アニメ雑記 2017/9/1 を語る
2017.09.01 [Fri] 00:06

●劇場版 Fate/kaleid linerプリズマ☆イリヤ 雪下の誓い
最近はFateくらいしかまともに触れていない気がするのと、
原作が良かったのですごく楽しみな一作でした。
以下ネタバレ感想。

原作漫画がFate/stay nightを意識した話になっていたので、
アニメ作品としてどう見せられるのか気になっていたんですが、
基本的には原作通りというイメージかなと。
ただその中で美遊と士郎のやり取りを追加したり、
士郎が過去の日記を読んでいる姿を入れたり、
原作での士郎の回想という点をスパッとカットして、
イリヤとの出会いまでを大事にしていたりと、
焦点を士郎と美遊に完全に合わせていて、
完全に魔法少女置いてけぼりな話になっていてビックリしたな。
流石に合間でイリヤたちが出るだろうと踏んでいたので。

絵作りに関して気になったのは雲と教会での演出、そして空かな。
何だかんだ言ってFate/stay nightに関わるような絵というのは、
最初のディーン版に縛られているように見えるのが気になるというか。

ディーン版EDはセイバーが草原に立つ姿をじっくりと見せる構成ですが、
そういう中で流れる雲や草にも目が行きますよね。
今回の雲が主張する演出や教会での3Dでモデリングされた背景の上を、
平面的なキャラクターが乗ることで生まれる違和感を全面に出していて、
ちょっとした異空間演出になっていますが、
それが結果的にディーン版の印象的な部分と、
ufo版がその点を越えようとしていたことを明らかにするような部分があったように思えたかなと。

魔術回路の活性化の演出もディーン版、ufo版ともに割りと演出を1本化していますが、
本作はディーン版っぽく回路的だったり、ufo版見たく3Dが疾走っていくようだったりと、
割りと自由な画作りがされていて、柔軟性のある作品のように受け取れたかな。
漫画で描かれる演出を積極的に取り入れることで、よりその印象が強くなる。
まあ悪く言えばいいとこ取り、という感じでしょうか。
ただそれが結果的に新鮮な画になっているのが見ていて面白いですね。

個人的に印象的だったのがVSシンジ戦。
アサシンになったシンジのアップの画などが印象的で、新時代のハーモニー処理ってこんな感じかな、
みたいな印象の強い絵を見せてくるのがグッと来る感じ。
特に原作のシンジのセリフをそのまま持ってきているのでその邪悪さがストレートに出る絵が、
士郎の静かな怒りをより印象づけていて良かったなと。

しかし漫画で読んでいるときは全く意識していませんでしたが、
今にも死にそうになって、全てを無くしそうになっている士郎の最後になるかもしれない瞬間に、
セイバーが傍にいないっていうのはそれ自体が凄く悲しく感じられたな。
これはやはり何度も見せられる蔵でのセイバー召喚を見せられているせいでもあるのかな。
月明かりで士郎を印象づけているので、
本来ならそこにあった輝きっていうのをより意識させられるというか。

士郎が他の6騎を倒す場面は原作だとアサシン、セイバー戦以外はほぼカットでしたが、
今作ではその点が補完されていてカッコいい士郎が見れるのが嬉しいところで。
ランサーやってるケイネス先生とか、意外なファンサービスもあって楽しい。
流石先生は何でも知っているな―という感じで、何とも奇妙な気分にさせられます。
つか真名バレ過ぎでは?と思わないこともない。

最後のバトルはなんでジュリアンが士郎に最後まで突っかかれなかったのかとか、
というか美遊に聖杯使う前に士郎止めろよとか、
そういうツッコミをシナリオ上での補完するのが難しかったためか、
バトルの導入までがやや盛り上がりに欠けるところもあり、
またstay nightからの反転したセリフも一部カットされていたりして、
ちょっと乗り切れない部分でもあったかな。
ギルガメッシュの放つ剣がまた戻っていく描写とか、
今までに無い見せ方なんかは新鮮だったかな。

ギルガメッシュの剣、UBWの剣もそうですが、
放たれる武器1つ1つが大事にされている感じで、
士郎のいう墓標というのにより説得力をもたせようとしているのがグッときたかな。
とりあえず剣が舞っていればいればいい、ではない、
1個1個が主役になれる可能性を秘めているように突き刺さる剣だったなというか。
しかし墓標に見えるのシーンは原作の見開きがカッコ良すぎて、
アニメでその良さが十全にでていたかというとやはり疑問。

ただ原作でやっていた演出について自分は今作を見るまで気づけていなかったので、
アニメになってようやく見えたものもあったので、
互いに補完し合う関係の作品になったのかなという感じが。
原作では無尽蔵に出てくる魔力がどこから来るのか説明がありましたが、
アニメでは絆だと触れられていて原作未読だと何のことかわからないですし。
まあそのままの意味で受け取っても問題ないようになっているので突くのも野暮なところかも。

一番期待していたエアに対して士郎が全ての剣を出すところなんかは結構満足。
個人的に一度士郎の周りで停止してそこから投射するようなイメージを持っていたので、
そのイメージの差異がなければもっと好印象だったかも。

カッコいい士郎が見れるだけで楽しいのでまた見たいところではあるんですが、
これもまた見るのが難しい作品なのが残念なところかな。
原作読み返しながら、BDの発売を待ちたいところです。
follow us in feedly
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
 クッキーに保存
トラックバック
トラックバックURL
P R


(06年/7/31設置)

 twitter
http://twitter.com/Pole_Star
関連品

アイドルマスターシンデレラガールズ 9  (完全生産限定版) [Blu-ray]アイドルマスターシンデレラガールズ 9 (完全生産限定版) [Blu-ray]
心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray]
心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】映画「たまこラブストーリー」 (Amazonギフト券付き) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】映画「たまこラブストーリー」 (Amazonギフト券付き) [Blu-ray] 映画けいおん!  (Blu-ray 初回限定版)映画けいおん! (Blu-ray 初回限定版)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]
劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- [Blu-ray]劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- [Blu-ray]

最新コメント
アイコン画像流星の人
天気の子 を語る (2019年08月12日)
アイコン画像匿名で失礼します
天気の子 を語る (2019年07月27日)
アイコン画像さき
氷菓 12話 を語る (2014年08月22日)
月別アーカイブ