカウトされただけ
演奏してるシーンは演技じゃない!迫真の素!!
夢はプロのバイオリニストらしいけど、
スポイルされずに映画の役のごとく
素晴らしい弾き手になって欲しいものです