アニメ雑記 3/17 を語る
2007.03.17 [Sat] 13:50

http://d.hatena.ne.jp/negirin/20070317#1174140231
リンク先を見て知りました。大方の方はコチラで。
http://www.kyotoanimation.co.jp/index.html
トップページに京アニオンラインマガジンの告知。オリジナル作品はこういうところから攻めてきたか。ufoのまなびと似たような流れに乗ってると思います。雑誌形態でなくオンラインなのは京アニファン層を見込んでのことなんだろうなぁ。ハルヒとかあったし。でも角川系列にねじ込めようと思えばできると思うんだけど、オンラインなのが気になる。ちょっと楽しみ。

舞乙見終わって今シムーン見てます。ハルヒなんかと被ってて見逃しがちだったので。西田亜沙子さんを楽しみに見ようかと思います。ここんとこ見てるアニメが全部百合だなぁ。ボトムズとか細かく見返してるのも結構あるんですけどね。グレンラガンが始まる前にガイナで見てない萌えアニメ2作品でも見ようかと思いましたが、無理かなぁ。合体劇場版を見返す程度になりそうです。

http://dynasick.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_2eb4.html
私も感想系として気にせずにはいられない内容です。コメント欄での指摘は頭が上がりません。まあ、どうすることもできなんで地道にやってくだけですが。
この記事にはあまり関連しませんが、アニメ感想系のネットワークはもっと発展させられるんじゃないかなぁ、と思いますがなかなか上手くいきませんね。大手のTB先みたいのがあればそこが中心になってTB集めて、良記事サイトを紹介するような流れが生まれればいいかなぁ、と最近思います。TB送るのはアクセスアップのためなので。紹介されるような記事を書ければアクセスアップも見込めますし。ニュースサイトのアニメ感想中心版みたいなもんですか。でも、中の人が余程の人じゃないとやっていけないと思うのでまず無理かなー。何より感想に優劣をつけるのもどうなの?って言われそうですしね。なんか面白い動きはないものかー、と漠然と思ってみたり。

kanon 24話 を語る(ちょっと追記しました)
2007.03.16 [Fri] 08:29

ついにkanon最終話。kanonやってる間は京アニ特集期間だと思って頑張ってやってきましたが、とりあえず一応終了ということで。色々言いたいことはありますが、まとまらないしやっぱやめ。原作再現としてはイマイチな点があるかと思いましたが、最終回でよくまとめられていると思います。奇跡がどうのこうのとかはとりあえず抜きで。脚本面はやっぱ穴なんだろうか・・・。フォローはしてると思いますが。



絵コンテ:石原立也  演出:武本康弘 作画監督:池田和美
原画:高田謡子 柴藤晃由 山田尚子 松尾祐輔 伊東優一 
    中野江美子 多田文雄 池田晶子 西屋太志


キャラデザの池田和美作監。キャラクターがまとまっていて安心して見ることができました。感傷に浸りすぎてるせいでしょうか、最後にしてようやくキャラクターたちが素直に良いなぁ、と思えました。美坂姉妹による散髪シーン、栞が絵を描いてるとこ、病室での名雪の振り向くとこ、舞のアップ、秋子さんとの喫茶店、あゆのグルグル回転、どれも良かったです。特に舞はフォローが多くて良かったです。無いと思っていた例のコスとか、舞に迫る演出とか、色々補完していてとても満足できました。オマケにメガネまで・・・。最後の最後にやってくれますね。サービス良すぎです。あとやはりキャラデザした方の作監回はいいですね。京アニでもそれは変わらないようです。芝居も毎度ですがイチイチ細かいですし、とても楽しめました。
作画的にグルグルあゆなど凝ったシーンなど良かったです。グルグルと回りながらカメラも回すとは凝ってますねぇ。あゆが楽しそうに動いてる感じも良いです。全体的に芝居もいつもよりツボを突いてくる仕草なのかドキドキさせられます。細かい芝居はキャラクターの魅力を十分に引き出していたと思います。カッコイイ作画は勿論面白いのですが、こういうのもアリか、と視野を広げられた気がします。ただ動くだけでなく、キャラクターに準ずる動きがいい。地味で目立ちませんが。まあ、ここがいいという特筆するようなカットがほしいのが本音ですけど。Aパートの昼食シーンで佐祐理さんの手のカットのタイミングや奥からの出し方が見覚えある気がしたんですが、誰だろ?うえから順なんですかねぇ。あとネタですが伊東さんは名前関連で最終話やったと思ってもいいですか?(笑)



背景や雪、光加減etcがとても綺麗でこれだけでも満足できるかな、と思えました。もっと長回しで見たいなぁ、と思えるカットが多かったです。それだけ密度も濃くて良かったと言えますが。音楽の使い方も上手い。最初に朝影を持ってきてて、『最初からクライマックスだな』なんて思える程テンション上がりました。この辺りは今までの演出が活きてると思えます。原作を知っているとこうも印象が違うものかと驚かされました。クラナドも原作を予めプレイした方が楽しめそうなんでやっておこうかな。



なんか全てをクラナドの発表に奪われましたが、春を感じさせてくる終わり方がとても気持ちよく、原作で引っかかっていた所も取れた気がします。正直終わったら色々言ってやろうとか10月に番組が始まった時は思ってたんですが、途中からそんな気も無くして純粋に楽しんで見れました。誰かが『kanonはプレイした後、ポッと心が暖かくなる』と言っていた気がするんですが、ようやくそれを感じることができた気がします。愛着あるような方とかからはあんまりいい評価を聞きませんが。個人的には終わって燃え尽きた感が強いんで、そっちからかなぁ。

色々思うところはあるんですが、簡単ですがこれにて終了ということで。
ゆっくり書くといって急ぎ足になりましたが(笑)
今回は京アニのことを色々知ることもできましたし、感想書きとしてもいい経験になったかなと思いました。ようやく京アニが好きになれてきた気がします。自分的にはあまり満足がいくように感想や細かいことはあまり書けなかった気がしますが、少しは皆さんの足しになってくれていればうれしいです。作画メインだったのは作画がいいってどういいんだよ?というのを自分なりに攻めてみるかーと思ってのことだったんですが、その辺りは全然うまくいかなかったような気がします。自分の力不足を感じずにはいられませんでしたよ・・・。

最後にスタッフの方、毎話感想を書いていた方、お疲れ様でした〜。

Clannad -クラナド- 京アニ版 を語る
2007.03.16 [Fri] 08:08

http://www.bs-i.co.jp/clannad/

http://www.youtube.com/watch?v=-euRy07stT0

なんか既に各所で話題になってますね。
まさかもうPVまで制作していたとは驚きです。
らき☆すた、クラナド、MUNTO3、ハルヒ2期?(やるのか?)ですか。大変ですね(笑)
とりあえずPVにツッコミ。若干違いますが、いきなり似たような構図が。




2話のラストとも思いましたが、後ろでの溜め具合がこっちかなと。ココのところが某パンチみたいと思って何度も見たんで思い出してみてみたら似てたという。まあ、京アニ作品ですし、似てくる構図なんかよくあるんで驚くことではないですが、いきなりかよ!という。クラナドは原作も知らないし、キャラも知らないんですが、真琴みたいに動いてくれるキャラなんでしょうか。

そんなことを思いました。

kanon24話は後でゆっくり書きます。

武装錬金 24話 を語る
2007.03.15 [Thu] 01:57

途中までは良かった。ただ土壇場で結構ガックリ。ヘリから飛び出る辺りまではまだ良かったんだけどなー。欲しい絵がこなかったかなぁ、って感じ。斗貴子さんの手をどけるところとかねぇ、勿体無い。ガッチリ掴んでたのにアッサリ離しちゃったし、あの辺りもBGM凝ってほしかったなぁ。なんで空しい曲流すかなー、って少し思いました。作画云々以前に演出的に好みじゃなかった。あー、ウザイ原作ファンの意見を発動してしまった・・・。まあ、いつも言ってる気がするしいいか。



個人的な不満はさて置き結構良かったですね。今回は芝居付けなんかが結構凝ってました。特にAパートで斗貴子さんとカズキがストロベリッてるあたりとか、斗貴子さんの目の動きとか細かくてよかったです。全体的に服の靡きなど動きが多かったのも面白かった。目関係の演出は今回光ってて、演出の方でテーマ的なものがあったのかなぁ、なんて思っちゃったり。斗貴子さんの涙と掛けて、とか。適当な妄想話ですが。まひろとの別れを示唆するところとか良かったんで、ちょっと気になりました。

バスターバロンVSヴィクター。作画も演出も上々で楽しめました。バスターバロンが突撃するところがどうしてもファン心理かヘルアンドヘブンに見える・・・。手の上に乗ってるヴィクターとかも含めて。カズキ、斗貴子突撃のところも上々。ただやっぱその後が・・・って感じ。
よく動いてていい回だったのにイマヒトツになってしまったのが残念です。

どうでもいいですが、ゲームでるんですね。
斗貴子さんが闘ってるとことか見て思わず欲しくなってしまった。

ネギま!? 24話 を語る
2007.03.14 [Wed] 23:55

ようやく魔法世界編終了です。長かった・・・。今回は前回に比べると抑え目でしたね。
OPのカットを使っていたりしていましたし。



アーニャのアクション繋ぎがいいです。アーニャの顔アップから全体というのはインパクトあって良かった。生徒たちが盾になる前後ぐらいまではエフェクトが結構良かったです。アーニャたちが脱出するところとか破片なんかも珍しくたくさんあるなーと思ったんですが、この辺りが吉田徹さん?阿部さんは全編のエフェクト中心なんだろーか。アーニャのトコとか怪しい気がしますけど。

しかし、全員の変身シーンあるかと思ったけど、無かったなぁ。最終回辺りで1回はやってほしいなぁ。それかOVA。なんかせっかくのデザインが勿体無く思えます。

ハヤテのごとく!ショートアニメ を語る
2007.03.14 [Wed] 09:48

http://www.youtube.com/watch?v=ntBIHESZCiM
DVDで見てみたんですが、PVだからかちょっと面白い作画が。

絵コンテ、演出:川口敬一郎 作画監督:長森佳容
原画:桜井正明 小丸敏之 石川哲也 島崎知美 中島渚 名倉智史
    佐藤寿子 佐々木政勝 森亜紀子 久保川美明


メルヘヴンスタッフ。制作会社もシナジーSPだし、そのままスライドしてくるのか。
見てて結構いいなぁ、と思ったカットがいくつかあったんですが、佐々木さん参加してたんですね。ヘリのところあたりとかでしょうか。ミサイルを打つ辺りからそれっぽさがあるかと。あと先生とのやり取りのトコ気になる。着地のタイミングとかちょっと好み。パースのとり方も面白い。ヘリの前のアクションが金田調っぽいので、同じ方かもしれません。メルへヴンはあまり見てなかったんでどういう作画する人がいるかよく知らないんですがちょっと楽しみです。たぶん佐々木さんはサプライズゲストだと思うので本編には参加しないんでしょうけど・・・。
総作画監督が〜、とか色々噂されましたけど、やっぱ嘘だったんかぁ。
でも、ひぐらしみたいって言われてるんですよね(笑)
本編はヒナギクでも見ながら楽しんで見れそうです。
でも結局メルヘヴンみたいに見なくなりそうな気がする・・・。

週刊少年マガジン 15号 他 を語る
2007.03.14 [Wed] 06:47

●映画 蟲師
大友克洋×オダギリジョーの蟲師の宣伝巻頭。蒼井優ってよくしらんけど、蟲師にでる人のインタビューがメイン。大友とかオダギリじゃないところがなんとも。蟲師は漫画もアニメもまだ全部目を通してないのでなんとも言えません。レンタルで済ますかな>映画

●オーバードライブ
岡勇一さんのキャラデしたキャラ始めて見ました。カズキっぽいなぁ。しかし、何でこれをアニメ化?
本編の方は期待してたけどだいぶ前から溜息をつきたくなるデキなんで、
アニメはほぼオリジナルでやってほしいなー。

●エアギア
本格的についていけなくなってきたかも・・・。
なんでいつもこう超展開なんだろう。

●スクールランブル
あー、八雲が言っちゃったか。ここはお嬢様じきじきに言う所を見たかったのに。
次回22Pかー。いつも何ページだっけこれ。
マガジンページ数少ない連載物多すぎだろーって久しぶりに思った。

●花形
ここまでヒドイ漫画、久しぶりに見たような気がします。
もうマガジンはダメかもわからん・・・。

ネギまと絶望先生が無いだけで、なんて薄い内容の雑誌なんだと思ってしまった・・・。
最近は読んでるようで読んでないようなものばかり。
とりあえず涼風、スポーツ兼恋愛物を無くせばいいと思うんだ。
マジで面白味のない漫画多すぎ。花形とかエリアの騎士なんて・・・ってなる。

「魔法先生ネギま!」が実写ドラマ化…出演者がブログで暴露
そんでコレ。実写か〜。蟲師に合わせてるんでしょうか?最近深夜にやってる電撃文庫原作モノはひどいし、あんまりデキは期待できないだろうなぁ。金田一は確かに良かったけど。まあ、放送するならするで面白半分で見るかもしれんけど、結局笑えずにスルーってのがオチだろうなぁ。まあ、本当にやるかどうかは未知数ですが。

ここんとこニコニコ動画でゲーム攻略の動画見てます。ロマサガ2&3、ドラクエ、FF、ゴエモン、カービィ、マリオ、ロックマン、ボンバーマンetcどれも懐かしく見てます。ゴエモン3なんてあんなに頑張ったのに簡単にクリアされるのを見るのは複雑な気分ですが。もう10年近く前かー。何もかもが懐かしい。天外魔境ZEROの攻略動画とか見てみたいなー。ロマサガの四魔貴族のBGMとか聞いてて懐かしいです。アニメ関係もガンガンアップされてるみたいですが、大丈夫?ニコニコ動画。
そうやって色々見てたらデスノート山本沙代回を見逃してしまいました・・・。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート 10話 を語る
2007.03.12 [Mon] 01:36



前半の大時計。
泣けてくるところなのに笑えるてくる。それがまなび式。そして大時計爆発。
いきなりの超展開をごり押ししてくるユーフォーテーブルが大好きです。
大時計は爆破された以外、特に目立たなかったなぁ。芽衣たち生徒達の学園への思い出や当たり前の風景が壊れていく不安感みたいのをうまく演出できてたと思う。それが後半にあまりつながってない気がしてちょっと残念かなー、なんて思ったり。もっと大時計を絡めてくると思ったんですが。古い物ということで旧学生寮を出す伏線だったのかもしれんけど。

Bパートの学生寮。掃除から始まる友情があるって感じかなー。割と身近だけどみんなあまり考えないところから攻めてくるなー。掃除なんてめんどくさいけど、みんなで一緒にやれば楽しい。一番学校生活で身近な共同作業。そこを押してくるとは。かなり考えてると思う。学生運動を絡ませてくるのは学校が持ってる各世代の認識や思い出を今の学生と対比させたいんだと思う。私自身学生運動についての知識があまり無いのでこの辺りはなんとも言えないけども、何かしら言いたい事があるんだろうなぁ。大時計のように古い物へのリスペクト、懐古的なところなんかも上手く押さえていたんじゃないかと思う。『まなび』はスタッフの懐古的な臭いがちょっとしてくるような気がします。まあ、学校って場所は特殊だしなぁ。世代間の受け取り方が違うのはしょうがないかなぁ。まなびはその辺を一まとめにしようとしてると思ってる。世代格差を無くして、『学校は○○だ!』という感じで統一させようとしてる気がする。または世代に共通することを浮き彫りにすることで学校という特別な場所がどういう場所なのか、それを示したいのかもしれない。
そして無事に70%以上の署名を獲得。さて、残りの話数は普通に考えれば学園祭準備、本番と進むと思うのですが、例のネタバレを考えると何か波がくるのでしょうか。その辺ユーフォーサプライズが炸裂するのかどうかちょっと楽しみ。

適当にアニメ感想 を語る
2007.03.11 [Sun] 06:10

●攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
ちまちま見てましたがようやく全話見直しました。次は2期。ちなみにSSSはもう見ました。
25話はやっぱ泣けるなぁ。ビルに集合した時点でもうガマンできんかった(笑)
最終話、課長のセリフがなかったらちょっと焦ってしまいそうだ。

●舞−乙HiME Zwei
なるほど、ガンダムで言うと『ZZ』なわけですか。そういえば舞乙は『Z』だったなぁ。
本編さっそくハルカ登場でテンション上がる。
いきなりミユたちが戦闘不能は吹いたけど。2巻見るのが楽しみ。そんで愕天王はいつ登場?
どうでもいいけど、ニコニコ動画見てると、
アリカとかの走ってるポーズは『ブーン』じゃなくて『キーン』じゃない?とか言いたくなる(笑)
超獣戦隊ガクテンオーOP
まだライブマン見てねー。

●スチボ、TGF、ドラえもん
先週一気に放送されましたね。
全部DVDで見てたんで見なくていいかと思いましたがドラえもん以外は全部視聴。
スチームボーイのメカ・エフェクトはやっぱすごい。伊達に9年かけてねーぜ!って感じがする。
シャンバラなんかも地上波やってくれませんかねぇ。

kanon 23話 を語る
2007.03.10 [Sat] 15:07

こんな泣ける展開でも目は潤まなかったり。ああ、結局こんなもんなんだなぁ、なんて思った。技術的に面白かったり、仕掛けが凝っていたりして確かに細かく楽しめるけど、作品自体への愛着でなくノスタルジーだけで話を見てると、それ以上のものは味わえないということを悟った。kanonは結局愛着ではなく京アニへの興味とノスタルジーだけで楽しんでたんだなぁ。



あゆの後姿はギャグに見えてくるから困る。あの頭の感触を想像すると笑えてくる。
そういう妄想をさせられるのはあんまりないな。

絵コンテ、演出:坂本一也  作画監督:高橋博行

文字演出をやってくるかと思ったんだけど、やらなかったなぁ。あゆの語りの部分とかやりそうな気がしたんだけど。最後のハーモニーは意外だった。作画面で多田さんいたり坂本さんもkanon初?原画参加してたけど、どこかわからんなぁ。名雪のとことかやってそうな気がしますけど。原画マンの数が露骨に増えているのが見てて面白かったり。その割にはバンクシーンなんかが多かった気がします。kanonは日常描写、今回で言えば香里が電話にでるとき髪の扱い方とか、そういう細かいところを詰めているのが面白かったけど、やっぱどこか淡々としていたことは事実かなぁ。ただkanonは交響曲をサブタイトルや演出のモチーフに扱ってるので、そういう凄い盛り上がり方するのは禁忌なのかもしれない。あくまでキレイな曲調を心がけてるとも言える。その点は評価できるかな、と。

話しとしては本物の真琴が出てきたりして原作ファンにとっては大きなサプライズ回だったのではないかと。名雪の方もちゃんと絡めてこれてたし、まとめられていたと思う。あゆのところもカットの繋ぎ方とか頑張ってるなぁ、と思った。再会のロングショットから別れを示唆する不安感を煽るような細かいカットわけ。ただ、あまりに淡々つすぎて拍子抜けというのはあったかもしれない。ここを活かす為にやってたんじゃないの?という。盛り上げどこは主題歌流すとこという位置づけなんだろうけど。どうなの?あと舞たちを抑えてたのは次回に活躍する機会が多いからですか?そうだと思いたい。



さて、次回で最終回。次回予告のカット見ただけでこのアニメ見てて良かった、と思えたのでそれで満足。しかし、これkanonなんだよな。どういう状況よ?晴子サーカスみたいなのやると思うけど、どうなるかなぁ。どう着地するか楽しみである。

追記:思いのほか皆大絶賛でビックリした。ああ、これがわからない私は思考停止野郎と言われてもいいや。わからないのは感動するとこ。原作もどこで感動すればいいのかわからなかったし。ハルヒもわからなかったし。きっと私はおかしいに違いない。「このストーリー見て泣かねぇヤツはヒトじゃねぇ!」なんて言われちゃったし(笑)
P R


(06年/7/31設置)

 twitter
http://twitter.com/Pole_Star
関連品

アイドルマスターシンデレラガールズ 9  (完全生産限定版) [Blu-ray]アイドルマスターシンデレラガールズ 9 (完全生産限定版) [Blu-ray]
心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray]
心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】映画「たまこラブストーリー」 (Amazonギフト券付き) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】映画「たまこラブストーリー」 (Amazonギフト券付き) [Blu-ray] 映画けいおん!  (Blu-ray 初回限定版)映画けいおん! (Blu-ray 初回限定版)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]
劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- [Blu-ray]劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- [Blu-ray]

最新コメント
アイコン画像流星の人
天気の子 を語る (2019年08月12日)
アイコン画像匿名で失礼します
天気の子 を語る (2019年07月27日)
アイコン画像さき
氷菓 12話 を語る (2014年08月22日)
月別アーカイブ