週刊少年マガジン9号とかを語る
2007.01.31 [Wed] 19:53

最近は90年代後期のアニメばっか買ってきて見てます。ウテナ見たいなぁ。
まあ、それはさて置きマガジンの話。

●魔法先生ネギま!
ようやく長い学園祭から普通の学校生活へ。
今回スポットがあたるのは美空。今回の美空視点から見る各キャラの感想は結構面白い。父親や超に対して抱いてるネギの感情を各キャラがどう捉えているのかが明確に出てる。たぶん、みんな好きなキャラはいると思うんだけど、共感できる、また好きなキャラが持つ視点が、その人のネギに対する感情にも当てはまるのではないかと思った。未だに父親や超関連に浸るネギを見て少しイラついた感じがあったけど、それは明日菜から見たネギというフィルターが通ってるからというのもあるかも、と思ったんで(笑)
しかし、主人公であるネギは今思うと感情移入しづらいキャラだよなぁ。ガキの思考というか。
それが31人の主人公というのを成り立たせてる要因かも。
各キャラによるネギにたいする感情をうまく操ってるのがうまいから破綻しにくいのかなぁ、と。
アニメ版はそういった長期的な目線をやるには短すぎるのかもしれませんね。
しかし、懺悔室って顔が見えないようになってるんじゃないの?

●ハンマーセッション!
何気に面白いところを突いてくる。
ブログの炎上などをうまく話しに利用してるあたり脚本がうまいなぁ、と思う。
設定がありえなさすぎですが。詐欺師の教師ってなんだよ(笑)
この集まってくるオタク軍団とか、酷な描写をするなぁ、と思った。
というか犯罪だろコレ。

●エアギア
この過去編だけ切り取れば面白いかもしれない。
作者は短編でやった方がいいものが描けると思うんだよなぁ。
なんかレガリアの取り合いというかになってしまってるのが勿体無い。
空を飛ぶというromanをもっと突き詰めて欲しい。超設定ばかりでは萎えるよ・・・。


他は特に無しかな。ドクターKの文庫版がでるらしい。結構欲しいかも。

ネギま!? 18話 を語る
2007.01.31 [Wed] 18:09

主題歌BOX解禁の影響か、よくOPいじりますね。これで終了だったら悲しいですが。
毎週歌い手を変えるぐらいの遊びが続いてくれたらいいかなぁ。

作画的なこととかを語る
2007.01.30 [Tue] 23:08

http://d.hatena.ne.jp/binetu/20070130

意見ありがとうございます。
実はなぜか無駄に力入って緊張しっぱなしだったんで、こういう意見もらえるとうれしいです。
『速さ』というのは落ち度でした。(というかかなり)
色々個々に見返して削ぎ落として絵柄や作監回の特長を箇条書きにして、
作監回にいた原画の方が17話にいないかを確認して、という理詰めな感じで考えました。

そんな感じで持論がありましたが1つ落ち度があるといきなり自信なくなりました(苦笑)

今作監高橋回見直したら間違ってる気がしてならないです・・・。安易でした。
あのチームは元々ああいう動きをする人がいたようですし。
たぶん堀口さんだと思っていたとこも自信がなくなってきました。
ただ、ちょっと嫌な言い回しかもしれませんが、
こう言ってもらえると私の意見がひとり歩きしてくれなくて済むのでうれしいです。
間違っていたら結構な事なので。

昔の神山健治の仕事? を語る
2007.01.29 [Mon] 22:17

●タトゥーンマスター



監督:広川和之
脚本:黒田洋介
絵コンテ:神山健治 広川和之  演出:神山健治  
キャラクターデザイン&総作画監督:荒木英樹
作画監督:飯田宏義
原画:新井浩一 下側寿士 東出太 福世孝明 大坪幸麿 柳沢晃司
わたなべりつこ 嶋田俊彦 木村光雅 平田雄三 片岡康治 川原智弘 阿部弘樹
横山義家 飯田宏義
制作:AIC 1996


ウルトラジャンプ原作のOVA。
久々に以前買ったLDを見直してたら演出:神山健治って、えぇぇぇぇぇ!?って感じ(笑)
コレって同姓同名とか、そういうのじゃないよね・・・?
脚本:黒田洋介というところがまた。
今のような凝った設定もなく、ただのベタベタファンタジー?ラブコメ。
神山演出でおねティやってるみたいもんか。主人公は不良でヒロインは魔法使い。
原画陣などでピンときた方はどうぞ。見所らしいところがあまりない気がしますが。

しかし、ちょっとショックかなー。昔はこんな仕事をしていたなんて…。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート 4話 を語る
2007.01.29 [Mon] 16:17



アバン見て吹いた。なんじゃこりゃ(笑)
いきなり今までと違う雰囲気なんで思わず笑ってしまいました。
コレが教育の〜、に当たる部分なんですかねぇ。これからは各キャラにスポットが当たるようになるんでしょうか。しかし、今回の演出は過激でしたね。小学生としてはえげつない感じがよく出てたと思います。あと、伸びる机。あそこら辺はうまいことやったなぁ、という感じがして面白いです。ネガティブな空気を作るだけでなく動きで見せたのは感心しました。でも、パソコン越しで泣いてるところから生徒会室に入るトコはちょっとなぁ。やりすぎなような気がします。



どこのミサトさん?と思うような(笑)
今はハルヒだって言われるんだねぇ。このカットから即ミサトさんだと思っちゃった。
勝利のポーズ→サクラ大戦かよ、みたいに。自分の発想が安易な気がする・・・。

堀口メモ を語る
2007.01.28 [Sun] 21:49

京都アニメーションさんで活躍されてるアニメーターさん 堀口悠紀子さんに注目!
<ぬるヲタが斬る経由>

なんか人気みたいなんで、堀口さん関係のことを。



たぶんですが、ハルヒOPのこのカットは堀口さんだと思います。
kanon17話はその辺を意識すると堀口さんはたぶんカレーの前後。
※以前のは根拠が薄いんで削除。
参考:http://yaplog.jp/lucyman/archive/767
kanon2話は栞とあゆのトコが怪しい感じですが、指摘するほどの自信がありません。
それっぽい動きをしてるトコはあるんですよね。あの回はあゆの芝居がかわいくて好き(笑)
ただ、ところどころおかしいところがあるような。
まあ、聞き流してください・・・。

まあ、あくまでメモですが。間違ってたらスミマセン…。

最初からクライマックス!を語る
2007.01.28 [Sun] 17:45

●仮面ライダー電王


『言っとくが俺は、最初からクライマックスだぜ!!』

またスゴイライダーだな〜。毎年仮面ライダーの1話には驚かされるんですが、
今回はネタだけって感じがするのが逆に新鮮な感じがしていい。
今までもネタ中心だったかもしれませんけど。
電車ライダーって、電車の中でバイクにまたがるん?ぶっ飛びすぎだろう(笑)
今まで以上に色物だろうけど、楽しみです。ただベルトに色んな色のボタンがあるのが・・・。
もう既に色違いがでることを予想してしまうのはなぁ。

●ゾロリ、プリキュアSS最終回
ゾロリは見逃しましたけど・・・。
プリキュアは前回のバトルが良かっただけに見劣りしましたが、うまく終わりましたね。
しかし、ラストの方は話が読めるだけにちょっと物足りなかったかな。
次回からはプリキュア5。
戦隊ものみたいに6人目の〜、とかがでるのかなぁと下らない予測をしてます(笑)

いつの間にやら10万hitですか… を語る
2007.01.27 [Sat] 21:51

1日にこうたくさん来ると恐怖でしかないような(笑)
正直、京アニ関係は面白いからというより興味本位でやってる感じなんですけどねぇ…。
元々色々言われていたりしますが、あまりスタッフの方まで踏み込んだものをみないんで、
だったらまとめてみようかな〜、という出しゃばりから出発してます。
濃い方々からは呆れられてるかもしれませんが。



適当に本とかサントラ買って来ました。スクライドのサントラは思ったほど凄くはないかなぁ、
と思いましたがやっぱいいです。グリム童話とかは、まあ、適当に(笑)

それより『公式ガイドブック ぱにぽに2』、コレはいい本ですね〜。
スタッフのコメントが充実しているのが素晴らしい。
『ネギま!?』で活躍してる阿部さん(ネギまOVAのOPとか)って若い方なんですね。
それであれだけのものができるというのもスゴイ。シャフト作品から目が離せなくなります(笑)
他にもOPディレクター尾石さんのトコとか面白かったです。
あー、TV放送から見たかったなぁ〜。

あと今週は猫の恩返し、lain、ボトムズ、ブラックキャット、シノブ伝etcと借りてきました。
ジブリでまだ見たことないのをゆっくり見てます。
『海が聞こえる』とかDVD特典映像がなかなか興味深かったです。

コードギアス 反逆のルルーシュ 15話 を語る
2007.01.27 [Sat] 01:16



キャラ総作画j監督:木村貴宏  作監協力:千羽由利子
キムタカ総作監キタ―!!!!随所で色がよく出てましたね。
特にマオに関しては素晴らしい。狂ったマオの鬼気迫る描写がツボ過ぎる。
キムタカ=エロさというのがありますが、個人的には表情の描き方がツボです。
今回は作画、脚本ともに面白かったです。
ヴィレッタの扱いに少し不満があったけど。記憶を無くしたって・・・。
野心のない姐さんなんて・・・(笑)

コードギアスは谷口アニメとしては売れ線を狙いすぎてるような気がして
ちょっと引いた感じで見てましたが、やっぱキムタカとか入るとテンション上がります。
千羽さんももっとスケジュールとかあったら普通の作監回ぐらい色がでるでしょうけど。
そこがちょっと残念な点かな〜。

話に関しては毎回面白いけど、あまり実りのない話が多い気が。
ブリタニアをぶっ壊すとはいいますが、全然殴る相手にカスッってないわけで。
ブリタニア皇帝なんて夢のまた夢って感じの存在感だし。
その辺の構成がこの先気になりますね。どういうオチがつくのかなぁ。
やっぱ日本がブリタニアの手から離れることが最終的なところなんだろうか。
で、間をあけて2期?となるんでしょうかねぇ。
そろっと設定ばらしがくると思うんで楽しみに待ってます。

次回、新キャラ?眼鏡っ娘登場。楽しみです(笑)

ハレ晴レユカイダンス・スペシャルバージョンを語る
2007.01.26 [Fri] 18:20

涼宮ハルヒの憂鬱エンディング完全版(GilCrowsの映像技術研究所)
コレがあったから最近京アニ特集だったわけですが、とりあえず感想とか。



このダンスの文句というか失敗してると思うとこを言うと、公開されたコンテのようにキャラクターを描写できなかった点を、動きでカバーさせようとして失敗している所にあるんじゃないかと。
コマ送りで見てもらえばわかると思いますが、実は完全に一致したダンスをしてないところなどがチラホラあるんですよね。長門がハルヒよりもはやく指を動かしていたりとか。ここキョンも含めて少し各キャラの動きがずれてます。本当に少しですが、それが仇になってると思います。また反対側のみくると古泉君も微妙に合ってないような。あと完全に合わさっているところでも、動きすぎちゃってるせいか、とても無作為な感じがしてちょっと引いちゃいます。以前のものはもっとまとまっていたんですが。面白いことしてるなぁ、とは思いますが。でも、コレはそんなに関係ないかな?



こういう表情付けはいいと思うんですけどね。みくるのソロとか。
ただ、キョンと古泉君の描写がカットされてしまっているので、本当にハルヒたちのアイドルPVにしか見えません。そこが一番ガッカリした点。TV版EDの魅力は全員の一体感にあったと思うので、各自の細かい動きの違いが、逆に不快かなぁ。描写不足が否めない、という感じ。
以前のEDダンスならサブキャラもいて広がりもあったんですけどね。



最後のポーズで全員各々の動きをとってるのはいいんですよ。
全員の一体感から各人の色が出るのが最後のポーズの味だったわけですから。
ただ、今回の無作為さは、ここの味まで殺してしまったのではないか、
と思ってしまうのは私が卑屈だからでしょうか?たぶんそうでしょうけど(苦笑)

まあ、何にせよkanonやらき☆すたの準備など社内も忙しそうなのにこんなの作ってくれたのはうれしいですよね。純粋に楽しめるならばそれでいいんだと思います。

※ちなみに最後のポーズは門脇さんによる作画だそうです
P R


(06年/7/31設置)

 twitter
http://twitter.com/Pole_Star
関連品

アイドルマスターシンデレラガールズ 9  (完全生産限定版) [Blu-ray]アイドルマスターシンデレラガールズ 9 (完全生産限定版) [Blu-ray]
心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray]
心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】映画「たまこラブストーリー」 (Amazonギフト券付き) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】映画「たまこラブストーリー」 (Amazonギフト券付き) [Blu-ray] 映画けいおん!  (Blu-ray 初回限定版)映画けいおん! (Blu-ray 初回限定版)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]
劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- [Blu-ray]劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- [Blu-ray]

月別アーカイブ